> バイクUSB電源のメリット・デメリットの解説とおすすめ紹介 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクUSB電源のメリット・デメリットの解説とおすすめ紹介

バイクUSB電源のメリット・デメリットの解説とおすすめ紹介バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクでスマホを充電したい
  • バイクにUSB電源を設置したい
  • USB電源のメリットとデメリットを知りたい


という方ではないでしょうか。

バイクでスマホを充電と言うとまず思いつくのがバッテリーから電源を持ってくるUSB電源ですよね。以前は車用のシガーソケットを追加するパーツをつけ、そのソケットにUSB変換ソケットを差し込んだりしていましたが、現在はバイク専用のものが主流で素晴らしいUSB電源を使うことができます。

okomoto

これが緩んで充電できていなかったりね・・・

バイク太郎

色々試行錯誤したよね


この記事では

この記事でわかること
  • バイクのUSB電源とは?
  • バイクでのスマホ充電をUSB電源で行うメリット
  • バイクでのスマホ充電をUSB電源で行うデメリット
  • バイクにUSB電源をつける取付工賃は?
  • おすすめのバイク用USB電源


という説明をし、

結論okomoto

モバイルバッテリーの方がずっとおすすめですよ

という結論に至る記事です。

バイクのUSB電源とは?

バイクのUSB電源とは?


バイクにおけるUSB電源とは『バッテリーから給電されているUSB Type-Aの差込口』を主にハンドル周りに設置し、そこに充電コードを差し込んで電子機器を充電する充電方法のことを指します。

ETCやドライブレコーダーの電源は通常USB Type-Aの差込口からは給電しないのでそれらの機器は別の方法でバッテリーから電源を取ることになります。

okomoto

端子が抜けたらETCもドラレコも動かないことになりますからね・・・。理解していない方もいるので念の為・・・

バイク太郎

稀にUSBから電源をとるドラレコもあるけど、抜けてたら意味ないからおすすめしないよ

バイクでのスマホ充電をUSB電源で行うメリット

バイクでのスマホ充電をUSB電源で行うメリット


バイクで電子機器を充電する方法はUSB電源かモバイルバッテリーの2つしかありません。

モバイルバッテリーと比較した場合のメリットは

USB電源のメリット
  • バイクのエンジンが動く限り充電し続けられる


です。

モバイルバッテリーは充電を忘れたり、連泊キャンプツーリングなどで途中で充電できないと役に立ちません。

僕が使っている20000mAh程度の容量のモバイルバッテリーでは丸一日ナビと音楽を画面の明るさを最大にして使用すると2日で容量が尽きてしまいます。

寝ている間に、モバイルバッテリーを充電できないようなツーリングをする場合はUSB電源が必須です。

バイク三郎

(スマホフル稼働で2日持つって十分じゃね??)

バイクでのスマホ充電をUSB電源で行うデメリット

バイクでのスマホ充電をUSB電源で行うデメリット


ではデメリットはどんなものがあるかというと

USB電源のデメリット
  • 取付工賃が高い
  • 自分で取り付ける場合知識が必要
  • 適当につけるとバイクが燃える可能性がある
  • 新車購入の場合保証を受けられなくなる可能性がある
  • 使わないときでもバイクについている
  • 使わないときに外すようにすると面倒になる
  • 壊れるときは突然
  • バイクに乗っているときしか充電できない
  • スマホ以外を充電しにくい
  • セパハンのバイクに設置しづらい
  • 充電不良になることがある


それぞれ解説します。

USB電源は取付工賃が高い

USB電源は取付工賃が高い


USB本体は安価に手に入れることができますが、取付工賃が高いです。ほぼ間違いなく本体よりも高いです。

USB電源を自分で取り付ける場合知識が必要

USB電源を自分で取り付ける場合知識が必要


工賃を浮かせるために自分でやる場合、電装系をいじるにはそれなりに知識が必要です。

ネットで情報を集め、必要な工具を揃えて、ミスをせずに作業を行う必要があります。

可能性としてはとても低いですが、バッテリーを触るので感電やショートの可能性、最悪の場合バッテリーや他の電子機器類に深刻なダメージを与えてしまう可能性もあります。

バイク次郎

滅多にないよ。あくまでも可能性だよ。

okomoto

取り付け方法を勉強したりする時間もコストなので膨大なコストがかかります。

USB電源を適当につけるとバイクが燃える可能性がある

USB電源を適当につけるとバイクが燃える可能性がある


適当な配線から電源をひっぱってくると負荷が高くなり、使用中の発熱によって発火する可能性もあります。

バイク三郎

ちょっと大げさに書いているよ。でも「ない話」ではないんだよ

USB電源をつけると新車購入の場合保証を受けられなくなる可能性がある

メーカー純正のものやディーラー指定のUSB電源であれば問題ないですが、USBポートが多くて使いやすい社外品を自分で着けてた場合、新車購入の最大の魅力である「メーカー保証」が受けられなくなる可能性があります。

USB電源は使わないときでもバイクについている

USB電源は使わないときでもバイクについている


街乗りやショートツーリングをする場合はスマホの充電は必要ありません。USB電源は使わないときでも常にバイクについているのでスッキリバイクに乗れません。

バイクを保管しているとき、バッテリーとつながっているUSB電源は結露と乾燥を繰り返したり、雨で濡れているかも知れません。

okoko

スッキリ乗れないってなによ・・・

okomoto

いらないものがバイクに付いてるのって機能美を壊しますよ結構・・・

USB電源を使わないときに外すようにすると面倒になる

USB電源を使わないときに外すようにすると面倒になる

とはいいつつ、配線の途中にカプラーを噛ませて使うときだけ設置するということもできます。しかし、これだと「使うときに都度設置する」という手間がかかります。

okoko

あんたって本当怠惰で我儘な生き物よね

okomoto

暑いときは暑い!寒いときは寒い!を解決したのがエアコンですね!エアコン最高!

USB電源が壊れるときは突然

USB電源が壊れるときは突然

モバイルバッテリーはバイクにつけっぱなしにするものではないのでUSB電源とは違い結露や雨によるダメージがありません。モバイルバッテリーが寿命を迎えるときの多くはバッテリーが徐々に弱っていき、充電量が減ってしまったときです。

モバイルバッテリーを使い始めて数年後、「最近バッテリーの容量減ってきた感じがするな。買い換えるか。」となります。

一方でUSB電源の寿命は突然やってきます。それは連泊ツーリングの出発の朝かも知れません。

モバイルバッテリーは老衰、USB電源は突然の事故死のような違いがあります。

USB電源はバイクに乗っているときしか充電できない

USB電源はバイクに乗っているときしか充電できない


USB電源はエンジンが動いているときしか、バイクが動いているときしか充電できません。

昔乗ってたおじいちゃん

厳密にはエンジンが掛かっていなくても充電できるがバッテリーに負担がかかるんじゃぞ。おすすめしないぞい。

ですので

okomoto

お昼ごはん食べてる間だけインカム充電しておくかなー!


ということができません。

モバイルバッテリーであればバイクのエンジンのオンオフには依存しないのでそれができます。

USB電源はスマホ以外を充電しにくい

USB電源はスマホ以外を充電しにくい


スマホはナビをするをメインに使うのでスマホはライダーの視界に入りやすい場所に設置されます。必然的にUSB電源は多くの場合スマホの近くに設置されます。

okomoto

スマホは満充電済みだから次の休憩まではカメラを充電しようかな!

と思っても、電源の近くにカメラを収納できるバッグがないとそれができません。タンクバッグがあればそれは可能ですがタンクバッグはライダーの動きを制限するのであまりおすすめしません。

okomoto

というか全くおすすめしません。


USB電源を使っている人の多くがバイクの荷物積載方法として劣っているタンクバッグを使っている理由がこれです。

USB電源はセパハンのバイクに設置しづらい

USB電源はセパハンのバイクに設置しづらい


多くのUSB電源はハンドルバーにつけるのもなのでセパハンのバイクへの設置はかなり大変になります。

USB電源だけではなく、スマホのマウント方法でも頭を悩ませなければならないのがセパハンです。

USB電源は充電不良になることがある

USB電源は充電不良になることがある


ナビをしながらだと充電がゆっくり減っていってしまうときに原因の特定が面倒です。コードが悪いのか、製品が悪いのか、電源のとり方が悪いのか、を特定するのが大変になる場合があります。

下手な製品をつけて、下手に配線をとると充電不良になりやすいです。

バイクにUSB電源をつける取付工賃は?

バイクにUSB電源をつける取付工賃は?

ショップや車種によって微妙に変わりますが、USB電源の取付工賃は5000から10000円程度です。

しかもこれは「そのショップでパーツを購入した場合の工賃」です。ネットで安くUSB電源の本体を買ったとしたら工賃で10000円から20000円かかります。

本体の何倍もの費用がかかります。

ちなみにモバイルバッテリーは5000円あれば素晴らしい性能のものが手に入ります。もちろん取付工賃は不要です。

おすすめのバイク用USB電源

おすすめのバイク用USB電源


ここからはおすすめのUSB電源を紹介していきます。

モバイルバッテリーが気に入らない方や2泊以上のキャンプツーリングを計画している方は参考にしてみてください。

okomoto

せっかく取り付けるならいいものを付けて欲しいですからね

USB電源の選び方のポイント
  • USBポートが2口以上
  • 防水加工済み
  • 主張しすぎないデザインや大きさ


ということを意識して選んでいきましょう。

おすすめのUSB電源:Dzell USB充電 2ポート リザーブタンクボルトオンタイプ


マスターシリンダーにUSB電源を設置する超画期的なアイテム。USB電源はライディング中常に視界に入るところに設置されることが多いので自分の目からみたバイクのイメージを大きく買えてしまいますが、このUSB電源であればむしろかっこよく見えます。

これだけバイクのデザインを崩さない、むしろドレスアップ効果がある製品はこれしかないでしょう。

口コミ太郎

ごちゃごちゃするハンドルまわりをスッキリできた。

口コミ次郎

クリアランスがぎりぎり

口コミ三郎

スペースが有効活用できる

おすすめのUSB電源:デイトナ バイク専用電源 USBx2 USB2口 トリクル充電対応

このUSB電源の最大の特徴は、別売りのバッテリー充電器を差せばバッテリーを充電できてしまうことです。

本来車体からバッテリーを外して行うバッテリー充電ですが、このUSB電源があれば車体からバッテリーを降ろさずに行うことができます。

乗らないときと充電器につなげてトリクル充電を行えばいつでもフレッシュなバッテリーでツーリングへ出発することができます。たまにしかバイクに乗らない方にとてもおすすめです。

口コミ太郎

走行中の振動でも抜けないし、シガーソケットよりもシンプル

口コミ次郎

バッテリーに直接つなぐという、単純な手軽さが良い

口コミ三郎

一つ一つが小さいのですっきり

デイトナ バイク専用電源 USBx2 USB2口 セパハンにも取り付け可


ブレーキスイッチに接続し、メインキーと連動させて使用します。スイッチボックスの横に設置するタイプなのでセパハンのバイクにも取り付けが可能。メーカーは「セパハンは装着スペースを確保できないかも」とアナウンスしているので購入の際は取り付けスペースを確認してください。

口コミ太郎

スイッチボックスに密着させると斜めになる

口コミ次郎

後ろ側の出っ張りがスイッチボックスから出る他の配線に干渉する

口コミ三郎

「2ポートの合計MAX5V/4.8A」は確実に出せてない

okomoto

あんまり評判はよくないですが変わった形なので一応載せておきますね・・・・

デイトナ バイク用 クランプバー マルチバーUSB電源  セパハン用

Amazonのリンク先の動画を見ると明らかに「ハンドル切ったら干渉するだろ・・・」という内容ですがそこはご愛嬌。バイク用品は意外と適当なものが多いのです。

ステムクランプは以前レーサーレプリカに乗っていたときに使ったことがありますが、ものすごく主張します。この商品はポートが1つで、取り外しがとても大変で、且つめっちゃ主張するという最悪のものですが、セパハンのバイクだと他に選択肢が少ないのも事実。

ステムクランプとUSB電源が一体になっているものを紹介しました。これがあればスマホマウントも悩まなくていいです。

口コミ太郎

異様にキャップの開閉がキツい

口コミ次郎

ステアリング周りがすっきりする

口コミ三郎

取付は簡単にできてとてもいい

okomoto

セパハンバイクに簡単にポン付けできて周りと干渉もせず、取り外しが気軽なスマホホルダーを知っていますがそれは別記事で解説します。

okoko

と言いつつその記事は鋭意執筆中!!書き終えたらリンク張る感じです。

必須装備はUSB電源ではなくモバイルバッテリー

必須装備はUSB電源ではなくモバイルバッテリー


モバイルバッテリーの登場以前は選択肢がないのでUSB電源を使わざるを得ませんでしたし、それを使うことに誰も疑問を持ちませんでした。取付工賃が高くても、自分で膨大な時間を割いてアクセサリー電源からのとり方を調べ、必要な電工工具を買って自分で取り付けたりしていました。

他に選択肢がなかったのでそれが当たり前でした。

しかし、現在ポケットに収まるサイズでスマホを何回も充電できる優秀なモバイルバッテリーが簡単に、安価に手に入ります。

過去の慣習に倣うのも良いですが、圧倒的に良いものが目の前にあったときは変革のときです。バイクで電子機器を充電する変革期はとっくに過ぎています。

これからバイクに乗ろうとしている、もしくは最近乗り始めたというあなたは「変革についていけない大人」の言うことを聞かず、自分の頭で考えてどれが最善の方法なのかを判断して頂ければと思います。

バイク次郎

「USB電源はバイクの必須アイテム」と言っている方は変革についていけなかった方です。正しくは「USB電源は2泊以上のキャンプツーリングの必須アイテム」だよ。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクにUSB電源を使用することのメリットとデメリットを解説しました。

もちろんライダーのバイク観はそれぞれなので「タンクバッグが大好き!故にUSB電源も大好き!」「発火の可能性を抱えて走るスリルがたまらん!」という方もいるかもしれませんが、あなたは是非どちらがあなたにとって最善なのかを冷静に考えて頂ければと思います。

okomoto

2泊以上のキャンプツーリングをする方はUSB電源が必要ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました