他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイク初心者は中古?新車?バイク歴は関係なし!

バイク初心者は中古?それとも新車?を簡単に決められる記事 免許未取得者や初心者の方
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は、

こんな方向けの記事です
  • 初めてのバイクを購入しようとしている
  • 「バイク初心者は立ちごけするから中古にしておけ」と言われた
  • 「トラブルが少ないからバイク初心者は新車にしておけ」と言われた

という方ではないでしょうか。バイク初心者が中古にするべきか、新車にするべきかは誰しもが悩む、昔からある問題の様に感じます。しかし、この問題の答えはシンプルですので先に結論を伝えておきます。
あなたは「新車に乗りたいからバイクに乗る」でも「中古車に乗りたいからバイクに乗りたい」でもなく「バイクに乗りたい方バイクに乗りたい」はずです。バイクを買うときに新車がいいか、中古がいいかというのは本来バイク選びに関係のないことで、

この記事のシンプルな結論
  • 欲しいバイクが新車で購入できる車種で、経済的に余裕のある方は新車
  • それ以外の方は中古

というだけです。この結論だけで「そりゃそうだ」と思って頂けた方はこの先を読む必要はありません。下の記事にお進みください。

オココ
オココ

何言ってるか全然わかんないんだけど。新車と中古車メリット・デメリットが知りたいんだが・・・

という方は続きを読んでみてください。

この記事では、

この記事でわかること
  • 初心者にとっての新車・中古車のメリット・デメリット
  • 新車・中古の選択にバイク歴は関係ない

ということについて解説します。

初心者にとっての新車・中古車のメリット・デメリット一覧

初心者にとっての新車バイク、中古バイクのメリット、デメリット一覧

先にこれから解説する内容を一覧にまとめておきます。

新車中古車
価格高い安い
カスタムなし済み
トラブル低い高い
保証長い短い
購入後のメンテナンス不要必要
慣らし運転必要不要
選択肢少ない多い
維持難易度低い高い
転倒時の
精神的ダメージ
めちゃ高いかなり高い
バイクの性能小排気量は低い小排気量は高い

新車・中古車それぞれの初心者にとってのメリット・デメリットを先にまとめておきます。

新車バイクのメリット

新車バイクのメリット
  • 何の癖もついていない状態のバイクに乗ることができる
  • 購入後の想定外の出費がない/極端に少ない
  • バイクを正常に維持していれば手厚く、長い保証を受けられる

故障に起因するトラブルが少ないのがもっとも大きな新車のメリットです。トラブルの可能性がないので保証も長く、購入後の出費が少なくて済みます。

新車バイクのデメリット

新車バイクのデメリット
  • 価格が高い
  • バイク趣味にハマらな買った場合もったいない
  • フルノーマル状態
  • カスタムしづらい
  • 慣らし運転が必要
  • 選択肢が少ない
  • 転倒時の精神的ダメージが大きい
  • 小排気量は性能が高くないことが多い
  • トラブル対処能力が身につきにくい

フルノーマル状態や慣らし運転が必要なことは人によっては全くデメリットになりません。最も大きなデメリットは「価格が高い」かと思います。
いくらバイクへのあこがれが大きくても、実際に乗ってみると全く楽しさを感じられず全然バイクに乗らなくなるということは結構あります。あなたがバイク趣味にハマるか、継続した趣味にするかどうかが確定していない状態で価格が高い新車を買うのは少々リスキーな気がします。
思い切ったカスタムをすると新車の大きなメリット「手厚い保障」を受けられなくなることは覚えておきましょう。

中古バイクのメリット

中古バイクのメリット
  • 価格が安い
  • 最初からカスタムされている
  • 思い切ったカスタムをしやすい
  • 慣らし運転が不用
  • 選択肢が圧倒的に多い
  • 転倒時の精神的ダメージが新車ほど高くない
  • 小排気量は新車よりも性能が高いことが多い
  • トラブル対処能力が身につきやすい

中古バイクの最大のメリットは価格が安いということ。あなたが好きな方向性のカスタム車両が購入できればカスタム費用をかなり抑えることができます。
新車よりもトラブルが起きる可能性が高いので、発生したトラブルに付いて調べたり対処したりしやすいのでバイクの知識やメンテナンススキルが伸びやすいです。

中古バイクのデメリット

中古バイクのデメリット
  • 新車よりも故障する/メンテナンスが必要になる可能性が高い
  • 保証期間が短い
  • 維持が困難になる場合がある

故障する可能性が高いくせに保証期間がすごく短いのが最大のデメリットです。

オココ
オココ

最大の違いは価格ね・・・。他は解釈次第でどうとでもなりそうだわ・・・

オコモト
オコモト

故障が多い→トラブル対処能力が着く!などと前向きに変換できるものですね。ものは考えよう、ものは言いようです 笑

新車と中古車の違いをもう少し詳しく解説

ここまでの内容でこの記事で伝えたいことはすべて伝えられたのですが、せっかくなのでもう少し深堀りして解説します。読まなくてもOKです。

価格の違い

価格の違い

よほど昔のレアバイクやプレミアのついている車種ではない限り、中古車の方が価格が安く新車の方が価格は高いです。
ただし、人気車種は中古バイクでも値下がりしにくいので

オコモト
オコモト

走行10000kmで10%程度しか安くないなら新車の方がコスパいいわ・・・

ということも考える必要はあります。

バイクは車両価格以外にも「乗り出し価格」というものがあるので、新車と中古車を比較するときは乗り出し価格の方で比較するようにしましょう。

中古バイクがラッキー?カスタムの違い

がラッキー?カスタムの違い

新車のバイクをカスタムする場合は当然自費で行わなければいけませんが、自分の趣味趣向にマッチしたカスタムを施された中古バイクはカスタム費用は前オーナー持ちということになります。

一般的にカスタムパーツは中古車の価格には関係しません。むしろノーマルの方が人気で価格が高かったりするので、自分に合ったカスタム中古車を安く手に入れられる可能性があります。

バイク太郎
バイク太郎

バイクを売るときは社外パーツをノーマルに戻して、社外パーツはオークションで売るのがもっとも良いよ。バイク買い取り業者にとってカスタムパーツは無価値だからね。

派手にカスタムされたものではなくても「エンジンガード」「アクスルスライダー」など、多くの方が「安心のためにとりあえずつける」というパーツも買ったら数万円するのでそれらがついているだけで数万円得ということになります。

オコモト
オコモト

僕のバイクにもアクスルスライダーが最初からついていました。前のオーナーさん有難う。エンジンスライダーは自分で付けました。

トラブルの可能性が少ないのは新車バイク

トラブルの可能性が少ないのは新車バイク

中古車の方が諸々のトラブルが起きやすいです。すでに誰かが乗ったものなので使い方やメンテナンスのサボり具合によっては平気でトラブルがでます。
エンジンが止まった、スピードメーターが動かない、ウインカーがつかない・・・想定されるトラブルはほとんど無限です。
新車であればほとんど工場出荷状態で乗るのでメーカーの設計ミスなどによるトラブル以外はほとんど起こりません。

保証が厚いのは断然新車バイク

保証が厚いのは断然新車バイク

前述の通り、中古バイクはトラブルが起きる可能性が高いので保証期間が短く(短いと1ヶ月or1000km)、新車はトラブルの可能性が低いので保証期間が長く多くの場合2年間のメーカー保証が付きます。
保証と言っても「一切のメンテナンス、修理をメーカーが行う」というものではなく、「オーナーに瑕疵がなく、メーカー(中古車の場合販売業者)に責任がある修理はメーカーが行う」というニュアンスのものなので、

メーカー保証対象外
  • 転倒や事故
  • 天災
  • 消耗品
  • 改造した場合
  • 公道以外の使用
  • 定期点検を受けていない

という場合は保証対象外になります。

購入後のメンテナンスは新車が安心

購入後のメンテナンスは新車が安心

先述の鳥、新車の場合は機械としてのバイクを「0」から動かし始めるのでトラブルは少ないです。一方で中古バイクは既に「0」ではないもの、知らない誰かが「12」くらいまで動かしたものを「13」から動かし始めるので、トラブルや必要なメンテナンスが出てくる可能性は高くなります。
想定外のメンテナンスが必要になれば想定外の出費が必要になります。

オコモト
オコモト

整備手帳があったとしても「12」までなにがあったか細かいことは前のオーナーさんにしかわかりませんからね!

オココ
オココ

なんで12なの?

オコモト
オコモト

適当!!たとえ話!

ズボラな人にはラッキー?慣らし運転済みの中古バイク

ズボラな人にはラッキー?慣らし運転済みの中古バイク

一般的に新車は3000km走行時まで金属パーツのアタリを出すために回転数を抑えて運転をする「慣らし運転」が必要だと言われています。新車は買ってすぐに思い通りエンジンを回してはいけないのです。

オココ
オココ

買ってすぐにエンジンを回せないのはストレスになりそう・・・

昔乗ってたの
昔乗ってたの

最近は慣らし運転不要論も聞かれるがの・・・長い付き合いをしたいならやっておいて損はないわの。

新車で購入した場合は自分で慣らし運転をしなければなりませんが、中古の場合は前オーナーが慣らし運転を終わらせてくれています。
とはいえ前オーナーがきちんと慣らし運転をしたかどうかは前オーナーにしかわかりませんが・・・

バイク次郎
バイク次郎

18000km走ってるバイク買ったときにひどいこと言ってたよね・・・

オコモト
オコモト

「18000kmか!!ちょうど慣らし終わったころですわね!」と言ったらバイク屋さんウケてました!ポジティブシンキング大事です。

選択肢は中古バイクが圧倒

選択肢は中古バイクが圧倒

現行のバイクしか手に入らない新車に対して、中古車は現行以外のバイク、昔のバイクも手に入れることができます。

ビッグビッグ
マネー

僕は新車しか買わない主義なの

と考えてしまうと一気に選択肢が狭くなるので新車か中古車かにはとらわれずにバイク選びをした方が良いと思います。

維持の難易度は新車バイクが安心

維持の難易度は新車バイクが安心

古いバイクだと「交換用のパーツが手に入らない」ということになる可能性があります。そういった場合はヤフオクなどに張り付いて中古のパーツが出るまでネットに張り付きになったりすることもあります。
販売終了後10年はメーカーに部品供給義務があるので、新車の場合は買った瞬間にバイクが販売終了になってもパーツ欠品に怯えることなく向こう10年は安心して乗ることができます。

オコモト
オコモト

僕はすでにメーカーが倒産している15年前のバイクに乗っていますが、なんとかなるもんですけどね。

転倒時の精神的ダメージは中古車の方が少ない?

転倒時の精神的ダメージは中古車の方が少ない?

シンプルに新車をコカすと超絶ショックです。とはいえ中古でもかなりショックです。
初心者の内は立ちゴケの可能性もあると思うので「初心者は中古にしておけ」と言われるのも一理あります。

バイクの性能は中古の方が高い傾向あり

バイクの性能は中古の方が高い傾向あり


大排気量のバイクは最新のものの方が高性能ですが、比較的小さな排気量(~400cc)のバイクは過剰な排ガス規制によって現行のバイクより昔の中古バイクの方が性能が高いという逆転現象が起きています。

バイク三郎
バイク三郎

世界に誇る日本の4大バイクメーカーを抑えつけるひどい規制、どうにかなんないもんかね・・・

特にバブル期に作られたようなバイクは今では考えられない豪華絢爛な構成のものも多いです。
400ccまでのバイクを検討していてスペックにこだわる方は際はその辺りも少し考慮するのがいいかもしれません。

突如として
バブル

アルミフレーム!V4エンジン!クオーターマルチ!

新車・中古の選択にバイク歴やバイク初心者であるかどうかは関係ない

新車・中古の選択にバイク歴やバイク初心者であるかどうかは関係ない

ここから記事冒頭でお伝えした、

この記事のシンプルな結論
  • 欲しいバイクが新車で購入できる車種で、経済的に余裕のある方は新車
  • それ以外の方は中古

の解説に鳴ります。

バイク乗り
バイク乗り

初心者はメンテナンスができないから新車にしておけ

バイク乗り
バイク乗り

初心者は転倒するから中古にしておけ

などと言う「初心者は新車/中古がおすすめ」という考え方がありますが、新車か中古かを選ぶのにバイク歴は関係ありません。

例えば、バイク初心者のあなたが購入した中古バイクのエンジンがツーリング先でかからなくなったらどうするでしょうか?バイク屋さんに連絡して引き取り気に来てもらって修理に出しますよね。

ではベテランのバイク乗りの中古バイクのエンジンがツーリング先でかからなくなったらどうすると思いますか?リュックいっぱいの工具をツーリングに持っていくようなライダーさん以外はバイク屋さんに連絡して引き取り気に来てもらって修理に出します

バイク三郎
バイク三郎

(そもそもツーリングにたくさんの工具を持っていく人ってベテランじゃないと思うけどな。)

新車だろうが中古だろうが、初心者だろうがベテランだろうが、バイクにトラブルが起きたらやることは一緒なんです。


バイクで転倒すれば初心者、ベテランに関わらずバイクにもライダーの心にも傷がつきますし、新車でも中古車でも修理が必要です。

「新車/中古のどちらがいいか」ということを決めるのに「バイク歴」という要素は一切関係ないです。

ですので、「初心者だから新車/中古がおすすめ」ではなく、

この記事のシンプルな結論
  • 欲しいバイクが新車で購入できる車種で、経済的に余裕のある方は新車
  • それ以外の方は中古

ということになります。

オコモト
オコモト

伝わってますかね?伝われ!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
初心者だからどうこうではなく、そのバイクが新車で購入できるか、その資金は十分かということでのみ判断すれば良いものだと僕は思います。

オココ
オココ

本当は新車で買いたいけど、資金がないから中古を選ばざるを得ない・・・

という方は「中古車で起きるかもしれないトラブル・デメリットはライダーとして成長できる経験値になる」と前向きに考えて素敵な中古車を選ぶようにしましょう。

オコモト
オコモト

ちなみに僕が乗りたいと思うバイクは生産中止だったり、20年前のバイクだったり、メーカーが潰れていたりする古いものばかりなので中古バイクがメインです。おかげで(?)色んなトラブルを乗り越えてきましたよ 笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました