> 初心者でも失敗しない!バイクジャケットの選び方6つのポイント | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

初心者でも失敗しない!バイクジャケットの選び方6つのポイント

初心者でも失敗しない!バイクジャケットの選び方6つのポイント まとめ記事
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 初めてのバイクジャケットを購入を検討している
  • バイクのジャケットにはどんな種類があるのか知りたい
  • おしゃれなバイクジャケットを探している


と言う方ではないでしょうか。

バイクジャケットは高価な物からそれなりのものまで、さまざまなものがあるので初心者の方は購入の際に大いに迷われると思います。

普段の洋服の買い物のように見た目やサイズだけで選んでしまうと後悔することもしばしば・・・。

あなたがジャケット購入後に後悔しないように、この記事では

この記事のまとめ
  • バイクウエアはバイクを運転するのに最適化されているので必要なもの
  • 9つのバイクウエアになるべく当てはまるものを選ぶようにする
  • 生地による違いは軽微なもの。でも知っていると楽しくなる(特に革)
  • バイクウエアには6種類あり、最低でも2着必要
  • 有名なブランドは10社あり、そこから選ぶのがおすすめ
  • 無名メーカーの激安ウエアでも普段着よりはずっと優れている


ということについて解説していきます。

okomoto

この記事はまとめ記事的な位置づけになるので詳しい内容を知りたい場合は各詳細記事を読んでみてください。

バイク太郎

この記事を読み終わる頃にはジャケット選びの方向性が定まっているようになるよ。

バイクジャケットの必要性

バイクジャケットの必要性


バイクジャケットはヘルメット選びよりもブーツやグローブ選びに近いです。

ヘルメットは他に代用品がないので当たり前に購入できます。一方でジャケットやブーツ、グローブは高価な専用品を購入しなくても普段使いのものや専用品以外のもので代用しようと思えば代用できます。

okoko

確かにヘルメットはヘルメットがないと運転できないけど、他のものは専用品じゃなくても運転できるわよね




では何故多くのライダーが普段使いのもので代用せず、わざわざ高価な専用品を着用しているのでしょうか。

バイク次郎

普段着でツーリングしている人は少ないよ。たまにいるけどね・・・。


それはシンプルに「バイクを運転することに最適化されているギアだから」です。

サッカーの試合をするときはグラウンドとの相性がいいスタッドがついたスパイクシューズを履き、バスケットボールをするときは跳躍後の衝撃を吸収するソールや急な方向転換がしやすいように足首付近にまでホールドするバスケットシューズを履きます。

それ専用に作られたギアは「それ専用である理由」つまり、「それに対して最適化されたギア」です。


僕も経験があるのでわかりますが、事故発生時は神様に信じられないくらい「無慈悲」に扱われます。
ただ単に物理法則によって体がダメージを受けていきます。

「奇跡的に助かる」というのは神様の意思でもなんでもなくて、ただたまたま物理法則上そうなっただけです。

ですので「奇跡的に助かる」ということは一切期待しない方がいいです。「能動的に、自分の意思で助かろうとする」ということが必要です。

写真のライダーはフルフェイス、あご紐、レース用のグローブ、プロテクター入りのジャケット、レザーパンツ、レーシングブーツのお陰で体は無傷。これが「能動的に、自分の意思で助かろうとする」ということ、バイク装備が大切な理由です。





ではバイクジャケットにはどのような機能や特徴があるのでしょうか?

バイクジャケットの特徴

バイクジャケットの特徴


バイクジャケットには次のような特徴があります。

これらはすべてのバイクジャケットに共通して備わっているものではないので、この特徴が多ければ多いほど「バイクジャケットとして優れている」「使いやすい」と考えてよいと思います。


バイクの上着の特徴
  • プロテクターが入っている
  • 立体裁断で作られている
  • 袖が絞れるようになっている
  • バタつかないようにできている
  • 背中側が少し長い
  • ポケットにファスナーがついている
  • ベンチレーション機能がついている
  • インナーを着脱できる
  • 防水機能がある


バイクジャケットを選ぶときはこのような特徴が多く含まれるものを選ぶようにしましょう。

バイク三郎

最低限プロテクターは欲しいよね


特に胸部プロテクターはバイク事故の死亡原因の3割以上を占め、頭部の次に多い胸部の損傷を防いでくれる大事なものなので最優先で胸部プロテクターがついているもの、付けられるものを選ぶようにしましょう。

バイク三郎

パーカータイプはおすすめしないよ

okomoto

詳しくは下の詳細記事を読んでみてください

バイクジャケットの素材、生地

バイクジャケットの素材、生地


バイクジャケットに使われる素材として

バイクジャケットの素材
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • ゴアテックス
  • 合皮
  • 牛革
  • カンガルー革
  • 豚革
  • 馬革
  • 鹿革
  • 羊革


などがあります。カンガルー革以降はいわゆる「革ジャン」の世界のマニアックなくくりなので「この革のライダースもあるよ」というくらいの話です。

機能面、安全面を考えると牛革が一般的ですが、他とかぶるのが嫌いな方は生地を変えることでかなりマニアックなライダーになれるかもしれません。

昔乗ってたおじいちゃん

「周りと違うもの」をわざわざ選ぶということは「周りに選ばされている」ということじゃけどな・・・それは自分の個性とは言わんの

okomoto

個性とは与えられるものではなく、気づいたらそこにあるものだとミスチルも歌っていました。

okoko

あたしは無難に牛革にするわ。摩擦最強だし。

バイク上手太郎

生地にこだわるライダーは少ないよ。機能や性能から考えても「牛革かそれ以外」くらいの認識でいたほうがジャケット選びは捗るよ。

バイクジャケットの種類

バイクジャケットの種類


バイクジャケットには

バイクジャケットの種類
  • 革ジャン
  • レザージャケット
  • パンチングレザージャケット
  • スリーシーズンジャケット
  • メッシュジャケット
  • ウインタージャケット


という6種類のジャケットがあります。

それぞれの違いはさまざまですが、大きな違いは「どの季節に着るのもか」ということです。

洋服に春物、夏物、秋物、冬物があるように、バイクのジャケットも季節によって分けるのが一般的です。

昔乗ってたおじいちゃん

最低でも2着もっていないと快適には走れないぞい。

バイク上手太郎

理想はあ3着だけどね



バイクは強く季節を感じられる乗り物なので、ジャケットを分けるのに「四季」という4つのくくりでは足りません。

下の詳細記事では

ライダーにとっての季節
  • 冬寄りの春
  • 夏よりの春
  • 真夏
  • 夏よりの秋
  • 冬寄りの秋
  • 真冬



という8つの季節に分けて、それぞれの種類がカバーしている季節を考慮して考察をしています。

記事の結論だけお伝えすると、

一年中快適に走れるバイクジャケット
  • 革ジャンかレザージャケットかスリーシーズンジャケット
  • メッシュジャケット
  • ウインタージャケット
冬はあまり乗らない場合のジャケット
  • メッシュジャケット
  • スリーシーズンジャケット
コスパ重視


という結論になっています。

実際のライダーは「一年中快適に走れるバイクジャケット」というジャケットを3着所有している方が多いような気がします。

それぞれのジャケットの特徴も解説しているので時間がある方は下の詳細記事を読んでみてください。


バイク次郎

真夏の「メッシュジャケット」と「それ以外のジャケット」という考え方だよ

世間のライダー

夏はTシャツ1枚じゃい!!

昔乗ってたおじいちゃん

バイクだけでなく人としてもだいぶビギナーじゃの

クシタニ、コミネ、シンプソン、カドヤ、RSタイチなどのバイクジャケットブランド

クシタニ、コミネ、シンプソン、カドヤ、RSタイチなどのバイクジャケットブランド


ジャケットを購入する際は、名の知れた、有名なメーカーのものを購入すれば失敗する可能性は低くなります。

価格は高くなりますが、安いものを買って不満が出る、ということを考えれば決して「安いほうがいい」とはなりません。

昔乗ってたおじいちゃん

有名なところは実績があるからの

  • クシタニ
  • コミネ
  • シンプソン
  • カドヤ
  • RSタイチ
  • ダイネーゼ
  • アルパインスターズ
  • デグナー
  • ラフアンドロード
  • イローコーン



というブランドについて、バイク趣味を始めたばかりの方のために、どんなメーカーがジャケットを作っていて、どんなブランドなのか、どんな特徴があるのかを解説している下の詳細記事を読んでみてください。


結論としては

落ち着いたベテラン向き
  • クシタニ
  • ダイネーゼ
コスパ良し(入門に最適)
  • コミネ
  • ラフ&ロード
  • デグナー
ハイブランド
  • クシタニ
  • ダイネーゼ
若者向け(デザイン)
  • アルパインスターズ
  • RSタイチ
レザーなら
  • クシタニ
  • カドヤ


という感じです。

okomoto

あからさまにではないですが、おすすめしないブランドにも言及しています。

バイク太郎

(めちゃくちゃあからさまだっだけど?)

安いバイクウエアはやめた方がいいの?

安いバイクウエアはやめた方がいいの?


上に挙げたブランドは信頼と実績があるブランドです。

ではAmazonなどで売っている安いバイクウエアは買わないほうがいいのでしょうか?

okoko

有名なメーカーのウエアがいいものなのはわかるんだけど・・・高い!!


先述した

バイクの上着の特徴
  • プロテクターが入っている
  • 立体裁断で作られている
  • 袖が絞れるようになっている
  • バタつかないようにできている
  • 背中側が少し長い
  • ポケットにファスナーがついている
  • ベンチレーション機能がついている
  • インナーを着脱できる
  • 防水機能がある


という特徴を多く持ったものを選べば怪しげな、聞いたこともないブランドのものでも大きく失敗することは少ないです。

極端な話、「肩、肘、胸、背中」にプロテクターが入っているものであれば問題ないと思います。少なくともバイク用ではない普通の服を着て運転するよりは何倍も安全で、快適に運転することができます。

実際激安のバイクジャケットを見せてもらうと「もうこれでいいじゃん・・・」と思えるくらいしっかり作られています。

バイク次郎

いきなり高いウエアを着るのもね・・・

おすすめできる激安バイクジャケット


例えばこちらは上下セットで10000万円を切ります(記事執筆時点)。


胸部プロテクターはないものの、肩、肘、背中のプテクターがついてきて、ファスナーで脱着できる防寒インナーもついてきます。

okomoto

胸部プロテクターだけでも売っています。

バイク三郎

胸部プロテクターも考えると結局コミネのジャケット買ったほうがいい感じがしてくるんだけどね・・・

okomoto

コミネは本当コスパすごいですからね


パンツにもプロテクターがついてくるのでジーパンでツーリングに行くよりも安全です。

アメリカンに乗っている方であればデニムのものもあるので是非探してみてください。


ただし、こういった激安品のほとんどはバイク用品店で取り扱いがありません。試着することは難しいのでレビューをよく読んで慎重に選ぶようにしてください。


okomoto

僕が子供の頃はこんな質の高い激安ジャケットはなかったのでインナープロテクターを着ていました。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • バイクウエアはバイクを運転するのに最適化されているので必要なもの
  • 9つのバイクウエアになるべく当てはまるものを選ぶようにする
  • 生地による違いは軽微なもの。でも知っていると楽しくなる(特に革)
  • バイクウエアには6種類あり、最低でも2着必要
  • 有名なブランドは10社あり、そこから選ぶのがおすすめ
  • 無名メーカーの激安ウエアでも普段着よりはずっと優れている


というバイクジャケットの選び方について網羅的に解説してきました。

詳細記事も読んでいただければあなたに合った1着を見つけられるはずです。

少しでも安全に、快適に、楽しく遠くへ。

この記事が誰かのジャケット選びのお手伝いの役に経ったのであれば、今まで知らなかった知識が1つでも記載してあったのであれば嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました