> 【初心者必見】バイクツーリング必携!とされているけど必要ない23個のもの | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【初心者必見】バイクツーリング必携!とされているけど必要ない23個のもの

【初心者必見】バイクツーリング必携!とされているけど必要ない23個のもの ツーリング
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクツーリングを始めようとしている
  • ツーリングのもっと楽しく楽にしたいと考えている
  • 「こんなものまで揃えないといけないのか・・・」と凹んでいる


という方ではないでしょうか。

今はネットで何でも調べられるので、バイク趣味、ツーリング趣味を始めようとする方のほとんどが「ツーリング 便利」「ツーリング 持ち物」「ツーリング カッパ」などで検索をするかと思います。


okomoto

バイクと財布とお土産を入れるバッグさえあればどこへでも行けるぜぃ!!


と思っていたのに・・・

世間のバイク情報発信者

パンク修理剤は必携!パンクしたら走れなくなるよ!

世間のバイク情報発信者

非常食が必携!飢えるよ!

世間のバイク情報発信者

サイドスタンドパッドが必携!埋まるよ!


などという情報をみて

okomoto

バイク買って金欠なのにまだまだ買わなきゃいけないの??もっと大きなバッグが必要だー。


などと泣きが入っているかもしれません。

この記事ではツーリング超ベテランの僕が、「バイクツーリング必携!」とされているけど本当は全く持って必要ないものについて解説していくものです。

okoko

自分でベテランと言わなくない普通・・・引くわー

okomoto

「非常食が必携!」とか言ってる連中と比べたらの話ですよ!HAHAHA!この記事を読み終わったらあなたもそんな連中よりベテランになれています!

  1. ツーリングの持ち物の考え方
  2. バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの一覧
  3. 地図(ツーリングマップル)【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  4. 工具【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  5. パンク修理剤【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  6. 予備パーツ(電球やプラグ)【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  7. 内服薬【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  8. 非常食【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  9. バイク用のナビ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  10. デジカメ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  11. USB電源【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  12. 入浴セット【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  13. スロットルアシスト【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  14. シートクッション【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  15. 防犯のロック類【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  16. サングラス【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  17. タンクバッグ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  18. サイドスタンドパッド【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  19. コンパス【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  20. レインウエア【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  21. フクピカ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  22. 携帯ライト【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  23. ツーリングネット【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  24. キャップ(帽子)【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
  25. まとめ

ツーリングの持ち物の考え方

ツーリングの持ち物の考え方


ツーリングの持ち物は少ない方がいいです。

例えバッグに余裕があってもなんでもかんでもあれもこれもと詰め込むべきではありません。

容量が増えればツーリング先でお土産や気に入ったものを購入することができなくなってしまいますし、重量が増えればライディングにネガティブな影響がでてきます。


ツーリングに行くと荷物が増えることがあっても減ることはほとんどありません。


可能であればなにも持たずにどこまでも走り続けるのが理想です。


しかし、ツーリング中をするとガソリンもお腹も減るし、日焼けもします。怪我をすることも道に迷うこともあるので仕方なく必要最低限のものを持って行くという感じです。

「必要最低限」の基準は人によって変わります。僕はかなり心配性な方ですが、さまざまな記事で「必携!」とされているものの多くは僕にとっては必要最低限ではありません。


それらを必要最低限と本気で考えるほど心配性であればそもそもバイクという心配事の塊に乗れません。



「タラレバ」のことばかり考えていたずらに荷物を増やし、楽なツーリングからどんどん遠ざかるのは本末転倒です。

しかもそれらの「タラレバ」は「年に何回も起こらないこと」にフォーカスしているもの、「電話一本で解決すること」が多いです。


自分の中に正しい天秤を用意してこの記事を読んでみてください。

世間のライダー

事故なんて滅多に起こさないのにタラレバを考えてフルフェイスとかプロテクターを着けるなんて馬鹿じゃないの?

okomoto

命や今後の人生に大きく関わるは滅多に起きない「タラレバ」でもとても大事になってきます。この方のように考えている方は天秤がぶっこわれています。

メリケン太郎

They are simply stupid.LoL

バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの一覧

バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの一覧
本当はツーリングにいらないものリスト
  • 地図(ツーリングマップル)
  • 工具
  • パンク修理剤
  • 予備パーツ(電球やプラグ)
  • 内服薬
  • 非常食
  • バイク用のナビ
  • デジカメ
  • USB電源
  • 入浴セット
  • スロットルアシスト
  • シートクッション
  • 防犯のロック類
  • サングラス
  • タンクバッグ
  • サイドスタンドパッド
  • コンパス
  • レインウエア
  • フクピカ
  • 携帯ライト
  • ツーリングネット
  • キャップ(帽子)


ざっとこんな感じです。

それぞれ簡単に解説していきます。


okomoto

あくまでも僕の天秤に乗せたときの判断です。みなさまは各々ご自身の天秤で判断してください。

地図(ツーリングマップル)【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

地図(ツーリングマップル)【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】
ツーリング先で地図は見ない


弥生時代のツーリングじゃあるまいし、今はスマホで事足ります。

僕は「ツーリングに行ったらツーリングを楽しみたい」と考えているので、自宅でできる準備はすべて自宅で終わらせてから出発します。


ストックしてある「ツーリングルートノート」から行き先をピックアップし、そのページの写真を撮って出発します。




ナビはもちろんスマホです。

「ツーリングは紙の地図に限る」という方が一定数いるのはわかりますが、家で見ればいいだけの話です。

スマホやナビがなかったときは必携品でしたが、いまどき地図を持っていくバイク乗りは少ないです。持っていく方はただの懐古主義者か段取りを組み立てる能力が低い人です。

okomoto

ツーリング先で段取りしている人がいると「走りたくないのかな」と思います。

okoko

そーゆーの込みでツーリングを楽しむものなのよ!

okomoto

地図を自宅で見ている僕は自宅でもツーリングを楽しんでいるってことですね!ラッキー!あとはひらりひらりと走るだけ!

okoko

(腹立つーーーーー!!!)

okomoto

ちなみに2泊以上のツーリングだと天気の関係でルート変更の可能性があるので地図とツーリングルートノートも持って行きます。開くのは宿でです。走っている途中に開くことはありません。地図は屋根があるところで見るものです。

工具【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

工具【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


バイクに備え付けてある純正工具はわざわざ降ろすのが面倒なのでそのまま持って行きます。

それ以上の工具を持って行くことはありません。場所を取るし、重いし最悪です。

okoko

ツーリング先で故障したらどうするのよ!走れないじゃない!


持ってきた工具で修理できるよな故障がツーリング先で起こることは稀です。


自走不能になったバイクをそんなに簡単に直せるのであればバイク屋さんは廃業してしまいます。


万一何かあったときに仮に自分で修理できたとしても相当な時間をロスしています。走り出した後は修理箇所が気になってツーリングに集中できません。

僕はツーリング先の故障は「次のツーリングを楽しむための故障」として考えて秒で保険会社やバイク屋さんに電話してレッカーを依頼します。

okomoto

直る可能性を高くしようとすると工具の量が増えます。大量の工具を持って行っても起こった故障が直る可能性は低いです。

世間のライダー

この前プラグレンチが役に立ったんだぞ!持って行った方がいい!

okomoto

それはそれは運が良かったですね!そもそもプラグレンチが必要ないようにメンテしましょうね!HAHAHA!!!

パンク修理剤【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

僕が持っているパンク修理材です。自宅に置いておく分にはいいと思います。


あなたは年に何回パンクします?そもそもチューブレスタイヤを履いています?



パンク修理剤だけを持っていても役に立ちません。空気を入れるエアコンプレッサーがないと意味がありません。エアコンプレッサーも持ち歩くのでしょうか。


僕はパンク修理剤を持っていますが一度もツーリングに持って行ったことはありません。自宅用です。それすら1回しか使ったことがありません。

「空気圧調整用のエアコンプレッサーあるからパンク修理自分でできるなー。やってみるか。」くらいのノリで買ったものです。

ツーリング先にでパンクしたら近くのバイク屋さんに電話するかレッカーの手配をします。


世間のライダー

空気はガソリンスタンドで入れるんだよ!

okomoto

「自走できる距離にガソリンスタンドがなかったら」というタラレバは考えないんすね!HAHAHA!
パンク修理剤が完全に硬化するまで24時間ほどかかるって知ってます?

予備パーツ(電球やプラグ)【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

予備パーツ(電球やプラグ)【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


「ウインカーが切れたらどうしよう」「プラグがだめになったらどうしよう」という方がいますが、ウインカーやプラグレベルの予備パーツを持って行くなら同じバイクをもう一台牽引していけばいいと思います。


予備パーツが必要になったら近くのバイク屋さんに電話して在庫確認。自走できなかったらレッカーを呼ぶだけです。

その日のツーリングは諦めましょう。


okomoto

よく立ちゴケをしてしまう方で頻繁にレバーやステップを折ってしまう方はそれらの予備パーツを持って行くことはアリです。天秤にかけたときにその対応の方が明らかに重いはずです。

内服薬【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

内服薬【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


痛み止めや風邪薬を持って行く方がいますが、そもそも

okomoto

体調が万全なときにツーリングに行ってください


ということです。

okoko

ツーリング先で具合が悪くなったらどうするのよ!

okomoto

ならないくらい万全な状態でツーリングに行ってください!

バイク次郎

(むちゃくちゃ言いよる・・・)


ご自身の体質に合わせた薬は持って行くべきですが、体調に合わせた薬は持って行く必要はありません。風薬なんてもってのほかです。風邪が治るまで家で寝ていてください。


花粉や持病の薬はマストで持って行きましょう。

バイクに乗っていないるときはマスクをしづらいのでネックガードがおすすめです。


非常食【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

非常食【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの
小腹が減ったらパンケーキを食べればいいじゃない byマリーアントワネット


「非常」食を食べるような「非常」事態になる「非常」識なツーリングやめましょう。

小腹が減ったらコンビニに寄りましょう。わざわざ外で買えるものを持ち歩く必要はありません。

バイク用のナビ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

バイク用のナビ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


バイク専用のナビよりもスマホの方がずっと使いやすいです。スマホは休憩中持ち歩くので盗難の心配もありません。

バイク専用のナビを使っている方とツーリングに行くと

okomoto

「道の駅どうしまで」

okomoto

「経路が見つかりました。ナビを開始します。」

バイク専用ナビライダー

ちょっと待ってまだナビでてこない。住所わかる?・・・いいや!後ろ着いてくね!


という事が起こります。


雨の日はバイクに乗らないので防水性能などは知ったことではありません。

デジカメ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

デジカメ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


写真が趣味の方であればお気に入りのカメラとツーリングに行くのは最高の経験だと思います。

しかしそうでない方はスマホで十分です。今のスマホは普通のコンデジと変わらないくらいの画質です。

写真にこだわりのない方はスマホを持って行きましょう。

世間のライダー

夏はスマホが熱くなって写真が撮れないんだよ!

okomoto

こちらの記事をどうぞ

USB電源【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

モバイルバッテリー



僕も以前はバイクから電源を確保して、USB給電をするものを取り付けていましたが、


ツーリングにモバイルバッテリーを使う理由
  • スマホと一緒に積載できる(スマホケースによる)
  • 導入コストが安い
  • バイクから離れても充電できる
  • 取り付けが楽
  • 寿命が長い


などの理由からモバイルバッテリーの方が圧倒的にメリットが大きいので現在はモバイルバッテリーを使っています。


USB電源は時代遅れのオンボロです。

メリケン太郎

It’s outdated to take power from a battery.

入浴セット【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

入浴セット【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


シャンプーやトリートメント、ボディシャンプー洗顔まで小分けにして持って行くようにアナウンスしている方がいますが、それらは全て浴場に置いてあります。

浴場に置いていない場合はタオルだけで入れます。タオルを1枚持って行きましょう。


というかそもそもツーリング先で洗髪までがっつり行う方は少ないです。どうせ帰り道で排気ガスくさくなりますし、髪を乾かす時間が惜しいです。

温泉ツーリングをするときは湯船を楽しみましょう。ツーリングでの温泉やお風呂は日々のお風呂とは違い体をキレイにするためではなく泉質を楽しんだり疲れを癒したりするものです。

もちろん入るときに体をキレイにすることは前提としてですよ。

okoko

女の子だから自分が気に入っているものを使いたいのよ!

okomoto

では荷物を増やしてツーリングへいってらっしゃい!HAHAHA!(家での入浴と同じに考えてんじゃないよ)

スロットルアシスト【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

スロットルアシスト【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


ネットではやたら評判がいいですが、ワインディングでの操作性はかなり落ちます。


高速道路だけつけたかったのですが、意外とベストポジションに設置するのが難しく、滑り止めのシートを噛ませても少しずつズレてくるので面倒くさくなって捨てました。


スロットルアシストをつけるのであればスロットルワイヤーに注油してスロットルの動きをスムーズにした方がいいです。

okomoto

これは個人差があると思います。安いものなので一度試してみるのもありかも?

シートクッション【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

シートクッション【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


僕はシートはとても大切なバイクへの入力装置だと思っているのでシートクッション反対派です。

僕は普段レザーパンツを履いているのですが、一度バイク用のジーパンでツーリングに行ったことがあります。その時同じバイク、いつものショートコースだったのですがお尻が痛くなってしまいました。

長距離ツーリングでお尻が痛くなる方はシートクッションよりもレザーパンツの方がおすすめです。エンジンの熱も遮断してくれ、車体とのグリップも増し、なんといっても摩擦に超強いので安全性能もあがります。



デグナーのDP-27を購入してツーリングへ行きましたが、操作性が悪く、レザーより薄いのでお尻が疲れ、なによりエンジンの熱に耐えきれず、一度しか履かないもったいない感じになりました。


特に初心者の方はレザーパンツに抵抗があると思うので無理にとはいいませんが、僕はレザーパンツをおすすめします。

okomoto

レザーンツは本来転倒時の摩擦に強いから選ぶのでものなので合皮のパンツはなんの意味もないです。ただのコスプレですので牛革のものを履いて下さい。合皮ならジーパンでいいですよ。

防犯のロック類【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

防犯のロック類【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


街のコンビニや住宅街をは違ってツーリング先に窃盗犯が現れる可能性は低いと考えています。

窃盗犯は衝動的に犯行に及ぶことは少なく、「バイク買い取ります!」と言ったステッカーをバイクに貼って様子を見たり、所有者がバイクに乗る頻度などを調べてから犯行に及ぶケースが多いそうです。


そういった理由で僕は宿泊ツーリングときでも一切のロック類を持って行きません。


okomoto

僕はこの辺りは結構割り切っているので防犯意識は低い方です。ご自身で判断願います。自宅での防犯はしっかりやっていますよ。

okomoto

心配な方は小さいディスクロックを持って行きましょう。

サングラス【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

サングラス【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】



有色人種である我々日本人は眼の中の虹彩内部のメラニン量が多いので光に対して青い目の白人の方ほど敏感ではありません。


普段からサングラスをしている方であればサングラスは必携品になるでしょうが、「ツーリングだからサングラスが必要!」というのはかなり外していると思います。

okomoto

夜でもサングラスしている人って何考えているんですかね!

昔乗ってたおじいちゃん

バカモン!日本人でも夜にサングラスが必要な人がいるんじゃ!

okomoto

視覚過敏の人ですか?

昔乗ってたおじいちゃん

ポン中は瞳孔が開きっぱなしになるから夜でもサングラスが必要なのじゃ!!

okomoto

(ヒロポン世代かぁ・・・)

タンクバッグ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

タンクバッグ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


タンクバッグをいうか、シートバッグ以外ほとんど全ての積載方法は不要です。


シートバッグがバイクの積載にもっとも優れた方法です。

サイドスタンドパッド【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


サイドスタンドパッドが必要な場所にバイクを停めるのは稀ですし、サイドスタンドが埋まる場所では石や木の枝などが落ちていればそれがサイドスタンドパッドになります。

使う機会が極端に少ないものは持ち運ぶべきではありません。

コンパス【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


どこに行くつもりかわかりませんがスマホで代用できます。

レインウエア【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


雨の日はバイクに乗りませんし、雨が降ってきた時点でツーリングをする意味はないので帰宅です。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。




寒くなったときにカッパを着てしのぐという技もありますが、インナーで調整できるように季節や気温に合わせたインナーを持ち歩く方が良いです。


季節ごとのインナーはこちらの記事を読んでみてください。

フクピカ【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


ツーリング中に洗車をせず、家でゆっくり行いましょう。

ツーリング中にどうしても汚れが気になったときは、シールドを拭くタオルで十分です。

携帯ライト【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

携帯ライト【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


バイクの夜間走行は大変危険です。

携帯ライトが必要になる局面にならないように余裕をもったツーリング計画をしましょう。

そもそも携帯ライトでなにを照らしたいのかわかりません。ヘッドライトもスマホの照明もありますしね・・・。

ツーリングネット【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


ツーリングネットをシートに括り付けるくらいならシートバッグを使いましょう。ツーリングネットは「シートバッグの上にさらに荷物を高積みしたい」というキャンプツーリング級の大荷物のときにのみ使うものです。


シートバッグはバイク界の宝です。

キャップ(帽子)【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】

キャップ(帽子)【バイクツーリング必携!とされているけど必要ないもの】


ツーリング先で崩れた髪型を気にしているのか、ヘルメットを取った瞬間にキャップを被る方が多くいます。

バイクに乗っている時点でかっこいいのだから(個人差があります)そんなことを気にする必要はありません。

というか少なくとも僕は知らない方の髪が乱れていようがキャップを被っていようがまったく気にしませんよ。

バイク太郎

ヘルメットからのキャップだと頭が蒸れっぱなしだからハゲやすくなるよ・・・

ハゲたおじいちゃん

これはやっちまったかのー

まとめ

自分で考えながら成長すべき


いかがでしたでしょうか。

「必携!」「ツーリングの持ち物!」という記事によく書いてあるもので僕が大きな違和感を感じたものをまとめて紹介しました。


初心者のあなた、これからバイク趣味を始めようと考えているあなたの心配が少しでも和らいだのであれば幸いです。

皆様も先輩ライダーの情報を鵜呑みにせず、常にご自身の心の天秤にかけて判断していってください。


天秤で判断した結果あなたがリュックにパンパンの荷物を積めてツーリングをしていてもいいと思います。

僕はそれをみて「もっと楽に楽しくツーリングできるのにな・・・もったいないなぁ・・・」とは思うでしょうが・・・。

バイク太郎

もちろんこのサイトに書いてあることも鵜呑みにしないで判断して下さい。各々考えながらバイクライフを送ることが大切です。

メリケン太郎

Don’t try to post boring comments.

コメント

タイトルとURLをコピーしました