> 公道ではエンジンガードやスライダー、アクスルスライダーはいらないのか? | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

公道ではエンジンガードやスライダー、アクスルスライダーはいらないのか?

公道ではエンジンガードやスライダー、アクスルスライダーはいらないのか?バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • エンジンガードの設置を考えている
  • アクスルスライダーは公道では使わない方がいいと考えている
  • それぞれのメリットデメリットを知りたい
  • 結局付けた方がいいの?付けない方がいいの?


という方ではないでしょうか。

一見するとバイクをその名の通りバイクを守ってくれそうなエンジンガード、それを同じような効果を発揮しそうなエンジンスライダー、アクスルスライダー。

転倒時の傷を最小限にしたいと考えるのはライダー共通のことですので設置を検討している方も多いと思います。

設置に向けて調べていると

ガードやスライダーは付けない方がいいよ!


という情報も多く見受けられ、装着するかどうか迷ってしまうところだと思います。

この記事では

この記事で分かること
  • エンジンガード、スライダーがどんなものなのか
  • それぞれのメリットデメリット
  • 結局付けてもいいのか付けない方がいいのか


という事がわかります。

結論からお伝えすると

エンジンガードスライダー
低速防御力とても高い高い
高速防御力むしろマイナスむしろマイナス
導入コスト高価安価
引き起こしほとんど変化なし
他パーツ取り付けできるできない
見た目の変化大きい小さい
重量重い小さい
種類少ない多い

という事から、

ガード、スライダーの装着の判断

転倒する可能性の高い速度域に合わせて判断する


ということになります。


okomoto

ちなみに僕はエンジンスライダーとアクスルスライダーを付けています。

エンジンガードとは?

エンジンガード


エンジンガードとは湾曲したパイプを取り付けることにより、転倒時にエンジンが地面に接地することを防いでくれるもの。

白バイや教習車には標準で取り付けられている。

エンジンガードのメリット

エンジンガードのメリット
エンジンガードのメリット
  • 重要なパーツを保護できる
  • 引き起こしが楽になる
  • バッグやフォグランプ、カメラなどを設置できる

重要なパーツを保護できる

エンジンガードは重要なパーツを保護できる

交換修理に高額の費用がかかるエンジン周り、クランクケースなどのパーツを保護できるようになる。

引き起こしが楽になる

エンジンガードを付けていると車体が完全に横にならないので引き起こしが楽になります。起こしやすい角度がついた状態で引き起こしを始められます。

引き起こしは最初の一息が最も大変なので大事なことです。

バッグやフォグランプ、カメラなどを設置できる

エンジンガードにはバッグやフォグランプ、カメラなどを設置できる


パイプに様々な便利パーツを取り付けられるようになります。ちょっとしたバッグやフォグランプ、撮影用のカメラも楽に設置することができます。

okomoto

大きなハンドルバーがあるようなものなのでなんでも設置できてしまいますね。

エンジンガードのデメリット

エンジンガードのデメリット
エンジンガードのデメリット
  • バイクの見た目を変えてしまう
  • 専用品がない車種が多い
  • バイクの重量バランスを変えてしまう
  • 高速転倒時はフレームに重大なダメージを与えてしまう
  • 導入コストが高い

バイクの見た目を変えてしまう


エンジンガードは大型なのでバイクのシルエットを大きく変えてしまいます。アドベンチャーやアメリカンであれば違和感はありませんが、他の車種だと 違和感が大きいかと思います。

専用品がない車種が多い

専用品がない車種が多い


エンジンガードはフレームやエンジンのボルトを利用して設置するので専用品でないと取り付けることができません。車種専用のものが販売されていなければつけることができないのです。

バイク屋さんに頼めば専用品をワンオフで作成してくれるかもしれませんが高額になります。

バイクの重量バランスを変えてしまう

エンジンガードは重量があるのでバイクの重量が増え、車体の重量バランスを崩してしまう可能性もあります。

高速転倒時はフレームに重大なダメージを与えてしまう

フレームに重大なダメージを与えてしまう


フレームやエンジンのボルトと共締めしているので、転倒時は当然そのボルト周辺で大きな衝撃を受け止めることになります。

本来であればフレームやエンジンにそれほど大きな負荷がかからなかったかもしれないのにそれが原因で再起不能なダメージを負う可能性があります。

導入コストが高い


エンジンガードを設置するのが一般的な車種であれば1万円程度で購入することができますが、そうでない車種やマイナーな車種では高額になります。


僕のバイクのエンジンガードは10万円以上だったので導入を見送りました。

エンジンスライダー、アクスルスライダーとは?

エンジンスライダー、アクスルスライダー


転倒時に接地するフォークボトムやエンジンの外側にジュラコン樹脂を取り付けて車体を滑らせるもの。

サーキット走行やレース時に転倒したバイクをスムーズにコースアウトさせることを目的としている。

アクスルシャフトに貫通させて取り付けるアクスルスライダーとエンジン廻りのボルトを共締めして取り付けるエンジンスライダーの2つがある。

スライダーのメリット

スライダーのメリット
スライダーのメリット
  • 重要なパーツを保護できる
  • バイクの見た目をほとんど変えない
  • 重量バランスをほとんど変えない
  • 導入コストが比較的安い

重要なパーツを保護できる

重要なパーツを保護できる

アクスルスライダーはフォークボトムを、エンジンスライダーはエンジンをそれぞれ保護することができます。

立ちゴケなどであれば2つのスライダーとレバーが接地するだけだったりするので、本来クランクケースに傷がつくような高額被害が「レバーが曲がった」くらいで被害を抑えることができます。


バイクの見た目をほとんど変えない


エンジンスライダーと違ったバイクの外観を損ねません。初めから純正パーツとしてついているような佇まいでバイクを守ってくれます。

重量バランスをほとんど変えない

重量バランスをほとんど変えない


スライダーはエンジンガードと比べると軽量なのでバイクの重量バランスをほとんど変えず、違和感なく導入することができます。

導入コストが比較的安い

特にアクスルスライダーはどんな車種にも使える汎用品なので安価に購入することができます。

エンジンスライダーはピンキリですが、人気車種であれば数千円での導入が可能です。ちなみに僕のエンジンスライダーは左右セットで4万円ほどでした。それでもエンジンガードよりは安いです。

スライダーのデメリット

スライダーのデメリット
スライダーのデメリット
  • 高速転倒時はバイクに致命的なダメージ与える


エンジンガードと同じく、エンジンスライダーを止めているボルト部分に大きな負荷が集中し、本来負うはずのなかった深刻なダメージを負う可能性があります。

それに加え、スライダーを付けていることで本来ガードレールの手前で停止していたはずのバイクが勢いよくガードレールに衝突したり、崖から落ちてしまったりするかもしれません。

高速時の転倒、ダメージの可能性

高速時の転倒、ダメージの可能性


エンジンガードもスライダーも立ちゴケを含む低速域の転倒であればバイクへのダメージはほぼ確実に少なく出来ます。

しかし、どちらも高速コーナーなどでスリップダウンするなど高速域での転倒のときは恐らくダメージは大きくなります。

高速域での転倒はエンジンガードやスライダーをつけていようがいまいが大きなダメージを負います。そう考えると僕は「ほぼ確実に」ダメージを減らしてくれる方を選ぶのもいいのではないかと思います。

転倒する可能性が高い速度域で設置を考える

転倒する可能性が高い速度域


この「エンジンガードはつけるべきか、つけないほうがいいのか」という問題に恐らく正解はありません。

つけたほうがいいと言う側は低速域でのことを根拠にしますし、つけないほうがいいと言う側は高速域でのことを根拠にします。どちらも正しいので正解はないのです。

あなたがこれらのパーツを取り付けるかどうかの判断は、あなた自身が「低速域で転倒する可能性が高いと思うのか」「高速域で転倒する可能性が高いと思うのか」という判断で良いと思います。


okomoto

転ぶつもりで転ぶ人はいないので「ドッチかと言えば・・・」ということです。




つまり


メリケン太郎

立ちゴケなんて絶対しないね!80km/h以上の高速コーナーで膝擦りが大好物!

という方はつける必要はないですし、

昔乗ってたおじいちゃん

立ちゴケが心配じゃのぅ。コーナーは80km/h以上は無理じゃよ・・・


という方はつけててもいいと思います。

なるべくハッキリ情報を伝えたいと考えて運営している当ブログですがこればっかりはなんともいえません。

okoko

ハッキリしなさいよ!!

okomoto

みなさん取り付けましょう!そして60km/h以下でコーナリングしましょう!

okomoto

(そうすれば僕が公道最速の男になれる!!!)

バイク三郎

(こいつ最低だな)

まとめ

まとめ


いかがでしたでしょうか。

エンジンガードスライダー
低速防御力とても高い高い
高速防御力むしろマイナスむしろマイナス
導入コスト高価安価
引き起こしほとんど変化なし
他パーツ取り付けできるできない
見た目の変化大きい小さい
重量重い小さい


という内容の記事でした。

僕のように

okomoto

膝擦りは嗜む程度。峠の下りよりも上りの方が好き!下りは怖いよ!

という僕のようなマイルドライダーはつけたほうがいいまもしれません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました