他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【春夏秋冬完全網羅】気温ごとのバイクウェアまとめ

春夏秋冬!月別!日帰り宿泊別!ツーリングの服装と持ち物一覧 バイク用品
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いたあなたは、

こんな方向けの記事です
  • 最近バイクに乗り始めた
  • 結局バイクウェアってどんだけ買えばいいの?

という方ではないでしょうか。バイク趣味を始めると、

という情報に接して、

オココ
オココ

おぉ、マジか…バイク乗りはクローゼットパンパンなんだな…

と絶望することがあると思います。色んな情報に接すると本当に必要なものが見えなくなったり、あまり使わない高価なものをたくさん購入してしまってコスパが悪くなります。

季節ごとに装備を変えるのは基本ですが、実際には世の中で言われているほどの種類は必要ありません。

この記事では、

この記事でわかること
  • 春後半秋前半に必要なバイクウェア
  • 夏に必要なバイクウェア
  • 春前半秋後半に必要なバイクウェア
  • 冬に必要なバイクウェア
  • 本当に最低限のバイクウェア
  • 実際の趣味ライダーが使っているバイクウェア
  • ついでに最低限のツーリングの持ち物

ということについて解説していきます。

オコモト
オコモト

各ウェアのおすすめ(現在入手可能な有名メーカーのものほとんどすべて)を確認したい場合は青文字をタップしてみてください。詳細記事に移動します。

春後半秋前半に必要なバイクウェア

春後半秋前半に必要なバイクウェア
あってもいいかもなバイクウェア!
これでもいいかもなバイクウェア!

ゴールデンウィークや桜舞い上がる季節、革ジャンの季節であもり、ツーリングがもっとも気持ち良い季節でもあります。
一方で一日の気温差、日々の気温差が大きく、温度管理に気を使う季節。

基本的に防風性能が高いものを外側に着て、防風インナーで調整することになります。

夏に必要なバイクウェア

夏に必要なバイクウェア
あってもいいかもなバイクウェア!

実は夏のツーリングの服装は年間を通して最も簡単です。というか単純です。

春秋とは違って寒暖の差に気をつける必要はありませんし、結局どこに行っても暑いので「涼しさと安全性のバランス」がもっとも取れた服装を見つけてしまえば朝から晩までその服装でツーリングをすることができます。

ライター
ライター

朝は冷えるから!

ライター
ライター

山は冷えるから!

という情報がありますが、あれはウソです。クソです。正しくは

オコモト
オコモト

朝は暑いから!昼がクソ暑いだけだから!

オコモト
オコモト

山も暑いから!街がクソ暑いだけだから!

です。
つまり、朝や山は「昼や街よりはマシ」という程度のこと。朝も山も昼も街も「最高に涼しい服装」をしていることに変わりはないのです。

昔乗ってたの
昔乗ってたの

どっちも一番涼しい装備をするということに変わりはないんじゃよ。

バイク太郎
バイク太郎

仮に山の上の方に行って多少寒くなっても、それが何時間も続くわけじゃないからね。せいぜい数十分だからね。ごく稀なケースのためにわざわざ対策品を持ってく必要はないと思うよ。

春前半秋後半に必要なバイクウェア

春前半秋後半に必要なバイクウェア
あってもいいかもなバイクウェア!
これでもいいかも?なウェア

春秋は一年の中で最もツーリングに適した季節です。しかし「暑い」「寒い」の境界でもあるこの季節はツーリングの服装に最も気を使う季節でもあります。

基本的に防風性能が高いものを外側に着て、防風インナーと防寒インナーで調整することになります。

冬に必要なバイクウェア

冬に必要なバイクウェア

冬は決してツーリングに適した季節ではありませんが、雪さえなければ走りに行ってしまうのがバイク乗りなのかもしれません。


そして、厳しい寒さの中、空気が張り詰めたあの「ピリッ」とした雰囲気は独特のものがありますよね。

空気も澄んでいますし、寒い山のベンチに一人腰かけて缶コーヒーをありがたがる様もなかなかに趣きがあります。


そのベンチにたどり着くには防寒対策が必須になるわけですが、この季節の服装は「寒さ対策」の全振りすることができるので、春や秋と比べて服装のチョイスはそれほど難しくありません。

バイク次郎
バイク次郎

つま先以外はね・・・

問題は「どんな服装が最高に暖かいのか」ということのみです。

オココ
オココ

当たり前の話じゃん。

オコモト
オコモト

インナーで調整したりする温度管理には気を使わなくていいよねって話です。

本当に最低限のバイクウェア

ここまで紹介した「必要なバイクウェア」を全て揃えれば快適にバイクライフを楽しむことができますが、正直、

怒コ
怒コ

いや、結局かなりの量だぞ(怒)

という感じですよね。
そこで季節被りがあるものや代用できるものをピックアップして本当に最低限必要なものを抽出すると、

最低限のマストアイテム!

という感じになります。
夏以外の季節はメッシュジャケット(もしくはインナープロテクター)を季節に合わせた普段着の中に着込めばOK。

とはいえ、この装備はあくまでもバイク趣味を楽しむ上での「安全性」のみに特化した装備で、快適性や操作性は得られないということは覚えておいて下さい。

ちなみに僕今まで散々バイクウェアを購入してきて、現在最終的に残っているものは、

という感じ。この装備があれば安全性だけではなく、快適さ、操作性も手に入れてツーリングやライディングを楽しむことができます。

最低限のツーリングの持ち物

一般的に、

ライター
ライター

ツーリングにはこれが必要!必携品!

と言われているものは75アイテムありますが、実際の日帰りツーリングで必要最低限な持ち物は

日帰りツーリングに必要な持ち物リスト
  • 7~20リットルのシートバッグ
  • 財布(クレジットカード、運転免許証、健康保険証在中)
  • 車検証、自賠責保険証明書のコピー(自己責任)
  • スマホ(任意保険レッカー手配、バイク屋の番号登録済み)
  • モバイルバッテリー
  • スマホホルダー
  • ネックガード

というたったの7アイテムで済んだりします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これからバイク趣味を始める方のために、それぞれの季節を快適に過ごすためのバイクウェアと、最低限必要なバイクウェアをまとめてみました。

詳細が気になった方はぜひそれぞれの詳細記事もチェックしてみてください。

この記事が少しでもあなたのバイクライフのお役に立てたのであれば嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました