> 春夏秋冬!月別!日帰り宿泊別!ツーリングの服装と持ち物一覧 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

春夏秋冬!月別!日帰り宿泊別!ツーリングの服装と持ち物一覧

春夏秋冬!月別!日帰り宿泊別!ツーリングの服装と持ち物一覧 バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクツーリングに行ってみたい
  • バイクツーリングの季節ごとの服装が知りたい
  • 日帰りバイクツーリングの必携の持ち物が知りたい
  • 宿泊ロングツーリングの必携の持ち物が知りたい


という方ではないでしょうか。

初心者方が「ツーリングに行きたい!」と思って調べても「あれもこれもそれも必要なのか・・・」と気が滅入ってしまいますよね。

実はライダーによって「ツーリングに必携の持ち物」というものは変わってきます。僕からすると多くのライダーが説明している「ツーリングに必携の持ち物」というものはとても無駄が多いです。

okomoto

その人はそれが必携だと信じているのでいいのですが、それを初心者の方が真に受けてしまうとちょっと可哀そうかなと思います。




この記事では週イチで日帰りツーリング、月イチで宿泊ツーリングに行っていた僕が今までの経験を総動員した


この記事で分かること
  • 春夏秋冬ごとのバイクツーリングの服装
  • 最高気温ごとのバイクツーリングの服装
  • 季節ごとの日帰りツーリングの持ち物
  • 季節ごとの宿泊ツーリングの持ち物



ということを知ることができます。

この記事をツーリング準備にお役立て下さい。

バイク次郎

最近は世の中がたいへんなことになって全然行けてないね

okomoto

行く行かないは自由ですが僕は行かないを選択しています。



それぞれの持ち物や服装について

  • どんな使い方をするか
  • どれがおすすめか
  • その根拠はなにか


ということは各リンク記事で深堀して紹介しています。併せて読んでみて下さい。



okomoto

「何故これが必要?」と思ったら詳細記事を読んでみてください。詳細記事は鋭意執筆中です。

okoko

あなたにとって一番いい服装や持ち物を考えてみてね!

ツーリングの服装について注意点

ツーリングの服装


服装について先に注意書きです。

服装は出発時のもの

ツーリングの出発


ツーリングへ出発するのは朝かと思いますので服装は朝の出発時のものに合わせています。
温かくなってきたらインナーを脱いで、日が暮れてまた冷えてきたら着る感じで体温調整してください。

服を着る順番は「外側に来るものを上」に書いています。

着る順番

例えば、

  • 防風インナー
  • インナーダウン
  • トレーナー

と書いていれば「トレーナーの上にインナーダウンを着て、その上に防風インナーを着る」と読んでください。

okomoto

着る順番はかなり大事です。風を遮断→体温を保温が基本です。

ツーリングの持ち物について注意点

ツーリングの持ち物について注意点


「車検証、自賠責保険証明書のコピー(自己責任)」と書いていますが、これは違反です。みなさんは原本を持っていくようにしましょう。

原本があるとバイクが盗難されたときにほとんど合法的に売却されてしまうのと、今までこの2つを持っていないことで警察官に咎められたことがないからといってもみなさまは原本を大切に自宅に保管せず、ツーリングに持っていきましょう。

バイク太郎

違反した時自動車だと100%検証の提示を求められるけどバイクは一回もないね。

okomoto

(コピーじゃ売れないんだよ!!!)

okomoto

コピーをジップロックに入れてバイクに積みっぱなしにしてはダメですよ!(察して!)

日帰りの持ち物について

正直日帰りで「いつもの峠」に行く程度のツーリングであればポケットにスマホと財布とたばこを突っ込んで行きます。これが僕の最小限の持ち物です。
この記事の持ち物は「ルートを出して、ナビをしながら、しっかりツーリングする」ときのものだと考えてください。

春秋ツーリングの服装(最高気温12~18度程度まで)3月4月11月

春ツーリンツの服装


冬よりの春です。

冬から暖かくなる時期、秋から冬に向かう時期は特に体温調整が難しいです。

市街地では平気だった服装でも山の上や海沿いでは寒く感じられます。

朝は暖かい服装で出発し、体も心も温まったらインナーを脱いでいきましょう。

バイク次郎

まだ寒さが残ってるけど太陽の暖かさを一番感じられる季節だよね

春秋ツーリング(最高気温12~18度)出発時の服装
  • フルフェイスヘルメット
  • ネックウォーマー
  • 3シーズンバイクジャケット(白以外)
  • 防風インナー
  • インナーダウン
  • トレーナー
  • ヒートテックインナー
  • レザーグローブ
  • インナーグローブ
  • レザーパンツ(ジーパンだと寒いかも。風を通さないもの推奨)
  • 防風インナー(レギンス)
  • ヒートテックインナー(レギンス)
  • 暖かい靴下
  • 五本指ハイソックス
  • レーシングブーツ(ツーリングブーツ可)

春秋ツーリングの服装(最高気温18度~25度程度まで)5月10月

温かい春ツーリング



特に4月後半から5月初めの「暖かくなってきて20度に行くか行かないくらい」の期間は冬の終わりを感じてとても気持ち良いものです。

なにより花見にかこつけて無限にツーリングできる季節でもあります。

インナーの調整が必要になる難しい季節ですが、快適にツーリングできる服装をして快適に新しいバイクシーズンを走り始めましょう。

最高気温20度を境にインナーを変更している点に注意してください。

バイク三郎

「来週は最高になるな」とか思ってると本当に来週が最高になるんだよね

バイク次郎

春の訪れが目に見えるよね

春秋ツーリング(最高気温18度~25度)出発時の服装
  • フルフェイスヘルメット(インカム付)
  • 3シーズンバイクジャケット(白以外)
  • 防風インナー
  • ヒートテックインナー(最高気温20度~は速乾インナーに変更)
  • レザーグローブ
  • インナーグローブ
  • レザーパンツ(ジーパンでも可)
  • ヒートテックインナー(レギンス)(最高気温20度~は速乾インナーに変更)
  • 五本指ハイソックス
  • レーシングブーツ(ツーリングブーツ可)

春秋日帰りツーリングの持ち物

春秋日帰りツーリングの持ち物


夏は夏特有のものを足して、冬は冬特有のものを足して、宿泊ツーリングは宿泊に必要なものを足して
、という感じになるのでこの持ち物がツーリングの基本になるかともいます。

春秋日帰りツーリングの持ち物
  • 7~20リットルのシートバッグ
  • 財布(クレジットカード、運転免許証、健康保険証在中)
  • 車検証、自賠責保険証明書のコピー(自己責任)
  • スマホ(任意保険レッカー手配、バイク屋の番号登録済み)
  • モバイルバッテリー
  • スマホホルダー
  • スマホ充電コード
  • フェイスタオル(不意の入浴用)
  • 日焼け止め
  • 花粉の薬
  • ヘアゴム(立ちごけ時用)
okoko

花粉症の方は注意!薬を忘れると地獄よ!

okomoto

ツーリングの基本の持ち物について詳細に解説している記事です。是非読んでみて下さい。

春秋宿泊ツーリングの持ち物(日帰りの持ち物にプラス)

春秋宿泊ツーリングの持ち物(日帰りの持ち物にプラス)


宿泊の荷物はどうしても多くなってしまいます。

ライディングに影響がでるので少しでも少ない荷物の方がいいのですがこれでもかなり絞っています。

宿から外出するときは基本的に寝巻+バイクジャケット+ブーツででかけます。

この時期の夜に外出する用の靴を持っていくと結構な荷物になるのでブーツで居酒屋に行きます。

2泊以上のツーリングだと天気や進捗状況でルート変更が起こりやすいので2泊以上であればツーリングマップルやツーリングルートを書き出しているノートを持っていきます。

ノートの作り方はこちらの記事をご覧ください。

バイク太郎

2泊ツーリングの2日目って最高だよね

okomoto

「行き」と「帰り」がないせいですね。

バイク次郎

最初から最後まで現地ツーリングだからね2日目は!

okomoto

そういうこと

春秋宿泊ツーリングの持ち物日帰りの持ち物にプラス
  • 20リットル以上のシートバッグ(泊数、お土産による40ℓ推奨)
  • インナー上下×泊数
  • 靴下×泊数
  • タオル 2枚
  • 歯磨きセット
  • 寝巻
  • 3口以上のUSBポート(スマホ、インカム、モバイルバッテリー充電用)
  • モバイルバッテリー、インカム充電用コード
  • ツーリングマップル(2泊~なくても可)
  • 自作のツーリングルートノート(2泊以上~なくても可)
  • 薄くて大きなエコバッグ
  • 収納ポーチ(バッグインバッグ用)
  • ゴミ袋45ℓ(洗濯物入れ)
  • 細いビニールテープ
okoko

宿によっては歯ブラシとはないとこもあるから念の為持っていこう。

okomoto

特に宿を予約しない方はマストです。僕も基本予約しません。

夏ツーリングの服装(最高気温25度以上)6月7月8月9月

夏ツーリングの服装


熱中症に気をつけなければならない季節です。

特に35度を超える日はライダーもバイクも限界に達することがあるので注意しましょう。僕は35度以上の日はツーリングを控えています。

この装備がもっとも涼しい装備です。メッシュパンツはエンジン熱を遮断できないのと、ニーグリップが弱まってしまうので僕は使っていません。

okomoto

夏のツーリングは本当にやばいので少しでも日陰に入るようにしましょう。

バイク太郎

休憩中はなるべくバイクも日陰に停めてね・・・

okomoto

小さい神社で休憩すると風情があるしちょっと涼しくていい感じですよ!

夏ツーリングの出発時の服装
  • フルフェイスヘルメット(インカム付き)
  • メッシュジャケット(白色以外)
  • 速乾性の長袖インナー(白以外)
  • メッシュグローブ
  • インナーグローブ
  • レザーパンツ(ジーパンでも可)
  • 速乾性のインナー(レギンス)
  • 五本指ハイソックス
  • レーシングブーツ(ツーリングブーツ可)

夏日帰りツーリングの持ち物

夏日帰りツーリングの持ち物


熱中症予防のために、真夏は水を被りながらツーリングをします。

これをするのとしないのでは一日の疲れが全然変わってきます。人目を気にせずに水を浴びましょう。そのための2リットルの水です。

okomoto

ライダーも水冷にしたら真夏ツーリングがぐっと楽になりました。

okoko

こんなバカみたいな方法どこで知ったの?

okomoto

こんな大胆な方法僕以外に誰も思いつかないでしょ!一般的な方法ではないのでご注意を。




スマホが熱暴走を始めてまともに使えなくなるので熱暴走対策のための持ち物が増えています。


okomoto

この方法も僕のオリジナルです!絶大な効果がありますがスマホに水を近づけるので自己責任で!

夏日帰りツーリングの持ち物
  • 7~20リットルのシートバッグ
  • 防風インナー(30度~は不要)
  • 財布(クレジットカード、運転免許証、健康保険証在中)
  • 車検証、自賠責保険証明書のコピー(自己責任)
  • スマホ(任意保険レッカー手配、バイク屋の番号登録済み)
  • モバイルバッテリー
  • スマホホルダー
  • スマホ充電コード
  • ウエス(スマホ冷却&虫拭きとり用)
  • モバイルバッテリーケース(30度~必要)
  • 水2リットル(30度~必要ライダー空冷用)
  • フェイスタオル(不意の入浴用)
  • 日焼け止め
  • 花粉の薬
  • ヘアゴム(立ちごけ時用)

夏宿泊ツーリングの持ち物(日帰りの持ち物にプラス)

真夏宿泊ツーリングの持ち物


サンダル程度であればそれほど荷物にならないので、宿泊先で外出する予定があればサンダルを外履きとして持っていくのもありです。

「ちょっと気が利いてるかな」と思いついて書いただけなので実際には僕はブーツで出歩いています。

バイク三郎

(荷物は少ないほうがええんやで・・・)

夏宿泊ツーリングの持ち物日帰りの持ち物にプラス
  • 20リットル以上のシートバッグ(泊数、お土産による40ℓ推奨)
  • インナー上下×泊数
  • 靴下×泊数
  • タオル 2枚
  • 歯磨きセット
  • Tシャツハーフパンツ(寝巻)
  • 外出用サンダル(無くても可)
  • 3口以上のUSBポート(スマホ、インカム、モバイルバッテリー充電用)
  • モバイルバッテリー、インカム充電用コード
  • ツーリングマップル(2泊~なくても可)
  • 自作のツーリングルートノート(2泊以上~なくても可)
  • 薄くて大きなエコバッグ
  • 収納ポーチ(バッグインバッグ用)
  • ゴミ袋45ℓ(洗濯物入れ)
  • 細いビニールテープ

コスパ重視の冬ツーリングの服装(最高気温12度以下)12月1月2月

コスパ重視の冬ツーリングの服装



冬は雪や路面凍結剤もありますし、タイヤが温まりにくいので他の季節と比べてガンガンバイクを倒してスポーツランを楽しむ方は少ないかと思います。

その季節のために冬用の高価な装備を揃えるのが悔しいので代用品を着てバイクに乗っています。他の季節と違ってプロテクター入りの装備を着ていませんが厚着しているし、飛ばせない季節なので目をつむっています。

この装備で走れば大丈夫です。つま先はどうやっても冷えやすいので気をつけてください。


バイク次郎

冬は体も動かないしね。まったり乗るのが一番。

冬ツーリング出発時の服装
  • フルフェイスヘルメット(インカム付き)
  • ネックウォーマー
  • 防寒防水ウエア
  • 防風インナー
  • インナーダウン
  • トレーナー
  • 貼るホッカイロ(8枚)
  • ヒートテックインナー
  • 冬用のバイクグローブ
  • インナーグローブ
  • 防寒防水ウエア(レザーパンツ可)
  • 防風インナー
  • インナーダウン(レギンス)
  • ヒートテックインナー(レギンス)
  • 温かい靴下
  • 五本指ハイソックス
  • 防水防寒靴

コスパ度外視の冬ツーリングの服装

コスパ度外視の冬ツーリングの服装


僕は楽しく走れない冬用の装備を揃えるのが嫌なので揃えていませんが、揃えられる方は下のリストを参考にいいものを揃えてください。

冬ツーリング出発時の服装
  • フルフェイスヘルメット(インカム付き)
  • バラクラバ
  • ストレッチクリマプラス200
  • バイク用の高価な真冬用ジャケット
  • 防風インナー
  • Super Versa Loft Jacket
  • 電熱ウエア
  • R1 Hoody
  • Capline TW Crew
  • 冬用のバイクグローブ
  • メリノウール インナーグローブ
  • バイク用の高価な真冬用パンツ
  • 防風インナー
  • 電熱ウエア
  • Capline TW Bottoms
  • IMPACT BAFFIN
  • 温かい靴下
  • 五本指ハイソックス
  • 防水防寒靴
バイク太郎

(南極ツーリングできそうな装備だな)

冬日帰りツーリングの持ち物

冬日帰りツーリングの持ち物

基本は変わりません。

グリップヒーターとハンドルカバーを「持ち物」に入れるのはどうかと思いましたが入れておきました。

冬日帰りツーリングの持ち物
  • 7~20リットルのシートバッグ
  • 財布(クレジットカード、運転免許証、健康保険証在中)
  • 車検証、自賠責保険証明書のコピー(自己責任)
  • スマホ(任意保険レッカー手配、バイク屋の番号登録済み)
  • モバイルバッテリー
  • スマホホルダー
  • スマホ充電コード
  • フェイスタオル(不意の入浴用)
  • 日焼け止め
  • 花粉の薬
  • ヘアゴム(立ちごけ時用)
  • グリップヒーター(コスパ度外視の場合)
  • ハンドルカバー(取り付けできる場合)
バイク次郎

ハンドルカバーがあればグリップヒーターはいらないと思うよ

冬宿泊ツーリングの持ち物(日帰りの持ち物にプラス)

冬宿泊ツーリングの持ち物

特に注意点はありませんが、寝巻は暖かいものをもっていきましょう。

古い宿だと、隙間風が入って寒かったりします。

冬宿泊ツーリングの持ち物日帰りの持ち物にプラス
  • 20リットル以上のシートバッグ(泊数、お土産による40ℓ推奨)
  • インナー上下×泊数
  • 靴下×泊数
  • タオル 2枚
  • 歯磨きセット
  • 温かい寝巻
  • 3口以上のUSBポート(スマホ、インカム、モバイルバッテリー充電用)
  • モバイルバッテリー、インカム充電用コード
  • ツーリングマップル(2泊~なくても可)
  • 自作のツーリングルートノート(2泊以上~なくても可)
  • 薄くて大きなエコバッグ
  • 収納ポーチ(バッグインバッグ用)
  • ゴミ袋45ℓ(洗濯物入れ)
  • 細いビニールテープ

本当はツーリングにいらないものリスト

ツーリングの不要なもの


多くのライダーが「必須だ」と信じているけれども本当は全く必要ない持ち物をまとめてみました。

本当はツーリングにいらないものリスト
  • 地図(ツーリングマップル)
  • 工具
  • パンク修理剤
  • 予備パーツ(電球やプラグ)
  • 内服薬
  • 非常食
  • バイク用のナビ
  • デジカメ
  • USB電源
  • 入浴セット
  • スロットルアシスト
  • シートクッション
  • 防犯のロック類
  • サングラス
  • プラグレンチ
  • フェイスマスク
  • タンクバッグ
  • サイドスタンドパッド
  • コンパス
  • レインウエア
  • フクピカ
  • 携帯ライト
  • ツーリングネット
  • キャップ(帽子)


これらのものは必要ありません。お金と時間と積載スペースの無駄なので揃える必要はありません。


okomoto

考え方それぞれです。僕はこれらものには反吐が出るくらい不要だと思います!

バイク三郎

(荷物は少ないほうがええんやで・・・)

ベテランライダー

(パンクしたら・・・プラグ外れたら・・・電球切れたら・・・工具も・・・)

okomoto

(もうガレージつないで持って行けよ・・・)

ベテランライダー

バイクは自由な乗り物だぜ!!!!HAHAHA!!!!!

まとめ

ツーリングの準備



いかがでしたでしょうか。

四季を通してそれぞれのツーリングの服装や持ち物、そして初心者の方が陥りやすい「不要だけど日必要を言われているもの」について網羅的に解説をしました。

この記事が少しでもあなたから「暑い」「寒い」「多い」「足りない」そして「危ない」と遠ざけてくれればと思います。




コメント

タイトルとURLをコピーしました