PVアクセスランキング にほんブログ村
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

ツイッター始めました!

アカウントだけ作ってずっと放置していたツイッターを動かし始めました。下のTwitterアイコンをクリック&無言フォローするだけ「バイクに役立つちょっとしたツイート」が届きます!

\Follow me/

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクグローブ、手袋の冬用は本当に必要?選び方やおすすめ紹介

バイクグローブ、手袋の冬用は本当に必要?選び方やおすすめ紹介 バイク用品
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • 冬でも快適にツーリングしたい
  • 冬は指先がすぐに冷えてしまう
  • 冬用のバイクグローブ、手袋のおすすめ、選び方を知りたい!


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • 冬のバイクグローブ、手袋が必要なライダー
  • 冬のバイクグローブ、手袋選びで優先すること、しないこと
  • 冬のバイクグローブ、手袋選びで重要な防寒素材
  • 意外と蒸れる冬のバイクグローブ、手袋におすすめのインナーグローブ
  • おすすめの冬のバイクグローブ、手袋~ネオプレーン~
  • おすすめの冬のバイクグローブ、手袋~ゴアテックス~
  • おすすめの冬のバイクグローブ、手袋~非高級素材~


ということについて解説していきます。


冬用のバイクグローブ、手袋が必要なライダー

冬用のバイクグローブ、手袋が必要なライダー


まずはあなたが本当に冬用のバイクグローブ、手袋が必要なライダーかどうかを考えましょう。

冬用の バイクグローブ、手袋が必要なライダー
  • ハンドルガードをつけるつもりがない
  • グリップヒーターをつけるつもりはない
  • 電熱グローブを買うつもりはない
  • 電熱インナーグローブを買うつもりはない
  • 冬はほとんどツーリングをしない
  • バイク通勤通学をしている

という方はウインターグローブが必要です。この条件以外の方は冬用のバイクグローブ、手袋は不要かと思います。

ハンドルガードや電熱グッズの方がウインターグローブよりも温かいですし、ある程度操作性も確保できます。冬にロングツーリングをする方はそれらのグッズを使用したほうが良いです。

オココ
オココ

もちろん場合によってはウインターグローブとの併用もいいと思うけど、それぞれが単体で寒さと真っ向勝負できるくらいの戦闘力をもっているわよ!


バイク通勤通学している方はバイクに追加の装備をする必要がなく、そこそこの暖かさがあるウインターグローブはおすすめです。

冬のバイクグローブ、手袋選びで優先すること、しないこと

冬のバイクグローブ、手袋選びで優先すること、しないこと


冬のバイクグローブ、手袋選びでは「安全性能」「防水性能」「操作性能」は優先しません。最優先するのは「防寒性能」です。

オコモト
オコモト

真冬の大雨の中バイクに乗ります?

バイク次郎
バイク次郎

まぁ防寒性を求めると必然的に防水性能がついてくるんだけどね・・・

冬のバイクグローブ、手袋 安全性能は優先しない

冬のバイクグローブ、手袋は厚い生地で作られるのでプロテクターなどの有無を気にしなくてもある程度の安全性能を有しています。

バイク三郎
バイク三郎

ナックルガードがなくても飛び石怖くない

冬のバイクグローブ、手袋 操作性能は優先しない

生地の厚さは操作性能とトレードオフの関係にあります。生地が薄ければ操作性は良く、厚ければ悪くなるという関係です。
はタイヤも体も温まりにくく、ワインディングロードも雪や融雪剤で閉ざされる季節です。バイク乗りとしてはスポーツライディングのシーズンオフなので

オコモト
オコモト

操作性も良くて温かいグローブが欲しい!


と欲張らない方が良いです。

バイクうま太郎
バイクうま太郎

冬はおとなしくメンテしたり、カスタムしたり、okomoto読んだりトコトコツーリングを楽しもうってこと!

冬のバイクグローブ、手袋選びで重要な防寒素材

冬のバイクグローブ、手袋選びで重要な防寒素材

寒さから手を守ってくれる冬のバイクグローブ、手袋は、素材によって暖かさ、快適さ、操作性が変わってきます。購入の際は素材に注目して選ぶのがおすすめです。

ウインターグローブの素材で優れているもの
  • ネオプレーン
  • ゴアテックス
  • アウトドライ
  • レザー


それぞれ解説します。

ネオプレーン

ネオプレーン

柔軟性、伸縮性、撥水性、安価、という特徴を持ち油分・熱・水・摩耗・紫外線に耐性を持つ素材なのでバイク用品の素材としてかなり優秀です。とても優れた素材なので第二次大戦中は軍がネオプレーンを独占し、一般にはほとんど流通しなかったと言われるほどです。

通気性がないことや、着用時暑すぎるようになる、という弱点もあります。

バイク太郎
バイク太郎

ウエットスーツの素材としても有名だよ

ゴアテックス

ゴアテックス

ゴアテックスは、アメリカのゴア社が開発した防水と透湿というそれまでは難しいと考えられていた2つの性能の両立を実現させた初めての素材です。
通常、レインウエアなどを着ると防水性があるので雨には濡れませんが、湿気も通さないのでカッパの中は群れてしまいます。
ゴアテックスは水は通しませんが、湿気は通すので、外からの水に濡れないのに湿気で蒸れないという状態になります。

また、ゴアテックスは防風性能も高いので温かいのにサラッと着られる素材になります。

生地が厚く、とても高価になるというデメリットもあります。

アウトドライ

アウトドライはアウトドアメーカーコロンビアが開発したゴアテックスのような防水透湿素材。

  • 高い防水性能
  • 透湿性能も十分
  • 絶対に水が滲みてこない
  • 防水スプレーなどでのケアが一切不要、経年劣化による性能低下もなし
  • 高い防風性能
  • レザーっぽい風合い
  • ストレッチ素材でフィット感がある


というゴアテックスを超えるとも言われている素材です。ゴアテックスよりも薄いのも大きな特徴です。

レザー

レザーグローブもウインターグローブとして使うことができます。

水には弱いですが、防風性能が高くバイクに馴染むデザインのものが多いです。レザー単体では防風性能しかないので内側にボアなどの保温性能が付与されているものを選ぶ必要があります。

意外と蒸れる冬のバイクグローブ、手袋におすすめのインナーグローブ

どんなグローブでもバイクグローブにはインナーグローブを併用することを強く勧めます。冬は意外と手のひら側には手汗をかいているものです。

インナーグローブの素晴らしい効果
  • 夏は手汗を吸ってグローブ本体を守ってくれる
  • 冬は寒さから手を守ってくれる
  • バイク操作をリニアにしてくれる
  • ナックルプロテクターが手に当たる不快感をなくしてくれる
  • グローブを長持ちさせてくれる
オココ
オココ

グローブを洗う回数が減るから長持ちするようになるしね!革靴を履くときは靴下も履くでしょ??


おすすめのインナーグローブや激安の代用品は下の記事で解説しています。

バイク三郎
バイク三郎

バイク専用品なんていらないよ。あんなの高いだけ。


ここから素材ごとに冬のバイクグローブ、手袋のおすすめを紹介していきいます。

おすすめの冬のバイクグローブ、手袋~ネオプレーン~


おすすめのネオプレーングローブを紹介します。おすすめしないものも紹介します。

デイトナ バイク用 グローブ RIDEMITT (ライドミット)

おすすめしないグローブです。この手のグローブをおすすめする方が多かったので注意喚起的な意味で載せています。

  • ウインターグローブ
  • 高性能ウエットスーツ並の防水性
口コミ太郎
口コミ太郎
  • 一見良さそうな作りですが、防水性は要注意
  • 1シーズン使用でバイクグリップに強く当たる部分に、穴があいてしまいました。
  • 高い防水能力・密閉性の為に通気性は最悪
  • 直に着用すると汗ですぐに匂いがするので、裏返して使用後は必ず選択しましょう。ちなみにめちゃくちゃ乾きにくいです。
  • とにかくグリップが握りづらい

イエローコーン ウィンターグローブYG-309W

  • ネオプレーンカーボンプロテクターロンググローブ
  • タッチパネル対応
  • 防寒防水
バイク次郎
バイク次郎
  • ハンドガード付きのバイクで冬の通勤時20分程度では全然指先が寒くならない。
  • ロングタイプなのでジャケットの袖からの冷気の侵入も防げる
  • 新品時には分厚い分ゴワゴワ

防寒グローブ 裏起毛バイクグローブ 防寒対策スマホ対応 オートバイグローブ 

  • ネオプレーン、透湿防水素材内蔵、
  • 親指や人差し指の先がタッチパネル対応
  • 手のひらに滑り止め用のパッド
  • ストラップアジャスターで調整可
  • 手の関節に多重のプロテクション
  • 手をついたときの衝撃を吸収しダメージを緩和
バイク三郎
バイク三郎
  • 気温約2℃:下道で約40分使用、全く問題なし。
  • 気温約10~15℃:中央道~首都高で使用(100~120km巡行)、快適、少し暑いくらい。
  • タイチの電熱無しウィンターグローブと変わらない性能

おすすめの冬のバイクグローブ、手袋~ゴアテックス~


ゴアテックスのおすすめを紹介します。

バイク用防水防寒グローブ ゴアテックスリアルライドウィンターグローブ

  • 硬質プロテクションカップ
  • アンチバイブレーションフォーム
  • 掌側に耐久性の高い牛革
  • 甲側裏地にはボアを使用

バイク用防水防寒グローブ GWM X-OVER ゴアテックスウィンターグローブ

  • 牛革とストレッチナイロンの切り替えがデザインのアクセント
  • 裏地甲側は心地よい肌触りのボア
  • 掌側は起毛

RSタイチ(アールエスタイチ)バイクグローブ グレー ゴアテックス ズームウインターグローブ

  • 防水・透湿(GORE-TEX)
  • フォームプロテクション
  • リフレクター
  • スマホタッチ

おすすめの冬のバイクグローブ、手袋~アウトドライ~


おすすめのアウトドライグローブを紹介します。

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) バイク用グローブ OutDry(R) ErgoGrip(R) (アウトドライ エルゴグリップ)

  • 「アウトドライ」採用
  • 超立体形状「エルゴグリップ」採用
  • 握った時に突っ張らないコンフォートラバーナックルパッド
  • 新機軸ハイエンドモデル

KUSHITANI(クシタニ) EXアウトドライグローブ 

  • 防水性能としてアウトドライ(R)を採用
  • カントリージーンズ等とステッチカラーをリンク
  • ガンカット製法、内縫い

Alpinestars アルパインスターズ Andes Touring Outdry アンデス アウトドライ グローブ

  • プレミアムレザー、スエード革、ソフトシェル、ストレッチ素材を組み合わせたモデル
  • 手の甲部分にソフトシェル&ストレッチ素材を使用
  • ナックル部分には、ソフトPUフォームガード
  • ダブルフック&ループ式グリップクロージャに
  • 防水性/快適性に優れたOutdry素材
  • 親指と手のひらの間にストレッチインサート
  • 反射性インサートにより夜間の視認性を向上
  • 親指/手のひら部分にパッド入りラバー補強を施し、優れたグリップ力を実現
  • 指部分にレザーストレッチアコーディオンを配備し、柔軟性/フィット感を向上
  • CE Level-1 認可

おすすめの冬のバイクグローブ、手袋~レザー~


レザーのおすすめのウインターグローブを紹介します。

ゴールドウイン バイク用防水防寒グローブ ゴアテックスウィンターレザーウォームグローブ

  • シンプルなデザインの防寒レザーグローブ
  • 甲側・掌側ともに操作性に優れたやぎ革
  • 中わたには「光電子プリマロフト」+シンサレートを採用
  • シールドの雨滴を拭き取るシールドワイパーを装備
  • アンチバイブレーションフォーム

POW WOW(パウワウ) The Gauntlet02 寒冷地仕様グローブ

  • オイルドカウ(牛革)を使用
  • ハイテク素材ポーレルを使用
  • 防風・防水を実現しながら余計な湿気を排出
  • 暖かさの確保にはウレタン綿と旭化成のサーモギア(発熱ボア)を使用
  • 手のひら部分は操作性に配慮し保温性・肌触りに優れたベンベルグを使用
  • 縫製には強度のあるボンド糸(30番手)を使用

Vin&Age 牛革グローブ (GLOVES TYPE VGW13A) 

  • ネオプレーン×牛革
  • ストライプグローブ
  • 指の襠にストレッチ素材
  • デニムリボンの真鍮ジッパー
  • タンニンなめしのベルト
  • ヴィンテージライクなダイヤステッチ
  • ネオプレーン使用により、防寒性を高め、防水フィルム内蔵。

おすすめの冬のバイクグローブ、手袋~非高級素材~


素材にこだわらず紹介します。正直、つけ心地の微妙なネオプレーンや高価なゴアテックス、アウトドライを物色するよりシンプルにこんなウインターグローブでいいと思っています。

コミネ(KOMINE) バイク プロテクトショートウインターグローブ

  • 透湿防水仕様
  • 保温中綿
  • 握りやすい立体パターン
  • 衝撃吸収フォームパッド(拳)
  • カーボン製パームスライダー
  • リフレクター
  • スマホ操作可能 

RSタイチ(アールエスタイチ)バイクグローブ ウインターグローブ RST608

  • 防水・透湿(DRYMASTER)
  • ハードナックルプロテクション
  • フォームプロテクション
  • スマホタッチ

バイク用防寒グローブ リアルライドウィンターグローブ

  •  甲側裏地にはボア
  • フィット感、操作性に優れた防寒グローブ

FS-JAPAN 【石野商会】 ウインターグローブ 


通勤通学でしかウインターグローブを使用しない方は安いもので十分だと思っています。僕が使っているものも2000円しませんでした。

  • 防寒素材シンサレート使用
  • 手首を絞れるベルト付
  • 口部分にはしぼり調整付き
  • フリーサイズ

冬のバイク用グローブ、手袋の洗い方、洗濯方法

冬のバイク用グローブ、手袋の洗い方、洗濯方法
レザーグローブ、革の手袋の洗い方
  • 39度のお湯に衣料用洗剤を溶かしたものにグローブを入れる
  • グローブをつけて手洗いをする
  • 39度のお湯で手洗いする
  • タオルに挟んで水分を取る
  • ニベアクリームを薄く塗る(レザーの場合)
  • 抜け殻を作って干す
  • 半乾きの状態でニベアクリームを塗る(レザーの場合)


という手順で洗いましょう。

オコモト
オコモト

詳しくは下の詳細記事を読んでみてください



撥水性能はアイロンがけをしたり、浴室乾燥を使うことで復活します。洗ったあとはそれらのメンテナンスも合わせて行いましょう。

オココ
オココ

アイロンや乾燥機の使用は洗濯表示を確認してね


まとめ


いかがでしたでしょうか。
冬のバイクグローブ、手袋について網羅的に紹介しました。

個人的には

ネオプレーン使い心地が悪い
ゴアテックス高価格
アウトドライ高価格
レザー保温性のがない。高価格


といういう理由で安いウインターグローブで十分なような気がします。

オコモト
オコモト

ちなみに僕は冬でも操作性を諦めたくないのでレーシンググローブでツーリングに行きます。通勤は安いウインターグローブです。


電熱関係の用品が多数販売され、それぞれの金額も安くなってきている現在、この手のグローブはどんどん需要が少なくなっていくと思います。

個人的にはそんなに必要ないと思いますが、この記事が誰かの役にたったのであれば嬉しく思います。

バイクグローブについて更に知りたい方は下の記事を読んでみてください。




ちなみに

ライター
ライター

指先が冷たくなる一番の原因はレバー冷たさ!レバーにスポンジを巻いてレバーに直接触れないようにしよう!


という方がいますが、こういう方は常にレバーに指をかけている「ブレーキランプ無駄にピカピカライダー」 「急ブレーキで思わずクラッチレバー握っちゃうバイクに慣れていないライダー」です。

レバーは必要なときに必要な分だけ触るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました