> バイクで仮眠、シャワー、入浴、宿泊できるサービスエリア一覧 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクで仮眠、シャワー、入浴、宿泊できるサービスエリア一覧

バイクで仮眠、シャワー、入浴、宿泊できるサービスエリア一覧 ツーリング
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • ツーリングの帰りの高速道路はクタクタになる・・・
  • バイクでも仮眠できるサービスエリアが知りたい・・・
  • バイクで行ってシャワーでリフレッシュできるサービスエリアが知りたい・・・
  • 温泉とか入浴施設で目を覚ましたい
  • いっその事高速道路を降りずに宿泊したい・・・


という方ではないでしょうか。

きちんと休憩をマネジメントしないとツーリングの帰りの高速道路で疲労が爆発しますよね。ツーリングの疲れは一定の臨界点を超えると全く回復しなくなる特徴を持っているので、疲れを感じる前に、回復できる疲れの内にコマメに休憩を入れることが重要です。

okomoto

僕は1時間に1回、15分程度の休憩を必ず入れるようにしています。


休憩マネジメントに失敗した方や、「高速道路を降りずにひたすらバイクで走り続ける」という方のために

この記事でわかること
  • バイクで仮眠できるサービスエリア
  • バイクで行ってシャワーできるサービスエリア
  • バイクで行って宿泊できるサービスエリア


を紹介します。



記事内容は僕が実際に行ったところ+ネクスコ東日本、ネクスコ中日本、ネクスコ西日本に問い合わせをした内容+ネットの情報で構成されています。各項目にリンクを張っておくので、ご利用予定の場合、料金などの詳細はリンク先の最新情報を確認してください。上下線両方で利用可な場合、リンク先は上りにしてあります。

バイク三郎

この記事のサービスエリア名をなんとなく頭に入れておくと、看板がでてきたときに「ここ仮眠できたかも!ちょっと寄ってみるか!」ってなるからいいと思うよ。

バイクで仮眠できるサービスエリア

バイクで仮眠できるサービスエリア

現在マッサージチェア、リフレッシュブースは新型コロナウイルス対策で利用中止になっています。

バイクで行って仮眠できるサービスエリア


車であれば車内で仮眠を取ることができますがバイクではそうはいきません。

バイクで行って仮眠をとることに適しているのがネクスコ中日本が提供している「リフレッシュブース」です。

リフレッシュブースには個室にリクライニングチェアが設置してあるスペースがあり、そこで仮眠を取ることができます。設置場所は限られているので、本記事ではマッサージチェアが設置されているサービスエリアも併せてまとめてみました。

マッサージチェアを利用する際はちゃんと料金を払ってマッサージチェアを動かし、マッサージチェアの終了時間に目覚ましをかけて(だいたい1回15分)他の利用者の迷惑にならないようにしましょう。

okoko

マッサージチェアの方が体力は回復しそうね!

okomoto

昼間の睡眠は夜の睡眠の3倍効率が良いので、15分でもかなり回復しますよ!まぁ僕はその辺の芝生で寝ますけどね!HAHAHA!!!


仮眠を必要とするくらい疲れたタイミングで、運良くこれらのサービスエリアにさしかかる可能性はとても低いです。

正直、「暑い、寒い、雨」などの問題がなければバイクが視界に入る範囲の芝生の隅っこなどで仮眠をとるのが良いと思います。その際はジャケットを下に敷いて、荷物に足を乗せたり枕にしたりして防犯対策をしましょう。

okomoto

他人の目が気になるかもしれませんが、二度と会わない人たちなのでヘーキヘーキ!誰にも迷惑かけてないし!疲れたまま運転するほうが迷惑になりますよ!防犯対策は下の記事も参考にしてみてください。

バイクで行ってシャワーできるサービスエリア

バイクで行ってシャワーできるサービスエリア
バイクで行ってシャワーできるサービスエリア


高速のサービスエリアでコインシャワーを利用するバイク乗りは稀かと思いますが、事のついでにしらべておきました。

シャワーでもさっぱり回復しますが仮眠を取ったほうがいいかもしれませんね。僕はツーリング先でコインシャワー使ったことがないです。

バイク次郎

まぁだいたい温泉に入ってるよね・・・

バイク三郎

すごい長距離走るときはいいのかもね。まぁ泊まればって話しになちゃうけど・・・

バイクで行って入浴できるサービスエリア

バイクで行って入浴できるサービスエリア
バイクで行って入浴できるサービスエリア

バイクで行って宿泊できるサービスエリア

バイクで行って宿泊できるサービスエリア
バイクで行って宿泊できるサービスエリア


かなりフレキシブルにツーリングをしている僕ですが、」シャワーと同じで高速道路に宿泊するタイミングはピンときません。

すごく遠くに行くときなどは役に立つかもしれません。


朝起きて走り始めがいきなり高速道路ってなんだか新鮮な感じもしますね。今度やってみよう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

それぞれのサービスエリアの詳細も解説しようと思いましたが、すごく長くなりそうだったのでシンプルに一覧で終わらせてみました。

この記事をなんとなく覚えてくれたライダーが限界を迎えたときに掛川パーキングあたりの看板が目に飛び込んできたのであればこの記事を書いたかいがあります。

疲れをしっかりコントロールしてバイクライフを少しでもより良いものにしていきましょう。

バイク三郎

記事内容以外で心当たりがあるサービスエリアがあったり、見つけたりしたらコメントから教えてね。他のユーザーさんの役に立つよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました