> シンプソンヘルメット解説記事~頭が小さく見えるサイズは?~ | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

シンプソンヘルメット解説記事~頭が小さく見えるサイズは?~

シンプソンヘルメット解説記事~頭が小さく見えるサイズは?~バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • シンプソンヘルメットのサイズの選び方が知りたい
  • シンプソンって正直どうなの?
  • バイクの勉強中


という方ではないでしょうか。


アライやショウエイだけでなく、バイクヘルメットメーカーはたくさんあります。この記事は「アメリカのバイクヘルメットメーカーの老舗シンプソン」について網羅的に解説していくものです。


シンプソンのヘルメットを被らないとしても、知っていればバイクライフが少しだけ豊かになる記事ですので是非読んでいってみてください。


バイク太郎

こういう情報は役に立つ立たないではなく、豊かになるかどうか、文化的かどうかで知っておこう!

okomoto

バイクって乗る必要は1mmもないのでバイクが趣味なだけで文化的だと僕は思います。それをさらに文化的にしましょう。

この記事に書いてあること
  • 59cmか62cmが相対的に最も頭が小さく見えるヘルメット

シンプソンヘルメットの歴史~シンプンってどんなメーカー?

シンプソンヘルメットの歴史~シンプンってどんなメーカー?


まずシンプソンの簡単な歴史から知っていきます。


シンプソンの概要
  • 1959年

    ビル・シンプソンが創業、ドラッグレースのパラシュートや耐火レーススーツを製造。
    ビル・シンプソン 自身がマシンに乗り、そこで得た経験を製品にフィードバッグさせることで主にナスカー 【アメリカ合衆国最大のモータースポーツ統括団体 】 が統括するドラッグレース、カート、などで戦うトップレーサー達から高い評価を得てきた。 

  • 1979年

    四輪ヘルメットを製造していたノウハウを生かしてヘルメットの製造を開始。 同じアメリカのヘルメットメーカー「BELL」のヘルメットの倍以上と言う超高級品としてヘルメットを供給していた。事実、 当時の他のヘルメットと比べるとハイエンドモデルグレードの製品を多数生産し、「高級メーカー」の地位を築いた。

okoko

初めは四輪ヘルメットで実績を作ってきたのね。創業から二輪用のヘルメットの製造まで20年もあるわ!

okomoto

その実績があったからこそ、高級ヘルメットとして受け入れられたんでしょうね。

日本仕様のシンプソンヘルメットについて

日本仕様のシンプソンヘルメットについて



シンプソンのヘルメットには日本の安全規格である「SG規格」をクリアしていて、日本人の頭に最適化された日本向けのヘルメットがあります。日本で入手できるほとんどのシンプソンヘルメットは日本人向けに改良されたヘルメットです。


我々日本のライダーにこのようなヘルメットが供給されることはとても有難いことですが、これには2つの会社が関係しています。


日本人仕様のシンプソンヘルメットを共有している会社
  • カナダのNORIX   Projects
  • 日本のTraderHouse

NORIX   Projects


NORIX   Projectsはカナダでバイク関連の卸業者のネットワークを構築している会社です。

NORIX   Projectsは世界で唯一シンプンにシンプソンヘルメットのライセンス生産を許されている会社で、日本のSG規格に合わせた日本人向けのヘルメットの生産、販売を行っています。

日本人向けのシンプソンヘルメットを作ってくれているのはNORIX   Projects

TraderHouse


TraderHouseは宮城県にあり、NORIX   Projectsがライセンス生産したシンプソンヘルメットの日本窓口的な会社で、日本規格のシンプソンヘルメット以外にも、本国仕様のアパレルなどを日本の正規販売店に配給しています。

NORIX   Projectsが作ったヘルメットを流通させてくれているのはTraderHouse




という流れで我々はシンプソンヘルメットを使用することができています。



以前は「シンプソンのヘルメットは値段が高いだけで頭痛がしてくるほど日本人の頭に合わない」と言われていたのは、その時代にはこの2つの会社がなかったので「本国からの並行輸入品」しか日本市場に流通していなかったためです。


シンプソンのヘルメットを被っているときに

昔乗ってたおじいちゃん

シンプソン被ってて頭痛くならないの?やばいよねそれ?


と言われてたら


okomoto

今は日本仕様のものがあるので大丈夫ですよ!


と返すとスマートです。

「本物のシンプソンヘルメット」は本国仕様ではない?

「本物のシンプソンヘルメット」は本国仕様ではない?


アメリカ市場に出回るシンプソンヘルメットのシェル(外側)はコスト削減のため中国で生産されています。シンプソンの創業の地アメリカでは一部のレース用のヘルメット以外は「中国製」です。

ですので「NORIX のシンプソンなんて偽物だ。シンプソンを被るなら本国仕様でないといけない」という方は大きく的を外しています。

そればかりか、NORIXはシンプソン創業者のビル、シンプソンの時代から一緒に仕事をしているため、シンプン本社勤務のどの従業員よりシンプソンとの付き合いが長いので「もはやNORIXが本物のシンプソンと言えるのでは?」という説もあります。


okoko

たまにいるわよね「US仕様じゃないの??」って人・・・

okomoto

「もはやNORIXが本物のシンプソンと言えるのでは?」という説を知らないんです。

シンプソンヘルメットの性能

シンプソンヘルメットの性能
安全性★★★
静音性★★
被り心地★★
ベンチレーション
玄人度★★★★★
シェルデザイン★★★★★
グラフィックデザイン★★
スポーツバイク
オフモタ★★
ネイキッド★★★
クラシック★★★★★
アメリカン★★★★★
僕が今まで集めた情報と主観で判断したものです。


SNELL規格を取得していたり、最初から日本人に最適化されているアライやショウエイのヘルメットと比較すると、シンプソンヘルメットの安全性や静音性(風切り音)、ベンチレーションの機能は少々劣ります。




シンプソンの最大の魅力はその独特のシェルデザインです。


シンプソンのヘルメットは「モデル名がわからなくてもシンプソンであることはわかる」というとても独特なシェルデザインをしています。つまり、モデルのシリーズごとに個性を持たせているのではなく、シンプソンというメーカーそのものが独自の強い個性を持っているということです。


そのデザインは多くのライダーを惹きつけています。


シンプソンは機能面を気にして被るものではなく、感性で被る珍しいヘルメットです。



okomoto

安全性、快適性はとても大事ですが、気に入ってしまったら仕方がないです!

シンプソンヘルメットの安全性

シンプソンヘルメットの安全性

シンプソンはSNELL規格などヘルメットの安全規格を積極的に取得していません。

それば「感性で被るヘルメット」であることにも関係していると思います。実際にSNELL規格を取得することはできますが、それに伴う重量の増加やデザインの変更、販売価格の増加を考えて、敢えて積極的に規格取得に動いていないという印象です。

ですので「規格にクリアしていないから安全ではない」という判断ではなく「メーカーの個性を優先しているから積極的に規格を取得していない」という解釈をしなければいけません。

SNELL M2010にも対応可能ですが、そこにはお客様にとってのメリットは無いと判断致します。 SNELL対応によりテスト費用、SNELLステッカー代金、EPS変更等を加算すると定価で数千円上昇し、50g以上の重量増加になります。 衝撃の安全性はほぼ変わりません。(社内テスト比)実際には、冷却テストで若干劣る程度です。マイナス何十度という極寒でオートバイに乗る人は稀だと思います。

引用元:https://blog.ap.teacup.com/norix/533.html
バイク太郎

良し悪しではないけれど色んな考え方があるよ。シンプソンは規格を取得して販売数を伸ばすよりも伝統を取った感じがするよね。

シンプソンヘルメットのサイズ感

シンプソンヘルメットのサイズ感


NORIXのシンプソンヘルメットであれば日本人向けに作られているので頭のサイズを測って、そのサイズに合うヘルメットを選べば問題ありません。

眉の上、おでこの一番高い位置から後頭部の一番高い位置を通るようにスケールを回して頭の外周を測って下さい。もしスケールがなければ紐を回して紐の長さを測っても大丈夫です。

okomoto

試着できるヘルメットを選ぶときは大きいサイズから被って、頭を振ったときにヘルメットがズレないサイズです。


少し問題があるのが「本国仕様のシンプソン」を購入する場合です。日本仕様として販売されているヘルメットはシンプソンヘルメットの極一部のモデルです。


日本未発売のヘルメットが欲しくなったときはアメリカから並行輸入品を購入するしかありません。

NORIXシンプソンとはサイズ感が変わってくるので注意が必要です。



結論としては「国内メーカーのサイズよりもサイズは1サイズ上」を選んだ方がいいです。

NORIXではない、並行輸入品のシンプソンヘルメットは欧米人用に作られています。

欧米人とアジア人の頭部の違い
  • 欧米人は縦に長い
  • アジア人は横に広い


という違いがあるので、公式が案内するサイズに従って購入しても側頭部やこめかみがきつく感じることが多いので1サイズ上を選択した方が良い場合が多いです。


頭が小さく見えるシンプソンヘルメットのサイズ?

頭が小さく見えるシンプソンヘルメットのサイズ?

シンプソンのサイズ展開は57cm~62cmの間で1cm刻みです。

実はシェルは2種類しか使っていないので外見上のサイズは2通りしかありません。2種類のシェルは「スモールシェル」「ラージシェル」と言われそれぞれ、57~59cmはスモールシェル、60~62㎝はラージシェルが使われています。


インナーサイズ57cm58cm59cm60cm61cm62cm
シェルサイズスモールスモールスモールラージラージラージ


ということは59cmか62cmが相対的に最も頭が小さく見えるヘルメットです。



okomoto

頭でかい系ライダーには朗報です!

頭が小さく見えるおすすめのシンプソンヘルメットM30


先述の通り、シンプソンヘルメットはどれも「シンプソンの個性」が宿っているので素敵なのですが、特に人気のものやおすすめのものを簡単に紹介します。


M30は最も頭が小さく見えるシンプソンヘルメットです。小顔に見せたくて59cmか62cmを選択できる方であればベストバイかと思います。


定番で最も人気のあるおすすめのシンプソンヘルメット スーパーバンディット


シンプソンヘルメットの中で特に人気が高いのがスーパーバンディットです。最初のシンプソンヘルメットとしてかなりおすすめです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

シンプソンヘルメットに関して網羅的に解説してみました。

アメリカのヘルメットメーカーなのでアメリカンバイクにも良く似合い、重厚感を足してくれるアイテムにもなります。

ハーフヘルメットでは不安を感じているアメリカン乗りの方にもおすすめのシンプソンヘルメットの記事でした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました