> 大型クルーザーバイクおすすめ車種16選!スペック比較と8つのランキング | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

大型クルーザーバイクおすすめ車種16選!スペック比較と8つのランキング

大型クルーザーバイクおすすめ車種16選!スペック比較と8つのランキング バイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!



この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • ハーレーのようなクルーザーバイクバイクに乗りたい
  • ハーレーに乗るつもりだが、他のクルーザーバイクと比較してみたい


と言う方ではないでしょうか。


この記事では

ハーレーなど、クルーザーバイクの車種
  • レブル500
  • レブル1100
  • シャドウ750
  • バルカンS
  • VT1300CX
  • BOLT
  • ドラッグスター1100
  • ブルーバードM109R
  • バルカン1700
  • ロケットⅢ
  • Diavel  ディアベル
  • スカウト
  • FORTY-EIGHT(ストリート)
  • FAT BOY114(クルーザー)
  • COV LIMITED(ツーリング)
  • GoldWing ホンダ
  • R1250RT BMW
  • K1600GTL BMW


について

ハーレーなど、クルーザーバイクバイク8種のランキング
  • 最高速ランキング
  • 価格が安いランキング
  • 燃費ランキング
  • 1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • パワーウエイトレシオランキング
  • トルクウエイトレシオランキング
  • 足つきがいい、シート高が低いランキング
  • パワー円レシオランキング


というランキングを作成して解説しています。

okomoto

古い車種もちゃんと見極めれば格安で手に入るかも・・・


アメリカンやツアラーとの違いなど、クルーザーバイクについて知りたい方は下の記事を読んでみて下さい。

  1. ハーレーなど、大型クルーザーバイクに乗るために必要なバイク免許
  2. ハーレーなど、大型クルーザーバイク最高速ランキング
  3. ハーレーなど、大型クルーザーバイク価格が安いランキング
  4. ハーレーなど、大型クルーザーバイク燃費ランキング
  5. ハーレーなど、大型クルーザーバイク1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  6. ハーレーなど、大型クルーザーバイクパワーウエイトレシオランキング
  7. ハーレーなど、大型クルーザーバイクトルクウエイトレシオランキング
  8. ハーレーなど、大型クルーザーバイク足つきがいい、シート高が低いランキング
  9. ハーレーなど、大型クルーザーバイクパワー円レシオランキング
  10. ハーレーなど、大型クルーザーバイク性能早見表
  11. レブル500 ホンダ
  12. レブル1100
  13. シャドウ750 カワサキ
  14. バルカンS カワサキ
  15. VT1300CX ホンダ
  16. BOLT ヤマハ
  17. ドラッグスター1100 ヤマハ
  18. ブルーバードM109R スズキ
  19. バルカン2000カワサキ
  20. ロケットⅢ トライアンフ
  21. Diavel  ディアベル ドカティ
  22. スカウト インディアン
  23. FORTY-EIGHT(ストリート) ハーレーダビッドソン
  24. FAT BOY114(クルーザー) ハーレーダビッドソン
  25. COV LIMITED(ツーリング) ハーレーダビッドソン
  26. GoldWing ホンダ【大型ツアラーバイクのおすすめ】
  27. R1250RT BMW【大型ツアラーバイクのおすすめ】
  28. K1600GTL BMW【大型ツアラーバイクのおすすめ】
  29. ハーレーなど、大型クルーザーバイクまとめ

ハーレーなど、大型クルーザーバイクに乗るために必要なバイク免許

ハーレーなど、大型クルーザーバイクに乗るために必要なバイク免許

この記事で紹介しているハーレーなど、クルーザーバイクに乗るためには大型二輪免許が必要となり、取得期間や費用はざっくり・・・

免許なしで教習所260,000円最短16日
普通免許ありで教習所150,000円15日?
普通自動二輪ありで
教習所
100,000円7日?
免許ありで一発試験18,100円最短1日
(免許なしで一発)(22,300円)(最短1日)
合宿(免許なし)270,000円15泊16日


という感じです。


詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてください。





では先にランキングから解説していきます。

ハーレーは非常に種類が多く、全てを紹介するのは不可能です。種類が多い割には現在は3種類のエンジンの排気量を使いまわして外側のデザインを作り変えて車種展開をしているので、記事ではそれぞれの車種で最も排気量の大きなタイプのスペックについて解説しています。

ハーレーなど、大型クルーザーバイク最高速ランキング

ハーレーなど、大型クルーザーバイク最高速ランキング
ハーレーなど、大型クルーザーバイク最高速ランキング
  • 273km/h
    GoldWing
  • 249km/h
    Diavel
  • 203km/h
    レブル1100
  • 183km/h
    レブル500
  • 174km/h
    ドラッグスター1100
  • 167km/h
    VT1300CX
  • 165km/h
    BOLT
  • 162km/h
    シャドウ750
  • 161km/h
    バルカンS
  • 不明
    COV LIMITED
    FAT BOY114
    FORTY-EIGHT
    スカウト
    ロケットⅢ
    バルカン2000
    ブルーバードM109R
    R1250RT
    K1600GTL

多くのバイク乗りが理解しているように、最高速はまったく重要なものではありませんが気にされる方もいると思うのでランキングを作りました。ネット検索でヒットしたものを載せているだけなので信ぴょう性は低いので参考程度にとどめてください。


多くの車種が不明です。クルーザーバイクに乗っている方は最高速なんて気にしないので支障ないかと思います。というか車種が車種だけに深く調べる気にもなりませんでした・・・。レブル500はきっとやる気がある人がスロットルを捻ったのでしょう・・・。

ちなみにハーレーの最高速はだいたい粘って160km/hくらいが限界ということでした。


ちなみにロケットⅢは時速60マイル(≒96km/h)までの加速は世界最速です。

昔乗ってたおじいちゃん

最高速を気にするのは初心者の証拠じゃぞ・・・

ハーレーなど、大型クルーザーバイク価格が安いランキング

ハーレーなど、クルーザーバイク価格が安いランキング
ハーレーなど、大型クルーザーバイク価格が安いランキング
  • 780000円
    バルカンS
  • 799700円
    レブル500
  • 814000円
    シャドウ750
  • 860000円
    ドラッグスター1100
  • 961200円
    BOLT
  • 1210000円
    レブル1100
  • 1404000円
    VT1300CX
  • 1537800円
    FORTY-EIGHT
  • 1825200円
    ブルーバードM109R
  • 1920000円
    スカウト
  • 2365000円
    Diavel
  • 2736800円
    FAT BOY114
  • 2787400円
    GoldWing
  • 2849000円
    R1250RT
  • 2915000円
    ロケットⅢ
  • 3508000円
    K1600GTL
  • 5508800円
    COV LIMITED


COVはぶっちぎりに高いですね。他のハーレーはそうでもないです。一般的に高級車とされているハーレーですが、一部のバイクらしからぬ装備を積んだ車種、特に大げさな車種は高価ですが、普通に売っているものはバイク全体からすれば高級車なのか?という感じです。

性能が低いのでそれを考慮すると超高級車になるのかもしれませんが・・・。

ハーレーなど、大型クルーザーバイク燃費ランキング

ハーレーなど、大型クルーザーバイク燃費ランキング
ハーレーなど、大型クルーザーバイク燃費ランキング
  • 28km/L
    レブル500
  • 27km/L
    GoldWing
  • 25km/ℓ
    BOLT
  • 23km/ℓ
    バルカンS
  • 21km/L
    レブル1100
    R1250RT
  • 20km/ℓ
    シャドウ750
    スカウト
  • 19km/ℓ
    ロケットⅢ
    FORTY-EIGHT
  • 17km/ℓ
    ブルーバードM109R
    バルカン2000
    K1600GTL
  • 16km/ℓ
    VT1300CX
    ドラッグスター1100
  • 15km/ℓ
    FAT BOY114
  • 14km/ℓ
    Diavel


趣味のものの燃費を気にしないほうがいいとは思いますがランキングにしました。

同じようなエンジンを積んでいても結構燃費が変わるものですね。排気量が違うから当然か・・・と思いつつ2000cクラスのバイクの燃費が悪くないのがすごいです。

エンジン回さなくても進むので燃費がいいんですかね?逆に?

ハーレーなど、大型クルーザーバイク1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離

ハーレーなど、大型クルーザーバイク1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
ハーレーなど、大型クルーザーバイク1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • 450.5km
    K1600GTL
  • 450km
    R1250RT
  • 380km
    ロケットⅢ
  • 378km
    GoldWing
  • 357km
    バルカン2000
  • 331km
    ブルーバードM109R
  • 325km
    BOLT
  • 322km
    バルカンS
  • 308km
    レブル500
  • 283.5km
    FAT BOY114
  • 280km
    シャドウ750
  • 273km
    レブル1100
  • 272km
    ドラッグスター1100
  • 250km
    スカウト
  • 238km
    Diavel
  • 192km
    VT1300CX
  • 150km
    FORTY-EIGHT


個人的にはガソリンがなくなったら入れるだけなのでタンクの大きさはどうでもいいのですが、一応1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離のランキングも作りました。

300km以下のものもありますね。こんなんでルート66を横断できるんでしょうか・・・?

スポーツタイプであれば300km未満でも全く問題ありませんが、まっすぐ走るバイクで300km行かないのは結構厳しいと思います。

BMWはさすがクルーザーの老舗ですね。

ハーレーなど、大型クルーザーバイクパワーウエイトレシオランキング

ハーレーなど、大型クルーザーバイクパワーウエイトレシオランキング
ハーレーなど、大型クルーザーバイクパワーウエイトレシオランキング
  • 1.57kg/ps
    Diavel
  • 1.90kg/ps
    ロケットⅢ
  • 2.13kg/ps
    R1250RT
  • 2.22kg/ps
    K1600GTL
  • 2.56kg/ps
    レブル1100
  • 2.70kg/ps
    スカウト
  • 2.77kg/ps
    ブルーバードM109R
  • 3.08kg/ps
    GoldWing
  • 3.60kg/ps
    バルカン2000
  • 3.75kg/ps
    バルカンS
  • 4.13kg/ps
    レブル500
  • 4.63kg/ps
    ドラッグスター1100
  • 4.66kg/ps
    BOLT
  • 5.79kg/ps
    VT1300CX
  • 5.97kg/ps
    シャドウ750
  • メーカーが出力非公表のため不明
    ハーレー


ハーレーは乗り物にとってもっとも大事な数字と言ってもいい出力を公表していないのでパワーウエイトレシオが出せません。

それでもハーレーが大人気なのはクルーザーバイクというバイクが如何に性能を気にしないバイクかということがわかります。

ちなみにハーレーが出力を公表していないのは単純に低いからです。バイクの王様という方もいらっしゃるメーカーは苦手なものは秘密にする主義です。

ハーレーなど、大型クルーザーバイクトルクウエイトレシオランキング

ハーレーなど、大型クルーザーバイクトルクウエイトレシオランキング
ハーレーなど、大型クルーザーバイクトルクウエイトレシオランキング
  • 14.1kg/kgf・m
    ロケットⅢ
  • 19.4kg/kgf・m
    Diavel
  • 20.0kg/kgf・m
    FAT BOY114/R1250RT/K1600GTL
  • 20.6kg/kgf・m
    バルカン2000
  • 21.2kg/kgf・m
    ブルーバードM109R
  • 22.3kg/kgf・m
    レブル1100
  • 22.4kg/kgf・m
    GoldWing
  • 25.3kg/kgf・m
    COV LIMITED
  • 25.7kg/kgf・m
    FORTY-EIGHT
  • 25.9kg/kgf・m
    スカウト
  • 29.8kg/kgf・m
    VT1300CX
  • 30.7kg/kgf・m
    BOLT
  • 33.4kg/kgf・m
    ドラッグスター1100
  • 35.7kg/kgf・m
    バルカンS
  • 41.7kg/kgf・m
    シャドウ750
  • 43.1kg/kgf・m
    レブル500


特異なトルクは公表しています。といっても驚くほど高いわけではありません。クルーザーバイクとしたは普通ですね。

加速性能世界一のロケットⅢは鬼のようなトルクです。参りました。

ハーレーなど、大型クルーザーバイク足つきがいい、シート高が低いランキング

ハーレーなど、大型クルーザーバイク足つきがいい、シート高が低いランキング
ハーレーなど、大型クルーザーバイク足つきがいい、シート高が低いランキング
  • 650mm
    スカウト
  • 660mm
    シャドウ750
  • 675mm
    FAT BOY114
  • 680mm
    バルカン2000/VT1300CX
  • 685mm
    ドラッグスター1100
  • 690mm
    BOLT/レブル500
  • 700mm
    レブル1100
  • 705mm
    ブルーバードM109R/バルカンS
  • 710mm
    FORTY-EIGHT
  • 745mm
    GoldWing
  • 750mm
    K1600GTL
  • 770mm
    Diavel
  • 773mm
    ロケットⅢ
  • 760mm
    COV LIMITED
  • 805mm
    R1250RT


「シート高が低い=足つきが良い」ということにはなりませんが、気にする方が多いので一応ひとつの指針としてランキング化しました。

ハーレーなど、大型クルーザーバイクパワー円レシオランキング

ハーレーなど、大型アメリカンバイクパワー円レシオランキング
ハーレーなど、大型クルーザーバイクパワー円レシオランキング
  • 12786円/PS
    バルカンS
  • 13908円/PS
    レブル1100
  • 14333円/PS
    ドラッグスター1100
  • 14601円/PS
    ブルーバードM109R
  • 15559円/PS
    Diavel
  • 17455円/PS
    ロケットⅢ
  • 17384円/PS
    レブル500
  • 17800円/PS
    BOLT
  • 18500円/PS
    シャドウ750
  • 20425円/PS
    スカウト
  • 20948円/PS
    R1250RT
  • 21925円/PS
    K1600GTL
  • 22122円/PS
    GoldWing
  • 26000円/PS
    VT1300CX
  • 不明
    バルカン2000
  • メーカーが出力非公表のため不明
    ハーレー


この数字は全体的にもっと高くなる(コスパは悪くなる)と想像していましたが、馬力が低いものは価格が安く、馬力が高いものは価格も高く設定されているので驚くほど高いものはありませんでした。

不明な車種が複数あるのでこの中に驚くほどコスパが悪いものがある感は否めませんが・・・。

ハーレーなど、大型クルーザーバイク性能早見表

ハーレーなど、大型クルーザーバイク性能早見表
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
レブル500799700円水冷並列2気筒471cc190kg46PS4.4kgf・m6速1490mm28°00′2205×820×1090690mm11L40.2km/L28km/L308km183km/h4.13kg/ps43.1kg/kgf・m17,384円/PS
レブル11001210000円水冷並列2気筒1082cc223kg87PS10kgf・m6速1520mm28°00′2240×850×1115700mm13L31.5km/L21km/L※273km203km/h2.56kg/ps22.3kg/kgf・m13,908円/PS
シャドウ750814000円V型2気筒745cc263kg44PS6.3kgf・m5速1640mm34°2510×920×1125660mm14ℓ37km/ℓ20km/ℓ280km162km/h5.97kg/ps41.7kg/kgf・m18,500円/PS
バルカンS780000円並列2気筒649cc229kg61PS6.4kgf・m6速リターン1575mm31°2310×855×1090705mm14ℓ32km/ℓ23km/ℓ322km161km/h3.75kg/ps35.7kg/kgf・m12,786円/PS
VT1300CX1404000円V型2気筒1312cc313kg54PS10.5kgf・m5速1805mm32°2575×900×1150680mm12ℓ27km/ℓ16km/ℓ192km167km/h5.79kg/ps29.8kg/kgf・m26,000円/PS
BOLT961200円V型2気筒941cc252kg54PS8.2kgf・m5速1570mm29°2290×830×1120690mm13ℓ30.7km/ℓ25km/ℓ325km165km/h4.66kg/ps30.7kg/kgf・m17,800円/PS
ドラッグスター1100860000円水冷V型2気筒1063cc278kg60PS8.3kgf・m5速1640mm33°2405×895×1095685mm17ℓ32km/ℓ16km/ℓ272km174km/h4.63kg/ps33.4kg/kgf・m14,333円/PS
ブルーバードM109R1825200円V型2気筒1783cc347kg125PS16.3kgf・m5速1710mm31゚15’°2480×875×1130705mm19.5ℓ記載なし17km/ℓ331km不明2.77kg/ps21.2kg/kgf・m14,601円/PS
バルカン2000不明V型2気筒2053cc371kg103PS18kgf・m5速1735mm32°00′2535×1025×1155680mm21ℓ不明17km/ℓ357km不明3.60kg/ps20.6kg/kgf・m不明
ロケットⅢ2915000円並列3気筒2458cc318kg167PS22.5kgf・m6速1675mm27.9°2365×920×1125773mm20ℓ記載なし19km/ℓ380km不明
時速60マイルまでの加速は世界最速
(≒96km/h)
1.90kg/ps14.1kg/kgf・m17,455円/PS
Diavel2365000円L型ツイン1198.4cc239kg152PS12.3kgf・m6速リターン1590mm28°2235×860×1192770mm17ℓ不明14km/ℓ238km249km/h1.57kg/ps19.4kg/kgf・m15,559円/PS
スカウト1920000円水冷V型2気筒1133cc254kg
※乾燥重量
94PS9.8kgf・m6速1575mm29°不明650mm12.5ℓ記載なし20km/ℓ250km不明2.70kg/ps※25.9kg/kgf・m※20,425円/PS
FORTY-EIGHT1537800円空冷Vツイン1202cc252 kg非公表9.79kgf・m5速1495mm30.2°2165×不明×不明710mm7.9L不明19km/L150km不明出力非公表のため不明25.7kg/kgf・m出力非公表のため不明
FAT BOY1142736800円Vツイン1868cc317kg非公表15.8kgf・m5速1665mm30°2370×不明×不明675mm18.9L不明15km/L283.5km不明出力非公表のため不明20.0kg/kgf・m出力非公表のため不明
COV LIMITED5508800円Vツイン1923cc428kg非公表16.9kgf・m5速1625mm26°2600×不明×不明760 mm22.7L不明不明不明不明出力非公表のため不明25.3kg/kgf・m出力非公表のため不明
GoldWing2787400円水冷水平対向6気筒1833cc389kg126PS17.3kgf・m7速(AT)1695mm30°30′2615×905×1430745mm21L27.0km/L18km/L378km273km/h3.08kg/ps22.4kg/kgf・m22,122円/PS
R1250RT2849000円空・水冷水平対向2気筒1254cc290kg136PS14.5kgf・m6速1490mm64.1°2235×990×1580805mm25L21.0km/L18km/L450km不明2.13kg/ps20.0kg/kgf・m20,948円/PS
K1600GTL3508000円水冷直列6気筒1649cc356kg160PS17.8kgf・m6速1620mm62.2°2485×1000×1580750mm26.5L17.5km/L17km/L450.5km不明2.22kg/ps20kg/kgf・m21,925円/PS



それえぞれの車種の詳細一覧はご覧の表の通りです。

価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量です
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワ円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。
バイクの全長全幅全高シート高ホイールベースキャスター角の図解

レブル500 ホンダ


大ヒットモデル「レブル250」とエンジン以外はほとんど変わらないレブル500。

250の車体に250よりも気筒数の多いパラツインエンジンを積んでいるます。大型クルーザーバイクの中では最小排気量になり、今までこの排気量のクルーザーバイクは存在しなかったので、まったく新しいクルーザーバイクとして楽しむことができます。

大型クルーザーバイクに乗りたくて大型二輪免許は取得したけれど、ちょっと自信がない方やもっと気楽に大型クルーザーバイクと向き合いたい方に特におすすめです。

価格799700円
エンジン水冷並列2気筒
排気量471cc
車両重量190kg
最大出力46PS
最大トルク4.4kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1490mm
キャスター角28°00′
全長×全幅×全高(mm)2205×820×1090
シート高690mm
燃料タンク容量11L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40.2km/L
実燃費28km/L
実燃費での航続可能距離308km
最高速183km/h
パワーウエイトレシオ4.13kg/ps
トルクウエイトレシオ43.1kg/kgf・m
パワー円レシオ17,384円/PS

レブル1100


アフリカツインのエンジンをベースにしたクルーザーバイク。アフリカツインにはDCTモデルがあるのでレブル1100にもDCTモデルがあります。まさかの大型AT限定免許で乗れてしまいます。

DCT必要??

価格1210000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量1082cc
車両重量223kg
最大出力87PS
最大トルク10kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1520mm
キャスター角28°00′
全長×全幅×全高(mm)2240×850×1115
シート高700mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31.5km/L
実燃費21km/L※
実燃費での航続可能距離273km
最高速203km/h
パワーウエイトレシオ2.56kg/ps
トルクウエイトレシオ22.3kg/kgf・m
パワー円レシオ13,908円/PS
※情報が少なかったのでアフリカツインより引用

シャドウ750 カワサキ



ホンダのバイクですので「優等生」と表現されることが多いクルーザーバイクです。排気音は他のクルーザーバイクと比べると控えめですが、車重が軽く取り回しがしやすいのが特徴です。

ハーレーは苦手だけれどクルーザーバイクのスタイルが好きな方に好まれそうなバイクで日本人向けのハンドル形状になっているのでハーレーよりも運転が楽かもしれません。
初代モデルは2001年に一度生産中止になり、二代目は2004年に復活して2012年に生産中止になっているので比較的新しい車種です。もともと初代はシャドウ400と車体が同じなので軽量クルーザーバイクになっています。二代目はシャフトドライブを採用し、車体が長くなってシート高も下げられたのでより入門的な色が濃くなったと思います。




400では少し物足りなく、ハーレーではちょっと大きすぎると感じる方におすすめかもしれません。

新車価格814000円
エンジンV型2気筒
排気量745cc
車両重量263kg
始動方法セル
最大出力44PS
最大トルク6.3kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1640mm
キャスター角34°
全長×全幅×全高(mm)2510×920×1125
シート高(mm)660mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離280km
最高速162km/h
パワーウエイトレシオ5.97kg/ps
トルクウエイトレシオ41.7kg/kgf・m
パワー円レシオ18,500円/PS

バルカンS カワサキ


ニンジャ650のエンジンを積んだクルーザーバイクです。この排気量帯のクルーザーバイクはなかなか売れないのでエンジンを他のバイクからもってくることでコストカットを狙っています。多くのクルーザーバイクとは違いエンジンはVツインではなくパラツインです。伝統的なスタイルのクルーザーバイクではないため、パラツインでも違和感なく収まっています。


タンデムシートは脱着が容易ですぐに外すことができるので一瞬でシュッとしたシングルシート仕様に変更することができます。なんだかんだバイクはシングルシートがよく似合います。マフラーも腹下に収められたショートタイプを採用しているのでシュッとした感がより強くなってます。

メーターパネルはタンク上ではなく、ハンドルにマウントされています。やはり視認性ではこの位置のほうがよいです。いかにこのバイクが既存のクルーザーバイク像にとらわれていないかがわかります。


ハーレーの真似をしていないちょっと変わったクルーザーバイクに乗りたい方にはおすすめかもしれません。

新車価格780000円
エンジン並列2気筒
排気量649cc
車両重量229kg
始動方法セル
最大出力61PS
最大トルク6.4kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1575mm
キャスター角31°
全長×全幅×全高(mm)2310×855×1090
シート高(mm)705mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32km/ℓ国土交通省届出値
実燃費23km/ℓ
実燃費での航続可能距離322km
最高速161km/h
パワーウエイトレシオ3.75kg/ps
トルクウエイトレシオ35.7kg/kgf・m
パワー円レシオ12,786円/PS

VT1300CX ホンダ


独創的なデザインのクルーザーで一見するとカスタムされたハーレーのようですがバッチリホンダのロゴが入っています。高い位置に置かれた細めのタンクがスリムさを出していますが、後ろからみると超扁平タイヤと平らなテールランプが車体のワイドさを強調しています。
エンジン前方に空間があるため、よりエンジンの存在感が引き立つデザインです。


挟み角52度のV型エンジンはVツインならではの鼓動感を味わえるクルーザーバイクらしいクルーザーバイクといえます。

もともとアメリカモデルとして生産されていたものを日本人の体格に合ったポジションに変更して発売したものなので我々にとってはハーレーよりもしっくりくるのかもしれません。


フットブレーキが前後連動ブレーキになっているので運転が楽・・・なのか?僕には連動ブレーキの目的と言うか必要な場面が想像できませんがついているのでしかたありません。

ホンダ純正デザインとは思えない変わったバイクです。

新車価格1404000円
エンジンV型2気筒
排気量1312cc
車両重量313kg
始動方法セル
最大出力54PS
最大トルク10.5kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1805mm
キャスター角32°
全長×全幅×全高(mm)2575×900×1150
シート高(mm)680mm
燃料タンク容量12ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費27km/ℓ国土交通省届出値
実燃費16km/ℓ
実燃費での航続可能距離192km
最高速167km/h
パワーウエイトレシオ5.79kg/ps
トルクウエイトレシオ29.8kg/kgf・m
パワー円レシオ26,000円/PS

BOLT ヤマハ

2013年に発売されたヤマハのボバースタイルクルーザーバイクです。

ボバースタイルとは余計なものを削ぎ落としたようなシンプルなスタイルのことで2013年頃はアメリカで流行り始めていたものです。

SRに代わるカスタムベース車両という目的もあったようですがその目的が果たされなかったようです。このバイクが発売された当時は久しぶりの新型クルーザーバイクだったので様々な雑誌でもてはやされていましたが、この記事を書くまで存在を忘れていました。

SRに乗る層は大型バイクに乗らずにSRに乗り続けるか、大型二輪に乗ったとしてもXSRに乗るだろうし、クルーザーバイクが好きな方はだいたいハーレーに乗るのでどちらのターゲットも取り込めなかったのではないかと思います。


と、なんだかこのバイクが売れなかった前提で書いてしまっていますがよくわかりません。ロゴが子供ぽいから売れていないと思います。

兄弟車にSCR950というそれこそSRに代われる可能性を秘めたクラシックタイプネイキッドがありますが、XSRがあるのでまぁ・・・という感じです。

新車価格961200円
エンジンV型2気筒
排気量941cc
車両重量252kg
始動方法セル
最大出力54PS
最大トルク8.2kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1570mm
キャスター角29°
全長×全幅×全高(mm)2290×830×1120
シート高(mm)690mm
燃料タンク容量13ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費30.7km/ℓ国土交通省届出値
実燃費25km/ℓ
実燃費での航続可能距離325km
最高速165km/h
パワーウエイトレシオ4.66kg/ps
トルクウエイトレシオ30.7kg/kgf・m
パワー円レシオ17,800円/PS

ドラッグスター1100 ヤマハ

ビラーゴ1100の後継モデルで、ドラッグスターシリーズのフラッグシップモデルです。

ドラッグスターは中型排気量の250、400のイメージが強いですが1100は10年にわたって生産されたロングセラーモデルです。ハーレーという圧倒的存在がいる中でかなり頑張ったモデルかと思います。

400モデルだとハーレーと競合しませんが、ハーレーを強く意識した400のデザインを受け継いだためバッチバチにハーレーと競合してしまいました。他の国産クルーザーバイクと違い、クラシックモデルだったのでハーレーと真正面からぶつからなければなりませんでした。

他の国産クルーザーバイクと違ってハーレーと差別化できている部分が少ないのでドラッグスター1100を選ぶのであればバイク乗りの憧れハーレーを購入したほうが良いような気がします。


新車価格860000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量1063cc
車両重量278kg
始動方法セル
最大出力60PS
最大トルク8.3kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1640mm
キャスター角33°
全長×全幅×全高(mm)2405×895×1095
シート高(mm)685mm
燃料タンク容量17ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32km/ℓ
実燃費16km/ℓ
実燃費での航続可能距離272km
最高速174km/h
パワーウエイトレシオ4.63kg/ps
トルクウエイトレシオ33.4kg/kgf・m
パワー円レシオ14,333円/PS

ブルーバードM109R スズキ



海外向けのクルーザーですがカッコいいので紹介します。

Vツインで排気量1783CCとお前どうした大丈夫か仕様です。当時ガソリンエンジンのバイクでは世界最大排気量を誇っていました。跨っただけでお尻がふっとんでいきそうな振動を感じられることうけあいです。

倒立フォークを履いていたり、ラジアルマウントキャリパーだったりとクルーザーとは思えない足回りをもっていました。

前からは目つきの悪いヘッドライトが睨みを効かせ、サイドからは巨大なエンジンが丸みえ、後ろは極太タイヤと全方位モンスターバイクの楽しい車種です。


海外でハーレーとは全く別の進化を遂げたクルーザーバイク、というよりもクルーザーバイクはハーレーでも道を開けるレベルのモンスターっぷりです。


たまに頭おかしくなるスズキのいい面が全面にでたとても興味深いクルーザーです。希少車なので見かけたら買っておいてください。

新車価格1825200円
エンジンV型2気筒
排気量1783cc
車両重量347kg
始動方法セル
最大出力125PS
最大トルク16.3kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1710mm
キャスター角31゚15’°
全長×全幅×全高(mm)2480×875×1130
シート高(mm)705mm
燃料タンク容量19.5ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費記載なし
実燃費17km/ℓ
実燃費での航続可能距離331km
最高速不明
パワーウエイトレシオ2.77kg/ps
トルクウエイトレシオ21.2kg/kgf・m
パワー円レシオ14,601円/PS

バルカン2000カワサキ


1気筒約1000ccのバケモノ。海外仕様です。

新車価格不明
エンジンV型2気筒
排気量2053cc
車両重量371kg
始動方法セル
最大出力103PS
最大トルク18kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1735mm
キャスター角32°00′°
全長×全幅×全高(mm)2535×1025×1155
シート高(mm)680mm
燃料タンク容量21ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/ℓ
実燃費での航続可能距離357km
最高速不明
パワーウエイトレシオ3.60kg/ps
トルクウエイトレシオ20.6kg/kgf・m
パワー円レシオ不明

ロケットⅢ トライアンフ



三気筒の老舗トライアンフから出ているクルーザーです。量産バイクとしては世界最大排気量の2294CCを誇ります。しかも水平対向6気筒とかではなくまさかの三気筒。ちょっとにわかには信じられません。まだ嘘だと思っています。


お顔はひょうきんなデメキンスタイル。一昔前のスピードトリプルのようです。前から見るとなんとなく勝てそうな気がしてきますが、左側から見ると「ああ・・・絶対勝てないな」と思います。このバイクエンジンを縦置きにしているので左サイドの迫力が半端ではありません。「でっかいエンジンぶら下げてまーす」と主張しすぎです。優しい顔したマッチョみたいな。「この人は絶対怒らせちゃいけないな」と思わせるギャップがあります。



上でも書きましたがハーレーの最上位機種が涙ぐんで道譲るレベルです。こんなバイクでルート66を爆走したら楽しいんだろうなぁと思わせる稀有なバイクです。フル加速したらクルーザーなのにフロント浮くんじゃねーかと要らぬ心配をさせてくれるバイクです。トルクが22.5kgf・mって僕は夢でも見てんのかな?

ちなみにトルクを活かした加速性能はすさまじく、時速60マイルまでの加速は世界最速です。2.37秒で約96km/hに達します。


実燃費から算出した航続距離が400kmこえのバイクってめったにないんです。調べた中で今の所このバイクが最も長く走れます。たまげたなぁ。


「1時間だけ乗りたいバイクランキング1位」のバイクです。ずっとはいいや・・・。

新車価格2915000円
エンジン並列3気筒
排気量2458cc
車両重量318kg
始動方法セル
最大出力167PS
最大トルク22.5kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1675mm
キャスター角27.9°
全長×全幅×全高(mm)2365×920×1125
シート高(mm)773mm
燃料タンク容量20ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費記載なし
実燃費19km/ℓ
実燃費での航続可能距離380km
最高速不明
時速60マイルまでの加速は世界最速
(≒96km/h)
パワーウエイトレシオ1.90kg/ps
トルクウエイトレシオ14.1kg/kgf・m
パワー円レシオ17,455円/PS

Diavel  ディアベル ドカティ


イタリア・ボローニャ地方の言葉で「悪魔」を意味するディアベル。パット見の迫力で何故このバイクにそんな穏やかではない名前が付けられたのかわかります。

クルーザーなのかネイキッドなのかドラッガー系なのかはたまたクルーザーバイクなのか?

どのジャンルに属するのか非常に難しいところではありますが、今後のバイク紹介記事から漏れそうなバイクなのでここで紹介しておきます。



こればっかりはちょっと乗り味が想像できません。Vmaxのようでもあるし、クルーザーバイクばりにロー&ロングでエンジンもL型ツイン(多くのクルーザーバイクはVツイン)、だけれども乗車姿勢はネイキッドで片持ちのスイングアーム・・・。


いろんなバイクを集めて全く新しいバイクを作ったような感じもしますが0から作った感じます。0からだろうなぁ。

知れば知るほどわからなくなって、わからなくなればなるほど魅力的に見えてきます。

お高いバイクなのであんまりディアベルのことは考えないほうが良いかもしれません・・・。



機能としては

  • 3種類のライディングモードが選択可能
  • ABS
  • カラー液晶メーター
  • スマートキー
  • 240の極太リアタイヤ(ちょっと聞いたこと無いサイズ・・・)
  • ライドバイワイヤ(電気的なスロットルコントロール)
  • LEDヘッドライト



こんな感じでモリモリです。

余裕を持った悪魔的な走りがしたい(どんな走りかはわからない)方や悪魔の魅力にとりつかれたRGレイザーラモンさんのような方はどうぞ。
AMGやdieselとコラボしていたりするのでドカティ以上のネームバリューが付帯してくることもあります。

新車価格2365000円
エンジンL型ツイン
排気量1198.4cc
車両重量239kg
始動方法セル
最大出力152PS
最大トルク12.3kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1590mm
キャスター角28°
全長×全幅×全高(mm)2235×860×1192
シート高(mm)770mm
燃料タンク容量17ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費14km/ℓ
実燃費での航続可能距離238km
最高速249km/h
パワーウエイトレシオ1.57kg/ps
トルクウエイトレシオ19.4kg/kgf・m
パワー円レシオ15,559円/PS

スカウト インディアン


元祖クルーザーバイクメーカーのインディアンのバイクですね。ハーレーよりも2年早く創業し、アメリカで初めてVツインのバイクを作りました。1953年に倒産しましたが、蘇っては倒れたり誰か物になったりを繰り返して現在に至ります。

そんなフラフラした古いメーカーなので性能がクソかというと全然そんなことはなく、特に馬力の面ではとても強いです。


クルーザーバイクは馬力が低く設定されますが、このバイクはまさかの94PS。同じ排気量のハーレーのバイクと比べるとほぼ倍の数字です。

無骨なハーレー兄さんと比べるとケロケロっとした可愛くも思えるデザイン、カラーリングがあるのも好印象です。肩肘張らずに余裕がある感じがしますね。

クルーザーバイクらしいクルーザーバイク、しかもクルーザーバイクの元祖ということで通が乗るバイクだと思います。

新車価格1920000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量1133cc
乾燥重量254kg※
始動方法セル
最大出力94PS
最大トルク9.8kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1575mm
キャスター角29°
全長×全幅×全高(mm)不明
シート高(mm)650mm
燃料タンク容量12.5ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費記載なし
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離250km
最高速不明
パワーウエイトレシオ2.70kg/ps※
トルクウエイトレシオ25.9kg/kgf・m※
パワー円レシオ20,425円/PS
乾燥重量

FORTY-EIGHT(ストリート) ハーレーダビッドソン


ハーレーのバイクです。

価格1537800円
エンジン空冷Vツイン
排気量1202cc
車両重量252 kg
最大出力非公表
最大トルク9.79kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1495mm
キャスター角30.2°
全長×全幅×全高(mm)2165×不明×不明
シート高710mm
燃料タンク容量7.9L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離150km
最高速不明
パワーウエイトレシオ出力非公表のため不明
トルクウエイトレシオ25.7kg/kgf・m
パワー円レシオ出力非公表のため不明

FAT BOY114(クルーザー) ハーレーダビッドソン


ハーレーのバイクです。

価格2736800円
エンジンVツイン
排気量1868cc
車両重量317kg
最大出力非公表
最大トルク15.8kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1665mm
キャスター角30°
全長×全幅×全高(mm)2370×不明×不明
シート高675mm
燃料タンク容量18.9L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費15km/L
実燃費での航続可能距離283.5km
最高速不明
パワーウエイトレシオ出力非公表のため不明
トルクウエイトレシオ20.0kg/kgf・m
パワー円レシオ出力非公表のため不明

COV LIMITED(ツーリング) ハーレーダビッドソン


ハーレーのバイクです。

価格5508800円
エンジンVツイン
排気量1923cc
車両重量428kg
最大出力非公表
最大トルク16.9kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1625mm
キャスター角26°
全長×全幅×全高(mm)2600×不明×不明
シート高760 mm
燃料タンク容量22.7L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費不明
実燃費での航続可能距離不明
最高速不明
パワーウエイトレシオ出力非公表のため不明
トルクウエイトレシオ25.3kg/kgf・m
パワー円レシオ出力非公表のため不明

GoldWing ホンダ【大型ツアラーバイクのおすすめ】


オーディオ、エアコン、バックギアなどバイクというよりも「オープン過ぎるオープンカー」のようなバイクです。最近の開発責任者の方は元々ホンダの4輪の方だそうです。

2021年からはMTモデルが廃止され、新車で購入できるのはDCTモデル(AT)のみになりましたのでAT限定大型二輪免許で運転することができます。

おそらく高速道路をもっとも快適に運転できるバイクだと思います。排気量はものすごく大きいですが水平対向6気筒エンジンなので振動はとても少ないです。

レギュラーで動くのが驚き。

価格2787400円
エンジン水冷水平対向6気筒
排気量1833cc
車両重量389kg
最大出力126PS
最大トルク17.3kgf・m
変速機形式7速(AT)
ホイールベース1695mm
キャスター角30°30′
全長×全幅×全高(mm)2615×905×1430
シート高745mm
燃料タンク容量21L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費27.0km/L
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離378km
最高速273km/h
パワーウエイトレシオ3.08kg/ps
トルクウエイトレシオ22.4kg/kgf・m
パワー円レシオ22,122円/PS

R1250RT BMW【大型ツアラーバイクのおすすめ】


2019年に発売されたスポーツツアラー。長年たくさんのツアラーを作ってきたBMW。

RTはドイツ語で「旅ツーリング」的な意味。

価格2849000円
エンジン空・水冷水平対向2気筒
排気量1254cc
車両重量290kg
最大出力136PS
最大トルク14.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1490mm
キャスター角64.1°
全長×全幅×全高(mm)2235×990×1580
シート高805mm
燃料タンク容量25L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費21.0km/L(WTMCモード値クラス3)
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離450km
最高速不明
パワーウエイトレシオ2.13kg/ps
トルクウエイトレシオ20.0kg/kgf・m
パワー円レシオ20,948円/PS

K1600GTL BMW【大型ツアラーバイクのおすすめ】


6気筒のエンジンを積んでいます。水平対向2気筒エンジンを伝統的に使ってきたBMWなのでゴールドウイングと同様、水平対向6気筒エンジンになるかと思いきや、直列6気筒を積んでいます。

価格3508000円
エンジン水冷直列6気筒
排気量1649cc
車両重量356kg
最大出力160PS
最大トルク17.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1620mm
キャスター角62.2°
全長×全幅×全高(mm)2485×1000×1580
シート高750mm
燃料タンク容量26.5L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費17.5km/L(WMTCモード値)
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離450.5km
最高速不明
パワーウエイトレシオ2.22kg/ps
トルクウエイトレシオ20kg/kgf・m
パワー円レシオ21,925円/PS

ハーレーなど、大型クルーザーバイクまとめ

ハーレーなど、大型アメリカンバイクまとめ


いかがでしたでしょうか。

ハーレーなど、大型クルーザーバイクについて網羅的に解説しました。

もちろんバイクの性能や魅力はスペックだけで判断できるものではありませんが、「数字」という目に見えるものは大きな指標の1つになります。

この記事であなたのバイク選びが少しでも前進したのであれば嬉しく思います。

okomoto

バイク購入までの流れはこちらの記事からどうぞ。この記事のランキングに追加したい車種があればコメントから教えてください。

バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。


大型バイクについて網羅的に比較、ランキングを確認したい方は下の記事を読んでみて下さい。すぐ眠れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました