> 250ccネイキッドバイクおすすめの車種11選!スペック比較と8種のランキング | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

250ccネイキッドバイクおすすめの車種11選!スペック比較と8種のランキング

250ccネイキッドバイクおすすめの車種11選!スペック比較と8種のランキング バイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 250ccネイキッドバイクを探している
  • 新しい趣味を始めようとしている
  • 何年か振りにバイク趣味を再開しようとしている


と言う方ではないでしょうか。

250ccネイキッドバイクは必要十分なパワーを持ち、高速道路にも乗れるのに車検がないというお得な特徴を持っています。

okomoto

詳しくは下の詳細記事を読んでみてください


この記事では

250ccネイキッドバイクの車種
  • CB250R ホンダ
  • ホーネット250 ホンダ
  • VTR250 ホンダ
  • MT-25 ヤマハ
  • Z250 カワサキ
  • Z250SL
  • バリオスⅡ カワサキ
  • ジクサー250 スズキ
  • GSR250 スズキ
  • 250 DUKE KTM
  • SVARTPILEN250 スヴァルトピレン250 ハスクバーナ


について

250ccネイキッドバイク8種のランキング
  • 最高速ランキング
  • 価格が安いランキング
  • 燃費ランキング
  • 1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • パワーウエイトレシオランキング
  • トルクウエイトレシオランキング
  • 足つきがいい、シート高が低いランキング
  • パワー円レシオランキング


というランキングを作成して解説しています。

okomoto

古い車種もちゃんと見極めれば格安で手に入るかも・・・


すべての250ccバイクの比較が見たい方は下の記事を読んでみて下さい。

  1. 250ccネイキッドバイクに乗るために必要なバイク免許
  2. おすすめの250ccネイキッドバイク最高速ランキング
  3. おすすめの250ccネイキッドバイク価格が安いランキング
  4. おすすめの250ccネイキッドバイク燃費ランキング
  5. 1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  6. おすすめの250ccネイキッドバイクパワーウエイトレシオランキング
  7. おすすめの250ccネイキッドバイクトルクウエイトレシオランキング
  8. おすすめの250ccネイキッドバイク足つきがいい、シート高が低いランキング
  9. おすすめの250ccネイキッドバイクパワー円レシオランキング
  10. おすすめの250ccネイキッドバイク性能早見表
  11. CB250R ホンダ~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  12. ホーネット250 ホンダ~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  13. VTR250 ホンダ~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  14. MT-25 ヤマハ~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  15. Z250 カワサキ~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  16. Z250SL~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  17. バリオスⅡ カワサキ~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  18. ジクサー250 スズキ~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  19. GSR250 スズキ~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  20. 250 DUKE KTM~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  21. SVARTPILEN250 スヴァルトピレン250 ハスクバーナ~おすすめの250ccネイキッドバイク~
  22. まとめ

250ccネイキッドバイクに乗るために必要なバイク免許

250ccネイキッドバイクに乗るために必要なバイク免許


この記事で紹介している250ccネイキッドバイクに乗るためには普通自動二輪免許が必要となり、取得期間や費用はざっくり・・・

免許なしで教習所160,000円最短11日
免許ありで教習所100,000円最短11日
免許ありで一発試験18,100円最短1日
(免許なしで一発)(22,300円)(最短1日)
合宿(免許なし)90000円8泊9日


という感じです。


詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてください。



先にランキングから解説していきます。

おすすめの250ccネイキッドバイク最高速ランキング

おすすめの250ccネイキッドバイク最高速ランキング
おすすめの250ccネイキッドバイク最高速ランキング
  • 165km/h
    ホーネット250/バリオスⅡ
  • 160km/h
    MT-25
  • 156km/h
    VTR250
  • 150km/h
    Z250
  • 147km/h
    ジクサー250
  • 145km/h
    CB250R/Z250SL
  • 135km/h
    250 DUKE
  • 117km/h
    GSR250


重要な項目ではありませんが興味のある方も多いと思うので最高速をランキングにしました。特に最高速を求めるような排気量帯ではないので速くても遅くても気にする必要はないと思いますが、ニ気筒のGSR250が単気筒の車種よりも大幅に遅いのはちょっとショックですね。

昔乗ってたおじいちゃん

最高速を気にするのは初心者の証拠じゃぞ・・・

おすすめの250ccネイキッドバイク価格が安いランキング

おすすめの250ccネイキッドバイク価格が安いランキング
おすすめの250ccネイキッドバイク価格が安いランキング
  • 437400円
    Z250SL
  • 438900円
    GSR250
  • 448800円
    ジクサー250
  • 509000円
    バリオスⅡ
  • 556500円
    ホーネット250
  • 564300円
    CB250R
  • 575000円
    250 DUKE
  • 598320円
    VTR250
  • 599000円
    SVARTPILEN250
  • 610500円
    Z250
  • 621500円
    MT-25


年代の影響もありますが、気筒数が価格に与える影響は少ないようで、さまざまな気筒数がバラけています。

海外メーカーよりも高い車種が複数あるのが意外でした。昔の4気筒が安く感じますね。

おすすめの250ccネイキッドバイク燃費ランキング

おすすめの250ccネイキッドバイク燃費ランキング
おすすめの250ccネイキッドバイク
燃費ランキング
  • 38km/ℓ
    ジクサー250
  • 33km/ℓ
    CB250R
  • 30km/ℓ
    250 DUKE
    SVARTPILEN250
  • 29km/ℓ
    GSR250
  • 28km/ℓ
    VTR250
    Z250SL
  • 27km/ℓ
    MT-25
  • 26km/ℓ
    Z250
  • 22km/ℓ
    ホーネット250
    バリオスⅡ


ただでさえ燃費がいいカテゴリですし、趣味のものの燃費を気にしないほうがいいとは思いますがランキングにしました。

様々な気筒数があるので気筒数順に順当に並んだという感じがします。


1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離

1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • 456km
    ジクサー250
  • 402km
    250 DUKE
  • 378km
    MT-25
  • 377km
    GSR250
  • 364km
    Z250
  • 352km
    ホーネット250
  • 336km
    VTR250
  • 330km
    CB250R
  • 308km
    Z250SL
    バリオスⅡ
  • 285km
    SVARTPILEN250


個人的にはガソリンがなくなったら入れるだけなのでタンクの大きさはどうでもいいのですが、一応1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離のランキングも作りました。

タンク容量と燃費が関係するので気筒数が入り乱れています。

1位は単気筒のジクサー250で、ぶっちぎり最下位のSVARTPILEN250も単気筒ですがタンク容量の差が大きく出てしまったという感じです。


おすすめの250ccネイキッドバイクパワーウエイトレシオランキング

おすすめの250ccネイキッドバイクパワーウエイトレシオランキング
パワーウエイトレシオランキング
  • 3.7kg/ps
    バリオスⅡ
  • 4.2kg/ps
    ホーネット250
  • 4.4kg/ps
    Z250
  • 4.8kg/ps
    MT-25
  • 4.9kg/ps
    250 DUKE
  • 5.1kg/ps
    SVARTPILEN250
    Z250SL
  • 5.3kg/ps
    VTR250
    CB250R
  • 5.9kg/ps
    ジクサー250
  • 7.6kg/ps
    GSR250



バリオスとホーネットでこれほど差がでるとは予想していませんでした。バリオスの車重の軽さが影響しています。

驚くべきはバリオスとGSR250の間には倍以上の開きがあることです。同じ排気量でこの差ははっきり言って異常です。バリオスがすごいというよりもGSR250がひどすぎます。

おすすめの250ccネイキッドバイクトルクウエイトレシオランキング

おすすめの250ccネイキッドバイクトルクウエイトレシオランキング
トルクウエイトレシオランキング
  • 61.2kg・m
    250 DUKE
  • 62.6kg・m
    CB250R
  • 63.7kg・m
    SVARTPILEN250
  • 67.2kg・m
    Z250SL
  • 70.0kg ・m
    ジクサー250
    ホーネット250
  • 71.3kg・m
    Z250
  • 71.9kg・m
    バリオスⅡ
  • 72.7kg・m
    VTR250
  • 73.4kg・m
    MT-25
  • 83.1kg・m
    GSR250


上位はセオリー通り、単気筒の独壇場です。

4気筒モデルよりもトルクが細い2気筒バイクがあるのが驚きですが、バリオス、ホーネットとは時代が違い、規制等々もまったく違うので仕方がありません。

おすすめの250ccネイキッドバイク足つきがいい、シート高が低いランキング

おすすめの250ccネイキッドバイク足つきがいい、シート高が低いランキング
足つきがいい、シート高が低いランキング
  • 745mm
    バリオスⅡ
  • 745mm
    ホーネット250
  • 755mm
    VTR250
  • 780mm
    GSR250
    MT-25
  • 785mm
    Z250SL
  • 795mm
    Z250
    CB250R
  • 800mm
    ジクサー250
  • 830mm
    250 DUKE
  • 835mm
    SVARTPILEN250


車高が低い=足つきがいいというわけではありませんし、足つきは克服できるのもではありますが、ひとつの指針としてランキング化しました。


性能で大きくリードしている4気筒モデルのシート高が低いのが意外です。シート高が高い単気筒モデルの方が楽しくコーナリングできるかもしれませんね。

おすすめの250ccネイキッドバイクパワー円レシオランキング

おすすめの250ccネイキッドバイクパワー円レシオランキング
パワー円レシオランキング
  • 12725円/PS
    バリオスⅡ
  • 13912円/PS
    ホーネット250
  • 15082円/PS
    Z250SL
  • 16500円/PS
    Z250
  • 17261円/PS
    ジクサー250
  • 17757円/PS
    MT-25
  • 18287 円/PS
    GSR250
  • 19166円/PS
    250 DUKE
  • 19944円/PS
    VTR250
  • 19966円/PS
    SVARTPILEN250
  • 20900円/PS
    CB250R


昔のバイクが上位にくることは必然です。上位3車種がだいぶ前に生産終了になっています。

豪華装備を持っているCB250Rは海外メーカーのSVARTPILEN250よりも割高になっていますが、現状250ccコーナリング最強のバイク(僕の分析です)なので仕方ないかなというところ。燃費がいいのでランニングコストで取り返せます。

おすすめの250ccネイキッドバイク性能早見表

おすすめの250ccネイキッドバイク性能早見表
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
CB250R564300円水冷単気筒249cc144kg27PS2.3kgf・m6速1355mm24°44 ‘2020×805×1045795mm10ℓ44.5km/ℓ33km/ℓ330km145km/h5.33kg/ps62.6kg/kgf・m20,900円/PS
ホーネット250556500円水冷直列4気筒249cc168kg40PS2.4kgf・m6速1410mm25°45 ‘2035×740×1050745mm16ℓ32km/ℓ22km/ℓ352km165km/h4.2kg/ps70kg/kgf・m13,912円/PS
VTR250598320円水冷V型2気筒249cc160kg30PS2.2kgf・m5速1405mm25°30 ‘2080×725×1055755mm12ℓ40km /ℓ28km /ℓ336km156km/h5.3kg/ps72.7kg/kgf・m19,944円/PS
MT-25621500円水冷直列2気筒249cc169kg35PS2.3kgf・m6速1380mm25°00‘2090×755×1070780mm14ℓ37.7km /ℓ27km /ℓ378km160km/h4.8kg/ps73.4kg/kgf・m17,757円/PS
Z250610500円水冷並列2気筒248cc164kg37PS2.3kgf・m6速1370mm24.5°1990×800×1060795mm14ℓ37km/ℓ26km /ℓ364km150km/h4.43kg/ps71.3kg/kgf・m16,500円/PS
Z250SL437400円水冷単気筒249cc148kg29PS2.2kgf・m6速1330mm24°1935×700×1015785mm11ℓ39km /ℓ28km /ℓ308km145km/h5.10kg/ps67.2kg/kgf・m15,082円/PS
バリオスⅡ509000円水冷直列4気筒249cc151kg40PS2.1kgf・m6速1400mm25°2070×735×1055745mm14ℓ39km /ℓ22km /ℓ308km165km/h3.77kg/ps71.9kg/kgf・m12,725円/PS
ジクサー250448800円油冷単気筒249cc154kg26PS2.2kgf・m6速1345mm24°20 ‘2010×805×1035800mm12ℓ45km /ℓ38km /ℓ456km147km/h5.92kg/ps70kg/kgf・m17,261円/PS
GSR250438900円水冷並列2気筒248cc183kg24PS2.2kgf・m6速1430mm26°00 ‘2145×760×1075780mm13ℓ40km/ℓ29km/ℓ377km117km/h7.62kg/ps83.1kg/kgf・m18,287円/PS
250 DUKE575000円水冷単気筒248.8cc147kg30PS2.4kgf・m6速1357mm25°2029×836×1267830mm13.4ℓ不明30km/ℓ402km135km/h4.9kg/ps61.2kg/kgf・m19,166円/PS
SVARTPILEN250599000円水冷単気筒248.8cc153kg30PS2.4kgf・m6速1357mm
25°
不明835mm9.5ℓ不明30km/ℓ285km不明5.1kg/ps63.7kg/kgf・m19,966円/PS



それえぞれの車種の詳細一覧はご覧の表の通りです。

価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量です
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワ円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。
バイクの全長全幅全高シート高ホイールベースキャスター角の図解

CB250R ホンダ~おすすめの250ccネイキッドバイク~

  • CBR600RRに使われたフロントフォーク改良した倒立フォーク
  • ラジアルマウント対向4POTキャリパー
  • スイングアームはまさかのガルアーム
  • シート下に吸気系を持ってくるなど、常識を覆す思い切ったマスの集中化
  • CB150Rベースなので超軽量な142kgの車体に搭載された単気筒エンジン
  • ラジアルタイヤ


という仕様からコーナリング性能の高さが伺えます。

個人的にはCBR250RRよりもコーナリング性能は優れていると思っています。ホンダの現行250クラスではもっとも面白いバイクです。

価格564300円
エンジン水冷単気筒
排気量249cc
車両重量144kg
始動方法セル
最大出力27PS
最大トルク2.3kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1355mm
キャスター角24°44 ‘
全長×全幅×全高(mm)2020×805×1045
シート高795mm
燃料タンク容量10ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費44.5km/ℓ国土交通省届出値
実燃費33km/ℓ
実燃費での航続可能距離330km
最高速145km/h
パワーウエイトレシオ5.33kg/ps
トルクウエイトレシオ62.6kg/kgf・m
パワー円レシオ20,900円/PS

ホーネット250 ホンダ~おすすめの250ccネイキッドバイク~


旧CBR250RRの流れを汲むエンジンを積んでいます。

  • シートが比較的細いので足つきも良好。
  • 4気筒にカムギアトレイン
  • 「猫」と例えられるカムギアトレインの独特の「ミャーン」という音。
  • 18000rpmまで回る「F1サウンド」と例えられる独特のエンジン音。
  • オフロードでもないのに謎のアップマフラー。
  • CBR900RRと同じサイズ、180/55ZR 17MCの極太タイヤが魅せる圧巻のリアビュー
  • 250ccライダーには圧巻のタイヤ代。


という特徴をもっています。僕も昔乗っていました。

カワサキのバリオスと並んで、ネイキッドクオーターマルチの金字塔です。

価格556500円
エンジン水冷直列4気筒
排気量249cc
車両重量168kg
始動方法セル
最大出力40PS
最大トルク2.4kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1410mm
キャスター角25°45 ‘
全長×全幅×全高(mm)2035×740×1050
シート高745mm
燃料タンク容量16ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32km/ℓ
実燃費22km/ℓ
実燃費での航続可能距離352km
最高速165km/h
パワーウエイトレシオ4.2kg/ps
トルクウエイトレシオ70kg/kgf・m
パワー円レシオ13,912円/PS

VTR250 ホンダ~おすすめの250ccネイキッドバイク~



1982年に発売されたVT250Fをご先祖にもつバイク。1997年にVTRという名前になり、マイナーチェンジを繰り返して20年後の2017年生産終了になりました。

  • 取り回しのしやすさ
  • 振動が少なく疲れにくい
  • 燃費がいい
  • 維持費が高くない
  • 最低限の整備で30万km走る丈夫さ


という特徴を持ち、トルクもあるホンダの成熟したV2エンジンは特に初心者の方におすすめできます。

価格598320円
エンジン水冷V型2気筒
排気量249cc
車両重量160kg
始動方法セル
最大出力30PS
最大トルク2.2kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1405mm
キャスター角25°30 ‘
全長×全幅×全高(mm)2080×725×1055
シート高755mm
燃料タンク容量12ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40km /ℓ
実燃費28km /ℓ
実燃費での航続可能距離336km
最高速156km/h
パワーウエイトレシオ5.3kg/ps
トルクウエイトレシオ72.7kg/kgf・m
パワー円レシオ19,944円/PS

MT-25 ヤマハ~おすすめの250ccネイキッドバイク~


フルカウルYZF-R25がベースになっているネイキッドタイプのバイク。R25に合わせて倒立フォーク、ギアポジション表示付きのメーター、LEDヘッドライトなど豪華装備になっています。

価格は高いですが、性能も平均よりは上のバイクです。

価格621500円
エンジン水冷直列2気筒
排気量249cc
車両重量169kg
始動方法セル
最大出力35PS
最大トルク2.3kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1380mm
キャスター角25°00‘
全長×全幅×全高(mm)2090×755×1070
シート高780
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37.7km /ℓ
実燃費27km /ℓ
実燃費での航続可能距離378km
最高速160km/h
パワーウエイトレシオ4.8kg/ps
トルクウエイトレシオ73.4kg/kgf・m
パワー円レシオ17,757円/PS

Z250 カワサキ~おすすめの250ccネイキッドバイク~


ニンジャ250のカウルがないバージョンでサスセッティング等々をより街乗りで扱いやすいように変更しています。

価格610500円
エンジン水冷並列2気筒
排気量248cc
車両重量164kg
始動方法セル
最大出力37PS
最大トルク2.3kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1370mm
キャスター角24.5°
全長×全幅×全高(mm)1990×800×1060
シート高795
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37km/ℓ
実燃費26km /ℓ
実燃費での航続可能距離364km
最高速150km/h
パワーウエイトレシオ4.43kg/ps
トルクウエイトレシオ71.3kg/kgf・m
パワー円レシオ16,500円/PS

Z250SL~おすすめの250ccネイキッドバイク~


フルカウルモデルのニンジャ250SLのネイキッドバージョンがZ250SLです。SLとは「スーパーライト」の略で「とにかく軽く!コンパクトに!」ということ。

大型バイクの真似をせず、「軽い」「小さい」という250ccの魅力を存分に発揮した良い車両です。峠走りに興味がある初心者の方に特におすすめです。

下りも登りも他の250ccより速く走れる仕様です。

価格437400円
エンジン単気筒
排気量249cc
車両重量148kg
始動方法セル
最大出力29PS
最大トルク2.2kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1330mm
キャスター角24°
全長×全幅×全高(mm)1935×700×1015
シート高785
燃料タンク容量11ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費39km /ℓ
実燃費28km /ℓ
実燃費での航続可能距離308km
最高速145km/h
パワーウエイトレシオ5.10kg/ps
トルクウエイトレシオ67.2kg/kgf・m
パワー円レシオ15,082円/PS

バリオスⅡ カワサキ~おすすめの250ccネイキッドバイク~


ホンダ ホーネットとともにクオーターマルチの金字塔として名を馳せた名機がカワサキのバリオスです。

ホーネットが名機CBR250RRの血統であるのに対して、バリオスは4st250ccレーサーレプリカ最強と呼ばれることもあるZXR250の血統。

性能は申し分なし。

価格509000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量249cc
車両重量151kg
始動方法セル
最大出力40PS
最大トルク2.1kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1400mm
キャスター角25°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2070×735×1055
シート高745mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費39km /ℓ
実燃費22km /ℓ
実燃費での航続可能距離308km
最高速165km/h
パワーウエイトレシオ3.77kg/ps
トルクウエイトレシオ71.9kg/kgf・m
パワー円レシオ12,725円/PS

ジクサー250 スズキ~おすすめの250ccネイキッドバイク~

  • 油冷
  • 単気筒
  • 40万円台
  • スズキ


というだけで楽しいバイク、初心者もベテランも楽しめるバイクという事がわかります。

もしも僕が今の知識をもったままバイクライフをスタートさせるとしたら、最初の1台に選ぶのはジクサー250かモタードです。


価格448800円
エンジン油冷単気筒
排気量249cc
車両重量154kg
始動方法セル
最大出力26PS
最大トルク2.2kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1345mm
キャスター角24°20 ‘
全長×全幅×全高(mm)2010×805×1035
シート高800mm
燃料タンク容量12ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費45km /ℓ
実燃費38km /ℓ
実燃費での航続可能距離456km
最高速147km/h
パワーウエイトレシオ5.92kg/ps
トルクウエイトレシオ70kg/kgf・m
パワー円レシオ17,261円/PS

GSR250 スズキ~おすすめの250ccネイキッドバイク~


ランキングをみてもわかるように、GSR250は買ってはいけないバイクです。

これほどまでに同カテゴリのライバル車と性能差があるバイクを見たことがありません。

とは言えバイクはデザインで選ぶのが一番なのでデザインが気に入った方は別です。

元々日本で販売する予定はありませんでしたが、中国向けに作ったGSR250が欧米で反響を呼んだので欧米、日本での販売に至りました。グローバルスタンダードなデザインということです。

価格438900円
エンジン水冷並列2気筒
排気量248cc
車両重量183kg
始動方法セル
最大出力24PS
最大トルク2.2kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1430mm
キャスター角26°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2145×760×1075
シート高780
燃料タンク容量13ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40km/ℓ
実燃費29km/ℓ
実燃費での航続可能距離377km
最高速117km/h
パワーウエイトレシオ7.62kg/ps
トルクウエイトレシオ83.1kg/kgf・m
パワー円レシオ18,287円/PS

250 DUKE KTM~おすすめの250ccネイキッドバイク~


BMWやハーレーなどは日本の排気量区分なんてお構いなしでバイク作りをしていますが(最近BMWは310モデルを出したがこれはあくまでヨーロッパ向けのグローバルモデル)、KTMは250ccで出してくれます。これはKTMが日本市場を大事にしているという意思表示です。

250ccデュークは「125、250、390cc」で展開されている「スモールデューク」シリーズの真ん中の排気量で、最近流行りのストリートファイタースタイルとも言えるネイキッドモデルですね。


外車なので維持費はそれなりにかかりますが、それを許容できる方にはとてもいい一台かと思います。


価格575000円
エンジン水冷単気筒
排気量248.8cc
車両重量147kg
始動方法セル
最大出力30PS
最大トルク2.4kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1357mm
キャスター角25°
全長×全幅×全高(mm)2029×836×1267
シート高830mm
燃料タンク容量13.4ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費30km/ℓ
実燃費での航続可能距離402km
最高速135km/h
パワーウエイトレシオ4.9kg/ps
トルクウエイトレシオ61.2kg/kgf・m
パワー円レシオ19,166円/PS

SVARTPILEN250 スヴァルトピレン250 ハスクバーナ~おすすめの250ccネイキッドバイク~


ハスクバーナも日本独自の250ccバイクを出してくれています。エンジンはDUKE250と同じものですがタンク容量が極端に小さいなどの違いがあります。

オフロードバイクで有名なハスクバーナは現在KTM傘下ですが、BMW傘下になったときにNUDAというBMW F800をベースにしたオンロードモデルを作っていました。

KTMの傘下になってDUKEシリーズで同じことを行ったということかと思います。

VARTPILEN(スヴァルトピレン)はスウェーデン語で「黒い矢」という意味で、世の中黒がいれば白があるわけで、「白い矢」がVITPILEN(ヴィットピレン)と言います。

「黒い矢」のSVARTPILEN(スヴァルトピレン)はバーハンドルでオフロードタイヤを履いています。「白い矢」のVITPILEN(ヴィットピレン)はセパハンでオンロードタイヤを履いています。


この記事では日本でデビューしているSVARTPILEN250について掲載しています。

価格599000円
エンジン水冷単気筒
排気量248.8cc
車両重量153kg
始動方法セル
最大出力30PS
最大トルク2.4kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1357mm
キャスター角25°
全長×全幅×全高(mm)不明
シート高835
燃料タンク容量9.5ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費30km/ℓ
(同エンジンのDUKEから推測)
実燃費での航続可能距離285km
最高速不明
パワーウエイトレシオ5.1kg/ps
トルクウエイトレシオ63.7kg/kgf・m
パワー円レシオ19,966円/PS

まとめ


いかがでしたでしょうか。

250ccネイキッドバイクについて網羅的に解説しました。

もちろんバイクの性能や魅力はスペックだけで判断できるものではありませんが、「数字」という目に見えるものは大きな指標の1つになります。

この記事であなたのバイク選びが少しでも前進したのであれば嬉しく思います。



okomoto

バイク購入までの流れはこちらの記事からどうぞ.。足してほしい車種があればコメント下さい。。

バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました