> 【必需品のみ】バイクツーリングの基本の持ち物11選と季節別の+α | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【必需品のみ】バイクツーリングの基本の持ち物11選と季節別の+α

【必需品のみ】バイクツーリングの基本の持ち物11選と季節別の+αツーリング
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクツーリングを始めたい!
  • バイクツーリングに本当に必要な物を知りたい!
  • 本当に必須の持ち物だけを知りたい!


と言う方ではないでしょうか。

世の中の「バイク必携の持ち物〇選」という記事は毎週ツーリングしている僕からすると、

okomoto

僕が持って行かないものばかりだなぁ・・・


と言う感じです。

この記事では僕の経験に基づいた「本当に必携のバイクツーリングの持ち物」について解説していきます。

必要な持ち物はツーリングスタイルや考え方によって変わってくるものですが僕が実際に持って行っているものを紹介します。


okomoto

あなたに必要な持ち物を見つけるヒントにして頂ければ幸いです。

この記事の内容

正直日帰りで「いつもの峠」に行く程度のツーリングであればポケットにスマホと財布とたばこを突っ込んで行きます。これが僕の最小限の持ち物です。
この記事の持ち物は「ルートを出して、ナビをしながら、しっかり日帰りツーリングする」ときのものだと考えてください。

ツーリングの持ち物の考え方

ツーリングの持ち物の考え方


ツーリングの持ち物は少ない方がいいです。

例えバッグに余裕があってもなんでもかんでもあれもこれもと詰め込むべきではありません。

容量が増えればツーリング先でお土産や気に入ったものを購入することができなくなってしまいますし、重量が増えればライディングにネガティブな影響がでてきます。


可能であればなにも持たずにどこまでも走り続けるのが理想です。

しかし、ツーリング中をするとガソリンもお腹も減るし、日焼けもします。怪我をすることも道に迷うこともあるので仕方なく必要最低限のものを持って行くという感じです。

「必要最低限」の基準は人によって変わります。僕はかなり心配性な方ですが、予備のウインカーやパンク修理剤は持って行きません。

それらは僕にとっては必要最低限ではありません。それらを必要最低限と本気で考えるほど心配性であればそもそもバイクという心配事の塊に乗れません。

そんな僕が持ち物として「必要最低限」なものたちを紹介していきます。

あなたにとっての必要最低限を考え、疑いながら記事を読んで頂ければと思います。

ただし、「ツーリングの荷物は少ない方がいい」という基本的なことからは絶対に離れないようにして下さい。

【必需品のみ】バイクツーリングの基本の持ち物

バイクツーリングの基本の持ち物
ツーリングの持ち物
  • 7~20リットルのシートバッグ
  • 財布(クレジットカード、運転免許証、健康保険証在中)
  • 車検証、自賠責保険証明書のコピー(自己責任)
  • スマホ(任意保険レッカー手配、バイク屋の番号登録済み)
  • モバイルバッテリー
  • スマホホルダー
  • スマホ充電コード
  • フェイスタオル(不意の入浴用)
  • 日焼け止め
  • 花粉の薬
  • ヘアゴム(引き起こし用)


一覧にするとこんな感じです。ツーリングの準備にお役立て下さい。それぞれ解説していきます。


7~20リットルのシートバッグ【ツーリングの持ち物】

シートバッグ【ツーリングの持ち物】
積載量積載安定性街乗り日帰りツーリング宿泊ツーリングライディングへの悪影響疲労防水性性能防犯性能
キャリングコード★★☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★★☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ツーリングネット★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★★★★☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ストレッチ生地★☆☆☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
リュック★★★☆☆★☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★★★★★★★★★★★☆☆★★★★★
ウエストバッグ★★☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★★★★★★★☆★★☆☆☆★★★★★
レッグバッグ★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆★★★★☆★★★☆☆★★★★☆★★☆☆☆★★★★★
サイドバッグ★★★★★★★★★☆★☆☆☆☆★★★★☆★★★★★★★★★☆★☆☆☆☆★★★★☆★★★☆☆
タンクバッグ★★★☆☆★★★★★★★☆☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆★★★★★★★★★☆★★☆☆☆★★★☆☆
シートバッグ★★★★★★★★★★★☆☆☆☆★★★★★★★★★★★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆
リアボックス★★★★★★★★★★★★★☆☆★★★★★★★★★★★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★★★★★★★★
ツーリング積載方法性能一覧詳しくは>>>こちらの記事



荷物を入れるものがないと始まらないのでシートバッグは必需品です。

シートバッグは他の積載方法と比べて

シートバッグの素晴らしい点
  • パッキング(荷造り)が楽
  • トップクラスの積載容量を誇る
  • ライディングの動きを制限しない


というメリットがある、最も優れた積載方法です。

お土産を買わないツーリングであれば7L程度のシートカウルバッグ、お土産を買ったり、将来的に1~2泊程度の宿泊ツーリングをする可能性があるのであれば20L程度のものがおすすめです。





バイク太郎

シートバッグは最も優れた積載方法だよ

おすすめのものはこちらの記事で紹介しています。

財布(現金、クレジットカード、運転免許証、健康保険証在中)【ツーリングの持ち物】

財布【ツーリングの持ち物】


財布は貴重品なのでシートバッグには入れずにジャケットのポケットに入れます。もっと詳しく言うと「利き手側ではないポケット」に入れます。

okoko

利き手側じゃないと出し入れしづらくない?

okomoto

利き手側にはクレジットカードと1000円札をいれます。

現金

現金



山の中の食事処やガソリンスタンドはクレジットカードが使えないところも多くあります。いくらかの現金も持って行きましょう。

高速道路をはETCカードかクレジットカードで支払えば、どんなに遠くへ行ってもその他の費用は1万円もあればお釣りが来ます。

クレジットカード

クレジットカード

ETC車載器がついていないバイクの場合は利き手側のポケットにクレジットカード(首都高を通る場合はETCカード)と1000札を1枚入れておけばほとんどの高速道路、有料道路をスムーズに通ることができます。

通行券を同じポケットに入れ、料金所ではカードと一緒に渡せばOKです。

ガソリンスタンドでの支払いでも財布を出す必要がないので楽です。

okomoto

グローブをしたままアクセスできるので便利です。

健康保険証

健康保険証


万一怪我をしたときに病院で困らないように保険証を持って行きましょう。

健康保険証がなくても診察は受けられますが、その場では自費診療になります。後日申請すれば差額を受け取れますが、受け取りまで三か月ほどかかる上に面倒な申請をしなければいけません。

車検証、自賠責保険証明書のコピー(自己責任)【ツーリングの持ち物】

車検証、自賠責保険証明書


公道を走行するときは車検証と自賠責保険証明書の両方の原本を携帯する義務があります。

原本の携帯を怠ると

車検証不携帯違反点数なし50万円以下の罰金
自賠責不携帯違反点数なし30万円以下の罰金


か科されます。

車検証、自賠責保険証明書のコピーを携帯することについて


原本の代わりにコピーを携帯することはアウトです。

しかし、バイクの場合は車検証の原本、自賠責保険証明書の原本、委任状が揃うとバイクを合法的に売り飛ばすことができてしまいます。

盗難の可能性が車よりも低いバイクにとってこれは大きな脅威です。

コピーでは売り飛ばすことはできませんので原本の代わりにコピーを持って行くライダーは多いです。しかし、その場合は先述の罰金が科される可能性はあります。それを理解して自己判断してください。

このブログでは「コピー(自己責任)」ということにしてあります。

okomoto

「持って行かなくいい」と書くとあんまりだし、「必ず持って行こう」と書くのも現実に即していないので中途半端な書き方になっています・・・

昔乗ってたおじいちゃん

察して欲しいのじゃ!

今までの経験

車検証、自賠責保険証明書


四輪車で違反をしたときは必ず車検証の提示を求められてきました。一方で二輪乗車中の違反では一度も求められたことはありません。

以前バイクでひき逃げの被害に遭ったときに自賠責保険証明書の提示を求められ、「持っていない」と伝えましたが罰金はおろか注意も受けませんでした。

okomoto

多くのバイク乗りがそんな感じだと思います。


恐らく警察官も「バイク盗難の危険性」から、これらの書類の取り締まりには積極的ではないのかなと想像します。

とはいえあくまでも自己責任で。

スマホ【ツーリングの持ち物】

スマホ【ツーリングの持ち物】


スマホはとても優れたツーリングサポートアイテムです。

小さなスマホは

スマホで代替えできるもの
  • 時計
  • 地図
  • ナビ
  • 音楽プレイヤー
  • 携帯電話
  • ネット検索のためのパソコン
  • カメラ
  • 疑似レーダー
  • GPSロガー


など様々なツーリングに必要なものを1台で済ますことができます。

事故や故障に備えて、電話帳には必ず、

電話帳に登録しておくべき番号
  • 任意保険レッカー手配先
  • バイク屋の番号


と登録しておきましょう。

他にも

インストールしておきべきアプリ
  • Googlemap
  • 交通違反撲滅委員会FREE
  • Send Anywhere
  • Diablo Super Biker


といったアプリを入れておくとツーリングは格段に楽しく便利になります。

バイク太郎

スマホなしのツーリングなんて考えられない体になってしまいました

バイク次郎

アプリを追加してどんどん便利に楽しくすることができるよ

モバイルバッテリー【ツーリングの持ち物】

モバイルバッテリー


スマホを充電するために使うモバイルバッテリーです。

以前はバイクから電源を確保して、USB給電をするものを取り付けていましたが、


ツーリングにモバイルバッテリーを使う理由
  • スマホと一緒に積載できる(スマホケースによる)
  • 導入コストが安い
  • バイクから離れても充電できる
  • 取り付けが楽
  • 寿命が長い


などの理由からモバイルバッテリーの方が圧倒的にメリットが大きいので現在はモバイルバッテリーを使っています。

メリケン太郎

It’s outdated to take power from a battery.

スマホホルダー【ツーリングの持ち物】


転倒時のや設置の頑丈さ、安定性を考えるとスマホホルダーはケースに入れるタイプがおすすめです。

ケースに入れずに裸のまま設置するものだと、転倒や事故を起こしたときにスマホが壊れて被害が拡大する可能性が高いです。

更にケースに入れるタイプであれば

ケースに入れるタイプのスマホホルダーのメリット
  • スマホを守れる
  • モバイルバッテリーと一緒に積載できる(給電ケーブルが邪魔にならない)
  • 真夏の熱暴走対策が使える


という大きすぎるメリットがあります。


okomoto

夏はスマホが熱暴走を起こしてまともに動かなくなります。その解決方法はたぶん僕が考えた方法しかありません。

okoko

詳しくは詳細記事で解説します。鋭意執筆中です。

バイク三郎

夏にスマホが使い物にならなくなるライダーは必見だよ

スマホ充電コード【ツーリングの持ち物】

スマホ充電コード


スマホの他に充電したいもの(デジカメ、インカムなど)があればそれを充電できるコードを持って行きます。

モバイルバッテリーはバイクのエンジンをかけなくても充電できるので休憩中に充電することができます。

バイク太郎

「お昼を食べているときに充電」ということもできます。そう、モバイルバッテリーならね。

フェイスタオル【ツーリングの持ち物】

【ツーリングの持ち物】


素敵な温泉を見つけたらついつい入りたくなってしまうのがバイク乗りですのでフェイスタオルを持っていきます。

ほとんどの温泉施設でフェイスタオルが200円程度で販売られていますが、ほったて小屋のような渋いところでは販売、というか人すらいないので念のため持って行きましょう。

タオルはヘルメットのシールドを拭いたり、フロントフォークのオイル漏れに対応したりとマルチに使うことができます。


okomoto

温泉に入った後のタオルであればシールド拭いたりしちゃいます・・・

okoko

タオルを持って行っても御当地温泉タオルを買ってしまうわよね

日焼け止め【ツーリングの持ち物】

日焼け止め


真夏はもちろん、そうでない季節でも長時間日向にさらされるツーリングでは常に日焼けの可能性があるので日焼け止めは持って行きましょう。

首の後ろ、手首、ヘルメットで守れない目の周りに塗りましょう。

夏は休憩の度、他の季節は昼休憩と15時くらいの休憩で塗るようにしましょう。

花粉の薬【ツーリングの持ち物】

花粉の薬


花粉は一年中飛んでいるので、それぞれに合わせた時期にそれぞれの花粉に合った花粉の薬を持って行きましょう。

花粉の薬は市販薬ではなくお医者さんに処方してもらったものを服用しましょう。安い上にめちゃくちゃ効きます。


花粉症ではない方がうらやましいです。

花粉にはネックガードもおすすめです。走行中の花粉の吸引を少しでも少なくしましょう。

バイク次郎

自分の花粉の時期を把握して薬で対処しましょう。

ヘアゴム【ツーリングの持ち物】

ヘアゴム【ツーリングの持ち物】


転倒や立ちゴケをしたときにブレーキレバーに巻き付けてタイヤを回らなくするためのものです。

僕のように髪が長い方は常に持ち歩いていますが、そうでない方でもツーリングのときは手首にヘアゴムをつけて出発するクセをつけましょう。

僕が引き起こしをするときは髪をほどくので「必死感」が4割くらい増します。

okomoto

髪を振り乱しながらの引き起こしになるので・・・

真夏のバイクツーリングの持ち物

真夏のバイクツーリングの持ち物

真夏のツーリングではスマホの熱暴走を防ぐものや、熱中症対策、暑さ対策の持ち物が増えます。

夏日帰りツーリングで追加する持ち物
  • ウエス(スマホ冷却&虫拭きとり用)
  • 水2リットル


と言ってもこの2点だけです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。


ツーリングの持ち物
  • 7~20リットルのシートバッグ
  • 財布(クレジットカード、運転免許証、健康保険証在中)
  • 車検証、自賠責保険証明書のコピー(自己責任)
  • スマホ(任意保険レッカー手配、バイク屋の番号登録済み)
  • モバイルバッテリー
  • スマホホルダー
  • スマホ充電コード
  • フェイスタオル(不意の入浴用)
  • 日焼け止め
  • 花粉の薬
  • ヘアゴム(引き起こし用)


バイクツーリングに本当に必要な11の持ち物をまとめました。加えて

夏日帰りツーリングで追加する持ち物
  • ウエス(スマホ冷却&虫拭きとり用)
  • 水2リットル


という夏に増えるものも記載しました。


予備のウインカーやプラグを持って行くのであれば同じバイクを牽引していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました