> アドベンチャーバイクとは?250cc400cc大型の車種紹介 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

アドベンチャーバイクとは?250cc400cc大型の車種紹介

アドベンチャーバイクとは?250cc400cc大型の車種紹介バイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • アドベンチャーバイクってどんなバイク?
  • マルチパーパスとの違いは?
  • どんな車種があるのか知りたい
  • バイクの勉強中


という方ではないでしょうか。

この記事では近年人気が急上昇、それにともなって車種も急増しているアドベンチャーバイクについて網羅的に解説していく記事です。

更に深堀りして知りたい車種があれば各排気量の詳細記事を読んでみて下さい。

この記事では

この記事でわかること
  • アドベンチャーバイクとは?
  • アドベンチャーバイクのバイクの種類としての立ち位置
  • アドベンチャーバイクの特徴
  • アドベンチャー、デュアルパーパス、マルチパーパスの違い
  • 250ccアドベンチャーバイクのおすすめ車種
  • 400ccアドベンチャーバイクのおすすめ車種
  • ミドルクラスアドベンチャーバイクのおすすめ車種
  • 大型アドベンチャーバイクのおすすめ車種


ということについて解説していきます。


アドベンチャーバイクとは?

アドベンチャーバイクとは?


世界一周中かなにかの途中。

アドベンチャーのバイクの種類としての位置


オンロードもオフロードも走ることができるのがアドベンチャーです。

オンロードもオフロードも走れるオフロード全般バイクを「トレールバイク」と呼びます。「トレールバイク=一般的に販売されている、公道を走ることができるオフロードバイク」という理解です。

トレールバイクは「デュアルパーパス(2つの目的)」「マルチパーパス(複数の目的)」とも言われますが、この「目的」とは「オンロード(公道)」と「オフロード」のことです。

つまり「デュアルパーパス」「マルチパーパス」は全く同じバイクの種類を指します。


これらの中で特に排気量が大きいモデルを「アドベンチャー(冒険)」と呼びます。(最近は排気量の小さなモデルもこともアドベンチャーと言ったりします。)



ちなみに「トレールバイク」と言った場合は「250ccくらいの排気量で公道を走れるオフロードバイク」を指しますが、競技用のオフロードバイクに乗っている方くらいでないと「トレールバイク」という言い方はしないと思います。我々のようなマイルドライダーはトレールバイクのことは「オフ車」「オフロードバイク」と呼ぶのが一般的です。

ここでは「マイルドライダーが言うオフロードバイク以外のアドベンチャー・デュアルパーパス・マルチパーパス」についての説明になります。

アドベンチャー・デュアルパーパス・マルチパーパスの特徴

アドベンチャー・デュアルパーパス・マルチパーパスの特徴


大きなオフロードバイクという見た目で「ビッグオフ」とも呼ばれます。

パニアケースや大型のスクリーンが装着でき、走る場所を選ばない超ロングツーリングに向いています。

「いってきます」と自宅を出たら平気で10日間くらい帰ってこない雰囲気を出せるバイクで「世界一周バイク」とも呼ばれています。僕は呼んでいます。

アドベンチャーのメリット
  • オンもオフも走ることができる
  • 荷物をたくさん積むことができる
  • 通常荷物を積むとバイクのシルエットが崩れてしまうが、積めば積むほどかっこよくなる稀有なバイク
アドベンチャーのデメリット
  • 悪く言えばオンもオフも中途半端
  • シート高が高いので立ちゴケの可能性が高い

250ccアドベンチャーバイクのおすすめ車種

250ccアドベンチャーバイクのおすすめ車種
  • CRF250ラリー ホンダ
  • ヴェルシスX250ツアラー カワサキ
  • Vストローム250 スズキ
  • 250アドベンチャー KTM



250ccのバイクはそれ以下の排気量のバイク、それ以下の排気量のバイクと比べてメリットが多いので、「バイク趣味を始めよう」と考えている方にもっともおすすめできるバイクです。


「非力」と言われますが、それは「非常識な運転」をする場合に限ってのことです。常識的な運転であれば必要十分。初心者の方にはバイクの楽しさを教え、ベテランの人には操る楽しさを思い出させてくれる良き排気量です。


また、車検がなので維持費が安くなるということだけでなく、車検を意識したカスタムを心がける必要がなく、「カリカリカスタムバイク」に仕上げられます。

okomoto

良いか悪いかは1回置いておいて・・・

バイク太郎

高速道路も乗れるから、125ccよりもツーリングの範囲が何倍にも広がるよ!

400ccアドベンチャーバイクのおすすめ車種

400ccアドベンチャーバイクのおすすめ車種
  • 400X ホンダ
  • G310GS BMW
  • 390アドベンチャー KTM



普通自動二輪免許で乗れる最大の排気量クラスが400ccです。

1つ下の排気量帯の250ccクラスとは150ccの差しかありませんが、「体感できる性能差」としては600ccと1000ccの差よりも大きいと思います。

バイク太郎

600ccと1000ccだとどっちも凄すぎるから体感できる性能差は250と400差より少なく感じるよ。

okomoto

これは僕がバイク下手くそなせいであって、上手な人はダイレクトに感じられるんだと思います。



車検があるので維持費は大型バイクとほとんど変わらないので「中途半端」と言われることがありますが、日本の道路事情(起伏に富んだタイトなワインディングが多い)には最もマッチしている排気量だと思います。

日本の免許制度に合わせた独特な排気量ですが、最近は海外のレースカテゴリのおかげで、海外メーカーの車種も増えています。

逆に国内メーカーは車検がない250ccとハイパワーな大型バイクの間の400ccを「中途半端」と考えているのか、各メーカーあまり力を入れていないというのが現状です。

昔乗ってたおじいちゃん

教習所で大型二輪免許を取れるようになる前は「最も身近な最大排気量」だったから昔は一番力を入れていたんじゃがの。

okomoto

現代の400ccクラスはこだわりのあるライダーが「このバイクに乗りたい!」と強く思って乗る排気量帯ですね。

ミドルクラスアドベンチャーバイクのおすすめ車種

ミドルクラスアドベンチャーバイクのおすすめ車種
  • テネレ700 ヤマハ
  • トレーサー700 ヤマハ
  • トレーサー900 ヤマハ
  • ヴェルシス650 カワサキ
  • Vストローム650
  • 790アドベンチャー KTM
  • タイガー800 トライアンフ


1969年から1989年までは「国内で販売するバイクの最大排気量は750CCまで、最大出力は77PSまで」というメーカー側の自主規制が存在しました。2007年に出力に関するすべての自主規制が撤廃されました。

つまり、20年間は国内のバイクの最大排気量は750ccだったということです。これが

ナナハンおじさん

このバイクナナハン?


と聞かれる理由です。ナナハンは長く最大排気量だったので一般の方も知っているためです。

ミドルクラスは、税金や保険料はもちろん、パーツ代や燃費に関してもリッターバイクと変わりません。ですので「大きい排気量が偉い」とか「大は小を兼ねる」と考えている人は絶対に選ばない排気量です。

そういう意味ではわざわざ大型免許を取得しなければ乗れない排気量帯なので、400ccよりも選ぶ理由が少ない排気量帯と考えることができます。ではどんな方がこの排気量帯を選ぶかというと

「バイクに排気量は関係ない。排気量ごとの楽しみ方がある。趣味を経済的な理由で諦めない(車検代、免許代)、自分がいいと思ったものを選ぶ」というスタンスの方ではないでしょうか。


それぞれの排気量帯に様々な初心者さんとベテランが混在していますが、この排気量帯が一番玄人率が高いと思われます。

okomoto

特に600cc前後がそんな傾向が強いような感じがします。


ベテランではなく「玄人」というのがポイント。ただ乗ってる期間が長いだけの「期間だけベテラン」ではなく、バイクの楽しみを真に感じて楽しい運転をしているという意味での「玄人」。

ミドルクラスのネイキッドは中型の軽さ、機動性の良さとリッターのパワーのいいとこどりをしていると考えることもできますね。

大型アドベンチャーバイクのおすすめ車種

大型アドベンチャーバイクのおすすめ車種
  • CRF1100Lアフリカツイン ホンダ
  • XT1200Zスーパーテネレ ヤマハ
  • ヴェルシス1000 カワサキ
  • Vストローム1000 スズキ
  • Vストローム1050/XT スズキ
  • R1200GS BMW 
  • S1000XR BMW 
  • TIGER 1200トライアンフ
  • 1290スーパーアドベンチャー KTM
  • ムルティストラーダ1260S ドゥカティ
  • V85TTトラベル モトグッツィ


大型バイクは「公道では不要」と言われることが多いですが、その頂点の排気量帯です。

okomoto

「公道では不要」というと125cc以上は不要な感じもしますけどね・・・


趣味性の塊で、楽しく走らせるには高い技術が必要になります。初心者の方が乗っても真の楽しさに気付けないままバイクライフを終えてしまうことになるので注意が必要です。

バイクの「走る曲がる止まる」を身に着けてから乗るようにした方が良いでしょう。

昔乗ってたおじいちゃん

これは大型バイク全般に言えることじゃがの

アドベンチャーバイクの車種まとめ

アドベンチャーバイクの車種まとめ


いかがでしたでしょうか。

小さいものから大きいものまで、国内海外関わらず網羅的にアドベンチャーバイクの車種を紹介してみました。

スペックなどが気になるアドベンチャーバイクがあれば詳細記事で確認してみてください。


バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました