> 夏バイクの必需品メッシュジャケットのおすすめと失敗しない選び方 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

夏バイクの必需品メッシュジャケットのおすすめと失敗しない選び方

夏バイクの必需品メッシュジャケットのおすすめと失敗しない選び方バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • メッシュジャケットの購入を検討している
  • メッシュジャケットも必要性を知りたい
  • メッシュジャケットの選び方を知りたい
  • メッシュジャケットのおすすめを知りたい


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • メッシュジャケットが必要な理由と目的
  • 夏のバイクの必需品メッシュジャケットの特徴
  • ハーフメッシュとフルメッシュはどちらを買うべきか
  • メッシュジャケットはいつからいつまで着る?普段着として着れる?
  • メッシュジャケットならではの熱中症対策
  • メッシュジャケットの洗い方
  • メッシュジャケットの選び方
  • 更に風通しを良くする方法
  • おすすめのメッシュジャケット


ということについて解説してきます。

  1. メッシュジャケットが必要な理由と目的
  2. 夏のバイクの必需品メッシュジャケットの特徴
  3. ハーフメッシュとフルメッシュはどちらを買うべきか
  4. フルメッシュジャケットはいつからいつまで着る?普段着として着れる?
    1. フルメッシュジャケットを着られる季節
    2. メッシュジャケットは普段着で着られるのか
  5. フルメッシュジャケットならではの熱中症対策
  6. メッシュジャケットの選び方
    1. プロテクター入りのものを選ぶ
    2. フルメッシュジャケットを選ぶ
    3. 裏地にはこだわらない
    4. インナー着脱機能は必要ない
    5. サイズはシビアに気にしなくても大丈夫
    6. フードはないほうがいい
  7. 更に風通しを良くする方法
  8. メッシュジャケットの洗い方
  9. おすすめのメッシュジャケット
  10. クシタニの代表的なメッシュジャケット アティースメッシュジャケット
  11. コミネの代表的なメッシュジャケット バイク用 プロテクトフルメッシュジャケット
  12. シンプソンの代表的なメッシュジャケット
  13. カドヤの代表的なメッシュジャケット オールドマンクス
  14. RSタイチの代表的なメッシュジャケット RSタイチ イングラム メッシュジャケット
  15. ダイネーゼの代表的なメッシュジャケット AIR CRONO 2 TEX JACKET
  16. アルパインスターズの代表的なメッシュジャケット alpinestarsT-FASTER AIRジャケット
  17. デグナーの代表的なメッシュジャケット デグナーメッシュジャケット/MESH JACKET
  18. ラフアンドロードの代表的なメッシュジャケット  ダイレクトエアメッシュジャケット
  19. イエローコーンの代表的なメッシュジャケット
  20. ワークマンでメッシュジャケットの代用品は手に入るのか
  21. まとめ

メッシュジャケットが必要な理由と目的

メッシュジャケットが必要な理由と目的


メッシュジャケットの目的は2つです。

メッシュジャケットの目的
  • 熱中症予防
  • 日焼けの防止


真夏に屋外で活動する人はいますが、そのほとんどの時間を日向で過ごす人は少ないです。ツーリングに行くとその日のほとんどの時間を「屋外の日向」で過ごすことになります。そんなことをすれば熱中症になることは明らかです。

幸いにもツーリング中は走行風は発生するので、これを全身に浴びて「ライダー自身を空冷」させることで熱中症を予防します。



Tシャツなど薄着で運転すれば空冷させることができますが、直射日光が当たるので暑い上に日焼けをします。1日日向にいたレベルの日焼けをすると、内熱がこもってその日はとても眠れたものではなくなります。

メッシュジャケットは風は通すけれども直射日光は通さないので「日陰を着る」とも表現されます。

okomoto

Tシャツ1枚でバイクに乗るなんて頭にクソでも詰まってんのかと思います。


僕も経験があるのでわかりますが、事故発生時は神様に信じられないくらい「無慈悲」に扱われます。
ただ単に物理法則によって体がダメージを受けていきます。

「奇跡的に助かる」というのは神様の意思でもなんでもなくて、ただたまたま物理法則上そうなっただけです。

ですので「奇跡的に助かる」ということは一切期待しない方がいいです。「能動的に、自分の意思で助かろうとする」ということが必要です。

写真のライダーはフルフェイス、あご紐、レース用のグローブ、プロテクター入りのジャケット、レザーパンツ、レーシングブーツのお陰で体は無傷。これが「能動的に、自分の意思で助かろうとする」ということ、バイク装備が大切な理由です。

夏のバイクの必需品メッシュジャケットの特徴

メッシュジャケットの特徴
  • 通気性が非常に良い
  • プロテクターが入っている
  • 立体裁断で作られている
  • 袖が絞れるようになっている
  • バタつかないようにできている
  • 背中側が少し長い
  • ポケットにファスナーがついている
  • インナーを着脱できる
  • 防水機能はない


多くはメッシュジャケットではないバイクジャケットと共通するものです。この特徴はすべてのメッシュジャケットに共通して備わっているものではありませんが、なるべく多くの特徴を有するメッシュジャケットが優れたメッシュジャケットをいうことになります。

メッシュジャケットとしては「通気性が非常に良い」が最低条件、バイクジャケットとしては「プロテクターが入っている」というのが最低条件になります。

ハーフメッシュとフルメッシュはどちらを買うべきか

ハーフメッシュとフルメッシュはどちらを買うべきか



メッシュジャケットにはジャケットの一部がメッシュになっているハーフメッシュとすべての生地がメッシュであるフルメッシュの2種類があります。

結論から言うとハーフかフルのどちらか1つを購入するつもりであれば絶対にフルメッシュを購入するべきです。


メッシュジャケットは「真夏用」のジャケットなのでとことん真夏に特化した選ぶべきです。

okoko

真夏も快適にツーリングしたいけれど、気に入ったデザインがあるハーフメッシュジャケットが欲しい

というのであればハーフとフルの両方を購入する必要があります。

真夏のツーリングの快適性を落としてもいいのであればハーフメッシュで我慢することもできますが、熱中症は重症になると再起不能になるものなので我慢はおすすめしません。

バイク三郎

ゆで卵は生卵には戻れないよ

フルメッシュジャケットはいつからいつまで着る?普段着として着れる?

フルメッシュジャケットはいつからいつまで着る?普段着として着れる?


フルメッシュジャケットは真夏に特化したジャケットですが、着られる期間は決して短くありません。

それを、メッシュジャケットを「普段着としても着られる」とアナウンスしている方がいますが、実際はどうなのでしょうか?

フルメッシュジャケットを着られる季節

メッシュジャケットの季節【唯一真夏をカバー】


フルメッシュだと真夏しか着られないイメージがあるかもしれませんが、インナーで環境気温を調整することで

フルメッシュジャケットを着る時期
  • 夏よりの春
  • 真夏
  • 夏よりの秋


という3つの季節で着ることができます。

ちなみにハーフメッシュはこのうちの「真夏」が「×よりの△」になるイメージです。

okomoto

詳しくは下の詳細記事を読んでみてください

メッシュジャケットは普段着で着られるのか

メッシュジャケットは普段着で着られるのか
バイク太郎

着られるわけんないじゃん


多くのライダーは休憩の時にバイクジャケットを脱ぎます。バイクジャケットはプロテクターが入っているので普通の上着よりもとても重いからです。そのままではせっかくの休憩時間に体力の回復ができなくなります。

また、ハーフメッシュでもフルメッシュでも風が通らないととても暑いです。到底真夏に普段着として着られるものではありませんし、涼しい季節に着るものでもありません。

そもそも普段着としてバイクウエアを着るという行為は「スポーツの本番用のユニフォームを普段着として着る」という行為と同義です。

それがかっこいいと思うのであれば構いませんが、一般的な考え方に照らし合わせれば普段着とユニフォームは切り離して考えるべきです。

「普段着っぽいユニフォーム」が存在しのと同じでユニフォームの中に普段着っぽさを求めるべきでもないと僕は考えます。

okomoto

人の趣味はそれぞれですが、バイクウエアと普段着を混同する風潮ってなんとかなんないんですかね?

フルメッシュジャケットならではの熱中症対策

フルメッシュジャケットならではの熱中症対策


「メッシュジャケットはライダーを空冷するもの」と先述しましたが、フルメッシュジャケットであれば「ライダーを水冷する」ということもできます。

単純に水を被って水が蒸発するときに温度を奪っていく気化熱を利用したものですが、効果は抜群です。

okomoto

詳しくは下の詳細記事を読んでみてください

メッシュジャケットの選び方

メッシュジャケットの選び方


メッシュジャケットの選び方を解説します。ポイントは6つ。

メッシュジャケットの選び方
  • プロテクター入りのものを選ぶ
  • フルメッシュジャケットを選ぶ
  • 裏地にはこだわらない
  • インナー着脱機能は必要ない
  • サイズはシビアに気にしなくても大丈夫
  • フードはないほうがいい


それぞれ解説します。

プロテクター入りのものを選ぶ

プロテクター入りのものを選ぶ


バイクは危険な乗り物であることを理解して必ずプロテクター入りのものを選びましょう。


見落としがちなのが胸のプロテクターです。

バイク事故の死亡原因

引用元:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/nirinsha/heru_pro.html


バイク用のジャケットは基本的に肩、肘、腕、背中にプロテクターが入っています。しかし胸部プロテクターは入っていないものやオプション扱いのものが多いのです。

バイク事故の35.7%は頭部へのダメージ、32.1%は胸部へのダメージです。バイクの上着を選ぶときに胸部プロテクターがついているものを選べばヘルメットに近い防御力を得ることができるので、我が身かわいい方は必ずプロテクターをつけましょう。

okoko

落ちた衝撃で胸を打ってしまうのね・・・

okomoto

いえ、ハンドルが突き刺さるそうです。

フルメッシュジャケットを選ぶ

フルメッシュジャケットを選ぶ


先述の通り、ハーフメッシュではなくフルメッシュを選ぶようにしましょう。

裏地にはこだわらない


メッシュジャケットの中には速乾性インナーを着ます。メッシュジャケットの裏地がなんであろうがかわらないので裏地にこだわる必要は全くありません。

もしもTシャツの上にメッシュジャケットを着ようとしているのであれば「靴下を履かないでスニーカーを履く」と同じことなのでおすすめはしません。皮脂でジャケットが汚れやすくなります。

インナー着脱機能は必要ない


メッシュジャケットの中にはインナーを取り付けるためのファスナーが用意されていて、オプションのインナーを取り付けられるようになってるものもあります。

インナーは防風インナーと薄いダウンのような保温インナーの2種類が多いですが、オプションのインナーを使用すると、構造上ファスナー部分に隙間ができますし、(面倒なので詳細は割愛)装着も面倒で価格も高いのでオプションのものは使わないほうがいいです。

全く別の防風インナー(ウインドブレーカーなどで可)やインナーダウンを用意したほうが価格面でも機能面でも優れています。

サイズはシビアに気にしなくても大丈夫


通常のバイクウエアを選ぶときは重ね着に備えたり、バタつきを防ぐためにサイズ選びには慎重になりますが、メッシュジャケットの場合は重ね着をしたとしても薄い防風インナーくらいですし、風が通っていくのでバタつくこともありません。

サイズ選びはきちっと行うことに越したことはありませんが、他のウエアと比べればそれほどシビアになる必要はないのかなと思います。

フードはないほうがいい

バイクの上着にはないほうがいい機能


バイクの上着を着ると

okomoto

さすがバイク用だなぁ!丈夫だし色々考えて作ってあるなぁ!

と関心します。

しかし、

okomoto

これデザインしたやつ頭沸いてんか????

という特徴をもつバイクの上着も存在します。

しかも最近その機能を持ったバイクの上着はいろんなメーカーから販売されていて、比較的デザインがポップなものが多いのでうっかり初心者さんが購入してしまうという悲しい事態になっています。

バイク次郎

いや、まぁ、買った人は初心者さんだから特にその機能に不満を感じることは少ないとは思うんだけどね。本人がいいならいいんだけどね・・・


それは

バイク用のジャケットにパーカータイプは絶対にいらない



先程、『普通のウエアでは袖がバタつくだけでなく、袖から風が入ってウエアが膨らみ、パラシュートのようになっていしまいます。』と解説しましたが、フードがあると

パーカーの機能
  • パーカーが風を受けてパラシュートのように風を受ける機能が付与されます。


「不意の雨でも頭が濡れない」「首周りがにフードがあるので暖かい」というのがパーカーのメリットですが、バイクに乗っているときはヘルメットをかぶっていますし、首の周りに防風効果を出したければ風を受けないネックウォーマーがあります。

フードがあると風で膨らむだけではなくヘルメットと背中の間に挟まって首が窮屈になり疲れやすくなります。


バイク三郎

Amazonのレビューを見ても「フードがあってこんな場面で助かった」とかパーカー関連のレビューって1つもないんだよね・・・

バイク次郎

メーカーの説明もだいたい「マウンテンパーカータイプ!」と書いてあるだけでそれがバイクにとってどんなメリットがあるのかは書いていないんだよね・・・

okoko

マウンテンパーカータイプならバイクで山に行ってそのまま登山できるじゃん!!!

バイク太郎

雨が降ってる日にプロテクター入りの重いジャケットで??

okoko

フードは取り外しできるから外せばいいのよ!

okomoto

(パーカーの意味ないじゃん・・・)

昔乗ってたおじいちゃん

何を選ぼうが何を着ようが個人の自由じゃぞい。ただ、「何故それを選択するのか」という選び方をしないといい旅の相棒には出会えないかもしれないのぅ。

更に風通しを良くする方法


特に胸部と脊髄プロテクターはインナーを着た体に密着するため空気の流れを著しく悪くします。

メッシュジャケット単体で満足できない方はメッシュのインナーベストを中に着ると、プロテクターと体の間に空間ができて風が流れます

ジャケットとライダーの身体の間に風の通り道を作り、胸・背中といったプロテクターの接する部位の不快な蒸れを解消! ! 夏場の快適性を大幅UPするアイテムです。

引用元:Amazon
okomoto

このアイテムは空調服とも相性が良いのであわせて下の記事も読んでいただけると良いかと思います。

メッシュジャケットの洗い方

メッシュジャケットの洗い方


僕はプロテクターをつけたまま洗濯機に入れて洗っています。


  • プロテクターを外す
  • 湯船に37度のお湯を張り衣料用洗剤を入れ、ジャケットを30分漬け込む
  • プロテクターを洗う
  • ジャケットを踏む
  • お湯を入れ替えながら泡が出なくなるまですすぐ
  • バスタオルに包んで脱水する
  • 陰干しする


というもっと丁寧な洗い方は下の記事で詳しく解説しています。

おすすめのメッシュジャケット

おすすめのメッシュジャケット


おすすめのメッシュジャケットを各ブランドからピックアップして紹介します。

フルメッシュをおすすめするとコミネ製品だけになってしまうので、ここではフルメッシュに限らずさまざまな夏用のジャケットを紹介するものとします。

無名ブランドは排しているので下のブランドから選んでいただければ間違いないと思います。

とは言え先述したメッシュジャケットの特徴を多く備えているものを見つけられれば無名のブランドでも全く問題ありません。

okomoto

僕のおすすめはフルメッシュで胸部プロテクターもついているコミネです。

クシタニの代表的なメッシュジャケット アティースメッシュジャケット

クシタニ

引用元:https://www.kushitani.co.jp/


パンチングレザーは嫌いな僕ですが、クシタニは革屋さんなのでメッシュジャケットも少し我慢をしてせっかくなのでパンチングレザーのものをおすすめします。肩、肘、背中には着脱可能なソフトパッドが標準装備されていて胸部プロテクターはオプションで手に入れることができます。

コミネの代表的なメッシュジャケット バイク用 プロテクトフルメッシュジャケット

コミネ

引用元:https://www.komine.ac/

こちらも肩・肘・胸・脊椎・脇腹にCE規格レベル2プロテクターを標準装備しています。脊髄パッドはソフト素材ですが、別売りのハードプロテクターに変更することが可能です。

真夏ツーリングの頼もしいジャケットになってくれます。

シンプソンの代表的なメッシュジャケット

シンプソンのバイクジャケット、メッシュジャケット


1959年、ビル・シンプソンが創業、ドラッグレースのパラシュートや耐火レーススーツを製造。
ビル・シンプソン 自身がマシンに乗り、そこで得た経験を製品にフィードバッグさせていた。

四輪ヘルメットを製造していたノウハウを生かしてヘルメットの製造を開始。 同じアメリカのヘルメットメーカー「BELL」のヘルメットの倍以上と言う超高級品としてヘルメットを供給。

四輪用品の製造のノウハウを活かし、バイク用品の製造販売も開始しました。

カドヤの代表的なメッシュジャケット オールドマンクス

カドヤ

引用元:https://ekadoya.com/photolog/detail/32790


パンチングレザーは嫌いな僕ですが、カドヤは革屋さんなのでメッシュジャケットも少し我慢をしてせっかくなのでパンチングレザーのものをおすすめします。
肩と肘にはパッチを配置し、安全性をアップしつつもオールドレーシーな雰囲気を保っています。

雰囲気のある通気性のいいジャケットを探している方におすすめです。

RSタイチの代表的なメッシュジャケット RSタイチ イングラム メッシュジャケット

RSタイチ

引用元:https://www.rs-taichi.co.jp/history/

今風のデザインで着脱可能な防風インナー、位置調節可能なプロテクターがついてきます。背中には風が通るタイプのプロテクターも入っているので快適に安全にライディングすることができます。

ダイネーゼの代表的なメッシュジャケット AIR CRONO 2 TEX JACKET

ダイネーゼ

引用元:https://www.dainesejapan.com/


取り外し可能な肩肘のプロテクターは標準装備、胸と背中は別売りのものを入れるポケットがついています。

ダイネーゼのパンツとはファスナーで連結することができます。

首、ウエスト、手首、腕の周りは絞り調整可能になっているので快適性を高めることができます。


アルパインスターズの代表的なメッシュジャケット alpinestarsT-FASTER AIRジャケット

アルパインスターズ

引用元:http://www.okada-corp.com/products/?category_name=alpinestars


大型ストレッチパネルの搭載でバイクの上で動きやすくなっています。プロテクターはバックプロテクター、片、肘にプロテクターがあり、胸部は別売りになっています。

デグナーの代表的なメッシュジャケット デグナーメッシュジャケット/MESH JACKET

テグナー

引用元:https://www.degner.co.jp/


片、肘、背中にプロテクターを標準装備しています。腰のベルクロで調整が可能なのでフィット感を上げて快適にライディングできます。

okomoto

公式いオンラインショップでは様々な製品を網羅的に見ることができます。リンクを張っておきますのでどうぞ。

DEGNER ONLINE SHOP

ラフアンドロードの代表的なメッシュジャケット  ダイレクトエアメッシュジャケット

ラフ&ロード

引用元:https://www.rough-and-road.co.jp/sports/company.html

胸・肩・肘・脊椎にエアスルーパッドを標準マウントし通気性をとことんまで突き詰めた、”放熱”するために生まれた真夏対応のジャケットです。


イエローコーンの代表的なメッシュジャケット

イエローコーン

引用元:https://yellowcorn.shop/?tid=2&mode=f4
バイク太郎

半袖でプロテクター入りって・・・なにかのトンチかな?

一休さん

意味なしホーイチ!!!

それぞれのブランドの詳細について知りたい方は下の詳細記事を読んでみてください。

ワークマンでメッシュジャケットの代用品は手に入るのか


ワークマンからライディングメッシュ ジャケットというもの発売されていますが、プロテクターが入っていないので使い物にはなりません。

とはいえインナー類は非常に優秀なワークマンですので下の記事から気になるものを探してみてください。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクのメッシュジャケットについて網羅的に解説しました。

メッシュジャケットの選び方
  • プロテクター入りのものを選ぶ
  • フルメッシュジャケットを選ぶ
  • 裏地にはこだわらない
  • インナー着脱機能は必要ない
  • サイズはシビアに気にしなくても大丈夫
  • フードはないほうがいい



夏のツーリングでは間違いなく必須アイテムになるメッシュジャケットをこの記事を参考にして探して頂ければ快適な夏ツーリングができます。

熱中症やスマホの熱暴走には十分注意して真夏のツーリングを少しでも快適に乗り切りましょう。


okomoto

スマホの熱暴走対を解説した記事はこちら

okomoto

メッシュグローブも合わせてどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました