> バイクの冬の防寒パンツ、ウインターパンツの選び方とおすすめの代用品 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクの冬の防寒パンツ、ウインターパンツの選び方とおすすめの代用品

バイクの冬の防寒パンツ、ウインターパンツの選び方とおすすめの代用品 バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • 冬のバイクツーリングに備えて防寒パンツを用意しようと考えている
  • おすすめのウインターパンツが知りたい
  • そもそもウインターパンツって必要なの??


という方ではないでしょうか。


この記事では

この記事でわかること
  • バイクの防寒パンツ、ウインターパンツのメリット
  • バイクの防寒パンツ、ウインターパンツのデメリット
  • おすすめのバイクの防寒パンツ、ウインターパンツ
  • ウインターパンツの代用品
  • 電熱パンツで全て解決かも
  • バイクの防寒まとめ


ということについて解説していきます。

バイクの防寒パンツ、ウインターパンツのメリット

バイクの防寒パンツ、ウインターパンツのメリット
バイクの防寒パンツ、ウインターパンツのメリット
  • 温かい
  • 安全性が高い
  • 収納が多い


ウインターパンツのメリットをそれぞれ簡単に解説します。

温かい

ウインターパンツの外側は防風素材でできていて冷たい走行風雨を遮断します。内側には中綿やフリーズ素材など体温を保温する素材が使われているので寒さを感じずにツーリングをすることができます。

バイク太郎

風を遮断して熱を逃さないようにするというのがバイクの防寒対策のすべての基本になるよ

安全性が高い

厚い生地で作られているウインターパンツは耐摩擦性能が高く、厚い生地にはプロテクターを仕込むことができるので安全性が高くなっています。

バイク次郎

レザーほどではないけれど摩擦に強いよ!

収納が多い

比較的大きく(ピチッとしていない)作られるので収納ポケットを設置しやすいです。多くのウインターパンツには大きなポケットがつけられています。

okomoto

とはいえ、夏と冬でもツーリングの持ち物は大きく変わりません。夏に使っていたシードバッグにいつも通り荷物を積んだほうがいいのでこれはそれほど魅力的なメリットではないです。

okoko

ツーリングの荷物はライダーにじゃなく、バイクに載せたほうがいいのよね!疲れちゃうからね!

バイクの防寒パンツ、ウインターパンツのデメリット

バイクの防寒パンツ、ウインターパンツのデメリット
バイクの防寒パンツ、ウインターパンツのデメリット
  • 操作性は悪い
  • ニースライダーがついていない
  • 必要度は低い


ウインターパンツのデメリットをそれぞれ簡単に解説します。

操作性は悪い


多くのウインターパンツはポリエステルなどの化学繊維でできています。レザーと比べると滑りやすいので操作性はよくありません。

バイク上手太郎

冬はスポーツライディングの季節じゃないから別にいいんだけどね・・・

ニースライダーがついていない

冬はタイヤが温まりにくく、峠に塩カルが撒かれていることも多いのでスポーツライディンぐの季節ではありません。
そのせいか、ほとんどすべてのウインターパンツにはニースライダーがついていません。

okomoto

我々のような健全なツーリンガーにはニースライダーなんてものは必要ないですしね!

バイク三郎

(狸め・・・よく言うよ・・・

必要度は低い

冬は雪の影響などで春秋ほど走れる道が多くありません。自然とツーリングの機会も減る方が多いのでウインターパンツを履いて走りに行く機会は結構少ないです。

okoko

月イチくらいなら「ちょっと工夫して乗り切ろうかな・・・」って思っちゃう

おすすめのバイクの防寒パンツ、ウインターパンツ

おすすめのバイクの防寒パンツ、ウインターパンツ


おすすめのウインターパンツを少し紹介します。

ラフアンドロードRR7715LF デュアルテックスウインターカーゴパンツルーズフィット

●6ポケットのスタンダードカーゴパンツに、天候に左右されない、防水・透湿素材デュアルテックスファブリクスを採用。
●カーゴパンツの機動力、機能性に安全性を高める膝のプロテクション標準装備。防水透湿性を付加した、ウインターオーバーパンツ。
●ウエストはルーズフィット仕様。幅広い調整が可能なため、アンダーパンツの種類に合わせて穿きやすくなっています。
右腿のポケットは、ステップに足を乗せたまま物を出し入れしやすい角度にオフセットした親切設計。
●ベーシックな装いが、時と場所を選ばない使いやすいパンツです。

口コミ太郎

ウエストを付属のタブでかなり絞れるので、サイズで迷ったら大きいサイズを買うほうが良いかと思います。

口コミ次郎

気温3度での走行では、全く寒さを感じませんでした。

口コミ三郎

コミネのゲルマニアと比較して防寒性能としては同程度、プロテクターの防御力がコミネのほうが圧倒的に上

コミネ(KOMINE) バイク用 ウインターパンツ ゲルマニア

●便利なカーゴポケットが特徴的な充実装備のウインターパンツ。
●乗車姿勢を取りやすい3Dパターンに着脱可能な保温ライナー、膝にはCE規格ハードプロテクターを標準装備、腿にベンチレーションを備えロングシーズン着用可能。パンツのずり下がりを防ぐサスペンダーは簡単に着脱可能で二通りの使い方が可能。
●タイプBコネクションジッパーを装備するジャケットと接続が可能(上下ともに同サイズの場合のみ)

口コミ次郎

厚みもしっかりしており裾にチャックがついているのでオフロードブーツの上から被せられるので枝等の引っ掛かりの心配もなく満足

口コミ太郎

デカい!重い!!動けない!!!

口コミ三郎

裾が短いです。

ウインターパンツの代用品

ウインターパンツの代用品


ウインターパンツ寒さを防ぐだけであればウインターパンツは簡単に代用品を用意することができます。

先程も解説した

バイク太郎

風を遮断して熱を逃さないようにするというのがバイクの防寒対策のすべての基本になるよ



ということを考えていきます。

外側は風を通さないもの
内側は保温できるもの
  • 厚手のももひき
  • インナーダウン
  • 一般的な防風防寒パンツ


などを使えばOKです。



僕の場合、内側(体側)に着るものから紹介すると

僕の場合
  • ヒートテックインナー
  • 厚手のももひき
  • 防風インナー
  • レザーパンツ


で真冬も問題なくツーリングに行っています。歩きにくさを感じたことは一度もないです。



防風をしっかりして、内側の熱をきちんと保温する・・・という考えで組み立てればだいたいうまくいきます。すでに持っているもので組み立てもできるので経済的にいきましょう。

電熱パンツで全て解決

電熱パンツで全て解決


根本的に寒さから開放されたい方は電熱インナーを使うことがおすすめです。

「体温を保温」ではなく「服を発熱」なので暖かさの種類が違います。

バイクから電源を取るのは個人的におすすめしません。

電熱インナーの電源をバイクから取らないほうがいい理由
  • 休憩中使えなくなる
  • バッテリー上がりの可能性


という理由です。電気で発熱するのはかなりの電力を消費します。薄着+電熱インナーででかけて、万一オルタネーターやレギュレーターの故障などでバッテリーが上がると地獄です。

電源はモバイルバッテリーから取るものが良いです電熱ベストは4000mAhで1時間最大駆動できるそうなの下半身でも同じくらいかと思います。

バイク三郎

20000mAhくらいのが2つあれば一日走れるね。弱く設定すれば1つで行けるかも??

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクの冬の防寒パンツ、ウインターパンツの選び方とおすすめの代用品について解説しました。

最初はすでにお持ちのもので工夫してツーリングに行き、不満を感じたらバイク用のウインターパンツを購入し、「歩きにくい」と感じたら電熱に移行する感じでいいと思います。

正直お持ちのものでなんとかなります。

他の防寒対策は下の記事を読んでみてください。


他のライディングパンツはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました