> 【撥水スプレー不要】カッパが濡れたときにやること洗ったときにやること | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【撥水スプレー不要】カッパが濡れたときにやること洗ったときにやること

【撥水スプレー不要】カッパが濡れたときにやること洗ったときにやること バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 通勤で使っているカッパから水が染みてきた・・・
  • 撥水性を取り戻す方法が知りたい!


という方ではないでしょうか。

この記事では通勤通学で使っているカッパの撥水性能を維持させるメンテナンス方法、撥水性能を復活させる簡単な方法を書いていきます。

カッパが撥水している理由

ロータス効果


カッパが撥水するのはロータス効果というものが関係しています。


ロータスとは蓮(ハス)のことです。

蓮の葉はよく水を弾きます。というか蓮の葉はその表面の構造上、決して濡れることがありません。

蓮の葉の表面には細かい繊維が無数に生えてて、水は表面張力によって丸まり、葉が濡れることがないのです。

このロータス効果を得られる繊維をカッパは持っているので水を弾くことができます。

カッパが撥水性を失っていく理由


カッパが徐々に撥水性を失っていくのは、繊維がヘタったり寝てしまうことによって水が繊維を通り越してしまうためです。

撥水性を復活させるには


撥水性を復活させるには撥水スプレーを吹きかければいいと思ってしまいますが、それは必要ではありません。

撥水スプレーから噴出された撥水剤は対象にうぶ毛のような細かい分子となって付着します。そうするとロータス効果によって撥水できるようになるのです。

しかし、カッパには最初からロータス効果を発揮できる繊維が備わっています。この繊維を起こして挙げれば撥水性は復活します。

この繊維は熱を加えることで起き上がらせることができます。

カッパを使った日


カッパを使った日はその日のうちに浴室乾燥にかけます。

玄関の外など、雨のあたらないところに一旦放置して水が落ちるのを待ちます。2時間もすればだいたい落ちているので浴室乾燥にかけます。

どうせ他の洗濯物も雨なので浴室乾燥です。洗濯物と一緒に乾燥させましょう。カッパを使った日に行うのはこれだけです。

浴室乾燥がない場合はあて布をして低温でアイロンがけをしてください。

カッパを洗った日


カッパが汚れてきたらタライに中性洗剤を少し入れてザブザブ洗います。


洗剤をよく流したら陰干しして乾いたらあて布をして低音でアイロンがけをします。

これだけです。

まとめ


カッパに撥水スプレーをする方も多いと思いますが、実は熱を加えるだけで撥水性は復活します。

とても簡単なので是非やってみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました