他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【比較しやすい表付】OGKカブトおすすめヘルメット8選【カムイ3/シューマ】

OGKカブトヘルメットフルフェイスおすすめ6選比較 バイク用品
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • OGKカブトのヘルメットが欲しい
  • どんなモデルがあって自分にはどれがおすすめなのか知りたい


という方ではないでしょうか。

ヘルメットの解説記事はだいたい・・・

ライター
ライター

前のモデルと比較してー

オコモト
オコモト

(前のモデル使ってないんだよなぁ・・・)

ライター
ライター

シェルは高濃度ギャラクシーポリマースペシャルを使ってーファイナルアポカリプスシールド開閉システムを採用しー

オコモト
オコモト

(そんな難しいこと気にしてないんだよなぁ・・・)


ということが多いですよね。これらの情報は我々パンピーライダーにはそれほど重要ではありません。せいぜい

オコモト
オコモト

重くないかな?
規格は?
ベンチレーションは大丈夫かな?
いくらくらいするのかな?
バイザー内蔵してるのかな?
他のモデルとはなにが違うのかな?


程度の情報で十分ですよね。ということでこの記事では、

この記事でわかること
  • OGKカブトのヘルメット特徴
  • 【比較しやすい表付】OGKカブトのフルフェイス・ジェットヘルメットなどヘルメット紹介
  • OGKカブトのヘルメットサイズの選び方
  • 頭が小さく見えるOGKカブトのヘルメットサイズ

ということについて解説していきます。

本記事記載のヘルメットの重さはLサイズの場合の重量です。重いか・軽いかの比較にお使い下さい。

OGKカブトのヘルメットの特徴

価格★★
安全性★★★
日本
快適性★★★★
帽体の大きさ★★★★★
シェルデザイン★★
デザイン★★★
似合うバイク
ライダー
初心者
若者

アライショウエイに続く国内三位のメーカーで、比較的安く品質の良いヘルメットを製造しています。

特にヘルメットの重量は驚くほど軽く、発売当時はかなり話題になりました。

徐々にシェアを広げていたOGKカブトですが、2019年に製造工程管理のミスからJIS規格取り消し処分になっています。
製品に問題はないとのことですが、この取消をどう受け止めるかはユーザー次第ではあります。

オコモト
オコモト

正直に言ってJIS規格が取り消しになったことはユーザーへの裏切りだと思っていますが、それを許容できるのであればアライ、ショウエイほどの費用はかけられないが、そこそこのヘルメットが欲しいという方には最もおすすめできるヘルメットメーカーです。

OGKカブトのフルフェイスヘルメット

フルフェイスヘルメット

頭全体を包み込むのがフルフェイスヘルメット。覆う範囲がもっとも広いので安全性に優れ、走行風をうまく流すことができるので高速走行時の安定性や疲れにくさ、静寂性に優れています。

ヘルメット内部の空気や湿気を積極的に排出するベンチレーション機能が高いモデルが多いのも特徴。
一方で他のヘルメットよりも視野が狭い、脱着しにくい、夏は熱がこもりやすいなどのデメリットもあります。

スーパースポーツスポーツタイプネイキッドモタードなど幅広いバイクに似合うので、趣味としてバイクに乗るライダーの間では断トツに使用率が高いバイクヘルメットです。

OGKカブト:F-17

重量1700g
ベンチレーション数8箇所
安全規格・JIS・MFJ・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人OGKハイエンド
  • SHOEIのヘルメットを思わせる大胆なエアロフォルム
  • 帽体付近の気流をコントロールする特許システムウェイクスタビライザーで高速走行性向上
  • メガネ対応
  • 左右にインカム設置スペース
  • 下からの風の巻き込みを防ぐウィンドシャッター付属
  • エマージェンシーシステム(緊急脱帽システム)

RT33と比べ物にならない風の通り

引用元:Amazon

汗をかいてもすぐ吸い快適

引用元:Amazon

RT33に比べ少し重く感じるが内装でしっかり頭が包まれ首振りには問題なし

引用元:Amazon

OGKカブト:RT-33

重量1520g
ベンチレーション数4箇所
安全規格・JIS・ECE・MFJ(一部)・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人高速道路での走行が多い方
>>>スポーツタイプに乗っている方
  • 帽体付近の気流をコントロールする特許システムウェイクスタビライザーで高速走行性向上
  • メガネ対応
  • 下からの風の巻き込みを防ぐウィンドシャッター付属

軽量なスポーツモデルで開発の方向はフラッグシップモデルのF17と同じに感じます。
カーボンモデルもありますが、何故か実測だと通常のモデルと重量がかわらないとの情報もあります。購入の際はしっかり確認してからにした方がいいかもしれません。

高性能のヘルメットを、他の高級メーカーで購入するよりもずっと安く買えるのでほんとにおすすめ

引用元:Amazon

安物は安全性と快適性が悪い、高級品はいくらなんでも高すぎる。それならRT-33がいい。MFJ公認もとってもヨシ!

引用元:Amazon

きついです。少し大きめのサイズをおすすめします

引用元:Amazon

OGKカブト:AEROBLADE-5

重量1450g
ベンチレーション数4箇所
安全規格・JIS・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着
あご紐機構ラチェット式
特徴や向いている人軽いヘルメットが良い方
スポーツタイプに乗っている方

人気ヘルメットですが、Amazonのレビューを見ると結構酷評されていたりします。売れている証拠かと思います。OGK本社は日本にありますが、中国で生産しているので個体差が国産よりも大きいのかもしれません。

かぶり心地も良いけど、何よりも軽い!

引用元:Amazon

速度出すとうるさいほど風切り音がします

引用元:Amazon

欠点があるとすれば、ひとつだけシールドレバーがシールドセンターにあってボタンを押さないとシールドを開けられないこと

引用元:Amazon

OGKカブト:SHUMA シューマ

重量1589g
ベンチレーション数6箇所
安全規格・JIS・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着
あご紐機構ラチェット式
特徴や向いている人>>>夏ツーリングを楽しむ方
  • UV&IR(赤外線)カットシールド
  • メガネ対応
  • 帽体付近の気流をコントロールする特許システムウェイクスタビライザーで高速走行性向上
  • 下からの風の巻き込みを防ぐウィンドシャッター付属

ベンチレーションを多く配置し、内装にクールマックス素材、UVカットのシールドを採用するなど、夏ツーリングに快適なヘルメットのような気がしなくもありません。

前頭部に風が感じられて良かったです。空気の流量が多くて涼しいです。

引用元:Amazon

確かに軽いです。通気性は多少ありますが頭で感じるまでは今のところないです。

引用元:Amazon

風を感じたり、涼しさを求める人には合わないが、蒸れを少しでも軽減したい人には良いのかな?と思います。

引用元:Amazon

OGKカブトにストリートジェットヘルメットはない

ジェットヘルメット

顎部分がないものをジェットヘルメット、オープンフェイスヘルメットと言います。以前はジェットヘルメットといえばこちらのタイプのヘルメットを指していましたが、ベンチレーション機能を有したジェットヘルメットが登場し、それまでのジェットヘルメット分ける必要が出てきたのでストリートジェットヘルメットなどと呼ばれるようになりました。

構成パーツが少ないので小さく軽く、アゴ部分がないので視界が広いのが特徴です。顔がかゆくなったときにすぐかけるたり、ヘルメットをかぶったまま飲み物を飲めたりするのもメリットと紹介されることがあります。
ヘルメットの着脱も眼鏡の着用も楽です。

オコモト
オコモト

ヘルメットをかぶって痒くなるのは頭、休憩するときはヘルメットを脱いだほうがいいとは思うんですが・・・

多くのストリートジェットヘルメットにはベンチレーションがなく、ヘルメットシールドを後付でつけなければならず、シールドを付けても下から風を巻き込むので高速道路を使用するようなロングツーリングにはあまり向いていません。転倒時にアゴを守れないので安全性も高くありませんが、サッとかぶってサッと乗る、名前の通り「街乗り」やトコトコツーリングに向いているヘルメットです。

日常の足として使うスクーターや原付バイクに加え、スピードを求めないクラシックバイクアメリカンバイクによく似合うヘルメットです。

以前はROCKシリーズ、FOLK、KL-miniシリーズなど、 ストリートジェットヘルメットを製造していたOGKカブトですが、現在はラインナップにありません。

生産実績があることや、ストリートジェットヘルメットを生産しないメリットが見当たらないので、今後OGKカブトからストリートジェットヘルメットが再販される可能性は高いと思います。

OGKカブトのスポーツジェットヘルメット

スポーツジェットヘルメット

ベンチレーション機能とシールドがついているジェットヘルメットをスポーツジェットヘルメットと言ったりします。
比較的新しいタイプのヘルメットで、ストリートジェットヘルメットよりも高速走行性に優れているのでロングツーリングにも向いています。

高速域を得意とするスーパースポーツメガスポーツや、低速域を得意とするモタードオフロードバイクには似合いませんが、中速域やロングツーリングを楽しむスポーツタイプネイキッドアドベンチャースクーターなどのバイクに似合います。

OGKカブト:EXCEED

重量1550g
ベンチレーション数4箇所
安全規格JIS
内装脱着
あご紐機構ラチェットバックル式
スモークシールド
オプション
ミラーシールド
オプション
特徴や向いている人スポーツタイプ
ツアラー
ネイキッド
涼しくジェットを被りたいライダー
化粧落ちが気になる女性
フルフェイスは被りたくないが機能的なヘルメットが欲しい方
ロングツーリング
  • インナーサンシェード付
  • UV&IR(赤外線)カットシールド
  • メガネ対応
  • 帽体付近の気流をコントロールする特許システムウェイクスタビライザーで高速走行性向上
  • インカム専用取り付けスペース

夏のヘルメットに最適。軽くてしっかりしてます。快適な使用感で、日常使いしています。

引用元:Amazon

コスパ最高!値段もデザインも良し!これがあれば他の2大メーカーの製品じゃなくていい気がする。

引用元:Amazon

通気性はそれほどでもないかな 風切り音も大きいきがする

引用元:Amazon

OGKカブト:AVAND-2 アバンド2

重量1310g
ベンチレーション数4箇所
安全規格JIS
内装脱着
あご紐機構ワンタッチバックル
スモークシールド
オプション
ミラーシールド
オプション
特徴や向いている人スポーツタイプ
ツアラー
ネイキッド
涼しくジェットを被りたいライダー
化粧落ちが気になる女性
フルフェイスは被りたくないが機能的なヘルメットが欲しい方
通勤通学ライダー
  • メガネ対応
  • 帽体付近の気流をコントロールする特許システムウェイクスタビライザーで高速走行性向上

これが一番バランスがとれていてあらゆるヘルメットのなかで真ん中だと思います

引用元:Amazon

今まで軽さ・シールド脱着の容易さと品質への信頼感でSHOEIを3回使い続けていましたが

アマゾンさんで扱わなくなったのと値段も高騰していたので思い切って試してみました。

値段はアライ・SHOEIの半分以下だがかぶり心地・質感は同等の満足感。シールドの脱着もSHOEIには劣るもののOK。(この点はアライより全然良い) 耐衝撃性などはサーキット走行や高速走行が主でなければ問題ないのでは・・・個人の見解です

引用元:Amazon

顎のエラの部分をえぐりこむように入りちょっと違和感を感じました。慣れれば気にもならないかもしれません。シールドも少し顎が露出します。シミが気になる年なもんであまり肌を露出したくない為減点です。気候が穏やかな時期の通勤用で考えています。

引用元:Amazon

OGKカブトのシステムヘルメット

システムヘルメット

フルフェイスヘルメットのアゴ部分を上に持ち上げることができ、ジェットヘルメットのようになるのがシステムヘルメット。インナーバイザー(サングラス)をヘルメット内に仕込んでいるタイプもあります。

たくさんの機能がついていてフルフェイスとジェットヘルメットのメリットを両立しているように見えますが、アゴ部分は可動式なので強度はフルフェイスより劣り顎を上げて走ることはヘルメットメーカーが禁止しているので、冷静に考えるとシステムヘルメットの機能は限定的になります。
ロングツーリング向けに紹介されることが多いですが、帽体は大きく、重くなるので「疲れやすい」「走行風の影響を受けやすい(可動部部による風切り音など)」などというデメリットも多いので、購入の際は自分のツーリングスタイルなどをよく考えて検討する必要があります。

OGKカブト:カムイ3

OGKカブトはフルフェイスヘルメットとしてラインナップさせていますが、インナーサンシェードがついているのでこの記事ではシステムヘルメットとして紹介します。

「あったらいいな」を全部つぎこんだ・・・というキャッチコピーのヘルメットで快適装備がたくさんついています。

「あったらいいな」
  • UVカットシールド
  • インカム設置スペース
  • スピーカー設置スペース
  • インナーサンシェード
  • 気流コントロールスタビライザー
  • ラチェットバックルのあご紐
  • クールマックス素材の内装

などなど僕にとっては人によってはいらないものばかりかもしれませんがヘルメットに多機能を求める方にとっては有力な候補になる素晴らしいヘルメットです。

重量1600g
ベンチレーション数5箇所
安全規格・JIS・PSC
バイザーインナーサンシェードあり
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着
あご紐機構ラチェット式
特徴や向いている人多機能ヘルメットが欲しい方

軽さは中途半端に安いヘルメットより断然軽いです。メガネスペースですがしっかりあり過ぎる?から少しずり落ちます、前傾のポジションの場合はきになるかも。

引用元:Amazon

サンシェードやインカム対応のスピーカー設置用ホールなど便利な機能があり、なかなか良い物でした。

引用元:Amazon

ショウエイと比べると細かい部分に雑さが目立ちます(値段が倍近く違うので仕方ないですが)

引用元:Amazon

OGKカブト:SHUMA シューマ

OGKカブト:RYUKI

機能としてはチンガードが上がるシステムヘルメットである以外はカムイ3とほとんど同じです。

重量1730g
ベンチレーション数5箇所
安全規格・SG・PSC
バイザーインナーサンシェード有
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着
あご紐機構ラチェット式
特徴や向いている人チンガードが開く多機能ヘルメットが欲しい方

システムで使い勝手がよい。ビーコムのアームマイクがスッキリ収まりワイヤーよりおすすめできる

引用元:Amazon

初めてのシステムメットで、結構軽いと言う評判でしたが、思ったより重かったです。

引用元:Amazon

あごひものバックル部分が喉仏と顎の下に挟まることで喉仏を砕かれそうになります

通常のDリングのバンドにしてほしかったです

引用元:Amazon

OGKカブトにオフロードヘルメットはない

ゴーグルタイプのオフロードヘルメット


頭をすべて覆うのでフルフェイスヘルメットに分類されますが、オフロード(林道などの未舗装路)走行に特化しているのがオフロードヘルメット。シールドではなく、ゴーグルで目を守るタイプのヘルメットです。

ゴーグルなので視界が狭くヘルメットの着脱が少々面倒で、バイザーとチンガードは風を受けやすいので高速走行には不向きですが、バイザーは日除け・泥除け・顔を地面に打ち付けないためのプロテクターになり、大きく突き出たアゴ部分は息の上がるオフロード走行での息のしやすさを確保・バイザーと同じくプロテクターの役割もしています。

オフロードバイク専用のヘルメットではありますが、オフロードバイクの流れを汲むモタードアドベンチャーバイクにもスタイル的にはとても良く合います。オンロードメインのツーリングでも高速道路を使用しないのであれば良い選択の一つになるでしょう。

OGKカブトはオンロードヘルメットしか生産しておらず、現在オフロードヘルメットはラインナップに存在しませんが特に作らない理由は見当たらないので、モタードやオフロードバイクブームが到来すれば生産する可能性は十分あります。

安くて軽いオフロードヘルメットの登場に期待しましょう。

OGKカブトにシールド付オフロードヘルメットはない

シールドタイプのオフロードヘルメット


近年のアドベンチャーバイクの流行に伴って人気がでてきているのがゴーグルではなくシールドがついていているオフロードヘルメットです。

ゴーグルの煩わしさがなく、バイザーやチンガードも短めなのである程度の高速走行はこなすことができます。
また、フルフェイスよりも広い視界を確保することができるので「アゴもしかっり守りたいけど視界が狭いのは嫌・・・」という方におすすめできるヘルメットです。

オフロードモタードよりもアドベンチャーバイクにぴったりのヘルメット。高速道路に乗るけれどそんなに飛ばさないネイキッドビッグスクーターに使用しても旅慣れている感じが出るかと思います。

システムヘルメットを得意とするOGKなのでゴーグルタイプのオフロードヘルメットよりも先に、シールドタイプのものがでるかもしれませんね。

OGKカブトのハーフヘルメット

ハーフヘルメット

半ヘル・半帽とも呼ばれるハーフヘルメット。ジェットヘルメットよりも気軽に被ることができますが、その安全性は見た目の通り最悪です。他のヘルメットは頭全体でフィットしているのに対し、ハーフヘルメットはアゴ紐だけで固定しているので、転倒時は高い確率で脱げてしまい頭を守ることが困難。高速道路では風圧でヘルメットが浮いてきてしまい、アゴ紐で首が圧迫されるので快適に走ることは難しいです。
夏は涼しくて良い感じがしますが、シールドをとりつけられないので夕立や虫が当たり放題という大きなデメリットがあります。
気軽に被ることができるので日常の足として近所に買い物に行く程度の乗り方であれば良いのかもしれませんが、趣味としてバイクに乗る方にはおすすめできないヘルメットです。

バイク太郎
バイク太郎

ハーフヘルメットでツーリングに行ったら「あの人はバイクに乗ることが楽しいわけではなく、所有欲を満たすためやコミュニケーションツールとしてバイクを使っているんだな」と思われるよ。

以前はBKシリーズ、PF-5など、ハーフヘルメットの製造を行っていたOGKカブトですが、現在ハーフヘルメットのラインナップはありません。

アライやショウエイなど、安全性と快適性にこだわるメーカーはハーフヘルメットを製造しないのでOGKカブトもそれに倣った形だと思います。

OGKカブトのメーカーとしての格が上がったとうことでしょう。この考え方に照らし合わせれば、今後OGKカブトからハーフヘルメットが再販される可能性はとても低いと思います。

OGKカブトのヘルメットサイズ表と帽体(シェル)のサイズ+頭が小さく見えるサイズ

OGKカブトヘルメットサイズ表
サイズ表記XSSMLXLXXLXXXL
頭の外周(cm)54,5555,5657,5859,6061,6263,6465,66
シェルSSMLXLXL不明
上のものと同じです。

OGKのサイズは他のメーカーに比べてかなり小さめに感じます。メーカーのサイズ表記はアライと全く同じですが、他のメーカーでMサイズであれば基本的にLサイズ、人によってはXLサイズになります。

上の表から分かる通り、相対的に頭が小さく見えるサイズは「S」「XXL」です。

おすすめのOGKカブトのヘルメットまとめ

おすすめのアライヘルメットフルフェイスまとめ


いかがでしたでしょうか。
OGKカブトのフルフェイスヘルメットに関して網羅的に解説しました。

OGKカブトはすべてのヘルメットが同じ方向に向かって作られている印象を受けました。「ツーリング向け」「デザイン重視」「サーキット向け」という道に分かれずに、全てのヘルメットがわかりやすく同じ方向を向いて配置されている感じです。

また、軽さを謳っている割にメーカー公式には一部のフルフェイスモデルの重量アナウンスしかないのが少々気になりました。

とは言えアライ、ショウエイに続く(距離はかなり離れているけれど)国内メーカーなので今後に期待したいです。
少しでもあなたのヘルメット選びの役に立てたのであれば嬉しく思います。
ヘルメットに関して更に知りたい方は下の記事を読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました