> バイク、原付の乗り出し価格まとめPCXレブル250CB400SFなど参考値も | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイク、原付の乗り出し価格まとめPCXレブル250CB400SFなど参考値も

バイク、原付の乗り出し価格まとめバイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • バイクが安かったので見積もりをもらったらエライ金額を提示された
  • これってボッタくりなの・・・?
  • 乗りだし価格ってなんだよ!


という方ではないでしょうか。

okomoto

乗り出し費用の内訳って正直知りたいですか?今のあなたはだいたい総額いくらなのかを知りたいだけですよね?

okoko

確かに何にどれくらいの費用がかかっているかなんて正直興味ないわ。バイクの値段にプラスいくらかかるのかさっさと知りたいわ。ネットリした丁寧な説明は有難迷惑。

ネットリライター

重量税がー初期登録から何年でー最終的にーショップによって変わるからー!!!

okomoto

気が利く僕はさっさと結論を置いておきますね。この下の表の内容をネットリ知りたい方のみ先を読み進めてください。

あっさり~
排気量状態乗り出し費用
~50cc新車38590円
~50cc中古36850円
~125cc新車43890円
~125cc中古37250円
~250cc新車60460円
~250cc中古53370円
250cc超新車82930円
250cc超中古80270円

※ショップや車体の状態によって異なります。だいたいの目安としてお使いください。



ネットリ解説を聞いてくれるあなたのバイク選びが今後上手くいくように、この記事では

この記事でわかること
  • 乗り出し価格と本体価格の違い
  • 乗り出し価格として本体価格に追加されるもの
  • 50cc原付の乗り出し価格
  • 125ccバイクの乗りだし価格
  • 250ccバイクの乗りだし価格
  • 400ccバイクの乗りだし価格
  • 大型バイクの乗りだし価格
  • pcx125新車の乗りだし価格
  • 人気バイクの乗り出し価格紹介


ということについて解説していきます。

バイク、原付の乗り出し価格と本体価格の違い

バイク、原付の乗り出し価格と本体価格の違い


バイクを買うときは

okoko

くださいな!


バイク屋さん

はいどうぞ


でバイクを購入することができます。しかし、その買い物はスーパーで買い物をするように

okoko

100円て書いてある大根1本くださいな!

バイク屋さん

100円になります。



とはなりません。バイク屋さんでは


okoko

50万円て書いてあるバイクくださいな!

バイク屋さん

60万円になります。


となります。50万円の買い物をしても請求される金額は60万円だったり、65万円だったりします。

この場合の50万円を本体価格(車両価格)、60万円を乗り出し価格と言います。

okoko

なんでこんなに余計にかかるのよ!

okomoto

余計にかかっているわけではないんです。これがないとバイクに乗れないんです。


本体価格と乗り出し価格を少し詳しく解説すると

本体価格(車両価格)

バイク自体の価格

乗り出し価格

バイク自体の価格+バイクを(主に公道で)動かすための費用=乗り出し価格


という感じになります。

バイクを(主に公道で)動かすための費用は「乗り出し費用」と言われることもあります。

つまり

本体価格+乗り出し費用=乗り出し価格


ということです。

乗り出し価格として本体価格に追加されるもの

乗り出し価格として本体価格に追加されるもの


では乗り出し費用にはどんなものがあるのかを簡単に解説します。

乗り出し費用
  • 整備手数料
  • 車検取得手数料
  • 登録手数料
  • 重量税
  • 軽自動車税
  • 自賠責保険

整備手数料

整備手数料


バイクを公道で安心して走れる状態に整備する費用です。

整備手数料でやってくれること
  • 新車の場合は各種オイルを入れたりして公道走行できる状態に仕上げます。
  • 中古車の場合は公道を安心して走れるように各種消耗品を交換したりします。



整備手数料はショップによって大きく変わります。また、中古車の場合は車体の状態によっても大きくかわります。

タイヤ交換などの費用がかかるパーツを交換しないとすれ2万円くらいが平均くらいだと思います。

バイク屋さん

新車も中古車も整備をしないと責任をもって納車できないよ。費用がかかってもそれは必要なものだよ。


もしも整備手数料が高額になっている場合は

okoko

整備手数料の明細下さい。どのパーツが新しくなっているのか、単価がどれくらいなのか今後のために確認したいです!

と言って明細を確認しましょう。そこに「タイヤ交換10万円」など割とありえない金額が記載してあったらそのバイクを購入するのはキャンセルしてもいいと思います。

工賃などの相場は下の記事を読んでみて下さい。

車検取得手数料(車検代行手数料)

車検取得手数料(車検代行手数料)


250ccを超える排気量のバイクは2年に1回の車検に通っていないと公道を走行することができません。

バイク太郎

車検は400cc以上じゃないよ。250ccを超えたら必要だよ。

車検取得手数料でやってくれること
  • 250ccを超える新車の場合は初めての車検を通す(初回のみ3年有効)
  • 250ccを超える中古車の車検が切れている場合は車検を通す


ということをします。相場はだいたい2万円程度です。

250ccクラスのバイク、それ以下の排気量のバイクはこの費用はかかりません。

バイク屋さん

車検が残っている中古バイクを買ったときもこの費用はかからないよ。車検の為の整備料は整備手数料でもらってるからここの費用は手続き代に近いよ。

登録手数料

登録手数料


ナンバープレート取得の手数料と、バイクの名義変更の手数料です。ナンバープレートの交付は125ccまでの原付は気軽に市区町村の役所で行えますが、それ以上の排気量のバイクだと陸運局で多少複雑な作業をしなければならないので金額が変わります。

登録手数料の相場
  • 125ccまでの原付は6千円程度
  • 125cc以上のバイクは2万円程度


くらいが相場だと思います。150ccのバイクでも大型バイクでもここの手数料はほとんど変わりません。

重量税

重量税


重量税は説明が少々面倒複雑なので排気量に分けて表で解説します。

~50cc0円
~250cc4900円(新車購入時のみ)
250~登録から12年まで1900円/年
登録から17年まで2200円/年
登録から18年以上2500円/年


車検を受けるときにまとめて支払うことになるので、新車購入時は3年分、中古車購入時は2年分をまとめて支払います。

です。

バイク屋さん

この費用は税金だからショップによって変動はしないよ

軽自動車税

軽自動車税


軽自動車税も説明が少々面倒複雑なので排気量に分けて表で解説します。

~90cc2000円/年
~125cc2400円/年
~250cc3600円/年
250ccを超える6000円/年


こちらは自宅に納付書が届いて支払うので2年分をまとめて・・・ではなく、最初に支払うのは1年分だけです。

自賠責保険

自賠責保険


自賠責保険も一覧で解説します。

新車(3年分)中古車(2年分)
~125cc10590円8850円
~250cc11960円9770円
250cc超11230円9270円


です。自賠責保険料はたまに変更されます。

重量税と同じで次の車検までの分をまとめて支払います。



ここまでの内容を書く排気量に当てはめてだいたいの乗り出し費用の目安をだしてみましょう。

昔乗ってたおじいちゃん

あくまでも「目安」じゃよ。

50cc原付の乗り出し価格

50cc原付の乗り出し価格


原付の乗り出し価格は下記の通りです。

車検取得手数料と重量税がかからず、登録料も安いのが特徴です。

新車の50cc原付の乗り出し価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料0円
登録手数料6000円
重量税0円
軽自動車税2000円
自賠責保険10590円
合計38590円

中古の50cc原付の乗り出し価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料0円
登録手数料6000円
重量税0円
軽自動車税2000円
自賠責保険8850円
合計36850円

125ccバイクの乗り出し価格

125ccバイクの乗り出し価格


125ccバイクの乗り出し価格は下記の通りです。

車検取得手数料がかからず、登録料も安いのが特徴です。

新車の125ccバイクの乗り出し価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料0円
登録手数料6000円
重量税4900円
軽自動車税2400円
自賠責保険10590円
合計43890円

中古の125ccバイクの乗り出し価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料0円
登録手数料6000円
重量税0円
軽自動車税2400円
自賠責保険8850円
合計37250円

250ccバイクの乗り出し価格

250ccバイクの乗り出し価格


250ccバイクの乗り出し価格は下記の通りです。

車検取得手数料はかかりませんが、ここから登録手数料が大きく上がります。ちなみに150ccクラスもここ費用がかかってきます。

150ccクラスはデメリットが多いのでこのブログ的には全くおすすめしていません。

新車の250ccバイクの乗り出し価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料0円
登録手数料20000円
重量税4900円
軽自動車税3600円
自賠責保険11960円
合計60460円

中古の250ccバイクの乗りだし価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料0円
登録手数料20000円
重量税0円
軽自動車税3600円
自賠責保険9770円
合計53370円

400ccバイクの乗り出し価格

400ccバイクの乗り出し価格


250ccバイクの乗り出し価格は下記の通りです。

ここから車検取得手数料がかかります。大型バイクと全く同じ費用がかかります。

新車の400ccバイクの乗り出し価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料20000円
登録手数料20000円
重量税(3年まとめて)5700円
軽自動車税6000円
自賠責保険11230円
合計82930円

中古の400ccバイク(車検切れ)の乗り出し価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料20000円
登録手数料20000円
重量税(2年まとめて)5000円
軽自動車税6000円
自賠責保険9270円
合計80270円
※重量税は最も費用が高いものに設定しています。

大型バイクの乗り出し価格

大型バイクの乗り出し価格


400ccと全く同じですが、一応記載しておきます。

新車の大型バイクの乗り出し価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料20000円
登録手数料20000円
重量税(3年まとめて)5700円
軽自動車税6000円
自賠責保険11230円
合計82930円

中古の大型バイク(車検切れ)の乗り出し価格

項目費用
整備手数料20000円
車検取得手数料20000円
登録手数料20000円
重量税(2年まとめて)5000円
軽自動車税6000円
自賠責保険9270円
合計80270円
※重量税は最も費用が高いものに設定しています。

排気量、新車、中古車ごとの乗り出し価格の違い一覧

排気量、新車、中古車ごとの乗り出し価格の違い一覧
排気量状態乗り出し費用
~50cc新車38590円
~50cc中古36850円
~125cc新車43890円
~125cc中古37250円
~250cc新車60460円
~250cc中古53370円
250cc超新車82930円
250cc超中古80270円



ここまでの内容を1つの表にまとめまめるとこんな感じです。

これはあくまでも参考程度にとどめてください。確実なのはバイク屋さんに問い合わせることです。

okoko

この表よりも乗り出し価格が安かったわ!ラッキー!!

okoko

この表よりも少しだけ高かったわ。整備に費用がかかったのね!!安心して乗れるわ!

okoko

20万円の見積もりがきたわ・・・明細をもらおうかな・・・


という感じにして下さい。

任意保険への加入も必須

任意保険の加入は「任意」ですが、任意保険に入っていないライダーは他のライダーにものすごくドン引きされます。きっとそれが伝わった瞬間一緒に走ってくれるライダーはいなくなるレベルです。任意保険に入らないと事故を起こしたときにバイクライフだけではなくライフ(人生そのもの)が終わることになるので必ず任意保険に加入しましょう。



ここからは人気車種(よく検索されている車種)の新車乗り出し価格とさくっと紹介していきます。ついでにそのバイクに関して簡単に解説していきます。

pcx125新車の乗り出し価格


値引きなしの新車乗り出し価格は401390円


125ccスクーターの代表車種とも言える大人気車種。

タイで生産することで販売価格を抑え、50ccの原付きよりではなく250ccのビッグスクーターよりのデザインにしたことがヒットの要因の1つであると思っています。現在は価格はかなり上がってきていますが人気車種であることに変わりはありません。

モデルチェンジの度に電源を備えたり、スマートキーになったりと外観は大きく変えずにユーザーが嬉しい機能を増やしています。

電動タイプも販売されていますが他の車種比較がしづらいのでこの記事ではガソリン車のみを紹介します。

価格357500円
メットイン容量28ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量124.8cc
車両重量132kg
最大出力12.5PS
最大トルク1.2kgf・m
ホイールベース1315mm
キャスター角27°00´
全長×全幅×全高(mm)1935×740×1105
シート高764mm
燃料タンク容量8.1L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費55.0km/L
実燃費43km/L
実燃費での航続可能距離348.3km
最高速97.2km/h
パワーウエイトレシオ10.5kg/ps
トルクウエイトレシオ110kg/kgf・m
パワー円レシオ28,600円/PS

pcx160新車乗り出し価格


値引きなしの新車乗り出し価格は467460円。

125cc、150cc、160ccの順で販売されてきました。

タイ生産のため低価格が魅力でしたが価格は徐々に上がってきています。

125ccのPCXはクラス一番人気といってもいい人気を誇っています。どのスクーターにするか迷っている方、特にこだわりのない方はPCXを選べば間違いないでしょう。

価格407000円
メットイン容量30ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量156cc
車両重量132kg
最大出力15.8PS
最大トルク1.5kgf・m
ホイールベース1315mm
キャスター角不明
全長×全幅×全高(mm)1935×740×1105
シート高764mm
燃料タンク容量8.1L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費55.4km/L
実燃費43km/L
実燃費での航続可能距離348.3km
最高速120km/h
パワーウエイトレシオ8.35kg/ps
トルクウエイトレシオ88kg/kgf・m
パワー円レシオ25,759円/PS

レブル250新車の乗り出し価格

価格498000円
エンジン単気筒
排気量249cc
車両重量170kg
始動方法セル
最大出力26PS
最大トルク2.2kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1490mm
キャスター角28°
全長×全幅×全高(mm)2205×820×1090
シート高690mm
燃料タンク容量11ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費46.5km/ℓ
実燃費33km/ℓ
実燃費での航続可能距離363km
最高速140km/h
パワーウエイトレシオ6.53kg/ps
トルクウエイトレシオ77.2kg/kgf・m
パワー円レシオ19,153円/PS


値引きなしの新車乗り出し価格は558460円

2017年に「反逆」という名前を付けて発売されたバイクです。何に対しての反逆かはその車体を見ればわかって来るような気がします。

通常クルーザーバイクはハーレーのバイクに似せて作られます。良い意味で排気量に見合わない大きな車体、良い意味で本体価格が上がることを厭わない大袈裟なメッキパーツ、良い意味で猫も杓子もVツインエンジン。

しかし、このレブルは比較的車体も小さく、メッキパーツもつけられていません。エンジンもVツインではなく単気筒です。これは「クルーザーバイクとはハーレーを頂点とするものだ」というここ何十年も続いてきた既成観念への反逆であるように思えてきます。

cb400sf新車乗り出し価格 



値引きなしの新車乗り出し価格は967330円

CB400にはCB400SF(スーパーフォア:スーフォア)とCB400SB(スーパーボルドール)の2種類があります。

SBにはハーフカウルがついいており、高速走行性が高くなっています。

広く教習車に採用されている車種なので、その運転のしやすさ、取り回しのしやすさ、パワーの出方などはいい意味でバイクの平均なのだと思います。

実際教習所でCB400を気に入って購入する方もたくさんいます。

価格884400円
エンジン水冷直列4気筒
排気量399cc
車両重量201kg
始動方法セル
最大出力56PS
最大トルク4.0kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1410mm
キャスター角25°5‘
全長×全幅×全高(mm)2080×745×1080
シート高755mm
燃料タンク容量18ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離360km
最高速180km
パワーウエイトレシオ3.58kg/ps
トルクウエイトレシオ50.2kg/kgf・m
パワー円レシオ15,792円/PS
CB400SFスーパーフォア

ジクサー250乗り出し価格


値引きなしの新車乗り出し価格は509260円

  • 油冷
  • 単気筒
  • 40万円台
  • スズキ


というだけで楽しいバイク、初心者もベテランも楽しめるバイクという事がわかります。

もしも僕が今の知識をもったままバイクライフをスタートさせるとしたら、最初の1台に選ぶのはジクサー250かモタードです。


価格448800円
エンジン油冷単気筒
排気量249cc
車両重量154kg
始動方法セル
最大出力26PS
最大トルク2.2kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1345mm
キャスター角24°20 ‘
全長×全幅×全高(mm)2010×805×1035
シート高800mm
燃料タンク容量12ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費45km /ℓ
実燃費38km /ℓ
実燃費での航続可能距離456km
最高速147km/h
パワーウエイトレシオ5.92kg/ps
トルクウエイトレシオ70kg/kgf・m
パワー円レシオ17,261円/PS

SR400新車乗り出し価格


値引きなしの新車乗り出し価格は687930円

言わず知れた中型クラシックタイプ地球代表。とは言え、もともとはトラッカー、スクランブラー的な立ち位置でデビューしたバイクです。

クラシックのまま乗っても良し、アメリカン、トラッカー、カフェレーサーなど色んなバイクに変身できるバイクです。

カスタムパーツ点数でいうと一番?日本でもっともカスタムされた車両ではないかと思っています。

ライバル車はCB400SSですが、「カスタムしたい人はSR」「そのままかライトカスタムで乗る人はCB400SS」という感じで住み分けていたような気がします。

SRの方が圧倒的に人気でしたが・・・。

価格605000円
エンジン空冷単気筒
排気量399cc
車両重量175kg
最大出力24PS
最大トルク2.9kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1410mm
キャスター角27°40′
全長×全幅×全高(mm)2085×750×1110
シート高790mm
燃料タンク容量12L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40.7km/L
実燃費26km/L
実燃費での航続可能距離312km
最高速148km/h
パワーウエイトレシオ7.29kg/ps
トルクウエイトレシオ60.3kg/kgf・m
パワー円レシオ25,208円/PS

隼新車乗り出し価格


値引きなしの新車乗り出し価格は2238930円

okomoto

下のスペック表は価格以外旧型の数字です。ごめんなさいね。



説明不要ですね。ZX-14Rとメガスポーツの二大巨塔です。ZX-14Rとは違ってZZRたらRやら気にしなくていいのが良いです。

ハヤブサに乗った人は「エンジンかけないとめちゃ重いけど、エンジンかけて走り出すとめちゃ軽い」と言います。

ネーミングの由来は300km/hで飛行するハヤブサから。ハヤブサと同じ速度で走れるハヤブサより、ハヤブサと同じ速度で飛べるハヤブサの方がすごい感じがしますね・・・。

価格2156000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1340cc
車両重量266kg
最大出力197PS
最大トルク15.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1480mm
キャスター角23°25′
全長×全幅×全高(mm)2190×735×1165
シート高805mm
燃料タンク容量21L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離357km
最高速311km/h)
パワーウエイトレシオ1.35kg/ps
トルクウエイトレシオ16.8kg/kgf・m
パワー円レシオ7,817円/PS

ハーレー883新車乗り出し価格


車両価格が125万くらいで乗り出し価格は140万くらいです。

Vストローム250新車乗り出し価格



値引きなしの新車乗り出し価格は674260円


スズキのアドベンチャーバイクシリーズ、Vストロームは250、650、1050で展開しています。

ということで最も排気量が小さいのがVストローム250。エンジンベースはGSR250のもの。


17インチキャストホイールにオールラウンダーホイールを履いているので、ライバルの中ではよりオンロードの快適性が高いと思います。

価格613800円
エンジン水冷並列2気筒
排気量248cc
車両重量189kg
最大出力24PS
最大トルク2.2kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1425mm
キャスター角25°10′
全長×全幅×全高(mm)2150×880×1295
シート高800mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費39.0km/L
実燃費31km/L
実燃費での航続可能距離527km
最高速130m/h
パワーウエイトレシオ7.87kg/ps
トルクウエイトレシオ85.9kg/kgf・m
パワー円レシオ25,575円/PS

まとめ


いかがでしたでしょうか。

排気量状態乗り出し費用
~50cc新車38590円
~50cc中古36850円
~125cc新車43890円
~125cc中古37250円
~250cc新車60460円
~250cc中古53370円
250cc超新車82930円
250cc超中古80270円



わかりにくいバイクの乗り出し価格について網羅的に解説しました。

初めてバイクを購入する方には少しは役に立てたのかなと思います。

ちなみに今更ですが、外車の場合は盛り出し価格がめっちゃ増えます。多少乗り出し価格が高くても、バイクは自宅近くのショップから購入するのがおすすめです。

ショップ選びに関しては下の記事を読んでみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました