他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

夏・6月7月8月9月・最高気温25度26度27度28度29度30度31度32度33度34度35度バイクツーリングの服装

夏バイクツーリングの服装(最高気温25度以上)6月7月8月9月 バイク用品
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

風を感じて走る我々バイク乗りは季節に敏感な部類の人たちであり、エアコンがなく着ているものだけで温度管理をしなければならないので服装にも敏感な人たちでもありますよね。

ライター
ライター

春ツーリングの服装はこれだ!!

という記事の通りの服装で出発すると、

オココ
オココ

なんじゃー暑くてまともに楽しめないわ!

という経験をすることはバイク乗りあるあるかと思います。何故こんなあるあるが起きてしまうかというと、こういったライターさんは非バイク乗りと同じように、季節を四季で捉えているから。

人によって差はあると思いますが、大げさに言うと、

バイク乗りが感じる「夏」だけでも…
  1. ほとんど春な夏
  2. 春よりの夏
  3. 夏に近づいてきた夏
  4. 真夏
  5. 秋に近づいてきた夏
  6. 秋よりの夏
  7. ほとんど秋な夏

と考えると7×春夏秋冬=28季あると言っても過言ではないくらい敏感なんです。

僕は比較的鈍感な方なので、

当ブログで紹介している季節
  • 冬よりの春(春前半)
  • 夏よりの春(春後半)
  • 真夏
  • 夏よりの秋(秋前半)
  • 冬よりの秋(秋後半)

という6つの季節で服装を分けています。この内、春前半と秋後半、春後半と飽き前半は同じ服装になるので、服装は4パターンになります。

怒コ
怒コ

それって四季じゃねーのかよ!

昔乗ってたの
昔乗ってたの

春秋が前半後半に分かれているのが重要なの

この記事では、

夏6月7月8月9月・最高気温25度26度27度28度29度30度31度32度33度34度35度バイクツーリングの服装

について詳しく解説していきます。

オコモト
オコモト

青文字をタップすると詳細記事に飛んだりします!

夏の特徴

実は夏のツーリングの服装は年間を通して最も簡単です。というか単純です。

春秋とは違って寒暖の差に気をつける必要はありませんし、結局どこに行っても暑いので「涼しさと安全性のバランス」がもっとも取れた服装を見つけてしまえば朝から晩までその服装でツーリングをすることができます。

ライター
ライター

朝は冷えるから!

ライター
ライター

山は冷えるから!

という情報がありますが、あれはウソです。クソです。正しくは

オコモト
オコモト

朝は暑いから!昼がクソ暑いだけだから!

オコモト
オコモト

山も暑いから!街がクソ暑いだけだから!

です。
つまり、朝や山は「昼や街よりはマシ」という程度のこと。朝も山も昼も街も「最高に涼しい服装」をしていることに変わりはないのです。

昔乗ってたの
昔乗ってたの

どっちも一番涼しい装備をするということに変わりはないんじゃよ。

バイク太郎
バイク太郎

仮に山の上の方に行って多少寒くなっても、それが何時間も続くわけじゃないからね。せいぜい数十分だからね。ごく稀なケースのためにわざわざ対策品を持ってく必要はないと思うよ。

地域差や個人差があるとは思いますが、この記事があなたの「明日最高25度26度27度28度29度30度31度32度33度34度35度か・・・何着ていくか・・・」という悩みを少しでも解決できればと思って書いていきます。

最高気温25度26度27度28度29度30度31度32度33度34度35度のバイクツーリングヘルメット周り

最高気温○度のバイクツーリングヘルメット周り
マストアイテム!
あってもいいかも!

ヘルメット

当たり前の話ですが、バイクに乗るにはヘルメットが必要。
体感温度的特徴は、

バイクヘルメットの種類

という感じ。
とはいえ、ヘルメットは季節によって使い分ける…というものではないので愛車やあなたのスタイルで決めるのが良いかと思います。

オコモト
オコモト

「冬はフルフェイス、夏はジェット」という方もいますが、僕は年中フルフェイスです!

詳しくはこちら!

フェイスガード

フェイスガードは首を日焼けから守ったり、排気ガスや花粉を軽減してくれるだけでなく、

オコモト
オコモト

マスク家に忘れた…/シートバッグの中に忘れた…

と、マスク代わりになるという点で大活躍してくれるので超おすすめ。

詳しくはこちら!

ヘルメットインナー

ヘルメット内が蒸れてしまう場合や、汗っかきの方はヘルメットインナーの使用もおすすめ。インナーキャップタイプとバラクラバタイプ、ヘルメット内蔵タイプのどのインナーでも活躍してくれます。

詳しくはこちら!

6月7月8月9月のバイクツーリング上半身の服装

マストアイテム!
あってもいいかも!

メッシュジャケット(最高気温25度26度27度28度29度30度31度32度33度34度35度)

メッシュジャケットはバイクジャケットの中で最も通気性に優れたジャケット。直射日光に晒されない分、Tシャツ1枚よりも涼しくツーリングを楽しむことができます。必ず手に入れなければならいレベルのジャケット。

詳しくはこちら!

パンチングレザージャケット(最高気温25度26度27度28度29度)

メッシュジャケットの次に通気性がいいのがパンチングレザージャケット。パンチングレザーは通気用の小さな孔が開いたレザーのことを言います。正直30度以上の日は結構厳しいですが、アメリカンやクラシックタイプに乗る方は我慢して着ていることも。

オコモト
オコモト

僕は超優秀な熱中症対策としてメッシュジャケットの上から水をかぶって水冷という方法を推奨していますが、レザーだとジャケットを濡らせないのでおすすめしません。

詳しくはこちら!

夏用インナー

ジャケットの下にTシャツを着るとベタベタして不快指数が爆上がりしますし、ジャケットの腕部分に汗が染み込んで汚れてしまいます。冷感・速乾タイプの夏用の長袖インナーを着用しましょう。

詳しくはこちら!

防風インナー

バイク太郎
バイク太郎

仮に山の上の方に行って多少寒くなっても、それが何時間も続くわけじゃないからね。せいぜい数十分だからね。ごく稀なケースのためにわざわざ対策品を持ってく必要はないと思うよ。

と言って置いて恐縮ですが、最高気温25度26度27度28度29度くらいの早朝などは少々冷えることもあるので邪魔にならない防風インナーを着ていっても良いかと思います。僕は持っていきませんが予防線を貼る意味で記載しました…。

バイク三郎
バイク三郎

30度超えたらまじでいらないよ。

詳しくはこちら!

インナープロテクター

バイクバイクしたジャケットやレザーが苦手な方はインナープロテクターの上からお気に入りのTシャツを着る…という方法もあります。しっかりしたインナープロテクターを選べば、下手なメッシュジャケットよりも安全にツーリングを楽しむことができますよ。

オコモト
オコモト

僕は夏用インナーの上にインナープロテクターを着て走っています!

詳しくはこちら!

夏のバイクツーリング、グローブなど

メッシュグローブ

バイクグローブの中でもっとも通気性が良いのがメッシュグローブ。グリップを握りっぱなしの手は多くの汗をかくのでこの時期の必須アイテム。

詳しくはこちら!

パンチングレザーグローブ

メッシュグローグよりも涼しさは劣りますが、アメリカン、ハーレーやクラシックバイクの方にはおすすめ。ツーリングのたびに洗濯するのは少々面倒かも?

詳しくはこちら!

インナーグローブ

インナーグローブを使っているバイク乗りはまだまだ少ないですが、

  • バイクの操作性向上&疲労減少効果
  • グローブが長持ちする
  • ナックルプロテクターが手に当たる不快感を軽減
  • 冬は寒さから手を守る
  • 夏は手汗からグローブを守る

という素晴らしい効果があるので超おすすめ。

オコモト
オコモト

靴下を履くのにインナーグローブをしない意味がわからないんです。

バイク用じゃないけど、おすすめはこちら!

最高気温25度26度27度28度29度30度31度32度33度34度35度のバイク、下半身の服装

ジーンズパンツ・デニム

通気性のよいデニムは夏でも快適に使用することができますが、エンジンの排熱が大きいバイクの場合は内モモを火傷することも。革のヒートガードがついているものを選べば火傷の心配はありません。

詳しくはこちら!

カーゴパンツ・チノパン

通気性のよいカーゴパンツ・チノパンは夏でも快適に使用することができますが、エンジンの排熱が大きいバイクの場合は内モモを火傷することも。革のヒートガードがついているものを選べば火傷の心配はありません。

詳しくはこちら!

メッシュパンツ

もっとも通気性が高いライディングパンツがメッシュパンツ。通気性が良いということはエンジンの排熱をモロに受けてしまうということなので当ブログではそれほどおすすめしていません。使用する場合はデグナーなど、ヒートガードがついているものを選びましょう。

オコモト
オコモト

「風が通って涼しい!」「でも排熱がきつい!」という感じ。

詳しくはこちら!

パンチングレザーパンツ

通気性のないレザーに無数の小さな孔を開けたものをパンチングレザーと言います。パンチングレザーパンツはエンジンの遮熱と涼しさを両立させている優秀なパンツ。メッシュパンツほど通気性は良くないですが、遮熱とのバランスがとてもいい感じ。

オコモト
オコモト

「風が通って涼しい!」というよりかは「蒸れない!」という感じ

詳しくはこちら!

オールシーズンパンツ

ベンチレーション機能がついているパンツであれば夏に使えないこともないです。とは言えメッシュパンツやパンチングレザーパンツに比べると涼しさは落ちます。

詳しくはこちら!

レザーパンツ

オールシーズンパンツよりも涼しさは落としますし、蒸れますがエンジンの排熱はカットしてくれます。とは言えかなり我慢が必要なパンツ。

詳しくはこちら!

レーシングパンツ

暑さでいうとレザーパンツと全く同じです。安全性と操作性を重視する方は夏でも我慢してレーシングパンツを履いていたりします。

オコモト
オコモト

昔は夏も冬もレザーパンツで走っていました。結構きつかったですがまったく無理というわけではないです。普通にパンチングレザーパンツの方がおすすめ!

詳しくはこちら!

インナープロテクター

バイクウェアより快適性は落ちますが、普段着でもツーリングを楽しむことはできます。その際は防風インナーに加えて、インナープロテクターを着用することで安全性はバイクウェア並に高めることができます。とはいえ、普段履いているジーパンの中にインナープロテクターを履くとかなり窮屈になるので注意が必要。

詳しくはこちら!

夏用インナー

どんなパンツを履くにせよ、インナーを履かないと、

  • 汗でベトついて深い
  • パンツが足にまとわりついて足を上げにくい(またがる時)
  • パンツが汗を吸って汚れやすい

というデメリットがあります。夏用のさらっとしたインナーを中に履くようにしましょう。

詳しくはこちら!

6月7月8月9月のブーツなどフットウェア

マストアイテム!

夏用メッシュブーツ・シューズ

メッシュ生地のシューズやパンチングレザーのブーツなどは蒸れしらずなのでかなり快適にライディングすることができます。足に熱がこもる…という方はマストアイテム。

オコモト
オコモト

以前は我慢してレーシングブーツを履いていましたが、思い切ってパンチングレザーの物を使ったら世界が変わりました!

詳しくはこちら!

靴下

靴下にこだわり始めたら本物…。この時期はさらっとした夏用の靴下で快適に走りましょう。シューズ内の蒸れ防止にも役立ちます。着圧のものだと足も浮腫まずいい感じ。

詳しくはこちら!

バイク用スニーカー

バイク用スニーカーは操作性や安全性は低いですが、歩きやすさや見た目のカジュアルさがとても優秀。メッシュスニーカーに比べれば涼しさは格段に落ちますが、防水タイプなど通気性最悪のものを選ばなければ夏でも使用することは可能。

詳しくはこちら!

バイクシューズ・ライディングシューズ

レーシングブーツとスニーカータイプの中間、安全性と操作性、ゴリゴリ感のバランスが良いのがバイクシューズ・ライディングシューズ。メッシュスニーカーに比べれば涼しさは格段に落ちますが、防水タイプなど通気性最悪のものを選ばなければ夏でも使用することは可能。

詳しくはこちら!

ブーツ

アメリカンやクラシックタイプに合うのがレザーブーツ。バイク用にもかかわらず普段履きできそうなものも。レザーは通気性が悪いので我慢が必要。パンチングレザーブーツを使用したほうが幸せになれますが、予算がない昔の僕のような方は我慢して履くことも。

詳しくはこちら!

レーシングブーツ

バイク操作にもっとも特化していて安全性が高いのがレーシングブーツ。通気性が悪いので我慢が必要。パンチングレーシングブーツを使用したほうが幸せになれますが、予算がない昔の僕のような方は我慢して履くことも。

詳しくはこちら!

普段履いているスニーカー

靴紐をベロの中に入れ、シフトパッドを取り付ければ普段のスニーカーやブーツでツーリングすることは可能。バイク用のフットウェアを用意したくない方はこの方法もあり。

詳しくはこちら!

夏6月7月8月9月・最高気温25度26度27度28度29度30度31度32度33度34度35度バイクツーリングの服装まとめ

いかがでしたでしょうか。

夏6月7月8月9月・最高気温25度26度27度28度29度30度31度32度33度34度35度バイクツーリングの服装について網羅的に解説しました。

この記事があなたのツーリングをより安全・快適に、楽に、そして楽しくするお手伝いができたのであれば嬉しく思います。

36度37度38度39度40度以上がない理由

ちなみに、35度よりも気温が高くなるとライダーの活動限界に突入します。ツーリングではほとんどの時間を日向で過ごすことになりますが、どんな装備をしても35度を超えると正直しんどいです。

36度37度38度39度40度以上の日は無理にツーリングに行かずに、涼しい部屋でアイスを食べながらオコモトを読むことを強くおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました