> 【バイク防犯グッズ】ツーリング休憩中、宿での効果的なものを解説 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【バイク防犯グッズ】ツーリング休憩中、宿での効果的なものを解説

【バイク防犯グッズ】ツーリング休憩中、宿での効果的なものを解説 ツーリング
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクツーリング中のバイク防犯グッズについて知りたい
  • 休憩中、宿でもしっかりバイク防犯グッズで対策をしたい



という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • ツーリング休憩中、宿でのバイク防犯グッズの必要性と方向性
  • ディスクロックを使った効果的なバイク防犯方法
  • イモビライザーを使ったバイク防犯
  • ステッカーとマグネットシートを使ったツーリング休憩中、宿での盗難防止、イタズラ防止対策


ということを解説していきます。

okomoto

結論を先に伝えると「ディスクロック」「イモビライザー」「マグネットシートに貼ったステッカー」の3つがおすすめですという内容です。

ツーリング休憩中、宿での盗難防止、イタズラ防止対策の必要性と方向性

ツーリング先でバイクが盗難される可能性

引用元:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/guard/outobay.html


上の図の通り、警視庁発表の令和元年のバイク盗難場所の割合でもっも多いのは「住宅」です。ついで「駐車場・駐輪場」「道路上」が続きますが、ツーリング先での盗難は「駐車場・駐輪場・道路上」に含まれるのかなと想像します。

住宅を「自宅」と置き換えると、基本的に所有しているバイクは自宅に保管しておくものなので割合がもっとも高いのは頷けます。


「駐車場・駐輪場・道路上の内、どれくらいの割合が「ツーリング中か」ということは不明ですが、ツーリング中の窃盗もない話ではないようです。

okomoto

ぶっちゃけこの円グラフからはツーリング中の盗難率は1mmも読み取れないんですけどね・・・

ツーリング先での休憩中、宿のバイク防犯グッズは限られている

ツーリング先での休憩中、宿【バイク防犯グッズ】


本来であれば盗難の可能性に備えて、自宅と同等の盗難防止対策を施したいところではありますが、バイクは積載の力がとても低い乗り物ですし、荷物が多くなってしまうとワインディングが楽しめなくなるなどの弊害が出てきます。

必然的に休憩中、宿での盗難防止対策はなるべく荷物にならない方法を選ぶことになります。

監視カメラは持っていけませんし、バイクカバーはバイクが冷めてからでないとかけられません。チェーンロックやU字ロックは重く、場所も取るので却下です。

そうなると

ツーリング先のバイク防犯グッズとして有効なもの
  • 最も小さなロック、ディスクロック
  • バイクの中に仕込む、イモビライザー
  • 貼るだけの、盗難防止装置をアナウンスするステッカー


が有効な対策になります。

それぞれ解説します。

ディスクロック【バイク防犯グッズ】

ディスクロック【バイク防犯グッズ】


ロック類の中でも最も小さく携帯性に優れているのがディスクロックです。同じくらい小さいものに「ブレーキレバーロック」がありますが、こちらは「グリップに跡が残る」「長時間の使用は推奨されていない」などの理由でおすすめしません。

アラーム付きのディスクロックであれば次に紹介するイモビライザーの役割も兼ねるので「バイク窃盗」だけでなく、パーツの窃盗やイタズラにも効果を発揮します。


休憩の度に設置していると手間なので、宿泊ツーリングでチェックインするときなどに使用するようにしましょう。もしくは「怪しい人」がいる場合や治安の悪そうな地域にバイクをとめるときなど、状況に応じてディスクロックをかけるようにしましょう。

盗難やイタズラ対策は常に全力で行うよりも状況に合わせて行ったほうがいです。

バイク三郎

常に全力であればツーリングにチェーンロック持っていかなきゃだもんね




ディスクロックに関しては下の記事を読んでみて下さい。


okoko

ディスクロックの効果を高める裏技、おすすめのディスクロックも解説しているわよ!

イモビライザー【バイク防犯グッズ】

イモビライザー【バイク防犯グッズ】


設置が面倒な方は電池式でもいいと思いますが、バッテリーから電力を得るタイプのものをバイクの中に仕込んでしまえば半永久的に(イモビライザーが壊れるまで)気軽に防犯対策を施すことができます。

一度設置してしまえば積載する必要がないのでかなりお手軽な防犯対策です。

イモビライザーであればコンビニでも道の駅でも宿でもすぐに作動させて、すぐに解除することができます。


車体の盗難だけではなく、バイクを少し揺らしただけでアラームが作動するのでパーツやバッグの盗難、イタズラに対しても効果を発揮します。


ステッカーとマグネットシート【バイク防犯グッズ】

ステッカーとマグネットシート【バイク防犯グッズ】


盗難防止ステッカーを鍵穴の近くに設置していれば「視覚的な防犯性能」をかなり上げることができます。

普段からデカデカと「アラーム付き」などというステッカーを貼っているとバイクの見た目を損ねてしまいます。

それが嫌な方は「防犯ステッカーをマグネットシートに貼って」ツーリングのときにのみ、タンクなどに貼り付けるようにするのがおすすめです。

少なくともツーリング中はその視覚効果によってバイクを守ってくれます。

バイク次郎

結構ナイスアイディアだと思うんだよね

バッグ類の防犯グッズ


リュックやウエストバッグ身につけるものなので対策は不要ですが、タンクバッグやシートバッグをいちいち持ち運ぶのが面倒という僕のような方はダイヤルロック式のワイヤーがおすすめです。

バッグの2重ファスナーにロックを掛け、タンクバッグであればハンドルに、シートバッグであれば後輪やスイングアームにワイヤーを通せば簡単な盗難対策をすることができます。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ツーリング先の防犯対策についてまとめてみました。

この記事で解説した内容がツーリング中の防犯対策で最もバランスの取れた方法です。

バランス感覚の悪い方は20kgのチェーンロックをツーリングに持っていって下さい。


ヘルメットなどのバイク用品の防犯に関しては別記事にまとめるのでそちらをご覧ください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました