> 貧乏人がバイク2台持ちを2回やってわかった意外なメリットデメリット! | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

貧乏人がバイク2台持ちを2回やってわかった意外なメリットデメリット!

貧乏人がバイク2台持ちを2回やってわかった意外なメリットデメリット! オコモト論
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!




この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 2台目のバイクの購入を検討している。
  • バイクが大好き!
  • 通勤用のバイクを買い足そうとしているが維持費が心配・・・


という方ではないでしょうか。

広いガレージと資金があれば世界中のバイクを並べてウキウキダンスをしたいのがバイク乗りですよね。僕もあなたと同じ「ウキウキダンスしたい系ライダー」です。

バイクを増車してダンスする人々



この記事では僕が実際にバイクを2台持ちした結果感じた

okomoto

(あれ?バイク2台持ちって場合によってはコスパ良くねぇ?)



と密かに思っていることを説明していきます。


この記事を読めば

この記事で分かること
  • バイク2台持ちのメリット
  • バイク2台持ちのデメリット
  • バイク2台持ちのコスパがよくなる場合



について知ることができます。時間がない方のために先にこの記事の結論をお伝えしてから解説を始めます。


この記事で分かること
  • バイク2台持ちはコスパがいい場合がある
  • 各バイクの役割を明確に分けると2台持ちは成功する
  • 排気量やジャンル、エンジンの形がなるべく遠いバイクを選ぶと楽しさが増す
okoko

バイクを増やしたら単純に維持費が倍になるんじゃないの?

okomoto

バイクを増やしても体は増えませんよね?そういうことです。

okoko

(どゆこと??)

2回のバイク2台持ち詳細

2台のバイク


僕は大学生の時と今現在の2回、バイクの2台持ちをした経験があります。ちなみに僕はお金持ちではありません。

大学生のときは深夜までアルバイトをして生活費、飲み代、趣味代を稼いでいました。

それぞれの車種はこちらです。

大学生時代のバイク2台持ち
  • スカイウェイブ250(以下ビッグスクーター)
  • KH125(以下ケッチ)
現在のバイク2台持ち
  • XB9R(大型バイク)
  • Dトラッカーx(以下モタード)


何が失敗で何が成功かということは後述しますが正直大学生時代のバイク2台持ちは失敗しました。現在のバイク2台持ちは成功しています。

まずはこの経験から感じたバイク2台持ちのメリット・デメリットを解説していきます。

okoko

2台持ちに失敗とか成功とかあるの?

okomoto

失敗したときは考えもしませんでしたが成功したらなんとなくわかりました。

バイク2台持ちのメリット

バイク2台持ちのメリット


実際に2台持ちをして感じたメリットは3つあります。

バイク2台持ちのメリット
  • シチュエーションで乗り分けられる
  • 雨の日でもバイクに乗れる
  • 高いパーツ代を節約できる


それぞれ解説していきます。

シチュエーションで乗り分けられる

通勤バイク


ツーリングの大型バイク、通勤のモタードと乗り分けられます。

大型バイクで通勤もできますが、街乗りはモタードの方が全然楽です。

okomoto

大型バイクは始動の儀式に冬だと10分くらいかかるので面倒でした。

雨の日の通勤通学でもバイクに乗れる

雨の日の通勤通学でもバイク


大型バイク1台持ちのときは車体が汚れたり、濡れることでバイクの劣化が早まるので雨の日の通勤には使っていませんでした。

モタードはもともとオフロードの車体なのである程度水にも強く、汚れていてもそれほど気にならないので通勤に使っています。

パーツの劣化は早まりますが、モタードのパーツは大型バイクに比べて非常に安価なのでまぁいいかなと思っています。

okomoto

雨の日にツーリングに行くことは100%ありません。走っても危険だし楽しくないからです。

高いパーツ代を節約できる

高いパーツ代を節約


バイクは走行距離や期間に応じて必要なメンテナンスをしなければいけません。

大型バイク1台をツーリングにも通勤にも使うとあっという間に走行距離が伸びてメンテナンスをしなければならなくなります。

通勤をモタードにしたことで大型バイクの距離が伸びなくなったので高いパーツ代を節約できるようになりました。

節約の例

大型バイク1台のときは最低でも年2回はタイヤ交換をしていました。費用で言うと10万円を超えます。
通勤にモタードを使うようになってから大型バイクのタイヤ交換は2年に1回程度です。

ちなみにモタードのタイヤはバイアスタイヤ(安くて長持ちする)なので1年で「後輪だけ変えるかどうか」というくらいの交換頻度です。

後輪だけの交換だと1万円もしないのでタイヤだけで9万円節約できていることになります。


タイヤもそうですが、特に外車や旧車などのパーツが高い上になかなかパーツが手に入らないような車種に乗っている方は恩恵が大きいです。

okoko

タイヤだけで9万円の差って・・・

okomoto

他のメンテナンス代、ガソリン代も合わせたらすごいことになりますよね。モタードの方が燃費がいいし。

バイク2台持ちのデメリット

バイク2台持ちのデメリット


実際に2台持ちをして感じたデメリットは3つあります。

バイク2台持ちのデメリット
  • 駐車する場所が必要
  • 装備費用が増える
  • 結局乗るバイクに偏りができる
  • ツーリング先での故障率が上がる


それぞれ解説していきます。

駐車する場所が必要

駐車場の場所


当たり前の話ですが2台目のバイクを止めるスペースが必要になります。

一軒家や庭付きのお宅にお住いの方は問題ないですが、賃貸にお住まいの方は少し大変かもしれません。


賃貸の無料駐輪場に停めている場合、「他の住人との仁義な駐輪場所争い」が起きてしまうかもしれません。

okomoto

当たり前のことなのでデメリットとして挙げるのもあれですが・・・

装備費用が増える

防犯ロック


これも当たり前ですが、バイクカバーやチェーンロックなどの装備を買い足す必要があります。

オフロードバイクと買い足すとオフロードヘルメットなどが欲しくなったりするかもしれません。

結局乗るバイクに偏りができる

乗るバイクに偏りができる


ビッグスクーターとケッチの時は2台とも「通学と街乗り」として用途を分けずに乗っていたので結局便利でかっこいいビッグスクーターにばかり乗っていました。

okomoto

どっちのバイクに乗るか、「好み」「気分」みたいなことが入ると必ず偏りが出てきます。

okoko

二股してるときと一緒ね!

okomoto

(いや知らんけど)

ツーリング先での故障率が上がる

故障


1台のバイクに乗っているときであれば、バイクが故障する場所は「自宅から近い通勤中」か「自宅から遠いツーリング中」のどちらかです。

できれば自宅から近いところで故障して欲しいのですが、ツーリングバイクが故障する場所は100%「自宅から遠いツーリング中」になってしまいます。

とはいえ通勤中に故障することも結構困るので何とも言えませんが・・・。

okomoto

僕の場合は遅刻することよりも休日が潰れることの方が嫌なのでデメリットと感じています。

一般的に言われているが実際はそうではなかったバイク2台持ちのメリット


実際に2台持ちをしたら「一般的にはメリットと言われているけれどメリットとは感じられないなぁ」と感じたものが2つありました。

一般的に言われているバイク2台持ちのメリット
  • 2種類のバイクを楽しめる
  • 片方のバイクが故障していても常にバイクに乗れる


それぞれ解説していきます。

2種類のバイクを楽しめる

SSバイク


バイクが2台になっても所有欲的なものは満たされるかもしれませんが、体は1つしかないので感じられる楽しさは単純に2倍にはなりません。


楽しさが2倍になるのは影分身の術が使えるようになったときだと思います。

okoko

バイクが増えたからと言ってバイクに乗れる時間が増えるわけじゃないもんね・・・

片方のバイクが故障していても常にバイクに乗れる

バイクを修理中


片方のバイクが故障や車検で乗れない場合でも片方のバイクに乗ることができるという論法がありますがこれは間違いです。

故障や車検のときはバイク屋さんにバイクを預けますが、そのときに代車を借りられます。

むしろ代車をかりないとバイクを預けたあと、帰宅するときに難儀しますし、バイクを取りに行く時も難儀するので結局2台持ちでも故障や車検のときは代車を借りています。

okomoto

急なレッカー以外は代車に合わせてメンテに出しています。

モタード太郎

バイク屋まで自走でついてはいけないよ!

一般的に言われているが実際はそうではなかったバイク2台持ちのデメリット


実際に2台持ちをしたら「一般的にはデメリットと言われているけれどメリットとは感じられないなぁ」と感じたものが3つありました。

一般的に言われているバイク2台持ちのデメリット
  • 維持費が倍になる
  • すぐにバイクを買う癖がつく
  • バイクの調子を維持するのが難しくなる



それぞれ解説していきます。

維持費が倍になる

バイクの維持費が倍になる


税金、保険関係は倍になりますが、先述の通りメンテナンス代は大きく下がります。モタードは大型バイクと比べて燃費もいいので燃料費も下がります。

仮に大型バイクと2台所有していても、体は1つしかないので走行距離は分散されますので単純に倍にはなりません。


バイク太郎

タイヤ交換70000円(ツーリング用)

モタード太郎

タイヤ交換15000円(通勤用)

okomoto

趣味バイクのタイヤを遠慮なしに使う運転ができるようになります。

すぐにバイクを買う癖がつく

すぐにバイクを買う癖がつく


僕は2台目を買ったからといって3台目が欲しいとは全く思いませんでした。

用途をわけて論理的に購入したので、目的の用途を満たせればその先はありませんでした。

経済的に余裕があって、バイクを置くスペースがある方は自分の欲求にしたがって何台でも購入すればいいですが、そうではない方が2台目を買ったからといって3台目も欲しくなるわけではありません。

okomoto

バイクの収集は「買う人は買う」それだけです。

バイクの調子を維持するのが難しくなる

デリケートなバイク


バイクは定期的に乗らないと調子が悪くなってしまう乗り物です。

ビッグスクーターとケッチの2台持ちのときはケッチの調子を維持するのが難しかったです。

大型バイクとモタードのときは用途をしっかりわけていたので2台とも定期的に乗れていたので「乗らないことが原因で調子が悪くなる」ということはありませんでした。


モタードは短距離をほぼ毎日、大型バイクは長距離をほぼ毎週乗っていました。


バイク次郎

週一なら十分調子維持できるよ。

バイク2台持ちのが失敗する場合

失敗


これらのメリット・デメリットから

各バイクの用途や目的を明確に分けない2台持ちは失敗する


ということがわかしました。

各バイクの用途や目的を明確に分けない2台持ち
  • R1×CBR1000RRの2台持ち
  • 両方のバイクを通勤にもツーリングにも使おうとする2台持ち
  • 同じバイクの色違いを所有する2台持ち



用途を分けなかったり、カテゴリーが一緒だったりするとどうしても乗るバイクに偏りがでます。

それをしなかったビッグスクーター×ケッチの2台持ちはうまくいかず、それを行った大型バイク×モタードの2台持ちはうまくいきました。


バイク2台持ちが成功する場合

成功!


ということは

各バイクの用途や目的を明確に分けた2台持ちは成功する


ということです。

各バイクの用途や目的を明確に分けた2台持ち
  • R1×WR250の2台持ち
  • 通勤通学街乗り用のバイクと趣味用のバイクの2台持ち


という感じです。


バイク太郎

サーキットと膝擦りツーリングは任せて!

モタード太郎

街乗りと峠を気持ちよく流すのが得意!

バイク2台持ちを楽しむなら

ツーリングメインのモタード

「体は1つしかなので楽しみは倍にはならない」と書きましたが、2台持ちを少しでも楽しむためのちょっとしたコツがあります。

それは

排気量やジャンル、エンジンの形がなるべく遠いバイクを選ぶ


ということです。

そうすればそれぞれのバイクの特性や乗り味をより強く感じられるようになります。




例えば
  • 1000ccV型4気筒のSS×並列2気筒のネイキッド
  • V型2気筒のハーレー×単気筒125ccのオフロード
  • 1300ccネイキッド×125ccスクーター


というとこです。

よりランニングコストが低いバイクを街乗り用メインにして、たまーにツーリングにも使ったりするといいかもしれません。


実際僕もたまーにモタードで日帰りツーリングに行くこともありますが、目線が高いのでいつもの道でも新しい発見があったり、違った景色に見えたりして楽しいものです。



リッターSS夫

パワフルで加速がやばいリッター4気筒!

モタード太郎

軽快で粘りがある250単気筒!

まとめ

2台目のオフロードバイク



いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • バイク2台持ちはコスパがいい場合がある
  • 各バイクの役割を明確に分けると2台持ちは成功する
  • 排気量やジャンル、エンジンの形がなるべく遠いバイクを選ぶと楽しさが増す


という内容の記事でした。


上手に車種の組み合わせによってはバイクの2台持ちはコスパがいいということを知って頂ければと思います。


一番いいのは

優れた組み合わせ
  • 趣味用のバイク(オフロード)×125スクーター
  • 趣味用のバイク(オンロード)×125のオフロード



あたりになるのかなと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました