> バイクの楽しみ方は様々。バイク乗り同士で考え方が違う理由 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクの楽しみ方は様々。バイク乗り同士で考え方が違う理由

バイクの楽しみ方は様々。バイク乗り同士で考え方が違う理由 オコモト論
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • バイクにはどんな楽しみ方があるんだろう?
  • なんであいつはTシャツでバイクに乗るんだろう?
  • なんであいつはフルフェイスなんて被っているんだろう?
  • なんであいつはサービスエリアから動かないんだろう?


という疑問を持った方ではないでしょうか。

バイクの情報を探して情報の海に飛び込むと

ライター

バイクは大勢で走るのが楽しいんだよ

okomoto

バイクは1人で楽しめてこそだよ

ライター

バイクは自由な乗り物だから好きな格好で乗ればいいんだよ

okomoto

バイクは危ないからプロテクターつけなきゃいけないんだよ

ライター

バイク乗りなら整備くらいできないといけないんだよ

okomoto

興味のある人以外は整備はお店にお願いすればいいんだよ

ライター

ライテクなんて必要ないんだよ

okomoto

バイクを楽しむためにはライテク勉強したほうがいいよ

ライター

ツーリングは自由気ままがいいんだよ

okomoto

ガッチガチにスケジュールを組んだ方がいいよ


など、結構言ってることがバラバラですよね。

この記事では

この記事でわかること
  • ライダーの考え方が大きく異るのは「バイクの楽しみ方」が異なるせい
  • バイクに乗ることを楽しむ楽しむ方
  • 移動手段としてバイクを楽しむ楽しみ方
  • ファッションの一部としてバイクを楽しむ楽しみ方
  • コミュニケーションツールとしてバイクを楽しむ楽しみ方
  • 自己顕示欲を満たすツールとしてバイクを楽しむ楽しみ方
  • バイクをプラモデルとして楽しむ楽しみ方
  • 単に移動手段としてバイクに乗っているだけ


ということについて解説していきます。

昔乗ってたおじいちゃん

この記事はオコモトの主観と偏見でできているのじゃ。考えがまとまらないままキーボードを叩き始め、叩き終わってもなんとなくまとまらなかった記事じゃからなにも考えず読んでみるのじゃ!

okomoto

ふわっと雰囲気だけ感じて頂ければ幸いです。結局言いたいことは「バイクの楽しみ方はそれぞれだよねー」ってだけです。

ライダーの考え方が大きく異るのは「バイクの楽しみ方」が異なるせい

ライダーの考え方が大きく異るの


バイク乗りの間で安全意識や装備、ライテクなどについての見解の相違が大きいのはバイクに求めているもの、バイクの楽しみ方が違うせいです。

この記事ではそれらの楽しみ方を

バイクの楽しみ方の種類
  • 走り屋型
  • ツーリンガー型
  • ファッション型
  • おしゃべり型
  • 集団型
  • 整備型
  • 下駄型


という種類に分けて解説します。

この記事は「楽しみ方はそれぞれだから周りに迷惑をかけない程度にそれぞれ楽しめばいいよね」という平和っぽい結論に向かいます。

バイクに乗ることを楽しむ楽しむ方【走り屋型】

バイクに乗ることを楽しむ楽しむ方【走り屋型】
特徴バイクも好きだがバイクを操作することが大好きタイヤパターンで銘柄を言い当てる特技を持つ。
車種スーパースポーツ レーサーレプリカ スポーツタイプ
排気量こだわりなし。大排気量は最高速と加速が良いし、小排気量は倒し込みが軽いと思っている。
モデルの新旧こだわりなし。新しいバイクは電子制御がいいよね、古いレーレプとは規制が緩いからいいよねという感じ。
装備フルフェイス、革ツナギ、ニースライダーレーシンググローブブーツなど
安全意識装備に対しては非常に高いが走りに関しては比較的低くなりがち。
カスタム操作性、性能アップ重視である一方でうるさいマフラーや派手なステッカーチューンを好むことも多い。
出没エリアサーキット 
ツーリングスタイル基本日帰りで特定の峠へ行く。ペースを合わせることを嫌うため基本ソロツー。
ツーリングスキルソロツースキルは高いが強調するつもりがハナからないのでマスツースキルは極端に低い。マスツーから帰るとだいたい「バイクは1人に限るわ・・・」と思う。
ライディングスキル探究心、向上心があるのでライディングスキルは高い
親和性の高い他の楽しみ方バイクに乗ること自体が好きなのでツーリンガー型、必要に迫られて整備を行うので整備型
別名・走り屋・峠の(元)小僧・グル珍・ローリング族
バイク歴代替えできるものが他にないためバイクを降りるタイミングがなく、バイク歴は長くなる。
非バイク乗りへのアピール1人で完結できる趣味としてバイクに乗っているのでバイク乗りであることをべらべら話さない。
相手がバイク乗りだとわかってもべらべら話さない。
マナー「サーキット以外では飛ばさない」「特定の峠で周りに車両がいないときだけ飛ばす」というライダーが多い一方で「とりあえずどんな局面でも飛ばす」「前を走る車両はすべて追い越す」というマナーの悪いライダーも多い。
バイク太郎

ガンガン膝スリしろとは言わないけど、バイクに乗ったらバイクに乗ること自体を楽しめたほうがいいような気はするね。

バイク次郎

本当に走ること自体を楽しむ人ってサーキットに行ったり、特定の峠の特定の区間だけを十分な安全マージンをとって走るよね。

バイク三郎

ガンガン追い越ししたり、車を煽ったり、ギリギリの走りをする人は迷惑だしかっこ悪いよね。

okoko

そんなのバイク乗りの詭弁よ。速度違反している時点で最低だわ。こんなライダー滅んでほしいわ。

移動手段としてバイクを楽しむ楽しみ方【ツーリンガー型】

移動手段としてバイクを楽しむ楽しみ方【ツーリンガー型】
特徴観光地への移動手段としてバイクに乗るバイク乗り。バイクは好きだが、バイクに乗ることはそれほど好きではないライダーも多い。ご当地マニアック情報に詳しい。
車種スポーツタイプネイキッドアドベンチャーアメリカン
排気量こだわりなし。一部には排気量が大きい方が良いという考えのライダーも。
モデルの新旧こだわりなし。
装備フルフェイス、システムヘルメット、バイク用のジャケットグローブシューズなど
安全意識装備に対しても走りに対しても安全意識は高い
カスタム快適性重視。ゲルザブやスロットルアシストなどの小物に敏感。
出没エリア街以外はどこでも
ツーリングスタイル日帰り、宿泊、キャンツー、コーヒーツーをソロでもマスでもこなす。
ツーリングスキルあらゆるツーリングスキルが高い。
ライディングスキルバイク歴に応じて高くなっていくことが多い。
親和性の高い他の楽しみ方ツーリング先の峠を走るうちに走り屋型になることも。
必要に迫られて整備型になることも。
マスツーが好きなのでおしゃべり型や集団型とも親和性が高い。
別名ツーリンガー
バイク歴「性分に合った移動手段」と考えているので車の購入とともにバイクライフに幕を下ろすライダー多数。しかし突然リターンしたりする。バイク歴が長いツーリンガー型は走り屋型に片足を突っ込んでいる(バイクの操作が楽しいと感じている)可能性が高い。
バイク趣味としてもっとも始めやすいツーリングなのでバイク歴が浅い人も多い。
非バイク乗りへのアピール 1人で完結できる趣味としてバイクに乗っているのでバイク乗りであることをべらべら話さない。
相手がバイク乗りだとわかると堰を切ったように話始める。
マナーマナーは良いがマスツーになるとはしゃいでしまい、自分の走りやキャラを維持できなくなる側面もある。高速道路で飛ばしがち。
バイク太郎

バイク趣味と言ったらまずはツーリングだよね。

バイク次郎

すでにキャンプ、カメラ、登山とか別の趣味がある人は移動をバイクにするとその趣味がもっと楽しくなったりするよ

バイク三郎

ツーリングをしながら走る楽しさも感じられるといいよね。多くのライダーは「走る楽しみも感じている演出」に躍起になっている感じがするけどね。

okoko

トコトコツーリング最高!

ファッションの一部としてバイクを楽しむ楽しみ方【ファッションライダー型】

ファッションの一部としてバイクを楽しむ楽しみ方【ファッションライダー型】
特徴バイクを時計やスニーカーと同じ、ファッションの一部として捉えている。正直バイクが好きなわけではなく、バイクに乗っている自分が好き。バイクの知識は少ない。バイクに乗ればモテると思っている。
車種クラシックタイプ アメリカン ストリート系
排気量こだわりなし。維持費のかからない中型を好む傾向が強い。
モデルの新旧こだわりなし。
装備私服 Tシャツ
安全意識低い
カスタム見た目重視。派手なカラーリングを好む者と黒を好むものの二極化が激しい
出没エリア
ツーリングスタイルツーリングにはほとんど行かない。行っても誰かに誘われて気乗りしないまま行く自宅から200km圏内の観光地ショートツーリング。でも行ったら行ったで楽しい。
ツーリングスキル低い
ライディングスキル非常に低い
親和性の高い他の楽しみ方おしゃべり型 集団型 下駄型
別名ファッションライダー
バイク歴短い。歴が長くても年に数回乗る程度の「歴だけ長いベテラン」になりがち。たまーにエンジンをかけることを「エンジンに火を入れる」と言いがち。
非バイク乗りへのアピール非バイク乗りに対しては饒舌だが、知識がないためベテランバイク乗りの前では寡黙になりがち。
マナー自己顕示欲が高いので比較的悪い
バイク太郎

ファッションライダーって割り切ってるライダーは好感が持てるよね

バイク次郎

安全性は度外視していることが多いよね。Tシャツで乗るとかね。

バイク三郎

チュートリアル福田以外の芸能人ライダーはファッションライダーだと思ってる。

okoko

矢作さんは本物のバイク乗りよ!だってハーレーに乗っているのよ!

コミュニケーションツールとしてバイクを楽しむ楽しみ方【おしゃべり型】

コミュニケーションツールとしてバイクを楽しむ楽しみ方【おしゃべり型】
特徴バイクを趣味や移動手段としてではなくコミュニケーションツールとして認識している(本人は認識していない)。バイク仲間のことを二文字のニックネーム(カズとか)か「○○っち(カズっちとか)」と呼ぶが本名を知らないことが多い。SNSとインカムが大好き。「バイク楽しんでます自己演出」をすることが多い。
車種旧車 ハーレー 大型バイク
排気量大きければ大きいほど良いと思っている。「大型はいいぞおじさん」になりがち。「大型バイクこそ本物のバイク」「ハーレー以外バイクじゃない」とか本気で言ってしまう。
モデルの新旧懐古主義
装備新品の革ジャン、揃いのユニフォーム。写真撮影のためにツーリングクラブ名の入った大漁旗を所有している。ピンクや派手な刺繍を好む女性ライダーが多い。レザージャケットの上にチーム名が入ったデニムのベストを着ることも多い。
安全意識バイクは走らせるものではなく、集まるためのものなので安全意識は低い。
集団内での車間距離が短く、動画撮影のために並走したりなど危険な運転を行うことがある。
カスタム定番のものをチョイスしがち。
出没エリア高速道路のSA、道の駅、観光地。
ツーリングスタイル高速道路主体の日帰りマスツーリング。バスツアーの用に片時も離れないツーリングを好む。走っている時間よりも休憩しておしゃべりしている時間や観光地滞在時間のほうが長い。まれに宿泊ツーリングも行うがやたら酒を飲む。大声で話がち。シートの上に立ったり、全員同時にジャンプした写真取りがち。
ツーリングスキル誰かがなんとかしてくれるので個人のツーリングスキルは低いが、集団でどんな困難にも立ち向かう傾向が強い。立ちゴケしたも1人で起こそうとしない。鬼の「助け待ち」をするが初心者への面倒見が良いという一面もある。
ライディングスキル走ることは好きではないので低い。
親和性の高い他の楽しみ方ツーリンガー型。集団型。
別名ハレ珍 珍走団 ツーリングクラブの集団
バイク歴コミュニティに所属し続けるために長くなりがち。親子2代に渡ってバイク乗りになることも多い。
非バイク乗りへのアピールバイクに乗ることを強くすすめてくる。バイクの良さを語りがち。
マナー集団心理から「おれの方が速いもん!」となりがち。1台が非常識な運転を始めると全員が非常識な運転になるという鳥の群れ的な統率を見せる。良識のあるバイク乗りで構成させた集団はとてもマナーが良いが多くの場合、集団心理に支配されて気が大きくなるのでマナーは悪い。コンビニから出るだけでケツモチをしたり、延々追い越し車線を連なって走るのもこの方々。
バイク太郎

人の趣味はそれぞれってことがよくわかるよね

バイク次郎

カフェや居酒屋に集まればいいと思うんだけど、やっぱりバイクで集まるのがいいのかね

バイク三郎

走らなくても、バイクの操作が下手でもバイクを楽しめるっていうことだね。

okoko

こいつらバイクも話し声もうるさいから嫌い!

自己顕示欲を満たすツールとしてバイクを楽しむ楽しみ方【集団型】

自己顕示欲のツールとしてバイクを楽しむ楽しみ方【集団型】
特徴自分を見てほしくて仕方がない集団。幼少期の母親からの愛情不足が原因。
車種旧車 ハーレー
排気量400cc以上を好む
モデルの新旧古ければ古いほど良い
装備半ヘル 私服 揃いのユニフォーム
安全意識極端に低い
カスタムうるさい 派手 我道を行くと見せかけてかなりのステレオタイプ
出没エリア街 観光地
ツーリングスタイルマスツー大好き。ソロツーには基本的に行かない。好奇の目を羨望の眼差しだと変換する。
ツーリングスキル低い
ライディングスキル基本的に低いが、ウイリーやステップを擦るほどの蛇行運転など、稀に一点集中のスキルを持つものもいる。
親和性の高い他の楽しみ方おしゃべり型 整備型
別名 ハレ珍 珍走団 旧車會
バイク歴 コミュニティに所属し続けるために長くなりがち。親子2代に渡って変な髪型でバイク乗りになることも多い。
非バイク乗りへのアピールバイクに乗っているときは尋常ではないアピールをするが、バイクを降りるとバイクのことは仲間内でしか話さない。
マナー非常に悪い。
バイク太郎

10代のころに卒業する自己顕示欲を大人になっても持ち続けている人たちだね

バイク次郎

ここまでくるとアイデンティティーになっているから仕方ないよね

バイク三郎

サーキット貸し切ってブンブンやってる大人たちは迷惑かけずに好きなことやっててかっこいいと思うよ。

okoko

サーキットまでは自走じゃなきゃそう言えるわね!

バイクをプラモデルとして楽しむ楽しみ方【整備型】

バイクをプラモデルとして楽しむ楽しみ方【整備型】
特徴整備を楽しいと感じる才能を持っている方。
車種全車種
排気量問わず
モデルの新旧古い方を好む。
装備スナップオン
安全意識高い
カスタム派手なカスタムはしないことが多い。質実剛健。
出没エリアガレージ 晴れた日の駐輪場前
ツーリングスタイルたいていのトラブルは自分で解決できる。
ツーリングスキルトラブル回避、解決能力が非常に高い
ライディングスキルバイク歴が長いので高いことが多い
親和性の高い他の楽しみ方走り屋型 ツーリンガー型 おしゃべり型 集団型 
別名ベテラン ほとんどバイク屋だよねあの人
バイク歴長い
非バイク乗りへのアピールバイク乗りアピールはほとんどしない
マナーバイク歴が長いので良いことが多い
バイク太郎

バイクの整備を楽しめる才能を持っていないとできないことだよね

バイク次郎

乗ることと乗るものの両方ができてすごいよね

バイク三郎

趣味でエンジンバラしたりする人は普通に尊敬するよ。

okoko

オーバーホールなんて「時計を分解してまた組み立てる少年」の究極系だと思うわ!

単に移動手段としてバイクに乗っているだけ【下駄型】

単に移動手段としてバイクに乗っているだけ【下駄型】
特徴バイクを趣味の道具ではなく移動手段と割り切って乗っているライダー
車種スクーター ネイキッド
排気量中型以下(原付含む)
モデルの新旧こだわりなし
装備私服
安全意識勝手知ったる道を走るのですり抜けガンガンなど、安全意識は低いことが多い。
カスタムほとんどしない。ハンドルカバーなど町中快仕様
出没エリア
ツーリングスタイルツーリングしない
ツーリングスキル低い
ライディングスキル町中最速スキル
親和性の高い他の楽しみ方ファッションライダー
別名バイク通勤 バイク通学 
バイク歴短い。車を買うとバイクを降りる
非バイク乗りへのアピールただの移動手段なので特にアピールすることはない
マナー悪い
バイク太郎

すり抜けができるバイクは都市部の移動に便利だよね

バイク次郎

雨の日以外の通勤通学にはいいよね

バイク三郎

中途半端に自己演出しているツーリンガーと違って割り切ってるのがいいよね。

okoko

125スクーターのすり抜けがマジうざいんだわ!

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクの楽しみ方や求めているものが違うのでライダー同士でも考えの違いがたくさんあります。「楽しみ方はそれぞれだから周りに迷惑をかけない程度にそれぞれ楽しめばいいよね」ということを伝えたい記事でした。

あなたはどんなスタイルでバイクに乗っているのでしょうか。これから乗る人はどんなスタイルでバイクに乗りたいでしょうか。

他人に迷惑をかけないのであればどんなスタイルでもいいと思いますが、せっかくバイクに乗るのですから

バイクのおすすめの楽しみ方
  • 色んなところに行けるツーリング型を基本にし、
  • ツーリングがもっと楽しくなる走り屋型もほんの少し取り入れて、
  • バイクに乗れないときも楽しめるように整備型も無理のない程度にやってみる


というのがバランスが取れているような気がします。

okomoto

どんな楽しみ方であれ、バイクを楽しいと感じるか感じないかは人によります。自分に合わなければさっさとバイクを降りてしまいましょう。

バイク三郎

多くのモトブロガーのように自己演出、自己催眠をかけてまで乗っててもいいことはないよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました