> アルパインスターズブーツやシューズの選び方やサイズ感、おすすめを紹介 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

アルパインスターズブーツやシューズの選び方やサイズ感、おすすめを紹介

アルパインスターズブーツやシューズの選び方やサイズ感、おすすめを紹介バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • アルパインスターズのシューズやブーツを初めて購入しようと考えている
  • 自分にはどんなシューズやブーツが向いているのか知りたい
  • アルパインスターズブーツ、シューズのサイズ感が知りたい


という言う方ではないでしょうか。

この記事はすでにアルパインスターズのブーツやシューズを使用している方を対象としたものではありません。すでに使用している方は、散々調べて悩んでそのアルパインスターズのブーツ、シューズを探し出し、その履き心地の良さなどを理解しているのでこの記事は必要ありません。

この記事は

okomoto

アルパインスターズ履きたいなぁ!でもどれがいいのかわからないし、履き心地とかサイズ感もわからない・・・


という、これから「散々調べて悩んで」という作業を始める方、あるいは絶賛その作業中の方の作業量を減らすことを目的とした記事です。

okomoto

クシタニもXPDもガエルネも気になる!アルパインスターズに決めるために背中を押してほしい!


という方向けの記事です。

この記事では

この記事でわかること
  • アルパインスターズとは?
  • アルパインスターズのブーツは使用率がとても高い
  • バイク用のブーツシューズの選び方
  • アルパインスターズブーツ、シューズのサイズ早見表
  • アルパインスターズブーツ、シューズの実際のサイズ感
  • アルパインスターズのブーツ、シューズの種類
  • アルパインスターズのブーツ、シューズのおすすめ解説


ということがわかります。

アルパインスターズとは?

アルパインスターズとは?


イタリアで1963年に登山用ブーツメーカーとして創業したブーツメーカーです。

アルプスの一番高い場所に咲くStar Alpinaという花からAlpinestarsという社名になりました。

登山用ブーツメーカーだったせいか、モトクロスブーツで世界的に有名になり、その後ケニー・ロバーツが使用したことによりオンロードレース界にもその名を轟かせました。

現在では多くのモトGPライダーが愛用し、バイクの世界のみならず、様々なジャンルでファンを魅了しています。

アルパインスターズのブーツは使用率がとても高い

アルパインスターズのブーツは使用率がとても高い



アルパインスターズブーツの使用率が高いのはなにも世界トップレースのモトGPライダーだけではありません。

こちらの記事によると、全日本選手権のあるレースでのアルパインスターズの使用率は30選手中18選手が使用し、実に60%の使用率を誇ります。

驚くべきは2番目に使用率が高かったクシタニは使用者3名・・・他のメーカーを大きく引き離してのぶっちぎりの使用率だったそうです。

okomoto

僕は高価なものは「先人に倣え」と考えています。先人たちの取捨選択のあとに選ばれているものに悪いものはありません。

バイク太郎

「間違いないもの」を使ったあとでないと他のブーツの良し悪しもわからないよね

アルパインスターズブーツ、シューズのサイズ早見表

アルパインスターズブーツ、シューズのサイズ早見表


アルパインスターズのサイズは基本的にユーロサイズで表記されます。多くのサイズの最初サイズは39(25.0cm)ですが、たまに38(24.0cm)もあるので38~46のcm変換チャートを乗せておきます。

バイク次郎

cmと併記されているけれど、ユーロサイズとぴったり変換できるものではないから参考程度に乗せておくよ。

バイク三郎

42は26.0cmと26.5cmにまたがっているからね。そんなことを気にしてほしいよ。

EURサイズcm目安
3824-24.5
3924.5-25
4025-25.5
4125.5-26
4226-26.5
4326.5-27
4427.5-28
4528.5-29
4630


ネットで購入する場合はショップが案内する「cm」の表記だけではなくこちらのチャートとも照らし合わせた方がより決心がつきやすくなります。

アルパインスターズブーツ、シューズの実際のサイズ感

アルパインスターズブーツ、シューズの実際のサイズ感


上の表はあくまでもユーロサイズとCM表記の変換表です。

アルパインスターズのブーツやシューズのレビューをみると

口コミ

普段履き24.5でアルパインスターは40がちょっと余裕がある感じ

口コミ

26.5センチが自分のサイズですが、27.5センチでも小さかった

口コミ

一回り大きめの26.5cmのサイズを購入サイズ感ぴったり


いうように「表記されているサイズよりも少し大きめがいい」という意見が多いです。

しかし、実際に試着して購入した僕は普段26.5cmの靴を履いていて、購入したサイズは40(25.5cm)です。

これは恐らく「バイクの楽しみ方の違い」によるものだと思います。

バイクの操作をメインに楽しむ人

バイクに乗ったときの操作感を優先するので足にぴったりフィットする、サイズの小さいものを選ぶ

観光などを含めたツーリングを楽しむ人

歩きやすさを考慮するので、通常のスニーカーなどと同じで「歩いてみた感じ」でバイクシューズを選ぶのでサイズの大きなものを選ぶ


という違いがあるので「大きい方がいい」「小さい方がいい」という意見があるのだと思います。

バイク用のブーツシューズの選び方


ですので、バイクブーツやシューズを選ぶときは自分のバイクライフスタイルに合わせて考える必要があります。

スタイルだけではなく足の形も大きく関係するので必ず試着してから購入するようにしましょう。

もしも欲しいモデルの試着ができなくても、メーカーによってサイズ感は大きく変わらないので、アルパインスターズのブーツやシューズを履いてみて、「対アルパインスターズの自分のサイズ」を確認できればOKです。

バイクの操作をメインに楽しむ人

バイクにまたがったときの体勢を再現して、つま先の余裕が1cm未満になるサイズ。ブーツの場合はふくらはぎが窮屈ではないかも確認。ブーツインの場合はできればバイクに乗るときの格好でふくらはぎ周りを確認。

観光などを含めたツーリングを楽しむ人

歩いてみて窮屈ではないか。つま先の余裕は1~1.5cmくらいになるサイズ。


という選び方をしたほうがいいと思います。

昔乗ってたおじいちゃん

普通の靴を選ぶときはつま先の余裕が1~1.5cmくらい

アルパインスターズブーツの補修、修理窓口

アルパインスターズブーツの補修、修理窓口


もしもアルパインスターズのブーツが壊れてしまったら、修理保証窓口で修理をお願いすることができます。

以前シフトガードが壊れてしまったときに、この窓口が検索に引っかからす、近くの靴屋さんで補修してもらったら全然改善されないまま納品されたのでここに窓口を張っておきます。

okomoto

セールスルームのサイトがなかったので「アルパインスターズ セールスルーム」で検索してください。下の検索ボタンを押せば検索結果に飛びます。

バイク次郎

サポートがあるのがわかってるだけで安心だね。特にネット通販で買う人にはね。

okomoto

店舗で購入したらレシートがあれば対応してくれますよ。

アルパインスターズのブーツ、シューズの種類

アルパインスターズのブーツ、シューズの種類
アルパインスターズのブーツシューズのジャンル
  • レース
  • スポーツ・ツーリング
  • アーバン


という3カテゴリに分けられます。

レース~レーシングブーツ~

レース~レーシングブーツ~


サーキット走行を擦る方には、最高峰の安全性と操作性を持つレースカテゴリが最もおすすめです。ベンチレーションがついたものもあり快適性も兼ねているので「走りを楽しむのがメイン」のツーリンガーにもおすすめです。

一般的に「レーシングブーツ」と言われるものです。

サイズの選択

バイクにまたがったときの体勢を再現して、つま先にの余裕が1cm未満になるサイズ。ブーツの場合はふくらはぎが窮屈ではないかも確認。ブーツインの場合はできればバイクに乗るときの格好でふくらはぎ周りを確認。

スポーツ・ツーリング~バイクブーツ~

スポーツ・ツーリング~バイクブーツ~


レースとアーバンの中間に位置するカテゴリですが、かなりレース寄りです。レースよりも価格と機能を抑えたカテゴリですが、操作性や快適性はアーバンの比でありません。

「サーキットは走らないけど走りメインのツーリングを楽しむ」というツーリンガーにはもっともおすすめです。

一般的言われる「レーシングブーツ」「バイクブーツ」の間に位置するものですが、アルパインスターズの場合かなりレーシングブーツ寄りです。

サイズの選択

バイクにまたがったときの体勢を再現して、つま先にの余裕が1cm未満になるサイズ。ブーツの場合はふくらはぎが窮屈ではないかも確認。ブーツインの場合はできればバイクに乗るときの格好でふくらはぎ周りを確認。

アーバン~バイクシューズ~

アーバン~バイクシューズ~


「アーバン」とは「都会的な」という意味なので文字とおり街乗りメインのシューズです。スニーカー感があり他の2つのカテゴリとは明らかに違います。

「バイクバイクしているのは嫌だけど、少しでも操作しやすいもの、安全性の高いものがいい」という方や「走りはほどほど、観光メインのツーリングを楽しみたい」という方にはおすすめです。

一般的に「バイクシューズ」と呼ばれるもので、スニーカーの上位互換です。

サイズの選択

歩いてみて窮屈ではないか。つま先の余裕は1~1.5cmくらいになるサイズ。

アルパインスターズのブーツ、シューズのおすすめ解説


いくつかアルパインスターズのおすすめのブーツやシューズを紹介します。

SUPERTECH-R スーパーテックR


アウターとインナーブーツの二重構造が最大の特徴です。インナーを外して洗うことができるのでブーツを清潔に保つことができます。

ベンチレーションの排気口がたくさんありますが、くるぶしより上についているので「足の蒸れを解消」というほどではないらしい。

ハイエンドモデルなので機能と防御力はいわずもがな。

okomoto

ブーツが臭くならずに、ずっと清潔に使い続けれる方法は下の記事を読んでみてください。

SMX PLUS v2 SMX プラス v2


前面に大きなシャーリングが配置されているのが特徴。これで動きやすくしています。ベンチはありますがSUPERTECH-Rほど多くはないです。


SMX-6 v2


SMX PLUS v2よりもシャーリングの面積は狭いですが、足首が取れないように外骨格があります。僕が使っているのもこれです。

SMX-S


スポーツ・ツーリングのカテゴリのモデルです。レーシングブーツとなんら変わりありませんが、外骨格がない分ゴリゴリ感は和らいでいます。

メインアッパーはレーシングブーツと同じマイクロファイバー。

RADON DRYSTAR ラドン ドライスター


胴の部分が短くなり、プロテクター類も目立たなくなったのでだいぶ落ち着いてきました。ベルクロで引っ張れる部分が三箇所なのでブーツとの一体感はかなり良さそう。下手したらレーシングブーツよりいいかも?どんな車種にも合う落ち着いたブーツです。

メインアッパーはレーシングブーツと同じマイクロファイバー。

ANDES v2 DRYSTAR アンデス v2 ドライスター


さらにすっきりし、ベルクロがないのでフィット感は落ちますが、なんだかスッキリしていてこれはこれで落ち着いた雰囲気が素敵。

メインアッパーはマイクロファイバーではなく強化レザー。

透湿防水なので連泊ロングツーリングが多い方にはおすすめ。

バイク太郎

基本的にバイク用品に防水性能はいらないよ

バイク次郎

雨の日はバイク乗らないもんね

okomoto

連泊ツーリングは予報が変わる可能性が高いので例外

NEW LAND GORE-TEX ニューランド ゴアテックス

ゴアテックスを使っているのでこちらも長距離用ですね。胴が短いので歩きやすそうです。

RAN DRYSTA ラン ドライスター


アーバンカテゴリのシューズです。

ひっかかる可能性のある紐を使用したおスニーカーにシフトパッドだけつけて「バイク用」として販売している多くのライディングシューズとは違って紐に配慮した良いデザインです。

CR-X DRYSTAR CR-X ドライスター



プロテクターをつけたスニーカー。

FASTER-3 RIDEKNIT ファスター3ライドニット


ニットのスニーカー。

CR-6 DRYSTAR CR-6 ドライスター


登山靴。

JAM DRYSTAR ジャム ドライスター


ただのスニーカー。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

かぶり心地の好みでヘルメットにアライ派やショウエイ派があるのと同じように、バイクブーツやシューズも履き心地によってどのメーカーがいいか、どのメーカーが合っているか分かれると思います。
僕の場合はぶっちぎりでアルパインスターズが合っていました。

あなたも試着した結果アルパインスターズ派であればこの記事が参考になればと思います。

高い買い物なので慎重に、試着推奨です。

okomoto

バイクの靴選びについて網羅的に知りたい方は下の記事を読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました