> ダイネーゼ夏のメッシュジャケットからレザーまで!エアバッグスマートジャケットも紹介! | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

ツイッター始めました!

アカウントだけ作ってずっと放置していたツイッターを動かし始めました。下のTwitterアイコンをクリック&無言フォローするだけ「バイクに役立つちょっとしたツイート」が届きます!

\Follow me/

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

ダイネーゼ夏のメッシュジャケットからレザーまで!エアバッグスマートジャケットも紹介!

ダイネーゼパンツバイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いたあなたは、

こんな方向けの記事です
  • ダイネーゼの・夏のメッシュジャケット・冬のウインタージャケット・パーカーをまとめて比較したい

という方ではないでしょうか。この記事では、

okomoto

ダイネーゼ着たいなぁ!でもどれがいいのかわからない・・・

という、これから「散々調べて悩んで」という作業を始める方、あるいは絶賛その作業中の方の作業量を減らすことを目的とした記事です。この記事では、

この記事でわかること
  • ダイネーゼとは?
  • バイクジャケットの種類
  • ダイネーゼジャケットのサイズ表
  • ダイネーゼのジャケットの種類
  • 評判・口コミを含めたダイネーゼのレザージャケット・革ジャンのおすすめ紹介
  • 評判・口コミを含めたダイネーゼの3シーズンジャケットのおすすめ紹介
  • 評判・口コミを含めたダイネーゼの夏のメッシュジャケットのおすすめ紹介
  • 評判・口コミを含めたダイネーゼのウィンタージャケットのおすすめ紹介

ということについて解説していきます。

ダイネーゼとは?

DAINESEダイネーゼブーツ・シューズ・スニーカーの選び方やサイズ感、おすすめ紹介


イタリア ヴィツェンツァ モルヴァーナで創業したバイクアパレルメーカー。ロゴは悪魔を模しています。

ダイネーゼはライダーの乗車姿勢にあわせた新しいカッティング技術やバックプロテクター、ニースライダー、スーツ内臓のプロテクションシステム、ソフト素材とハード素材を併せて使う「複合プロテクション」などを開発、「From Head To Toe(頭からつま先まで)」のコンセプトを掲げて提供してきました。
現在はその技術をバイク界だけではなく、ウインタースポーツ、自転車、乗馬の世界にも広げています。
往年の世界グランプリレーサーが着用していたのでレースのイメージが強いく、海外の中では一番の高級ブランドではないかと思います。
ダイネーゼ製品は「一定の技量がないとチグハグに見える」と感じてしまうので初心者の方にはおすすめしません。
レースからフィードバックされたプロテクションシステムを採用しているのでまったり走るようなアメリカンやレトロタイプとも相性は良くないと思います。
イタリアのSSとはかなり合います。

ジャケットの特徴
  • 肩・肘プロテクターはデフォ
  • 胸部・背中はオプションがデフォ
  • ゴアテックスを使ったものはレインウェア以上の耐水性
  • レーサーとアドベンチャーと両極端なデザイン。中間はフード付きくらい
  • 基本ハードプロテクターなのでハードライディングの方におすすめ
  • 重いのでトコトコツーリンガーには不向き
ダイネーゼが似合うバイクやライダー
  • サーキット走行
  • ベテラン
  • SS全般
  • ドカティ
  • MVアグスタ
  • アプリリア

バイクジャケットの種類、選び方

バイクジャケットの種類、選び方

バイクジャケットは季節や生地の素材によって、

バイクジャケットの種類
  • レザージャケット(革ジャン
    →レザー/春秋用
  • パンチングレザージャケット
    →細かい穴が空いたレザー/夏
  • ハーフメッシュジャケット
    →テキスタイル+メッシュ生地/夏
  • フルメッシュジャケット
    →メッシュ生地/夏+真夏
  • スリーシーズンジャケット
    →テキスタイル/真夏と真冬以外
  • パーカー
    →「パーカー=カジュアル」という謎のマーケティング踊らされた場合
  • ウインタージャケット
    →厚いテキスタイル/冬
  • 電熱ウェア
    →電熱/冬

という種類に分けられます。年間を通してバイクに乗るのであれば最低でもフルメッシュジャケットとスリーシーズンジャケットの2つは必要

okomoto

他のジャケットはもっと細かく快適性を求めるときに使ったりします!基本はフルメッシュと3シーズンをインナーで調整するイメージ。

バイクジャケットの選び方~プロテクターの有無は特に大事~

バイクジャケットの選び方
普段着にはないバイクジャケットの特徴

という特徴を持つジャケットはバイク用として使いやすいので選ぶ際の参考にしていただければと思います。
バイクジャケットに必須のプロテクターですが、ジャケットについてくるものと別売りのものがあるので購入の際は注意。

バイク太郎

別売りだと季節によって使い回せるから経済的。ジャケットのコストダウンにもなっているよ。

バイク次郎

同じメーカー内なら使い回せるから、夏用と冬用で同じメーカーのジャケットを使っている人が多いよ。

ダイネーゼジャケットのサイズ表

ダイネーゼジャケットのサイズ表

ダイネーゼのサイズ表は以下の通りです。シューズやグローブに比べればジャケットのサイズ選びは難しくないです。

ダイネーゼジャケットサイズ表

引用元:ダイネーゼ

ダイネーゼジャケットサイズ表レディース

引用元:ダイネーゼ
バイク太郎

欲しいカラバリが用品店になければ試着したあとにネットで買うのもあり。その場合は消耗品のパーツクリーナーくらい買って帰ろう。

とは言え、モデルごとにサイズ表が変わることも多いので上の表は参考程度にとどめてください。もしも2つのサイズで悩んでしまったら、

ライディングメインに楽しむ人

フィット感優先で小さい方を選ぶ

観光などを含めたツーリングをメインに楽しむ人

観光地での動き安さ優先で大きい方を選ぶ

という考え方で乗り切るのも良いかと思います。

ダイネーゼのレザージャケット・革ジャンのおすすめ紹介

評判・口コミを含めたダイネーゼのレザージャケット・革ジャンのおすすめ紹介

レーシーなレザージャケットやアメリカンやクラシックタイプにも合ういわゆる革ジャンやパンチングレザーのものもまとめて。

RACING 4 LEATHER JACKET PERF.

  • スポーツライディングに適したタイトなフィット感
  • プレミアムカウハイドレザー
  • サイドと胸元に2か所、計4か所のベンチレーション
  • パンツと連結可能
  • 肩にはアルミプレート
  • 肘・肩に着脱可能な複合プロテクター
  • ダブルチェストプロテクター用ポケット
okomoto

レーシーな一着!ベンチレーションがあるので長い期間着れますね!口ひげが似合うダンディなおじ様ドカティライダーに着てほしい!

SAN DIEGO LEATHER JACKET PERF. DAINESE(ダイネーゼ)

  • 時代に左右されないレザージャケット
  • ソフトなカウハイドレザー
  • 肩と肘には、ソフトプロテクター
okomoto

レーシーな雰囲気を抑えているのでクラシックタイプやカフェレーサーにも合いますね!アメリカンでもOKな感じ!ダイネーゼのアメリカン乗りなんて見たことないから面白いかも!

TUONO D-AIR LEATHER JACKET DAINESE(ダイネーゼ) エアバッグ内蔵

  • ロードで最高峰の性能を誇る最新D-airジャケット
  • D-airエアバッグシステムを完全に内部に統合
  • サイドにベンチレーション
  • エアスペースを確保した3D-BubbleとNanoFeelのコンビネーションライナー
  • 肩にレース対応アルミニウムプレート
  • 肘にアルミニウムプレート
  • 胸・首・背中はエアバッグでカバー
okomoto

エアバッグを内蔵しているレザージャケット!価格はバカ高いですがエアバッグをスッキリ付けたい方におすすめ!ダイネーゼのロゴが迫力ありますね!

ダイネーゼの3シーズンバイクジャケットのおすすめ紹介

ダイネーゼの3シーズンジャケットのおすすめ紹介

多くの季節をカバーできる3シーズンジャケットを紹介。

MISTICA TEX JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • 肩と肘にはハードプロテクター
  • 背中にはバックプロテクターを収納できるポケット
  • ジャケットパンツ連結システム
  • 胸と背中にベンチレーション
  • 着脱可能な保温ライナー
okomoto

落ち着いた雰囲気のジャケット。ベンチレーションやインナーがあるので長い期間使えそう!スポーツタイプやネイキッドバイクに特におすすめ!

EDGE TEX JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • 肘・肩にハードプロテクター
  • バックプロテクターは別売り
  • ダブルチェストプロテクター用ポケット
  • 袖・サイドにベンチレーション
okomoto

個人的にはこのくらい派手なデザインが良いです。ベンチレーションは少なめなので早めにメッシュジャケットにバトンタッチですね!

DINAMICA AIR D-DRY JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • 通気性のあるD-Dry防水メンブレン
  • 肩のアルミニウムプレート
  • ジャケット-パンツ連結システム
  • 肩・肘にプロテクター
  • 背中と胸のプロテクターはオプション
okomoto

通気性のが良いD-Dry防水メンブレンを使っているせいか、ベンチレーションがないので着られる期間は短くなりそう。こういうジャケットにはベンチレーションが欲しいですね!

【おすすめはしません】ダイネーゼのバイクパーカー紹介

【おすすめはしません】評判・口コミを含めたダイネーゼのパーカー紹介

何を選ぼうが何を着ようが個人の自由ですが、「何故それを選択するのか(なぜバイク用のウェアとしてわざわざデメリットしかないパーカーを選ぶのか)」という選び方をしないといい旅の相棒には出会えないかもしれません。気に入ったものがあればフードを外して使うのがおすすめ。
なお、パーカータイプは対応する季節などにかかわらず紹介していきます。

IGNITE TEX JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • ファブリックフード付きスウェットジャケット
  • 肩と肘には、取り外し可能なPro Armorソフトプロテクター
  • ジャケットパンツ連結ループ
  • 着脱・調節可能なフード
  • バックプロテクター用ポケット
  • ダブルチェストプロテクター用ポケット
  • 耐水生地
okomoto

ダイネーゼまでフードつきを出すのかぁ。街乗りならいいかもしれませんねー。知らんけど。

MAYFAIR D-DRY JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • バックプロテクター用ポケット
  • スマートフォン用防水ポケット
  • 袖にポケットがあるのが面白い
  • 肩・肘にプロテクター
  •  耐水圧20.000mm
  • 前面にポケット3つ
  • イヤホンサポート
okomoto

ポケットが多かったり、スマホ用の防水ポケットがあったりとシティユースに良さそうですね!知らんけど!

okomoto

ダイネーゼはコミネやRSタイチと違ってフードが着いているものは極端に少ないですね。さすがダイネーゼ!

ダイネーゼの夏のメッシュジャケットのおすすめ紹介

評判・口コミを含めたダイネーゼの夏のメッシュジャケットのおすすめ紹介

フルメッシュもハーフメッシュも合わせて紹介します。真夏はフルメッシュでないと厳しいです。生地が薄いのでプロテクターは必ず付けましょう。

AIR FRAME D1 TEX JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • Quick Dryファブリック製のシャーシと空気を逃がすために多用されたメッシュパネルが特徴で夏OK
  • 取り外し可能な防風仕様のライナー
  • バックプロテクター用ポケット
  • 肩、肘にプロテクター
okomoto

フルメッシュでなく、ハーフメッシュなのはライディング寄りのダイネーゼだからですかね。安全性優先?フルメッシュよりは暑いですがなんとか真夏を乗り切りましょう!

BORA AIR TEX JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • メッシュ生地で夏OK
  • 究極の軽さと通気性
  • 高靭性メッシュファブリック
  • 肩・肘にプロテクター
  • バックプロテクター用ポケット
  • ダブルチェストプロテクター用ポケット
okomoto

これくらい派手なものもいいですね。こちらもコミネのようなフルフルのメッシュではなさそう。

GRID AIR TEX JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • 通気性に優れた大型のメッシュパネルで夏OK
  • Quick-Dryファブリックを使用することで抜群の快適性を実現し、猛暑の中でも安心して着用できます
  • VR46 ロゴ入りデザイン
  • 着脱可能な防風ライナー
  • 肩・肘にプロテクター
  • ダブルチェストプロテクター用ポケット
okomoto

こちらもハーフメッシュです。Amazonで売っているダイネーゼのパチモンみたいなデザイン!あんまりかっこよくない。

ダイネーゼの冬のウィンタージャケットのおすすめ紹介

評判・口コミを含めたダイネーゼの冬のウィンタージャケットのおすすめ紹介

冬はそれほど乗らないという方は3シーズンジャケットに厚手のインナーで済ますこともできますが、冬専用のウィンタージャケットはやはり暖かいです。

CARVE MASTER 2 GORE-TEX JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • GORE-TEX(防水・透湿フィルム仕様
  • 20.000mmH2O以上の耐水
  • 着脱式インナー
  • ベンチレーション
  • 肩・肘にプロテクター
  • バックプロテクターポケット付き
  • チェストプロテクターポケット付き
okomoto

アドベンチャーバイクで世界一周する時に頼りになりそうな感じ!ベンチレーションもついているので3シーズン寄りですかね?

GRAN TURISMO GORE-TEX JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • 火星計画でNASAと共同開発を行っていく中で、宇宙飛行士を軽く、快適に保つために開発された技術から生まれたモデル
  • 45.000mmの防水性能
  • 胸にベンチレーション
  • 転倒時リスクの高い箇所にはKevlarインサート
  • 着脱式のインナーフリース
  • 脇腹にグローブのクイックポケット
  • 背中にはジャケット内部の蒸れを逃がすベンチレーション
  • 胸部プロテクターポケット付き
  • 肩・肘・背中プロテクター
okomoto

耐水性、ベンチレーション、耐摩擦、耐衝撃、どれをとっても高次元。胸部プロテクターさえ装備すれば最高のツーリングジャケットです。丈が長いので前傾姿勢のバイクには非推奨!

ANTARTICA GORE-TEX JACKET DAINESE(ダイネーゼ)

  • 45.000mmの防水性能
  • アドベンチャーツーリングジャケット
  • 胸部のベンチレーション
  • 背中にはジャケット内部の蒸れを逃がすベンチレーション
  • 着脱式のインナー、グースダウン
  • 脇腹にはグローブ等をスムーズに収納
  • 着脱式の保温の襟
  • ネオプレンによって手首からの雨風をガード
  • 胸部プロテクターポケット付き
  • 肩・肘・背中プロテクター
okomoto

やっぱりこっちが最強かも。グースダウンのインナーついてきますし、襟まで着脱式ですし。うむうむ。世界一周のお供はこの子!

ダイネーゼのエアバッグ「スマートジャケット」

  • ワイヤレス型
  • ジャケットの上からもインナーとしても着用可能
  • 通気性に優れたメッシュ素材
  • 3つのポケットで休憩中も困らない
  • motoGPに採用される信頼のダイネーゼブランド
  • 6つのセンサーとGPSは1秒間に1000回もライダーの状態をモニタリング
  • GPSを搭載しているので低速時に作動しない。立ちゴケなどで作動することがない。
  • デバイスのバッテリーは充電式で最大26時間の連続使用が可能。充電時間は4時間
  • コントロールユニットはLEDインジケーターで待機状態の確認が可能
  • 背中のエアバッグはハードプロテクター7枚分の性能を発揮
  • レディースモデルあり
  • カバーエリアは胸、鎖骨、背中と少々限定的(そのせいかダイネーゼはライダー着用時のエアバッグ作動状態の画像を載せていない?)
  • 全体が50mmに均一に膨らむシステムを採用している
  • そのためか頚椎の保護には少々薄く、不安を感じる
  • カバーエリアが狭いおかげで見た目はかなりスッキリしている
  • エアバッグ作動後はエアバッグシステム交換費用として36000円と約一週間かかる。
  • 購入すると1年間の交通事故死亡・後遺障害保険が付帯する
  • エアバッグシステムは取り外し不可。拭き上げるしか洗濯の方法がない。
  • 国内正規販売店以外で購入するとメンテナンスサービスが受けられない
  • 他人からもらったり、他人から買った場合は名義変更をしなければメンテナンスサービスが受けられない
  • センサーが異常を感知し、システムを作動するまでの判断が0.015秒。そこから実際にエアバッグが開くまで0.025秒。計0.04秒
  • メンテナンスは3年という記載5年という記載あり。どちらもメーカーHPの情報なのでどちらが正しいのかわからない。診断は無料。
バイク太郎

作動させちゃうとそれだけで36000円確定がつらい・・・

方式定期
メンテ
エアバッグ
作動後
展開時間立ちゴケインナー
使用
通気性洗濯頭部頚椎胸部脊髄鎖骨脇腹
hit airワイヤー年1回
4400円
ボンベ交換
1260円
0.2秒作動不可外して可能
ダイネーゼワイヤレス3年か5年
無料
36000円
一週間
0.04秒作動しない可能水拭きのみ
アルパイン
スターズ
ワイヤレス2年か
使用500時間
15000円
49500円
20日
0.025秒作動しない可能水拭きのみ
okomoto

ダイネーゼは他のバイク用エアバッグに比べて守る範囲やコスパがあまり良くない印象です。詳しくは別記事で。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ダイネーゼのバイクジャケットに関して網羅的に紹介しました。

バイクウェアはツーリングの快適性を左右し、安全性、命を守ることに直結する大切な道具です。

あなたに合ったバイクジャケットを使えばより楽しく、より楽に、より安全に、より遠くまで走ることができます。

この記事が少しでもそのお手伝いができたのであれば嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました