> 12月1月2月の冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!ホッカイロの貼り方まで! | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

12月1月2月の冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!ホッカイロの貼り方まで!

12月1月2月の冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!ホッカイロの貼り方まで! ツーリング
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 真冬ツーリングの服装が知りたい
  • バイク乗りの寒さ対策が知りたい


と言う方ではないでしょうか。

冬は決してツーリングに適した季節ではありませんが、雪さえなければ走りに行ってしまうのがバイク乗りなのかもしれません。


そして、厳しい寒さの中、空気が張り詰めたあの「ピリッ」とした雰囲気は独特のものがありますよね。

空気も澄んでいますし、寒い山のベンチに一人腰かけて缶コーヒーをありがたがる様もなかなかに趣きがあります。


そのベンチにたどり着くには防寒対策が必須になるわけですが、この季節の服装は「寒さ対策」の全振りすることができるので、春や秋と比べて服装のチョイスはそれほど難しくありません。


バイク次郎

つま先以外はね・・・



問題は「どんな服装が最高に暖かいのか」ということのみです。

okoko

当たり前の話じゃん。

okomoto

インナーで調整したりする温度管理には気を使わなくていいよねって話です。




この記事では

この記事で分かること
  • 冬ツーリングの服装
  • 最高気温12度以下の12月1月2月の服装
  • 冬の寒さ対策全般


などについて解説をしていく記事です。

地域差や個人差があるとは思いますが、この記事があなたの「明日最高12度か・・・なに着ていくか・・・」という悩みを少しでも解決できればと思って書いていきます。


正直、春夏秋とは違い、冬ツーリングの「答え」となる服装は完璧には見つけられていません。それは「つま先がどうやっても冷える」からです。

okomoto

「つま先まったく冷えないよ」という方法を知っている方がいればコメントから教えてください・・・

バイク太郎

中指(の感覚)がすぐにいなくなるよね・・・

okomoto

逆に考えればつま先以外の対策はばっちりの内容なので是非参考にして下さい。

  1. 冬ツーリングの服装(最高気温12度以下)12月1月2月 一覧
  2. フルフェイスヘルメット(インカム付き)【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  3. ネックウォーマー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  4. 防寒防水ウエア【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  5. 防風インナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  6. インナーダウン【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  7. トレーナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  8. 貼るホッカイロ(8枚)【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  9. ヒートテックインナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  10. 冬用のバイクグローブ【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  11. インナーグローブ【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  12. 防寒防水ウエア(レザーパンツ可)【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  13. 防風インナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  14. 下半身のインナーダウン【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  15. ヒートテックインナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  16. 暖かい靴下【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  17. 五本指ハイソックス【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  18. 防水防寒靴【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】
  19. バイク乗りならではの趣きのある寒さ対策
  20. まとめ

冬ツーリングの服装(最高気温12度以下)12月1月2月 一覧

冬ツーリングの服装(最高気温12度以下)12月1月2月一覧
冬ツーリング出発時の服装
  • フルフェイスヘルメット(インカム付き)
  • ネックウォーマー
  • 防寒防水ウエア
  • 防風インナー
  • インナーダウン
  • トレーナー
  • 貼るホッカイロ(8枚)
  • ヒートテックインナー
  • 冬用のバイクグローブ
  • インナーグローブ
  • 防寒防水ウエア(レザーパンツ可)
  • 防風インナー
  • インナーダウン
  • ヒートテックインナー(レギンス)
  • 温かい靴下
  • 五本指ハイソックス
  • 防水防寒靴


一覧にするとこんな感じです。

真冬用のバイクジャケットなどもありますが、僕は楽しく走れない冬用の装備をわざわざ揃えるのが嫌なので揃えていません。


冬はタイヤが温まりにくく、体も温まりにくいので他の季節のようにワインディングを楽しむことも難しいので「まったりトコトコツーリング」に合わせて普段使いもできるようなもので揃えています。


それぞれ解説していきます。

okomoto

本来ならプロテクター入りのジャケットを着ないのであればインナープロテクターを着るべきですが着ぶくれしすぎるのと、冬はまったりしか乗らないので僕は着ていません。

バイク太郎

着ろよ。マジで。バイクは危ないんだぞ。

okomoto

次の冬ツーから防寒防水ウエアの下に着るようにします・・・

昔乗ってたおじいちゃん

メッシュジャケットを着んなープロテクター代わりにきるという技もあるぞい

フルフェイスヘルメット(インカム付き)【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

フルフェイスヘルメット


ヘルメットはフルフェイスがおすすめです。というか趣味としてバイクを楽しむライダーの基本です。

この季節は冷たい外気からライダーを守ってくれます。


フルフェイスであればどんなものでも大丈夫ですが、安全性、快適性を重視するならばアライやショウエイなどの一流メーカーのものを被りたいところです。


フルフェイスを被っていれば頭や顔に寒さを感じることはないです。

okomoto

僕はツーリングのときはアライを被っています。

ネックウォーマー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


この時期はネックウォーマーが欠かせません。ネックウォーマーがないと冷たい外気が首からジャケット内やヘルメット内に入ってきます。

ネックウォーマーをしていると首が使えて前傾姿勢がとりにくかったり、肩や首が疲れやすくなってしまうというデメリットがありますがこの季節は「寒さ」が最大のデメリットなので必ず着用しましょう。

okomoto

これがあるのとないのでは感じる寒さが全然違います。

防寒防水ウエア【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


バイク専用のものをケチっています。経済的に余裕があって冬ツーリングを頻繁にする方は専用品を買った方がいいかもしれません。


僕のようなマイルドツーリンガーの方は上下セットの防寒防水ウエアがおすすめです。中綿が入っているカッパですね。防水効果があるとそれだけ風を通しにくいです。寒い時に一番外にカッパを着るのと同じです。

バイク次郎

たまにコンビニでカッパ買ってたのは寒さ対策だったのね

okomoto

初心者のころ、温度管理になれていないときはよく買っていましたね・・・。気温や季節に応じた服装がわかっているので買わずに済んでいます。



防寒防水ウエアとは簡単に言うとワークマンのイージスのようなやつです。ワークマンの商品はAmazonや楽天で購入できないのでイージスが良い方は下のリンクから買い物してください。ワークマンの商品はすぐ売り切れるのでネットで買うのがいいです。

防風インナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

防風インナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


ジャケットの下には防風インナーを着ます。


ジャケットに付属していれば儲けものですが、わざわざジャケットのオプションのようなものを購入する必要はありません。安くていいものを別途購入しましょう。


防風インナーはかなり効果があります。防寒の基本は外側で冷気をシャットアウトして内側で保温です。防風インナーを着ることでジャケットとともに冷気をシャットアウトします。さきほど紹介した防風防寒ウエアも、まずは外側で外気を遮断するためです。

リンクを貼っている商品はハーフジップですがジッパーはないほうが防風性は高いです。ワークマンに行けばもっと安く、ジッパーがないものを購入することができます。


Amazonに良いものがなかったので「これのジッパーなしのイメージです」という意味でリンクを貼っておきます。


okomoto

外気を遮断するものをなるべく外側に着ることで保温性をあげます。同じ服を着るにも、着る順番で全然違ってきます。

インナーダウン【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

インナーダウン【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


外気をアウトしたらここからは保温に全振りします。


防寒防水ウエアの下にはインナーダウンを着ます。ダウンの下に防風インナーではないので注意して下さい。まずは防風で冷気をシャットアウトです。



冬ツーリングでは脱ぐことはありませんが、寒い春や秋に着るときは脱ぐことも多いので、脱いだ後にかさ張らないように収納袋があるものを選びましょう。収納袋がついていなければ適当な巾着袋などにコンパクトに入れるようにしましょう。


インナーダウンは普段使いもできるのでいいですね。「バイク用に」と考えず「普段使いに」という解釈で購入すればなんとなく精神衛生上もいいです。いや、結局ツーリングでしか着ないんですが・・・。

okoko

「バイク以外にも使えるから!」って買ったものをバイク以外で使ってるのを見たことがないわ・・・

okomoto

(・・・)



防風インナーの下にインナーダウンの保温性は驚異的で、12度の寒い日でスポーツライディングをすると汗ばむくらいです。


安いものでいいですが、フードがついていないものを選びましょう。フードは走行風を受けてしまいますし肩首がつっかえて疲れます。何故バイクジャケットにフード付きのデザインがあるのか僕には理解できません・・・。

バイク次郎

ユニクロのウルトラライトダウンとかで全然いいと思う。

okomoto

バイク用のジャケットにフードがついているのがあるのはなぜ何でしょう?

トレーナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


インナーダウンの下にはトレーナーを1枚着ます。


トレーナーでもスウェットでもなんでも良いです。少しでも保温したいので裏起毛のものが好ましいです。。特に排ガスで汚れたりはしないので普段使いしているラフなものでいいです。

セーターは静電気が不快なのでセーター以外で。

貼るホッカイロ(8枚)【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

バイクツーリングのときにホッカイロを貼るところ
ホッカイロを貼る効果的な箇所


トレーナーを着たら次にホッカイロを貼ります。紹介の順番上変なタイミングでの紹介ですが、この後に着る「ヒートテックインナーの上」に張ってください。トレーナーとヒートテックインナーの間にホッカイロが来るようにしてください。


使うホッカイロは8枚です。凝りやすい部分やバイクに乗っているときによく動かす可動部を意識して貼ります。


ホッカイロを貼る効果的な箇所
  • 両肩(こわばり防止)
  • お腹(内臓を冷やさない)
  • 肩甲骨(ここから体全体が温まる)
  • 腰(バイクは下半身で乗るもの&腰痛防止)



色々試してきましたが、この貼り方が一番いいと感じています。



ホッカイロは朝自宅で貼れば途中で交換する必要はありません。ですので予備を持って行く必要はないです。

ツーリングから帰ってお風呂に入ることまで温かいままです。温める面積は単純に広い方がいいので小さなものではなく、大きなものを使ってください。

okomoto

その年最初の冬ツーだとコンビニ買うこともしばしば・・・

okomoto

「次のツーリングからはホッカイロか・・・そんな季節か」と感慨深げにコンビニでペタペタしています。

ヒートテックの上にホッカイロを張ってください。
okoko

珍しく雑な画像作ったわね・・・

okomoto

使い終わったホッカイロは消臭剤、除湿剤として使えます!下駄箱やクローゼットにぶち込んだりしましょう!足のニオイが気になる方にはグランズレメディが超おすすめ!

ヒートテックインナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

ヒートテックインナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


トレーナーの下にヒートテックインナーを着て上半身はお終いです。


裾の長いものにしないと前傾姿勢を取ったときにめくれてしまうので購入するときは裾を気にして下さい。「バイク用」として売られているものでも裾が長くないものはたくさんあるので注意が必要です。

僕は以前ゴールドウイングのインナーを届いたその日に捨てたことがあります。あんなもんを「バイク用」として売ってはいけません。


インナーに限らず「これのどこがバイク用なの?」という商品はたくさんあるので考えながら選ぶようにしましょう。ゲーミングチェアみたいなものですね・・・。



ユニクロのヒートテックが裾が長くて最高。

okomoto

裾が長いのが一番重要!!

冬用のバイクグローブ【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

冬用のバイクグローブ【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


僕はバイクに乗っていてもなぜか手先が冷えない特異体質なので普通のレザーグローブにインナーグローブをして走りに行きます。

okomoto

周りが手が冷たい冷たいと言っていても結構平気なんです。


特殊体質でない方は普通のレザーグローブでは耐えられないと思いますし、この記事は寒さに特化して書いているので冬用のグローブをおすすめします。

防寒機能と引き換えに操作性は著しく落ちます。

僕も一度防寒グローブを購入したことがありますが、あまりの操作性の悪さに一回だけの使用で捨ててしまいました。僕の場合は危なくて乗れたものではありませんでした。というかバイクが楽しくなくなるくらい操作性落ちます。

手がかじかむよりはマシなので、一度安いものを試してみるのがいいかもしれません。

okomoto

僕は特殊体質なのでレザーで平気です。そういう方は少ないと思います。

冬ツーリングに最適化したい方はグリップヒーターやハンドルカバーを付けるのがいいと思います。

ただし、ハンドルカバーは転倒時、手首を骨折しやすいのでできればグリップヒーターの方がいいです。

骨折


上のデイトナのグリップヒーターは巻き付け方式なので暖かくなったら外せますし、USB給電ができるので使いやすそうです。



電熱グローブという手もありますが、防寒グローブと同じで操作性はかなり落ちると思いますがコミネの電熱インナーグローブであれば多少マシかもしれません。


はっきりしなくて申し訳ないです。特異体質なもので・・・。

使っている方いらっしゃればコメントで情報共有していただけると他のユーザーさんも嬉しいかなと思います。


インナーグローブ【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


先ほど紹介した電熱インナーグローブを使わない場合は普通のインナーグローブをしましょう。


季節に関わらず、グローブの中には必ずインナーグローブをするようにしましょう。

インナーグローブはバイク乗りの間でもそれほど普及している文化ではありませんがたくさんのメリットがあるので使うべきです。

インナーブローブのメリット
  • グローグに皮脂が蓄積するのを防ぐ
  • グローブの洗濯回数を極端に減らす
  • 洗濯回数が減ることでグローブが傷みにくくなる
  • グローブのフィット感が増す


そもそも靴を履くときは靴下を履くのに何故グローブにはインナーをつけないのかがわかりません。

効果なバイク専用のグローブをつける方もいますが、綿の白手袋を裏返して縫い目を外側にして着けたほうが安いし快適です。

okomoto

綿の白手袋はバイク用の1/25のコストです。

バイク三郎

革靴には靴下を履くくせにレザーグローブではインナーを着けない人が多いよね。汚いよ。

防寒防水ウエア(レザーパンツ可)【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

防寒防水ウエア(レザーパンツ可)【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


上半身に着ている防寒防風ウエアとセットになっているものです。

発想は上半身と同じで「まずは外気をシャットアウト」ということです。

防寒防風ウエアだと車体とのグリップ力が落ち、操作性が悪くなるので僕はレザーパンツを履いています。もう年中レザーパンツです。

レザーも防風効果があるのでそれほど寒くはありません。

レザーパンツに抵抗がある方も多いと思うのでこの記事では防寒防水ウエア(レザーパンツ可)という書き方にしています。

okomoto

冬装備は操作性が落ちることとの戦いですね・・・

防風インナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

防風インナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


防寒防水ウエアの下には防風インナーを履きます。

上半身と同じで「まずは冷気をシャットアウト」の第二弾です。

上半身の防風インナーと同じでワークマンで質の良いものを購入することができます。僕が買ったものは確か上下セットで3000円くらいだったと思います。バイク用のは高過ぎです。

下半身のインナーダウン【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

インナーダウン【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


上半身と同じでここからは保温に全振りです。

下半身にもダウンを着せましょう。レザーパンツの場合はかなり窮屈になるので特にブーツインのレザーパンツの場合は注意が必要です。

ヒートテックインナー【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


防風インナーパンツがあればかなり温かいのでインナーパンツは割とこだわりません。温かそうなものを選んで下さい。

上半身と合わせて無難にユニクロのヒートテックでいいと思います。

暖かい靴下【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


足先の防寒に関してはまだ答えが見つかっていません。というか答えはないのかもしれません。

冬用のブーツを履いても厚い靴下を履いても中指から順に感覚がなくなっていきます。

とはいえ、それは真冬ツーリングの話でこの時期のツーリングであれば厚い靴下を履けば中指一本くらいでなんとかなります。

暖かさをウリにしている登山用の靴下などハイソックスを履きましょう。


okomoto

つま先用のホッカイロをしてもなにをしても足先は冷えます・・・

五本指ハイソックス【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

五本指ハイソックス【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


足のムレが気になる方はハイソックスの中にさらに五本指ハイソックスを履くと指の間がサラサラして不快感をかなり減らしてくれます。

ハイソックス✕ハイソックスでふくらはぎが窮屈に感じるのであれば片方をクルブシまでの靴下にして下さい。

okomoto

最初は馬鹿にしていましたがすごくいいですよ五本指!

防水防寒靴【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】

防水防寒靴【冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!】


ブーツはとても難しいです。上半身や下半身のように「先ずは外気をシャットアウト」ということをしていると操作性が悪くなってしまいます。


バイクに乗っていてもっとも冷える場所はつま先です。

中でもつま先の先端の中指はまっさきに感覚を奪われてしまいます。

つま先さえ保護できれば足冷え問題は解決します。つま先用のホッカイロを貼っても空気が循環しないせいか思ったような効果は得られませんでした。



このようなアイテムでつま先を守るか、


電熱線で熱を持たせてあげればつま先が冷える問題は解決しそうです。

レビューを見る限りかなり効果があるようです。本格的に冬ツーリングされる方は導入を検討してみてください。



ブーツは風を通さない素材のもの、中までボアや中綿が入っているものを選び、つま先を守れるものを追加して使うのがいいかと思います。

バイク乗りならではの趣きのある寒さ対策

バイク乗りならではの趣きのある寒さ対策


バイク乗り特有の防寒対策というか、暖まり方があります。

「アツアツのエンジンに手をかざす」というシンプルなものですがかなり効果があります。

信号待ちの度に手をかざすライダーもいます。

ただし、直接エンジンに触るとナイロンのグループは溶けますし、レザーグローブはアイロンをかけたように硬くパリっとしてしまうので触れないようにしましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

冬は他のツーリングよりも融雪剤や雪、少し暖かくなると雪解け水もあるので他の季節よりも気を使う季節です。

寒さによって集中力が奪われないようにこの記事が少しでもあなたの安全運転のお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました