> バイクヘルメットのあご紐の種類や特徴、違反などについて | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクヘルメットのあご紐の種類や特徴、違反などについて

バイクヘルメットのあご紐の種類や特徴、違反などについて バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • バイクヘルメットのあご紐を止める機構は数種類あるけどどれがいいんだろう・・・
  • ワンタッチ式の方が楽でいい感じ!
  • 事故をしたときにヘルメットが脱げてしまった・・・今たまたま生きている


という方ではないでしょうか。

この記事を読むとは、あなたの安全意識はかなり高いと思います。少なくとも免許取り立てのころの僕よりはずっとずっと高いです。

この記事では

この記事でわかること
  • バイクヘルメットのあご紐の重要性
  • バイクヘルメットのあご紐の種類
  • どのあご紐がもっとも良いのか
  • あご紐をしていないことは違反にならない


という事について解説していきます。先に結論をお伝えすると「Dリング」のものが最も安全です。

バイクヘルメットのあご紐の重要性

バイクヘルメットのあご紐の重要性


ヘルメットを被る最大の目的はライダーの頭部を守る、命を守るということです。

事故を起こしたときにヘルメットが脱げてしまってはその目的を果たすことができず、「最初からヘルメットを被っていないのと同じ」という状態になってしまいます。

事故の衝撃でヘルメットが脱げてしまうか、脱げないままライダーの命を守ってくれるかのほとんどすべては「ヘルメットのあご紐」にかかっています。

あご紐の重要性について、警視庁のデータを引用しながら解説します。

二輪事故の致命傷部位は頭部が第1位

二輪事故致命傷部位の一位は頭部

引用元:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/nirinsha/2rin_jiko.html


東京都内におけるバイク事故で24時間以内に亡くなった方の致命傷の約半数は頭部によるダメージです。

okoko

胸の割合もかなり高いのね

okomoto

頭と胸をしっかり守れば命が残る可能性はかなり高くなりそうです。

死亡事故時にヘルメットが脱げてしまった割合は40%

二輪車乗車中死者のヘルメット脱落状況

引用元:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/nirinsha/heru_pro.html


その内の40%が事故発生時にヘルメットが脱げていました。

okomoto

ヘルメットが脱げなければ38.2%の方は生き残る可能性があったと考えることができます。

あご紐をしっかりすることは命を守ること

あご紐をしっかりすることは命を守ること


僕も経験があるのでわかりますが、事故発生時は神様に信じられないくらい「無慈悲」に扱われます。

ただ単に物理法則によって体がダメージを受けていきます。

「奇跡的に助かる」というのは神様の意思でもなんでもなくて、ただたまたま物理法則上そうなっただけです。

ですので「奇跡的に助かる」ということは一切期待しない方がいいです。「能動的に、自分の意思で助かろうとする」ということが必要です。

それはどういうことかというと、結構簡単で

能動的に、自分の意思で助かろうとする行動


くらいなものです。バイクの技量うんぬんに関わらず誰でもできることです。


写真のライダーはフルフェイス、あご紐、レース用のグローブ、プロテクター入りのジャケット、レザーパンツ、レーシングブーツのお陰で体は無傷。これが「能動的に、自分の意思で助かろうとする」ということ、バイク装備が大切な理由です。

昔乗ってたおじいちゃん

okomotoの事故のときはたまたま死ななかっただけ。その後からちゃんとした装備でバイクに乗るようになったのじゃ。

okomoto

このブログを読んでくれている方はそんな経験しなくても最初からちゃんとした装備で乗って欲しいです。今考えると当時の僕は想像力のない大馬鹿でした。

バイクヘルメットのあご紐の種類

バイクヘルメットのあご紐の種類


ではわれわれの命を守ってくれるかもしれないあご紐はどんな種類があるのかというと

あご紐の種類
  • Dリング
  • バックル
  • ラチェット


という3種類があります。

昔乗ってたおじいちゃん

あご紐の種類っちゅーか「あご紐を止めるための機構」じゃの。


それぞれ解説します。

Dリング

ヘルメットのDリング

引用元:https://www.shoei.com/support/howtouse/chinstrap.html


最も単純な機構で多くのバイク用ヘルメットメーカーのハイエンドモデルに採用されている機構です。

バイクヘルメットのあご紐が切れることはまずないので、機構が単純なDリング方式で止められているヘルメットは正しく装着(緩くなく)していれば脱げることはまずありえません。

他の方法に比べれば装着は煩雑ですが、慣れてしまえば3秒で装着することができます。

毎回「締める」という動作が入るので、バックル式と比べて「ロックしたつもりがロックされていなかった」ということは起こりません。

バイク太郎

シンプルに「締め忘れ」はあるけれど、それはどの機構も同じだからね・・・


作りが単純な物の方が良い結果をもたらすことについては下の記事も読んでみてください。

バックル


バックル式はワンタッチで締めることができるのでとても手軽な方法です。

Dリングよりも機構が複雑でプラスチックも使われているので事故の時にパーツが劣化していた場合破損する可能性があります。

また、「カチっとしたつもりがカチっとされていなかった」というミスが起きる可能性があります。

紐を短くするとカチっとしたときに首の肉を挟んでしまうので、締め付けは緩くしてしまいがちです。

ラチェット


ワンタッチとはいきませんがDリングに比べればとても簡単に装着することができます。

毎回「締める」という作業(キリキリと入れ込む作業)が必要になるのでバックル式と比べて「キリキリしたつもりがキリキリされていなかった」ということは起こりませんし、緩くつけがちになるということもありません。

Dリングよりも機構が複雑でプラスチックも使われているので事故の時にパーツが劣化していた場合破損する可能性があります。

どのあご紐がもっとも良いのか

どのあご紐がもっとも良いのか


ヘルメットの最大の目的が「安全性」である以上、あご紐の最大の目的も「安全性」にするべきです。

そう考えると各メーカーのハイエンドモデルに採用されていて、且つ事故時のパーツ破損の可能性が少ないDリング式のあご紐がもっとも良いと考えることができます。

okomoto

初心者のころは手軽なバックル式のものを被っていましたが、事故の時に脱げてしまったのでそれからはDリングのものを選ぶようになりました。

あご紐をしていないことは違反にならないっぽい

あご紐をしていないことは違反にならないっぽい


ここまであご紐について記事を読んでくれたあなたはきっと明日からあご紐をしていないライダーのことが気になってしまうと思います。

あご紐をしていないライダーを見ても

okomoto

あいつ危ないじゃないかー!!死んでしまうぞー!


と腹を立てる必要はありません。

あご紐をせずに事故の時に死亡してしまっても、それはその人の想像力が足りなかっただけなのでその人の都合です。

ただ、あご紐を締めていないヘルメットは走行中に脱げる可能性があるので、そういったバイク乗りを見かけたらさっさと抜くか、一旦休憩を入れるなどしてやり過ごした方が賢明です。

くれぐれも後ろを走ることのないようにしましょう。

ちなみに、公道におけるヘルメット使用の基準は

道路交通法で定められている公道使用できるヘルメットの基準
  • 左右、上下の視野が十分とれること。
  • 風圧によりひさしが垂れて視野を妨げることのない構造であること。
  • 著しく聴力を損ねない構造であること。
  • 衝撃吸収性があり、かつ、帽体が耐貫通性を有すること。
  • 衝撃により容易に脱げないように固定できるあごひもを有すること。
  • 重量が2kg以下であること。
  • 人体を傷つけるおそれがある構造でないこと


ということしか定められていないので、あご紐を締めなくても違反にはならないようです。「あご紐をすること」ではなく、あくまでも「固定できるあごひもを有すること」なので。

周りの迷惑になることなのでこの辺りは改正して欲しいですね。

okomoto

もしくはノーヘルOKの改正でも歓迎です。そうすればあご紐を締めないライダーはいなくなりますもんね。

okoko

そんなのダメよ!危ないじゃない!

突然サイコパスokomoto

あご紐も締められない頭にクソが詰まっている方は淘汰されればいいと思うよ。

バイク次郎

こっちのブログでは本音を言わない約束だぞ。コラ。

爽やかokomoto

あご紐を締めないと違反になるように改正するといいですね!うむうむ!


ちなみに警視庁の調査によると頭にクソが詰まっている人は全体の6.7%(令和元年)もいるそうです。

あご紐を締められない人

引用元:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/nirinsha/heru_pro.html
現代のええじゃないか運動

だめだこりゃー!あそーれあそーれヨイヨイヨイヨイ♪

まとめ


いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • ヘルメットが脱げないようにあご紐をきちんとしよう
  • Dリングが最も安全
  • ヨイヨイヨイヨイ♪


という記事でした。


もしもあなたがこどもの頃の僕のように「ワンタッチのヘルメットにしよう」とか、「アライのメットはDリングばっかりじゃん!OGKのバックルのメットにしよー」と考えているのであればアライを購入するきっかけになってくれたのであれば嬉しく思います。


あくまでも「可能性を考えるとDリングがいいと思いますよ」という記事です。「バックル、ラチェットは全否定」という記事ではありません。長く続くであろうバイクライフで起こる災難の可能性をどこまで想像するかは人それぞれだと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました