> 【新車】バイクの保証期間に絶対にやるべきこと【レッドバロンなど】 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【新車】バイクの保証期間に絶対にやるべきこと【レッドバロンなど】

【新車】バイクの保証期間に絶対にやるべきこと【レッドバロンなど】 初心者の方
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクの購入を検討している
  • 間もなくバイクを納車してもらう予定だ
  • 保証してもらえるもの、もらえないものについて知っておきたい
  • 保証期間中の過ごし方について知りたい


という方ではないでしょうか。

この記事では新車、中古それぞれの保証内容や保証期間について網羅的に解説していくものです。


特に保証期間が短い中古車の保証期間の過ごし方は上手に過ごさないと損をしてしまうので、損をしたくない方は是非読んでいってみてください。

この記事でわかること
  • 新車バイクの保証期間
  • 新車バイクの保証内容
  • 新車バイクの保証期間の過ごし方
  • 中古バイクの保証期間
  • 中古バイクの保証内容
  • 中古バイクの保証期間の過ごし方


それぞれ解説していきます。


バイクの知識が「0」の状態からのバイクの買い方の流れを掴みたい方は下の詳細記事を読んでみてください。

新車バイクの保証期間

新車バイクの保証期間


新車バイクの保証期間は2年のメーカー保証がつきます。ディーラーで購入した場合はそれに1年のディーラー保証、販売店で購入した場合は販売店保証が加えられて3年保証になることもあります。
3年の保証が終わっても、有料で保証期間を延長することもできます。

バイク太郎

保証の延長は1年1万数千円かかります。


ディーラー以外で購入した場合でもメーカー保証はつきますし、ショップ独自の保証をつけてくれる場合もあります。

新車バイク購入時の保証は「期間」にのみ依存するのが特徴です。

新車バイクの保証内容

新車バイクの保証内容


新車の保証内容は各メーカーで細かくアナウンスされています。

  • シリンダーヘッド
  • クランクシャフト
  • インジェクター
  • ワイヤーハ-ネス
  • ステアリングステム



などなど、様々なパーツを挙げていますが、簡単に言うと

新車バイクの保証内容
  • 定期点検を受けているバイクで、メーカーに瑕疵がある場合の消耗品以外の不具合


を保証しています。これ以外の不具合は保証対象外と考えていいでしょう。

例えば

新車バイクの保証対象外のもの
  • 事故による修理
  • 天災による修理
  • 消耗品の交換
  • 改造した状態での修理
  • 定期点検を受けていないバイク


これらの修理は「メーカーに瑕疵がない、責任がない」のでメーカー保証や販売店保証は受けられません。

「改造した状態」とは例えば、マフラーを交換した車両のエンジントラブルなどを指します。

定期点検を受けないとメーカー保証対象外になってしまうので定期点検は必ず受けましょう。

okomoto

新車購入時に定期点検を無料で受けられる権利を貰えるので自己負担なしで定期点検を受けることができます。

バイク太郎

メーカー保証は意外と範囲が狭いよ。メーカー出荷時でそんな不具合が出ることは滅多にないからね。

okomoto

保証対象外の「消耗品」はどんなものがあるのか知りたい方は下の詳細記事を読んでみてください。


新車購入後1カ月で台風による増水でバイクが水没してしまった友人がいますが、当然新車保証は使えませんでした。しかしその方は任意保険の「車両保険」に加入していたのですぐに新車を納車してもらっていました。

川沿いにお住いの方や水害の多い地域にお住いの方は車両保険に加入しておくことをおすすめします。もちろん中古車にもかけられます。詳しくは下の詳細記事を読んでみてください。

新車バイクの保証内容

新車バイクの保証内容


新車バイクの保証期間はとても長いので特に何も気にすることなくバイクに乗りましょう。

不具合が発生したら都度ショップに連絡すればよいです。

バイク次郎

中古車だとこんな悠長なこと言ってらんないんだよね・・・

中古バイクの保証期間

中古バイクの保証期間


中古のバイクはメーカー保証を受けられないので販売店が独自につける保証が付帯してきます。

保証期間は車体の状態(主に走行距離)によって車体ごとに設定されるので期間は様々ですが、

走行距離保証期間相場
~1000km6か月or6000km
~5000km6か月or6000km/3カ月or3000km
~10000km3カ月or3000km/1ヶ月or1000km
10000km~1ヶ月or1000km


くらいの保証期間が一般的です。


「6か月or6000km」というのは「購入から6か月経過するか、6000km走行するか、どちらかに到達するまでが保証期間」ということです。

okomoto

「両方満たしたときまで」ではありません。片方を満たしたら保証期間終了です。


つまり、バイク購入後、1度もバイクに乗らずに6か月経過しても保証期間は終わりますし、納車された直後に6000kmツーリングに出発したら、1週間後そのツーリングから帰ってきたときには保証期間は終わっているということです。


okoko

そんなツーリング行く人はなかなかいないでしょ・・・

okomoto

ほとんど乗らない方は結構いますよ。「バイク楽しい自己演出」するよりは健全ですけどね・・・

中古車でもメーカー保証は受けられる?

新車購入後2年経過していないバイクの場合はメーカー保証継承という形でメーカー保証を受けることができます。ただし、定期点検をきちんと受けていなかたり、社外品の取り付けがない場合に限ります。年式が新しい中古バイクを購入する際は必ず「メーカー保証継承ができるかどうか」を確認しましょう。

中古バイクの保証内容(レッドバロンの場合の例あり)

中古バイクの保証内容(レッドバロンの場合の例あり)


中古バイクの保証内容はショップによって多少変わってきますが、共通していることは

中古バイクの保証対象外のもの
  • 事故による修理
  • 天災による修理
  • 消耗品の交換
  • 改造した状態での修理


対象外ということです。

では「どこまで保証してくれるのか?」ということが気になりますが、「このパーツとこのパーツ、あのパーツをこういう使い方をしなければ保証対象になる」などと考えず

中古バイクの保証対象
  • 普通にバイクに乗っていて生じた不具合


と考えておき、不具合が生じたらショップに確認するのが最も良いです。

バイク太郎

あれは?これは?なんて考えてたらキリがないよ



参考までに直近の4台のバイクをレッドバロンで購入している僕が初期不良で対応してもらったものを紹介しておきます。

レッドバロンの保証期間で対応してもらったもの
  • フロントフォークの錆
  • シートのカビ
  • スピードメーターが反応しない不具合(2回)
  • メーターバックライト点灯しない
  • マフラーバンドの緩み
  • マフラーバンドの緩みに伴うスタッドボルト破損


錆やカビは買う前に確認しておけよという感じですが、対応してくれました。

他はこちらに瑕疵がないものなのでお願いしたら対応してくれました。スタッドボルト破損は「折れたボルトが取れなかったらエンジン載せ替えするかもです。保証だから対応しますよ。」と言ってくれました。

okomoto

安心させるために言ってくれたんでしょうが実際安心しましたね

中古バイクは不具合が出て当たり前

中古バイクは不具合が出て当たり前
世間のライダー

バイク買ってすぐにエンジンがかからなくなったじゃねーか!ちゃんと整備とか試走してから売れや!


と怒る方もいますが、中古車は不具合が出て当然です。

新車であれば「(メーカーのミス以外は)全く不具合がない状態」から乗り始めることができます。

中古バイクの場合、「(歴代のオーナーしか知らない不具合はあるかもしれないが、バイクショップで一般的な整備、確認を行って)多分不具合がない状態」から乗り始めることになります。

以前のオーナーがどんな使い方をしていたのか、エンジンに負担のかかるカスタムをしていたのか、事故を起こして修理をせずにだましだまし乗っていたのか・・・ということは前のオーナーにしかわかりません。

ワンオーナーではなく、たくさんのオーナーに乗られてきたバイクであれば、そのバイクがどんな状態なのかを理解している人は1人もいません。

バイクショップでの整備は「バイクに乗ることができる状態にする」のが目的であって、バイクをバラして、数百点に及ぶ部品すべてに不具合がないか調べているわけではありません。

昔乗ってたおじいちゃん

そんなことしてたら新車より高くなってしまうぞい


「ちゃんと試走してからバイクを納車しろ」という方は

万が一に備えて試走するバイクショップ

うちはきちんと試走してからのお渡しになるので、納車時は契約時よりも走行距離が6000km増えています。試走にお時間を頂きますので納車は6か月後です。こちらで試走するので保証期間はありません。


というバイクショップからバイクを買いたいのでしょうか?試走するのは我々ユーザーという感覚でいると、不具合が出ても頭にきませんよ。

中古バイクの保証対象
  • 普通にバイクに乗っていて生じた不具合


を曖昧な理由で修理してくれない対応をされて初めて頭にくるものです。

中古バイクの保証期間の過ごし方

中古バイクの保証期間の過ごし方


中古バイクは新車バイクと比べて保証期間が短いのでたくさんバイクに乗って試走しましょう。

特に期間が過ぎる前に距離は必ず消化しましょう。バイクはある程度距離を走らないと不具合が見つかりにくいものです。

okoko

1カ月に1000kmの乗れないわよ・・・


と思うかもしれませんが、


保証期間相場
6か月or6000km
3カ月or3000km
1ヶ月or1000km


の、どの保証内容でも週に1回250kmのツーリングに行けば期間内にちょうど距離をクリアすることができます。


250kmのツーリングはバイクにハマった人からすれば「ショートツーリング」です。あっという間です。

バイク次郎

冬に買って、雪が降って全然乗らなかった・・・なんてことにならないようにしましょう・・・

お店への不具合の伝え方

お店への不具合の伝え方


走行や安全に問題のない不具合であれば、保証期間満了直前までお店には伝えません。他にも不具合が発生するかもしれないのでなるべく不具合を貯めておきます。

保証期間が終わる直前にショップに電話してまとめて不具合を伝えます。一度バイクショップに預けて対応してもらうことになるでしょう。

そこで初めて「保証で対応できる/できない」という話もします。

バイク次郎

保証期間を過ぎても「実はあれもこれも」という話はしないようにしよう。ダサイよ。

再現できない不具合の対処方法

再現できない不具合の対処方法


バイクはバイクショップに持ち込むだけでだいたいの不具合は起こらなくなります。こういった現象をマーフィーの法則と呼びますが、この法則が発動してしまった場合、つまり「不具合は出たんだけど、実際にバイクショップに持って行ったら不具合が発生しなかったので確認できなかった」という場合は

okomoto

不具合がでたのは間違いないので、保証期間が過ぎても「保証期間に申告があった」ということで次回不具合がでたときに対応してもらうことはできますか?


と聞きましょう。

もしも

メリケン太郎

ダメっすねー今不具合でていないんでダメっすねー


と言われたら

okomoto

では、今すぐにオーバーホールするなり、パーツ全とっかえするなりして対応してください。乗ってるときに不具合が出たのは間違いないので。今なら保証期間内だからそれが当然ですよね!HAHAHA!


と言いましょう。

こう言えばバイクショップさんは「この不具合だけは1年以内ならいいよ」とか「じゃあ次に不具合がでたらね」などとちょうどいい着地地点に着陸せざるを得ないです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクの保証期間や内容について網羅的に解説しました。

特に中古バイクは「保証期間を終えて、対応が済んだらようやく納車」くらいの気持ちでいた方がいいです。

そういう意味では「現状渡し」や「保証なし」のバイクは避けた方が無難です。車体価格は安くても多くの費用がかかってしまうでしょう。

バイク三郎

問題がない車両だったら「整備」をして、「保証」をつけて売った方がバイクショップにとっても利益が出るはずだけらね。現状渡しはそうではない車両(問題がある車両)だから現状渡しなんだよね・・・



この記事でバイクの保証が気になって夜も眠れないあなたが快眠できるようになれば幸いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました