> 公道走行不可、競技用、装飾用ヘルメットは合法&任意保険に影響なし? | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

公道走行不可、競技用、装飾用ヘルメットは合法&任意保険に影響なし?

公道走行不可、競技用、装飾用ヘルメットは合法&任意保険に影響なし? バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • 公道走行不可の海外ヘルメットをかぶりたい・・・
  • なぜ競技に耐えられるヘルメットで公道を走ってはいけないの??
  • 欲しいフルフェイスヘルメットが装飾用だったので半ヘルをかぶることにする


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • 道路交通法上の違反にならないヘルメットの基準
  • 公道走行不可、競技専用、装飾用のヘルメットが存在する理由は販売側の問題
  • 任意保険の支払いにヘルメットのマークや規格は関係ない


ということについて解説します。

注意

この記事は公道走行不可のヘルメットの着用を推奨することを目的としたものではありません。別の目的で個人の見解を書いている記事です。公道使用不可のヘルメットの使用は自己責任でお願いします。この記事の内容によってあなたに何かしらの不都合が起きても当ブログでは一切の責任を負いません。

okomoto

以上、魔よけでした!

道路交通法上の違反にならないヘルメットの基準

道路交通法上の違反にならないヘルメットの基準
ライター

SGマークがついていないと公道使用してはいけない!道路交通法違反です!

ライター

大型バイクで半ヘルはかぶってはいけない!半ヘルは125ccまで!道路交通法違反です!

ライター

DOT、ECE規格に通っていても日本では道路交通法違反です!


という情報を目にしたことはないでしょうか。実はこれらの情報はすべて間違いです。

使用しているヘルメットが違反になるかどうかは道路交通法によって定められています。その道路交通法をみてみると

道路交通法のヘルメットの規定

引用元:道路交通法


となっています。この7つの項目を満たしていれば道路交通法上は違反にならないということです。

バイク太郎

見ての通り排気量の制限も、ヘルメット規格の規定もないよ。

バイク次郎

極端な話、工事用のヘルメットでも違反にならないよ。

バイク三郎

大きく空気の通り穴が空いている自転車用のヘルメットは「耐貫通性を有していない」から違反になるけどね。

okoko

そんなわけないじゃん!きちんとバイク用のヘルメットをかぶらなきゃならないに決まってるわ!

「交通の方法に関する教則 第8章1節 二輪車の運転者の心得」に強制力はない

「交通の方法に関する教則 第8章1節 二輪車の運転者の心得」に強制力はない


ちなみに、交通の方法に関する教則 第8章1節 二輪車の運転者の心得では

乗車用ヘルメットをかぶらないで大型自動二輪車や普通自動二輪車や原動機付自転車を運転してはいけません。また、乗車用ヘルメットをかぶらない者を乗せて大型自動二輪車や普通自動二輪車を運転してはいけません。乗車用ヘルメットは、PS(C)マークかJISマークの付いたものを使い、あごひもを確実に締めるなど正しく着用しましよう。工事用安全帽は乗車用ヘルメットではありません。

引用元:交通の方法に関する教則


という記載がありますが、ヘルメットをかぶらないで二輪車を運転することに関しては「運転してはいけません」ですが、PS(C)マークかJISマークに関しては「着用しなければならない」ではなく「着用しましょう」と、努力義務的な書き方になっています。つまり義務ではないということです。


法律上は可ですが、バイクの免許を取得できる年齢に達していれば常識的に「工事用のヘルメットでバイクを運転するのは危険だな」ということがわかるので工事用のヘルメットでバイクを運転する方はいません。

okomoto

「良いか悪いか」は別として書いています。叩かないでね。

ガラガラokoko

確かに工事用のヘルメットをかぶっても法的に違反にはならないのね・・・あたしは今、自分の中の常識が崩れていく音を聞いているわ・・・

okoko

違反にならないのに、なんで公道使用不可のヘルメットが存在するの??

公道走行不可、競技専用、装飾用のヘルメットが存在する理由は販売側の問題

公道走行不可、競技専用、装飾用のヘルメットが存在する理由は販売側の問題


ではなぜ公道走行不可、競技専用、(明らかに二輪用の形状をしているのに)装飾用として販売されているヘルメットがあるのか解説していきます。

簡単に言うと「PSCマークを取得していないから」です。

PSCマークとは

PSCマークとは



消費生活用製品安全法で定められた安全性基準をクリアした製品に与えられるマーク。国が定めて要るという点でJIS規格に近いです。


安全性の規格基準はJIS規格と同程度なのでJISマークとセットで表示されていることが多いです。

例え海外製のヘルメットであっても日本国内ではPSCマークがなければヘルメットとしての販売、販売目的の陳列をしてはいけないというのが最大の特徴です。

「乗車用ヘルメットを乗車用ヘルメットとして販売しても良い」というマークです。


「観賞用」として販売されているヘルメット(のようなもの)はPSCマークの規格をクリアしていない、或いは取得していないため、国内では「公道用のヘルメット」として販売できないので「観賞用ヘルメット」として販売しています。

PSCマークは販売者側の販売を規制するもので、公道使用を規制するものではありません。

policeman

PSCマークを取得していないヘルメットを「バイク用ヘルメット」として販売したらガチ違法。でも購入者がそれを公道で使うかどうかは別問題。

ちなみにJIS規格とは

ちなみにJIS規格とは

流通や消費活動を国民が円滑、単純に行えるように国が定めた製品の寸法や品質、安全性等の規定値に基づいた製品。「Japanese Industrial Standard 」の略です。

ヘルメットだけの規格ではなく、日用品にもつけられる規格で、例えば「トイレットペーパーはこの大きさに統一すればホルダーをいちいち買い換えなくて良いよねー同じ規格でよかった」というような互換性や生産効率などもカバーする規格です。


ヘルメットで言えば「国が定めた品質・性能・安全性を確認する統一された試験をクリアしているよ。安心して使えるね」ということになります。


製品安全協会が認定するSGマークより国家が認定しているのでより安全な感じです。

海外の規格で言うとDOT規格、ECE規格と同程度と考えられる日本の規格です。

バイク三郎

ちなみに「125cc以下用のヘルメット」はJIS規格とSG規格を根拠にしているよ。あくまでも規格の縛りであって「125cc以下用のヘルメット」でボスホスを運転しても道路交通法上は何の問題もないよ。

バイク太郎

規格の縛りは努力義務的だからね。

PSCマークやJISマークを取得しない理由


海外のヘルメットメーカーはそもそも日本での販売を目的としていないモデルに関してはPSCマークやJISマークを取得しません。

取得コストがかかりますし、日本の規格取得に合わせた商品開発をすると、本来のデザインや機能をあきらめなければならなくなることもあるでしょう。


また競技用のヘルメットでPSCマークやJISマークの取得を目指すと安全性を満たすために重量が増加して競技では使い物にならない・・・といったジレンマに陥ることもあると思います。

こんな理由でPSCマークやJISマークを取得しないヘルメットがあるので「公道使用不可」というヘルメットが存在するのです。

バイク三郎

日本の認可を受けないと日本ではバイク用のヘルメットとして販売できないということ。


国や規格によってヘルメットの安全基準はことなるので、すべての国、基準に適合するヘルメットを作るのはメリットが少ないのでしょう。

とはいえ、ほとんどの場合アメリカのヘルメットメーカーはDOT規格、ヨーロッパのヘルメットメーカーはECE規格(どちらもそれぞれの地域のJIS規格のようなもの)は取得しているので十分な安全性は持っていると考えてよいです。

昔乗ってたおじいちゃん

ネット通販で売っている「並行輸入品」はPSCマークを取得していないものがほとんどじゃよ。

ここまでのまとめ
  • PSCマーク、JISマークがなくても道路交通法の7つの基準を満たしていれば違反にはならない
  • 「公道使用不可」はPSCマーク未取得のヘルメットを販売するための言葉
  • 「PSCマーク、JISマークがついていない=安全ではない」ということではない

任意保険の支払いにヘルメットのマークや規格は関係なさそう

任意保険の支払いにヘルメットのマークや規格は関係なさそう


・・・と、ここまでの内容に関してはすでに知っている方も多いと思います。
情報化社会ここに極まれりの影響で

ライター

SGマークがついていないと公道使用してはいけない!違反です!

ライター

大型バイクで半ヘルはかぶってはいけない!半ヘルは125ccまで!違反です!

ライター

DOT、ECE規格に通っていても日本では違反です!


ということを発信する方はかなり減ってきている印象を受けますが

ライター

公道走行不可のヘルメットだと事故を起こしたときに任意保険料が支払われない可能性がある!

ライター

規格を調べられたら支払われる任意保険料が安くなる可能性がある!

ライター

搭乗者保険が支払われない!


という情報を発信している方はたくさんいらっしゃいます。僕自身副業ブログを始める前は

okomoto

へーそうなんだー。でも道路交通法と関係ないものを根拠に保険料の支払いが減ってりするのっておかしくない?そんなの約款に書いてないと思うけど。まぁ関係ないからいいけど・・・。


程度の認識でした。ブログを始めてからわからないことは徹底的に調べる癖がついたのでちょっと調べてみました。調べ方はいたって簡単。主要保険会社さんへの問い合わせです。

問い合わせokomoto

バイク事故が起きた場合、ヘルメットの安全規格やマーク(SG、JIS、PSC、DOTなど)によって支払額などが変わったりすることはありますか。道路交通法で定めれた基準を満たしたヘルメットを着用していれば問題ないでしょうか。


という問いに対して、

チューリッヒ

着用していたヘルメットの種類や規格によって、お支払する保険金に違いがでることは約款の規定ではございません。

損保ジャパン

ヘルメットの安全規格やマークによって支払額などが変わったりすることはありません。道路交通法で定められた基準を満たしたヘルメットであれば問題ありません。

あいおいニッセイ同和損保

道路交通法に基づき正しいヘルメットの着用、運転を実施頂だければと思います。着用していたヘルメットの規格は確認していないと損害部門を担当しているチームより確認しております。

共栄火災

道路交通法施行規則第九条の五(この記事で解説した7項目)で定めらている乗車用ヘルメットの基準を満たしていれば変わりません。


との回答を頂きました。

すべての保険会社さんに問い合わせをしたわけではないので「100%問題ない」とは言い切りませんが少なくともメジャーところではこんな感じでした。心配な方はご自分が加入している保険屋さんに問い合わせてください。

okomoto

保険の見直しで昇給2年分の経済的効果を得たい方は下の記事を読んでみてください。

okoko

ライターさんとかはちゃんと問い合わせとかしないで書いているのかね・・・

policeman

オコモトくんはたまに警視庁に電話してくるよ。下の記事の内容とかね。

SGマークの損害賠償は別の話

SGマークの損害賠償は別の話
世間のライダー

SGマークの損害賠償で1億円もらえないじゃないか


という方のために補足をしておきます。

SGマークがついている製品の欠陥に起因する怪我や人身事故に対して、損害賠償として最大1億円支払われるという制度があります。

損害賠償を受けられないと考えられる例

濡れたマンホールで転倒して頭を強打した。重度の障害が残った。そのとき被っていたヘルメットには欠陥があった(あご紐が切れるなど明らかな欠陥)。ヘルメットに欠陥がなければ障害が残る可能性は低かった。


という場合は恐らく損害賠償は受けられないと思います。何故ならば事故の原因は濡れたマンホールであってヘルメットではないからです。

損害賠償を受けられると考えられる例

ヘルメットのあご紐が突然切れて、不運にもヘルメットがフロントタイヤの前に落下し転倒した。


という場合には損害賠償は受けられると思います。事故原因がヘルメットだからです。

しかし「最大1億円」なので、実際に受け取れるのはもしかしたら1万円かもしれません。しかもこれを自ら立証しなければなりません。

okomoto

僕は弁護士ではないので鵜呑みにしないでくださいね。あくまでも文面通り受け取って常識的に判断した場合です。1万円は極端な例えです。


なにが言いたいのかと言うとSGマークで保証されてる損害賠償を受けられるケースはかなりのレアケースだと思いますということです。


そもそも保険とは違って「万一のときは保証するから安心してね」ではなく、「この製品は万一が起きないから大丈夫!SGマークマークのお墨付き!だから安心して買ってね!」という制度なのでそもそも万一が起きる可能性が非常に低いと思います。

okomoto

ネットで調べても1億円もらった人は見つかりませんでしたし、僕の周りにもSGマークで家が建ったという人はいません。

この記事はヘルメットの安全規格を否定するものではありません

この記事はヘルメットの安全規格を否定するものではありません


この記事は「公道での公道使用不可ヘルメット使用」「125ccを超えるバイクでの半ヘルメットの使用」を推奨する内容では決してありません。

それらの良し悪しを書いているのではなく、「違反になるかならないか」「任意保険の支払いに影響があるかないか」ということを書いています。

ヘルメットの安全規格は客観的にヘルメットの安全性を確認する大切な手段ですし、僕自身スネル規格のヘルメットを愛用してツーリングに行っています。

okomoto

わが身かわいいのでスネル規格のものを選んでいます。


とはいえ最近はSHARP(イギリス運輸省のヘルメット相対評価情報)の登場によって「高価なヘルメット=安全」「安全規格に合格している=安全」ということがが崩れているように思います。

例えば安価な海外の並行輸入品(PSCマークなし)の安全性をSHARPで調べてから購入し、公道で使用する・・・ということもできるかなと思い、この記事を執筆しました。

日本語読めないライダー

詭弁だ!こいつは危ないヘルメットを推奨している!!

バイク三郎

(マジでこういうやついるから怖いんだよな・・・)

公道走行不可のトライアルヘルメットもかぶり放題!

  • 軽量ファイバーグラス複合シェル
  • 内装脱着可
  • 5スナップバイザー
  • ECE規格認証

公道走行不可のオニールもかぶり放題!

  • ABS製シェル
  • ベンチレーション
  • ヘルメットバイザーは高さ調節可能
  • 内装着用可

公道走行不可のairohヘルメットもかぶり放題!

  • 熱可塑性シェル
  • 取り外し可能で洗えるインナー
  • ダストフィルター

公道走行可のプレデターヘルメットもかぶり放題!

  • 認定:公道での使用を認定PSC / SGの品質と安全性。
バイク太郎

もとからPSCとってるみたい

こっちのプレデターヘルメットは大丈夫なのか?見えるのか?公道走れるのか?

  • 安全認証DOT ECE
バイク次郎

前みえんのか?これ。7つの項目に当てはまらないのか?

公道走行不可のスカルヘルメットはなんだか微妙!

  • 帽体材質:FRP
  • 海外ではバイク用ヘルメットとして販売されていますが、日本の法律が定める乗車用ヘルメット(SG規格/PSC認定)ではありません。
バイク三郎

お巡りさん次第では声かけられそう・・・こんなメットの人と走りたくないよ

悪趣味ライダー

おれはこのメットを求めていた。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • PSCマーク、JISマークがなくても道路交通法の7つの基準を満たしていれば違反にはならない
  • ヘルメットの規格によって任意保険料の支払いが減額される可能性は低かった


という内容の記事でした。

学生さんとか

フルフェイスは高いから半ヘルにしようと思っていたけど安い海外並行輸入品のフルフェイスを買うわ!

バイクライフをもっと楽しみたい人とか

海外のハデハデヘルメットを試してみたかったけど公道使用不可でブレーキがかかっていた。あのヘルメットを試してみよう!

冷静になったライダーとか

スカルヘルメットがかぶれるとなったらとたんに悪趣味に見えてきた!やめておこう!


と前向きになれた方がいたのであればうれしく思います。

昔乗ってたおじいちゃん

海外のヘルメットは日本人向けの形をしていないからフィッティングしてから買うのがおすすめじゃ!詳しくは下の記事を読むのじゃ!あと人の趣味はそれぞれじゃよ。

突然サイコパスokomoto

半ヘルで大型バイクに乗ろうとするような頭にクソが詰まっている方も安心して淘汰されればいいと思うよ。

バイク次郎

おいやめろ。このブログではそういうことを言わない約束だぞ

爽やかokomoto

大型バイクに半ヘルも違法ではないので安心してバイクに乗りましょう!うむうむ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました