他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

冬・12月1月2月・気温12度11度10度9度8度7度6度5度4度3度2度のバイクツーリングの服装

12月1月2月の冬バイクツーリングの服装と寒さ対策!ホッカイロの貼り方まで! バイク用品
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

風を感じて走る我々バイク乗りは季節に敏感な部類の人たちであり、エアコンがなく着ているものだけで温度管理をしなければならないので服装にも敏感な人たちでもありますよね。

ライター
ライター

春ツーリングの服装はこれだ!!

という記事の通りの服装で出発すると、

オココ
オココ

なんじゃー暑くてまともに楽しめないわ!

という経験をすることはバイク乗りあるあるかと思います。何故こんなあるあるが起きてしまうかというと、こういったライターさんは非バイク乗りと同じように、季節を四季で捉えているから。

人によって差はあると思いますが、大げさに言うと、

バイク乗りが感じる「冬」だけでも…
  1. ほとんど秋な冬
  2. 秋よりの冬
  3. 冬に近づいてきた冬
  4. 真冬
  5. 春に近づいてきた冬
  6. 春よりの冬
  7. ほとんど春な冬

と考えると7×春夏秋冬=28季あると言っても過言ではないくらい敏感なんです。

僕は比較的鈍感な方なので、

当ブログで紹介している季節
  • 冬よりの春(春前半)
  • 夏よりの春(春後半)
  • 真夏
  • 夏よりの秋(秋前半)
  • 冬よりの秋(秋後半)

という6つの季節で服装を分けています。この内、春前半と秋後半、春後半と飽き前半は同じ服装になるので、服装は4パターンになります。

怒コ
怒コ

それって四季じゃねーのかよ!

昔乗ってたの
昔乗ってたの

春秋が前半後半に分かれているのが重要なの

この記事では、

冬12月1月2月・気温12度11度10度9度8度7度6度5度4度3度2度バイクツーリングの服装

について詳しく解説していきます。

オコモト
オコモト

青文字をタップすると詳細記事に飛んだりします!

本記事では一般的な装備を「マストアイテム」として紹介しますが、冬の装備は組み合わせがたくさんあります。「あってもいいかも」「これでいいかも」も参考にしながらあなたにとって最善の方法を見つけて頂ければ幸いです。

冬の特徴

冬は決してツーリングに適した季節ではありませんが、雪さえなければ走りに行ってしまうのがバイク乗りなのかもしれません。


そして、厳しい寒さの中、空気が張り詰めたあの「ピリッ」とした雰囲気は独特のものがありますよね。

空気も澄んでいますし、寒い山のベンチに一人腰かけて缶コーヒーをありがたがる様もなかなかに趣きがあります。


そのベンチにたどり着くには防寒対策が必須になるわけですが、この季節の服装は「寒さ対策」の全振りすることができるので、春や秋と比べて服装のチョイスはそれほど難しくありません。

バイク次郎
バイク次郎

つま先以外はね・・・

問題は「どんな服装が最高に暖かいのか」ということのみです。

オココ
オココ

当たり前の話じゃん。

オコモト
オコモト

インナーで調整したりする温度管理には気を使わなくていいよねって話です。

地域差や個人差があるとは思いますが、この記事があなたの「明日最高○度か・・・何着ていくか・・・」という悩みを少しでも解決できればと思って書いていきます。

気温12度11度10度9度8度7度6度5度4度3度2度のバイクツーリングヘルメット周り

最高気温○度のバイクツーリングヘルメット周り
マストアイテム!
あってもいいかも!

ヘルメット

当たり前の話ですが、バイクに乗るにはヘルメットが必要。
体感温度的特徴は、

バイクヘルメットの種類

という感じ。
とはいえ、ヘルメットは季節によって使い分ける…というものではないので愛車やあなたのスタイルで決めるのが良いかと思います。

オコモト
オコモト

「冬はフルフェイス、夏はジェット」という方もいますが、僕は年中フルフェイスです!

詳しくはこちら!

ネックウォーマー

首を冷やすと全身が冷えますし、どんなに暖かい服装をしても、ジャケットの中に風が入ると意味がなくなります。鼻まで上げれば排気ガスや花粉を軽減してくれるだけでなく、

オコモト
オコモト

マスク家に忘れた…/シートバッグの中に忘れた…

と、マスク代わりになるという点で大活躍してくれる優秀なアイテム。乗車姿勢によっておすすめは変わるので下の記事で確認してみて下さい。

ヘルメットインナー【バラクラバ】

ジェットやハーフヘルメットで顔に冷たい風が当たる方や、フルフェイスでも寒さに耐えられない方には暖かいヘルメットインナー【バラクラバ】がおすすめ。
冬用は厚手なのでヘルメットの内装を1サイズ大きいものに交換する必要があるかもしれません。

バイク太郎
バイク太郎

夏用のバラクラバを冬に使っても、顔に直接顔に当たらなくなるから暖かく感じられるよ。

冬用はこちら!

12月1月2月のバイクツーリング上半身の服装

あってもいいかも!

ウィンタージャケット

バイクジャケットの中で最も防寒性能が高いのがウィンタージャケット。ただし、単体で乗り切れるほど冬のバイクツーリングは甘くないので他のアイテムとの併用は必須。

詳しくはこちら!

防風インナー

防寒インナーと併用することでジャケットの中に空気の層を作り出すことができ、保温性能を爆上げしてくれます。暑くなったら出先で脱いで調整できるのも魅力。他の季節にも使うので1着は持っておきたい。

詳しくはこちら!

防寒インナー

防風インナーと併用することでジャケットの中に空気の層を作り出すことができ、保温性能を爆上げしてくれます。暑くなったら出先で脱いで調整できるのも魅力。他の季節にも使うので1着は持っておきたい。

詳しくはこちら!

冬用インナー(肌着)

肌に触れるとそれ自体が発熱してくれる素材のものもあります。冬は少しでも暖かさを持続させたいので必須アイテム。

詳しくはこちら!

普段着ているトップス

冬用インナーと防寒インナーの間にトレーナーやスウェットなど、普段着ているものを着ることもおすすめ。厚みがあるものになると思うので3つのインナーで走ってみて寒いと感じたらでいいかもしれません。

電熱ジャケット

3つのインナーを着ても寒い場合は最終手段、電熱ジャケットです。それ自体が発熱してくれるので次元が違う暖かさ。選び方が超難しいので下の記事を参考にしてみて下さい。電熱ジャケットを使う場合は防風インナーや防寒インナーが必要なくなる場合もあります。薄着でバイクに乗れるのが最大のメリット。

詳しくはこちら!

スリーシーズンジャケット

インナーさえきちんとすればウィンタージャケットを着なくともある程度の寒さには十分耐えられます。冬はツーリングの頻度が落ちる方はスリーシーズンジャケットで十分。

詳しくはこちら!

革ジャン・レザージャケット

スリーシーズンジャケットと同じく、インナーさえきちんとすれば防風性能にすぐれた革ジャンは冬のツーリングにも耐えることはできます。ただし、基本的にタイトに着るものなのでインナーを着るとパツパツで疲れてしまうことが多いので注意。
逆に防風インナーとして中に着込む方もいます。

詳しくはこちら!

普段着+インナープロテクター

バイクウェアより快適性は落ちますが、ダウンジャケットなど防寒性に優れたアウターを着れば普段着でもツーリングを楽しむことはできます。その際はインナープロテクターを着用することで安全性はバイクウェア並に高めることができます。

詳しくはこちら!

冬のバイクツーリング、グローブなど

ウィンターグローブ

全てのバイクグローブの中で最も防寒性能が高いのがウィンターグローブ。ただし、防寒性能が高い分、生地が厚いので操作性は著しく悪くなることに注意。

詳しくはこちら!

インナーグローブ

インナーグローブを使っているバイク乗りはまだまだ少ないですが、

  • バイクの操作性向上&疲労減少効果
  • グローブが長持ちする
  • ナックルプロテクターが手に当たる不快感を軽減
  • 冬は寒さから手を守る
  • 夏は手汗からグローブを守る

という素晴らしい効果があるので超おすすめ。

オコモト
オコモト

靴下を履くのにインナーグローブをしない意味がわからないんです。

当ブログでは鬼コスパのものを推していますが、寒がりの方はバイク用で冬用のものでもいいかと思います。

バイク用じゃないけど、おすすめはこちら!

グリップヒーター対応グローブ

バイクにグリップヒーターをつけているなら断然おすすめなのがグリップヒーター対応のグローブ。外側はウィンターグローブ、内側は普通のグローブなのでヒーターの熱がよく伝わります。

電熱グローブ

グリップヒーターがない方で、ウィンターグローブでも寒く感じる方にはそれ自体が発熱する電熱グローブがおすすめ。モバイルバッテリー式やバイクのバッテリーから電源を取るものがあり、選び方が難しいので下の記事を参考にしてみて下さい。

詳しくはこちら!

レザーグローブ

防風性能が高いレザーグローブは、人によってはインナーグローブだけでも冬を乗り切ることができることも。とはいえ、かなりの我慢が必要になるのであまりいい選択ではないかもしれません。

詳しくはこちら!

レーシンググローブ

防風性能が高いレーシンググローブは、人によってはインナーグローブだけでも冬を乗り切ることができることも。とはいえ、かなりの我慢が必要になるのであまりいい選択ではないかもしれません。

オコモト
オコモト

僕はレーシンググローブとインナーだけでイケる人です。少々寒いよ!!

詳しくはこちら!

防水レイングローブ

晴れの日に楽しいバイク趣味に防水グッズは全く必要ないという個人的思想はありますが、防風性能だけ見ると防水レイングローブは冬にも有効。もしもすでにレイングローブを持っている方はインナーグローブとの併用でいけることも。

詳しくはこちら!

気温12度11度10度9度8度7度6度5度4度3度2度のバイク、下半身の服装

ウィンターパンツ

バイク用パンツの中で最も防寒性能が高いのがウィンターパンツ。頻繁に冬ツーリングに行く方にとってはマストアイテム。

詳しくはこちら!

防風インナー

防寒インナーと併用することでジャケットの中に空気の層を作り出すことができ、保温性能を爆上げしてくれます。暑くなったら出先で脱いで調整できるのも魅力。他の季節にも使うので1着は持っておきたい。

詳しくはこちら!

防寒インナー

防風インナーと併用することでジャケットの中に空気の層を作り出すことができ、保温性能を爆上げしてくれます。暑くなったら出先で脱いで調整できるのも魅力。他の季節にも使うので1着は持っておきたい。

詳しくはこちら!

冬用インナー(肌着)

肌に触れるとそれ自体が発熱してくれる素材のものもあります。冬は少しでも暖かさを持続させたいので必須アイテム。

詳しくはこちら!

オーバーパンツ

パンツの上から履くのがオーバーパンツ。オーバーパンツがあればどんなパンツでもウィンターパンツ並の暖かさにすることができます。冬のバイクツーリングの頻度が少ない方で、少しでもコスパよく暖かく過ごしたい方に超おすすめ。

詳しくはこちら!

チャップス

アメリカンやハーレー、クラシックバイク乗りの方で、どうしてもスタイルを崩したくない方はチャップスがおすすめ。とは言えほとんどのチャップスには保温性はないのでオーバーパンツよりは寒さ耐性は高くありません。

詳しくはこちら!

電熱パンツ

3つのインナーを着ても寒い場合は最終手段、電熱パンツです。それ自体が発熱してくれるので次元が違う暖かさ。選び方が超難しいので下の記事を参考にしてみて下さい。電熱パンツを使う場合は防風インナーや防寒インナーが必要なくなる場合もあります。薄着でバイクに乗れるのが最大のメリット。

詳しくはこちら!

オールシーズンパンツ

インナーさえきちんとすればウィンターパンツなどを履かなくともともある程度の寒さには十分耐えられます。冬はツーリングの頻度が落ちる方はスリーシーズンパンツで十分。

詳しくはこちら!

レザーパンツ(革パン)

スリーシーズンパンツと同じく、インナーさえきちんとすれば防風性能にすぐれた革パンは冬のツーリングにも耐えることはできます。ただし、基本的にタイトに着るものなのでインナーを着るとパツパツで疲れてしまうことが多いので注意。

詳しくはこちら!

レーシングパンツ

スリーシーズンパンツと同じく、インナーさえきちんとすれば防風性能にすぐれたレーシングパンツは冬のツーリングにも耐えることはできます。ただし、基本的にタイトに着るものなのでインナーを着るとパツパツで疲れてしまうことが多いので注意。

詳しくはこちら!

普段着+インナープロテクター

バイクウェアより快適性は落ちますが、防寒性・防風性に優れたアウターパンツを履けば普段着でもツーリングを楽しむことはできます。その際はインナープロテクターを着用することで安全性はバイクウェア並に高めることができます。

詳しくはこちら!
詳しくはこちら!

12月1月2月のブーツなどフットウェア

マストアイテム!
あってもいいかも!

防寒ウィンターブーツ

バイクブーツ・シューズの中でもっとも暖かいのがウィンターブーツ。頻繁に冬ツーリングに行く方にとってはマストアイテム。少々高価ですがゴアテックスを使用しているものがおすすめ。

詳しくはこちら!

靴下

靴下単体の保温力はたかがしれていますが、防風対策をしっかりほどこした状態であれば暖かく感じられます。

詳しくはこちら!

つま先対策品

どんな靴を履いても冷たい風に真っ先に当たるつま先は冷えがち。つま先だけに寒さ対策をほどこすこともツーリングを快適に楽しむには必要。ブーツと靴下だけでは寒い方はつま先に特化した対策をするのがおすすめです。

詳しくはこちら!

ブーツ

冬用のウィンターブーツよりも防寒性能は劣りますが、防風性能が高いブーツは冬のツーリングに使用することができます。まずはいつものブーツで冬ツーリングを試してみて、ダメそうならウィンターブーツの購入を検討しても遅くはないかも?

詳しくはこちら!

レーシングブーツ

冬用のウィンターブーツよりも防寒性能は劣りますが、防風性能が高いレーシングブーツは冬のツーリングに使用することができます。まずはいつものレーシングブーツで冬ツーリングを試してみて、ダメそうならウィンターブーツの購入を検討しても遅くはないかも?
僕は暖かい靴下とレーシングブーツだけで冬を乗り切れる体質です。

詳しくはこちら!

普段履いているスニーカーやブーツ

普段履いているスニーカーやブーツでも防寒・防風性能が高ければ冬ツーリングに使用することは可能。その際は靴紐をベロの中に入れ、シフトパッドを取り付けるようにしましょう。

詳しくはこちら!

冬12月1月2月・気温12度11度10度9度8度7度6度5度4度3度2度バイクツーリングの服装まとめ

いかがでしたでしょうか。

冬12月1月2月・気温12度11度10度9度8度7度6度5度4度3度2度バイクツーリングの服装について網羅的に解説しました。


この記事があなたのツーリングをより安全・快適に、楽に、そして楽しくするお手伝いができたのであれば嬉しく思います。

2度以下、1度0度氷点下の服装がないのは何故?

気温3度くらいから路面凍結の可能性が高くなります。山間部の日陰などではもっと高い気温でも凍結がみられることもあるので正直3度くらいの状況ではツーリングは控えたほうが良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました