> バイク原付で服が濡れない!リュックOK!最強おすすめのカッパの裏技【耐水圧は?】 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイク原付で服が濡れない!リュックOK!最強おすすめのカッパの裏技【耐水圧は?】

バイク原付で服が濡れない!リュックOK!最強おすすめのカッパの裏技【耐水圧は?】バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いたあなたは

こんな方向けの記事です
  • カッパを着ててもバイク、原付きに乗ると服が濡れる・・・
  • バイク通勤原付通学で濡れないようにしたい


という方ではないでしょうか?

この記事では雨の日も風の日も通勤用のバイクで通勤している僕が

この記事で分かること
  • カッパを着た上にレインポンチョを着れば服は全く濡れない
  • 防寒のカッパを使用してはいけない
  • 耐水圧はそれほどシビアに考えない


という裏技について解説していく記事です。

雨の日も濡れずにバイク原付で通勤通学したい最強の裏技を知りたい方のみ読んでいって見てください。

雨の日にカッパを着ていても服が濡れる箇所は?

カッパを着ていても濡れてしまった男


あなたは雨の日にバイクや原付で通勤通学して服が濡れてしまい「バイク カッパ おすすめ 最強 リュック 耐水圧」などという検索ワードでこの記事にたどり着いたことと思います。

そのとき、あなたの服の「どの部分」が濡れていましたか?

おそらく上の画像の部分ではなかったでしょうか?


腕や足は濡れていなかったけれどもカッパのジッパー部分と股の縫い目のところが濡れてしまっていませんでしたか?

どんなに耐水圧の強いカッパを着ても、ジッパーを上から隠す機能がついていても、車と同じくらいの速度で進むバイクや原付に乗っていればこの範囲から浸水してくる可能性は高いです。

バイク原付に乗っているときに対策すべきはこの範囲です。

バイク太郎

バイクは遮るものがなく、前進しかしないから前面が濡れるよ。

カッパの上にレインポンチョを着れば浸水しない!

雨の様子


さっそくこの記事内最大の裏技を紹介します。

ジッパー、股の縫い目付近の浸水を防ぐにはカッパの上に、さらにレインポンチョを着れば問題は解決します。


レインポンチョは全面に縫い目がないので浸水してきません。多少レインポンチョに雨が浸みても、その下にはカッパを着ているので服まで雨水が届くことはありません。


この記事の最大の裏技

カッパの上にレインポンチョを着る

okomoto

ついでに腕や足など縫い目ではないところの防水力も格段に上がります。

カッパとレインポンチョの間にリュックがあればバイクでもリュックが濡れない!

リュックでバイクに乗る男


リュックを背負ってからカッパを着るのはかなり無理がありますよね。頑張って着られたとしても動きが窮屈になってしまうのでバイクの運転には向いていません。


カッパを先に着てリュックを背負い、その上にレインポンチョを着れば窮屈にならないしリュックも濡れることがありません。


okomoto

ツーリングに使うのには適していないリュックですが通勤通学では活躍しますよね!

okoko

ツーリングには適していないの?

okomoto

体の動きを大きく制限するのでライディングが楽しくなくなるし、疲れるし、汗をかくしで最低の方法です。街乗りであれば「気軽さ」というメリットが大きいです。

歴だけベテラン

ツーリングにリュックはおすすめだぞー

バイクに乗るときのカッパの耐水圧について


カッパやレインポンチョを選ぶときに気になるのが「耐水圧」ではないでしょうか?通勤通学でバイクに乗る場合の耐水圧に関して解説していきます。

カッパの耐水圧



雨の程度と求められる耐水性は

引用元:ウェザーニュース:https://weathernews.jp/s/topics/201906/210125/


という感じです。しかし歩行者とは違いバイクは高速で走行するものなので常に嵐の中にいるのと変わらない状況になってしまいます。

雨の日に通勤通学の街乗りで80km/hも出すバイク乗りはいないと思います。路面状況や視界の悪さなどの危険性を考えれば出しても60km/h程度ですよね。


台風のときに風速を考慮すると60km/hでバイクを走行させたときに必要になる耐水圧は15000mm程度です。

カッパを着て高速道路を走る方はいないと思いますが、100km/hでバイクを走行させたときに必要な耐水圧は50000mm程度になります。

ちねみにゴアテックスの耐水圧は40000程度なので100km/hで走ったときに耐えられる雨具はおそらく存在しませんよね・・・。



なにが言いたいかというと、

通勤通学で使うカッパの耐水性は15000mmあれば理論上十分ということです。


ちなみに有名なワークマンのイージスシリーズのバイク用のものの耐水圧は15000mmです。「雨のツーリングに最高!」という評価をしている方もおられますが、そもそも雨の日にツーリングへ行くべきではないですし、耐水圧は街乗りレベルです。



ゴアテックスのカッパがあれば十分に雨は防げますが(ジッパー、縫い目の浸水は除く)、必要な耐水圧が15000mmに対して耐水圧40000mmはかなりオーバースペックでコスパは悪いと思います。


ちなみに僕が使っているワークマンのカッパの耐水圧は10000mmです。このカッパでも濡れずに通勤できているので、カッパの耐水圧は10000mmで経験上十分だと考えています。

状況求められる耐水圧
中程度の雨の中を60km/h15000mm
中程度の雨の中を100km/h50000mm
製品耐水圧
イージスバイク用15000mm
ゴアテックス40000mm

ゴアテックスではオーバースペックでコスパが悪い!

耐水圧は15000mmもあれば十分!というかパンチョも着るので10000mmでも十分!

okomoto

僕は降水確率40%以上の日のツーリングは中止にしますし、途中で雨が降ったら濡れながらすぐに帰ります。濡れた路面を走っても楽しくないので。

バイク次郎

バイクを傾けられない状況でツーリングして何が楽しいんや・・・時間とガソリンと金の無駄やろ・・・

okoko

天気予報もだいたい当たるしね・・・予定変更できないのかしら?

okomoto

自分の中に「ツーリングを中止にする条件」を設定しておくのがおすすめです。

自称ベテランライダー

ツーリングにはカッパを必ず持っていこう!HAHAHA!!

okomoto

(カッパなんて持っていかないよなぁ・・・)

レインポンチョの耐水圧

ちょっとだけ水をかける


正直、レインポンチョの耐水圧は気にしていません。レインポンチョは「ジッパーや股の縫い目からの浸水を防ぐ」という目的できるので耐水圧の高いものでなくても仕事をしてくれるからです。

レインポンチョに水がしみてもカッパがあればへっちゃらですし、バイクに乗っている時間はほとんど前進しているのリュックにもそれほど雨はあたりません。


レインポンチョはジッパー、縫い目対策なので耐水圧にはこだわらない

防寒のカッパはおすすめしません

寒い日


カッパ単体ではなく、防寒機能をもった厚手ものを着ている方もいますが、僕はおすすめしません。

厚手の防寒カッパだと夏に着ることができませんし、カッパは「いつもの格好」の上に着たほうが通勤通学後の動きが楽です。

「カッパはいつもの格好の上に着るもの」と考えて厚手の防寒カッパは選ばないようにしましょう。

okomoto

防寒機能がないカッパを選びましょう。冬は防寒着の上にカッパを着ましょう。

雨の日のバイク原付におすすめの最強装備(近くのワークマンでも)

おすすめの装備一式


Amazonで揃えられる最適なものをそれぞれ解説を入れながら一式紹介してきます。

最強装備
  • クリアシールドのフルフェイスヘルメット
  • カッパ上下
  • レインポンチョ
  • 防水グローブ
  • 安全長靴
  • ターポリン生地のリュック

クリアシールドのフルフェイスヘルメット


雨が顔に当たると30km/hでもまともに目を開けていられません。
50km/hになる前に顔が痛くなって運転どころではなくなるので必ずフルフェイスのヘルメットを被るようにしましょう。

晴天時であってもハーフヘルメットは危険なのでやめましょう。




雨の日は視界が悪くなるのでスモークやミラーシールドと比べてもっとも視界を確保できるクリアシールドがおすすめです。


雨の日はシールド内が曇りやすくなるので事前に中性洗剤と内側に塗れば曇りを防止、外側にシリコンスプレーを塗れば水滴がつきにくくなります。


こういったヘルメットメンテナンスに「ヘルメット用曇り止め」などといったヘルメット専用のケミカルは一切必要ありません。

耐水圧10000mmのカッパ上下セット


価格も性能も僕が使っているワークマンのものと同じ程度のものです。価格は少し安いかもしれません。

近くにワークマンがある方はそちらでもいいですし、行くのが面倒であればAmazonで買ってもいいかと思います。

ワークマンに行ってもカッパは袋に入っているので試着できませんしね。

okomoto

カッパは通常のアウターよりも多少大きく作られていることが多いので無理にワンサイズ大きいものを選ぶ必要はないと思います。冬に来たときに多少きつくてもストレッチ素材なのでなんとかなります。

レインポンチョ


大昔の中国の学者さんが「バイク好きはだいたい迷彩好き」と言っていたので迷彩を紹介していますが正直レインポンチョはなんでもいいです。

僕はスポーツ観戦するときようの適当なものを使っていますが問題ありません。くれぐれも前面につなぎ目やジッパーがないものを選んでください。

okomoto

まじでなんでもいいです。

防水グローブ


たかだか片道数十分の街乗りのために防水のバイク用グローブを買うのも癪ですし、バイク用の防水グローブは厚手で操作性が落ちるのでなるべく薄めで防風防水機能があるものであればなんでもいいと思います。

ワークマンで代用品があるかはわかりませんがウエットスーツ生地で作られた防風防水グローブはあるのでそちらでもいいかもしれません。価格はリンクのグローブと大差ありません。

okomoto

わざわざ高価なバイク用を買う必要はないと僕は思います。

安全長靴


普通の長靴だとシフト操作ですぐに傷んでしまうので鉄板入りの安全長靴がおすすめです。操作性は落ちますが雨の街乗りでバイクに楽しんで乗ることもないので操作性は無視しましょう。

ショート丈の方が足首を動かすときの操作性の悪さによるストレスが若干減るのでショート丈をおすすめします。正直気持ち程度しか変わらないのでロング丈でも問題ないです・・・。

長靴の中にカッパを入れるとカッパを伝って薄いが入ってくるので、カッパは必ず長靴の外にくるように履きましょう。

okomoto

カッパを外にしないと靴下が濡れます。

ターポリン生地のリュック


ポンチョに隠れるのでほとんど濡れないリュックですが、リュック自体も水に強いに越したことはありません。

リンクのリュックは僕が使っているものですが、正直同じようなサイズのターポリン生地のリュックがワークマンに2000円くらいで売っています。


僕は「排水のドレイン」がついているのがかっこよくてこれにしましたがこだわらないかたはワークマンのリュックでいいです。


okomoto

7年位使っています。丈夫です。

裏技を使っても股から浸水してくる場合の対処方法


体を伝って雨がシートに濡れ、ポンチョでは隠せない股の縫い目から浸水してきだ場合、縫い目自体をテープで塞ぐと浸水しなくなります。




専用品を貼ってもいいですが、僕は前から後ろまでグルりと大胆に養生テープを貼っています。
養生テープだと非常に見た目が悪くなるのでその点だけ注意してい下さい。

上のリンクのナイロン補修シートだと1枚では足りないと思います。

okoko

養生テープは女子にはきついわね・・・

バイク次郎

(漢カワサキでもきついぞ・・・)

カッパの手入れ方法

カッパを浴室乾燥機であたためる


カッパを使ったら都度浴室乾燥にかけてください。

浴室乾燥がない場合はタオルを当ててアイロンがけをすれば撥水力が戻ります。


毎回洗う必要はないと思います。撥水力が大きく落ちてきたと思ったら浴室乾燥orアイロンがけをするようにしましょう。

okomoto

カッパの手入れは意外と簡単です。

バイク原付でカッパを着るのは通勤通学の街乗りのみ

街乗り


くれぐれも雨の日にツーリングをしないようにしましょう。

「万が一に備えてツーリングにカッパを持っていく」ということをする必要はありません。カッパで積載スペースを使わずに思い出を積めるようにしましょう。

雨が降ったら即帰宅。少しでも雨が降りそうなときにはツーリングへ行かない。

濡れた路面を走っても楽しくないですし、なにより危険なので

まとめ

チェックリスト


いかがでしたでしょうか。

通勤通学はせいぜい数十分の時間、数キロの距離でも雨量によっては体の真ん中部分が濡れてしまうものです。


記事全体のまとめ
  • カッパの上にレインポンチョを着る
  • 浸水しない
  • リュックも濡れない
  • 対水圧は10000mmで十分
  • カッパを使ったら浴室乾燥にかける


という記事でした。

レインポンチョを足すことで、真ん中部分の防水、全体の防水力の底上げをして少しでも書いていきに通勤通学をしましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました