> ハイグリップタイヤってどんなタイヤ?ミシュランなどおすすめを比較! | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

ハイグリップタイヤってどんなタイヤ?ミシュランなどおすすめを比較!

ハイグリップタイヤってどんなタイヤ?ミシュランなどおすすめを比較! バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • バイクにハイグリップタイヤを履いてみたい・・・
  • ハイグリップタイヤってなにがいいの??


という方ではないでしょうか。

この記事は主に、バイク初心者、ハイグリップタイヤ初心者の方に向けて、

この記事でわかること
  • バイクのハイグリップタイヤとは?
  • ハイグリップタイヤのメリット、デメリット
  • ハイグリップタイヤを公道しか走らないバイクに使うことに意味はある?
  • バイクにハイグリップタイヤを使ったほうがいいライダー、使わないほうがいいライダー
  • 各タイヤメーカーおすすめのハイグリップタイヤとそれぞれの特徴を比較


ということについて解説していきます。

okomoto

超初心者向けの内容です。ベテランの方は読む必要はありません。「ハイグリプタイヤってなに??」という方はマストで読んでください。

バイクのハイグリップタイヤとは?

バイクのハイグリップタイヤとは?

バイクのタイヤは

バイクタイヤの種類、カテゴリ


という4つのカテゴリに分けることができます。

バイクタイヤの種類と性能一覧表【ハイグリップ?スポーツ?ツーリング?バイクタイヤの種類】
ライター

ハイグリップタイヤはサーキットのために作られたタイヤです!


なんてことを書いている記事がありますが、それは間違いです。サーキットのために作られたタイヤはプロダクションタイヤです。ちなみにプロダクションタイヤでも法律上公道走行することができます。

ハイグリップタイヤはサーキットも公道もバランス良く走ることができるタイヤになります。

バイク上手太郎

サーキットをゴリゴリ走るライダーはプロダクションタイヤを履くよ。公道のツーリングタイヤ=サーキットのハイグリップタイヤって感じ。

バイクにハイグリップタイヤを履くことのメリット

バイクにハイグリップタイヤを履くことのメリット


ハイグリップタイヤには大きく分けて

バイクにハイグリップタイヤを履くことのメリット
  • タイヤのグリップ力が良い
  • 鋭角にコーナーを曲がれるようになる


というメリットがあります。

それぞれ解説します。

タイヤのグリップが良い


「タイヤのグリップが良い」とは「タイヤが路面を噛む力が強い」という意味です。路面を噛む力が強いと「滑りにくい」「短い距離で止まれる」という効果があります。

鋭角にコーナーを曲がれるようになる

鋭角にコーナーを曲がれるようになる

サーキット走行を楽しむにはハイグリップタイヤのグリップ力は必要ですが、正直公道を走る場合に限定すればバイクタイヤのカテゴリの中でもっともグリップ力が低いツーリングタイヤでも十分なグリップを発揮することができます。

ですのでハイグリップタイヤのもっとも大きなメリットは「コーナーを鋭角に曲がれるようになる」という部分だと個人的に思っています。

ハイグリップタイヤのプロファイル(断面形状)はツーリングタイヤやスポーツタイヤに比べて尖った形状をしています。

ハイグリップタイヤはタイヤのプロファイル(断面形状)が違う



ツーリングタイヤやスポーツタイヤがコーナーを「円を描くように」曲がるのに対して、ハイグリップタイヤは尖ったプロファイルのため「鋭角に曲がる」ということができます。

鋭角に曲がれるということはコーナリング時のライン選択肢が増えるということなので安全にも繋がります。なによりこの曲がり方は「自分の意思でラインを選べる」という意味でもコーナリングを楽しくしてくれます。

バイクにハイグリップタイヤを履くことのデメリット

バイクにハイグリップタイヤを履くことのデメリット


ハイグリップタイヤはいいことばかりではなく、

バイクにハイグリップタイヤを履くことのデメリット
  • 温まるまでグリップしない
  • 雨の日は滑りやすい
  • 寿命が短い


というデメリットもあります。それぞれ簡単に解説します。

温まるまでグリップしない

ハイグリップタイヤは路面とタイヤとの摩擦でタイヤが温まることで本来のグリップ力を発揮します。十分にタイヤが温まっていない状態で走るとツーリングタイヤよりも滑りやすいのでタイヤの温度管理ができないライダーが何も考えずに使うと転倒のリスクが高くなります。

okomoto

休憩明けにフルバンクでもしない限り問題ないとは思いますが・・・

雨の日は滑りやすい

ハイグリップタイヤは路面が乾いた状態でタイヤが最大限グリップするように作られています。排水のための溝が少ないので、路面が濡れているときはとても滑りやすくなります。

寿命が短い

タイヤの耐久性とグリップ力は完全にトレードオフの関係にあるので、グリップ力が高いハイグリップタイヤの寿命はツーリングタイヤの半分程度とかなり短めになっています。

タイヤ自体の価格自体はさほど変わりませんが、寿命が半分なので(寿命をパフォーマンスとした場合の)コストパフォーマンスは悪くなります。

バイク太郎

ライディングの質をパフォーマンスにするとコスパはめちゃくちゃ良いと解釈できるんだけどね!

ハイグリップタイヤを公道しか走らないバイクに使うことに意味はある?

ハイグリップタイヤを公道しか走らないバイクに使うことに意味はある?


正直ハイグリップタイヤの高いグリップ力は公道ではオーバースペックです。そのグリップ力はサーキットでこそ真価を発揮します。

では公道でハイグリップタイヤは必要ないのかと言うとまったくそういうことではありません。むしろある程度の技量が身について、向上心をもってさらにライディングスキルを磨きたいライダーは積極的にハイグリップタイヤを使用するべきです。

「ハイグリップタイヤのメリット」で解説したとおり、公道で役立つのはその高いグリップ力よりも「鋭角に曲がることができるコーナリング」にあります。

これを引き出すには最低限のスキルは必要になりますが、ツーリングタイヤやスポーツタイヤとは違う曲がり方ができるのでコーナリングがとても楽しくなります。

世間のライダー

そんなのタイヤに乗せられているだけ。うまくなったわけじゃない!

okomoto

バイクに乗るのが楽しくなるんでなんでもいいです。僕は化粧美人を美人だと認識できる人なので!

okoko

ひでー論法・・・

バイクにハイグリップタイヤを使ったほうがいいライダー、使わないほうがいいライダー


寿命が短いハイグリップタイヤはすべてのライダーにおすすめなわけではありません。

ハイグリップタイヤをおすすめしないライダー
  • バイクは移動手段として乗っている
  • ツーリングは高速道路や国道がメイン
  • 正直バイクの運転が楽しくない
  • ツーリングタイヤの真ん中ばかり減る


というライダーにはハイグリップタイヤはおすすめしません。

ハイグリップタイヤがおすすめのライダー
  • バイクは趣味として乗っている
  • ツーリングではなるべくワインディングを走りたい
  • バイクの運転が楽しくて、もっと楽しくなれれば幸せだと思う
  • スポーツタイヤのサイドのスリップサインがセンターより先に出てくる


というライダーには「次のタイヤ交換のタイミングでハイグリップタイヤに変えるべき」くらいの勢いでおすすめします。

各タイヤメーカーおすすめのハイグリップタイヤとそれぞれの特徴を比較

各タイヤメーカーおすすめのハイグリップタイヤとそれぞれの特徴を比較


ここからは各タイヤメーカーからでているハイグリップタイヤについて簡単に解説するのでそれぞれを比較し、楽しそうなタイヤを見つけてみてください。

おすすめのハイグリップタイヤ
  • PIRELLI ロッソコルサ2
  • METZELER M9RR
  • ミシュラン POWER 5
  • DUNLOP α14
  • ブリヂストン RS11

PIRELLI ロッソコルサ2

  • 寿命は8000km前後
  • サーキットや高速コーナーが得意
  • ピレリにしては剛性が高め
  • ヒラヒラスパッと曲がる
ピレリの特徴
  • レーシーなメーカー
  • タイヤは温まりにくい
  • 温まったら吸い付くようなグリップを発揮
  • バイクをパタパタ寝かせられる
  • 剛性を下げてタイヤを潰してグリップを得る
  • 海外メーカーなので価格は高め
  • スーパーバイク選手権のノウハウ
  • タイヤからの情報量が多い
  • 「フラッシュパターン」というイナズマのようなタイヤパターン

METZELER M9RR

  • 寿命は12000km前後
  • ハイスピードツーリングが得意
  • ハイグリップタイヤとツーリングタイヤの中間、スポーツタイヤのようなハイグリップタイヤ(メッツラーにはスポーツタイヤカテゴリがないため?)
  • ツーリンガーにおすすめ
METZELER(メッツラー)の特徴
  • 安定感のある走り
  • ツーリング向き
  • 重量バイク向き
  • タイヤからの情報量は少なめ
  • 高速道路走行が多いライダーにおすすめ
  • マン島TTのノウハウ
  • 円(π)をイメージしたタイヤパターン

ミシュラン POWER GP

  • 寿命は6000km前後
  • ヒラヒラパタパタ系
  • ハイグリップタイヤらしいハイグリップタイヤ
ミシュランの特徴
  • 比較的タイヤが温まりやすい
  • しなやかなタイヤ
  • ライフは比較的長め
  • 癖が少ない
  • 個体差があることがある
  • ライダーを選ばない万能タイヤ
  • 海外メーカーなので価格は高め
  • ツーリングタイヤは極端に溝が多く、ハイグリップタイヤは極端に溝が少ないデザインが多い

DUNLOP α14

  • 寿命は5000km前後
  • 溝が少ない割に濡れた路面でも危険が少ない
  • 温度依存が大きくないので街乗りも不安ない
  • 低速でもヒラヒラ、高速では安定感
ダンロップの特徴
  • 少しだけタイヤ温度を気にする必要がある(初心者がスポーツライディングする場合少々注意が必要)
  • 価格、グリップ力、温まりやすさなどのバランスが取れている
  • 溝が半分くらいになるとグリップ力の低下が顕著になる
  • 日本のメーカーなので価格は低め
  • 比較的シンプルなデザインのタイヤパターンが多い

ブリヂストン RS11

  • 寿命は4000km前後?
  • ゴリゴリのハイグリップと言うよりかはツーリングもこなせるマルチタイプ
  • 寿命はゴリゴリのハイグリップタイヤ
ブリヂストンの特徴
  • すぐに温まるので温度管理が楽(初心者でも安心)
  • 熱しやすく冷めやすい(休憩を頻繁に入れるライディングに有利)
  • 溝が減ってもグリップ力が低下しづらい(長く楽しく使える)
  • ゴムの柔らかさを重視
  • 日本のメーカーなので価格は低め
  • いかにも「バイクのタイヤ」というデザインのパターンが多いが、たまに車種を選ぶ奇抜なものもある

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクのハイグリップタイヤについて初心者向けの内容を簡単に解説しました。

具体的なタイヤの銘柄選びをする際は、こんな個人ブロガーの意見ではなく、二輪タイヤ屋さんの(プロ中のプロ)の意見を参考にしてください。

okoko

この記事で紹介したタイヤたちはなんなの?

okomoto

「こんなタイヤがあるのかー」的なふわっとした感じで見てもらえれば!

バイク次郎

迷ってるなら一度履いてみるといいよ。一度ハイグリップを履いてみた感覚を持っているとツーリングタイヤに戻したあともその経験は確実に活きるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました