> 「バイク用品=防水機能が重要」という風潮~防水機能は必要ない~ | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

「バイク用品=防水機能が重要」という風潮~防水機能は必要ない~

「バイク用品=防水機能が重要」という風潮~防水機能のは必要ない~ バイク用品

この記事は天気予報が変わる可能性の高い連泊ツーリングをする方やバイクを通勤通学で使っている方、お仕事で使っている方を対象にしていません。そういった方は読む必要はありません。「日帰り~最大でも2泊程度のツーリングを楽しむ」というようなバイク趣味をしている方向けの記事です。

okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 防水機能つきののバイクグッズを探している
  • バイク用品と言えば防水機能がないとダメだと思っている


という方ではないでしょうか。

okoko

このブーツ安くてかっこいいんだけど防水機能がないんだよなぁ・・・バイク用品と言えば防水機能が必須だからやめとくか・・・


という方は読んでみてください。

この記事では

この記事でわかること
  • 防水機能がないと困ることはほとんどない
  • 防水バイク用品は使いづらいことがある
  • 防水バイク用品が必要な人
  • 防水バイク用品が必要ではない人


ということについて解説していきます。

防水機能がないと困ることはほとんどない

防水機能がないと困ることはほとんどない


日帰り~最大でも2泊程度のツーリングを楽しむ」というような僕のように極々ありふれたバイク趣味をしている方であれば防水機能が欲しくなる機会はほぼありません。

天気予報を確認すれば済むことですし、不意の雨に当たっても「防水性能がなければ用品が使い物にならないくらい濡れる」ということはまずないです。


バイクでの使用を前提としている製品は特に防水機能が付与されていなくても頑丈にできているので、少々の雨でその機能が損なわれることはありません。

バイク三郎

紙でできてるバイクグッズ使ってるわけでもあるまいしね。

そもそも雨の日にバイクに乗るとライディングを全く楽しめませんし、転倒のリスクも増えるので雨の日に走るべきではありません。

防水バイク用品は使いづらいことがある

防水バイク用品は使いづらいことがある


例えば

こういった防水に特化したバッグなどは小物入れやサイドポケットがないこことが多く、仮にあったとしても「小物入れは防水ではありません」と注意書きがあることが多いです。

バイク次郎

防水の意味よ・・・


濡らしたくないものはビニール袋に入れておけば良いです。

防水機能がないバイクシートバッグ

防水バイク用品が必要な人

防水バイク用品が必要な人


天気予報が変わる可能性の高い連泊ツーリングをする方やバイクを通勤通学で使っている方、お仕事で使っている方は雨の中でバイクを運転する機会があるのでしっかりした防水機能を持っているバイク用品が必要です。

okomoto

「雨だからバイク乗らない」がしづらいですよね

防水バイク用品が必要ではない人

防水バイク用品が必要ではない人


しかし、「日帰り~最大でも2泊程度のツーリングを楽しむ」というような僕のように極々ありふれたバイク趣味をしている方には防水機能は必要ありません。

「本来回避すべき雨天走行」「バイクに乗っていてつまらない雨の日」を考えて防水機能をもったバイク用品を選ぶよりも「バイクに乗っていて気持ちい晴れの日」に使いやすく、気持ちの上がる用品を選んだ方がいいと僕は思います。

バイク用品防水機能まとめ

バイク用品防水機能まとめ



いかがでしたでしょうか。

あまりにも防水機能推しの製品や記事が多いのでバイク初心者の方が防水機能に囚われ過ぎないようにこの記事を執筆しました。

この記事がバイク初心者の方の用品選択肢の幅を少しでも広げる助けになれたのであれば幸いです。

昔乗ってたおじいちゃん

使いやすくてかっこいい用品をみつけて、たまたまそれが防水だったら「必要ないけどなんとなく得した気分」くらいに思うのがいいぞい。世間のバイク用品紹介記事は防水性能を推し過ぎなのじゃ!

バイク次郎

防水推しの用品紹介をみると「それしか推せるところがないんだろうな」とは思うよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました