> 立ちゴケとは?原因や対策、握りゴケと転倒の違いなど | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

立ちゴケとは?原因や対策、握りゴケと転倒の違いなど

立ちゴケとは?原因や対策、握りゴケと転倒の違いなどライテク
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイク初心者
  • 立ちゴケが怖くて一人でツーリングに行けない
  • 立ちゴケが怖くなくなる方法が知りたい


という方ではないでしょうか。

バイクは自立できない乗り物ですから常に立ちゴケする可能性を持ちながら運転することになります。特に初心者の方はバイクの操作にも慣れていませんし、恐怖心も大きいので立ちゴケを過度に怖がり「一人でツーリングに行けない」と思ってしまうかもしれません。

しかし、一人でバイクに乗れるようにならないと本当の意味で「バイクが楽しい」という状態になることができません。




そんな方はこの記事を読んで立ちゴケに対する恐怖心を取り除いてください。


この記事で分かること
  • 立ちゴケとは?
  • 立ちゴケをしずらくするテクニック
  • 立ちゴケを防止するパーツ
  • 立ちゴケしてしまったときにバイクを楽に引き起こす方法


ということについて網羅的に解説していきます。

詳細情報を得たい方は貼ってあるリンク先の記事を読んでみてください。


okoko

詳細解説記事は少しずつ増えていきます。

立ちゴケとは?

立ちゴケとは


立ちゴケとは文字通り立ったままバランスを崩すなどして転倒してしまうことです。通常の転倒とは違い「停車状態」あるいは「発車直前、停車直後」などの極低速時に転倒してしまうことを指します。

okomoto

バイクあるあると言われますが、あるあるで済まさないことが大切です。しっかり対策していきましょう。

「バイクで転んだ」と「立ちゴケした」の違い

バイク事故


基本的にバイク乗りは「走行中の転倒」と「立ちゴケ」を分けて考えます。


これは走行中の転倒は技量不足以外の要因も考えられますが、立ちゴケは技量不足90%油断10%なので立ちゴケはより格好悪いコケ方という考えがあるからというのが理由のひとつになっています。


走行中の転倒は単に技量不足が原因ではないため「今まで何回も転んできたよ。立ちゴケはしたことないけど」「今まで何回も転んできたよ。全部立ちゴケだけど。」と話します。


okomoto

立ちゴケが多いほど下手くそという認識です。




立ちゴケはライダーが負う怪我の程度が軽いことが多いので、バイク仲間に「この前バイクで転んだ」というと「怪我はなかった?バイクは大丈夫だった?」と返ってきますが、「この前立ちゴケした」というと「バイク大丈夫だった?」とだけ返ってくるのも転倒の種類を分けているためです。

バイク太郎

立ちゴケだとバイクが傷つく方が多いからね・・・

立ちゴケと握りゴケの違い

宇宙人


握りごけとは、フロントブレーキの握り過ぎに起因する転倒全般を指し、主に走行中にフロントロックして転倒したときに使われる言葉ですが、極低速時にフロントブレーキを握ってバランスを崩す立ちゴケを握りゴケともいいます。


okomoto

フロントブレーキのかけ方に起因する転倒を握りゴケといいます。



この場合の「握りゴケ」は「立ちゴケ」の中にカテゴライスされる「立ちゴケの中の握りゴケ」という扱いにないます。

立ちゴケは油断に起因することもありますが、握りゴケは単に「運転技術の未熟さ」「バイクの挙動の理解力不足」ということに起因しています。

okomoto

単純に下手くそということです。わかりやすくていいですね。

参考資料:清水さんの握りごけとNRの握りごけ

袖なしGジャンの清水さん
教科書通りの握りごけ


「立ちゴケの中の握りゴケ」というジャンルにおいては「Z1です。」「ブレーキが・・・」でお馴染みの清水さん、バイクの貸し借りの恐ろしさをわからせてくれる「NRの女性ライダー」が不動のツートップになっています。

立ちゴケは恥ずかしいことなのか?

立ちゴケは恥ずかしい


立ちゴケの原因は技量不足90%油断10%ですので恥ずかしいことです。

「立ちゴケは誰でもするから仕方がないよ。恥ずかしくないよ」という考えがありますが、この考え方に従って立ちゴケを許容してしまうといつまで経ってもバイクがうまくならないので、バイクライフを長期的に計画している方は楽な方に流されるのは止めたほうがいいです。

「恥ずかしいことだ」と考えて、立ちゴケしない努力を始めることがスタートラインになります。

立ちゴケするライダーはそのバイクに乗る資格がないのか

バイクに乗る資格がないのか


立ちゴケの動画があがると「小さいバイクならやり直せ」「バイクに乗る資格がない」というコメントが書き込まれることがあります。バイク乗りの中にはこういった考えがあるのは事実です。

しかし、運転免許を取得した時点でそのバイクに乗る資格はあるのでなんの問題もありません。

立ちゴケはちょっとした油断で起こるものです。もちろん油断しないに越したことはありませんが、誰でも失敗はありますし、日常的に立ちゴケをするということでければ問題ないと思います。


ちなみに引き起こしができないのは大問題です。



バイク次郎

引き起こしが出来ない人はいつまでもバイクの本当の楽しさを感じることはできないよ。

立ちゴケの原因

立ちゴケの原因
立ちゴケの原因
  • バイクの足つきが悪い
  • 両足地面につけるクセがついている
  • 取り回し中に体とは反対側に倒す
  • 取り回し中に砂などで足を滑らせてしまう
  • サイドスタンドの出し忘れ、出し方が不十分
  • サイドスタンドが埋まってしまったとき
  • 傾斜地でギアを1速に入れていない
  • バイクに跨るときに車体やシートバッグに足をひっかけてしまう
  • 停車中に後ろを向いて平衡感覚をうしなってしまう
  • 発進直後にフロントブレーキを握ってしまう
  • Uターン時にエンストしてしまう
  • 靴紐やズボンの裾がステップにひっかかってしまう
  • 路面のわだちに足を取られてしまう


立ちゴケの原因にはこのようなものがありますが、これらにはそれぞれ対処方法があります。それを実行すれば技量不足で起きる90%の立ちゴケは回避することができます。

立ちゴケを防止するテクニック

立ちゴケを防止するテクニック
立ちゴケを防止すテクニック
  • 停車時は左足のみをつくクセをつける
  • 停車直前に右にハンドルを切る
  • 停車の瞬間はリアブレーキで止まる
  • サイドスタンドを出して乗り降りするようにする
  • バイクのと回しは降りて行う
  • 取り回しのときは腰にバイクを当てて「人」の字を意識する
  • Uターンは降りて行う
  • どんなときでも1速でバイクを止める
  • ちゃんとした装備でバイクに乗る
  • 発進しながら安全確認をしない
  • ヘアゴムを持っていく
  • 交差点ではクラッチを握ってしまう
  • 一時停止は6段階に分ける
  • 低速時はニュートラルを使おう


このテクニックを使えば、先述した立ちゴケの原因のほとんどを取り除くことができます。


立ちゴケしてしまったときにバイクを楽に引き起こす方法


正しい引き起こしの手順を知っているのと知っていないのとでは立ちゴケしたときに大違いですし、そのとき上手に引き起こしができれば自信につながります。

バイクの引き起こし手順
  • エンジンオフ
  • サイドスタンドを出す
  • タイヤが回らないようにする
  • ハンドルを自分の方に切る
  • ハンドルの先と車体の上部な部分を持つ
  • クラウチングスタートの姿勢でバイクによりかかる
  • まずは前後のタイヤを地面につける
  • 反対側に倒さないように引き起こす

引き起こしを楽にするパーツ

エンジンガード


それでも一人で引き起こしができない方は大型のエンジンガードをバイクにつけると引き起こしができるようになります。

エンジンガードをつけるとバイクは完全に横にならずに、地面に対して斜めに横になります。半分バイクが起きている状態で引き起こしに入ることができるためとても楽に引き起こしを行うことができます。


引き起こしだけでなく、バイクの傷を最小限にするという意味でも有効なパーツです。

バイクの傷を最小限にするためにアクスルスライダーをつけることがありますがこちらは賛否が分かれる所です。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

立ちゴケに関して簡単にではありますが網羅的に解説しました。


きちんとした知識を得て、それを実行すれば立ちゴケの原因の9割は排除することができます。


万一立ちゴケしてしまったときのために引き起こしの知識もばっちりにしておきましょう。


okomoto

僕はバイク歴15年目のときに初めての立ちゴケを経験しました。

okoko

15年目って随分今更感あるわね 笑

okomoto

完全に油断しましたね・・・油断大敵です。

バイク太郎

へたくそー

バイク次郎

へたくそー

バイク三郎

へたくそー

okomoto

(・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました