他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

初心者向け:バイク肘プロテクターはジャケット内蔵?個別?おすすめ紹介

バイク用品
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • バイクに乗るときの肘プロテクターのおすすめが知りたい
  • 肘のプロテクターは必要なの??


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • バイク肘プロテクターは生活と事故後の人生を守るプロテクター
  • 肘プロテクタを装備するおすすめの方法
  • 初心者におすすめの肘プロテクター


ということについて解説していきます。

バイク肘プロテクターは生活と事故後の人生を守るプロテクター

バイク肘プロテクターは生活と事故後の人生を守るプロテクター


遅い速度での事故や転倒でも、まっさきに接地するのは体の角である肘や関節です。

関節は人体の中でもとても弱い部分なので大きな事故ではなくても脱臼や骨折をする可能性が高い部分す。

また、頭や胸が「命を守るためのプロテクター」である一方で、肘、肩、膝などの関節部分のダメージは命に直接届くことは少ないです。

しかし、 肘、肩、膝などの関節部分を傷めると治癒までに時間がかかり、事故後の生活や人生に大きな影響を及ぼしてしまう可能性が高いので「生活や事故後の人生を守るためのプロテクター」ということができます。

バイク三郎
バイク三郎

頭や胸だけ守って生き残っても元の生活には戻れないかもしれないよ。

バイク太郎
バイク太郎

関節の骨折は治るまで時間がかかるからね。休学や休職になったりね。辞めなきゃいけなくなったりするかもね。

肘プロテクタを装備するおすすめの方法

肘プロテクタを装備するおすすめの方法


肘プロテクターを装着する方法は

バイク肘プロテクターを装着する方法
  • 単体の肘プロテクターを装着する
  • 上半身一体型のインナープロテクターを着る
  • プロテクター内臓のジャケットを着る


という3つの方法があります。

単体の肘プロテクターを装着する

部位ごとのプロテクターを装着するタイプで、肘以外のプロテクターも別途用意する必要があります。

装着の手間が多くなる上、トータルのコストが高くなってしまうというデメリットがあります。

オフロードバイクに乗る方には一般的な方法です。

プロテクター内臓のジャケットを着る


趣味ツーリングを楽しむツーリンガーにとってはもっとも一般的な方法です。ジャケット1枚着るだけで多くのプロテクターを装備できるので装着が楽ですが、バイクウエアをかっこいいという感受性が育っていない方にとっては好きな服でバイクに乗れないというデメリットがあります。

上半身一体型のインナープロテクターを着る


普段着の中にも着られるインナープロテクターはツーリング時の服装を選ばずにフルプロテクションを装備することができます。値段も安価なのでバランスの取れた方法ですが、プロテクターの上にアウターを着るので休憩時の脱ぎ着はジャケットに比べて1枚多くなります。
また、ジャケットよりもタイトに着るものなので装着に少々時間がかかるのも難点です。

オコモト
オコモト

ーリング目的であれば断然ジャケットがおすすめです!

プロテクターの種類(素材)


プロテクターの素材は大きく3つに分けることができます。

プロテクター素材の種類
  • ソフトプロテクター
  • ハードプロテクター
  • 衝撃を受けるとハードになる瞬間硬化プロテクター


それぞれ簡単に解説します。

ソフトプロテクター


ウレタンなどの柔らかい素材で作られたプロテクター。柔軟性があるので膝や肘などの可動部に採用されることが多い。軽く柔軟性に富むので動きやすいがプロテクターとしての防御力は高くはない。

ハードなライディングをしない方や速度域の低い方にはおすすめ・・・と言いたいところですが、守る部位によってはなんの役にも立たないことがほとんど。

ハードプロテクター


プラスチックなどの硬い素材で作られたプロテクター。柔軟性がないので胸部に採用されることが多い。重量が重いが、通気口を多く設置しているものは比較的軽く通気性も高くなっている。

防御力が高いので全てのライダーにおすすめ。

衝撃を受けるとハードになるプロテクター


通常は柔軟性を持った生地だが、事故時に衝撃を受けると分子同士が結合して硬くなる。硬くなったあとは一瞬で元の柔らかい状態に戻る。

ソフトプロテクターとハードプロテクターを足してデメリットを消したような夢のような素材だが、高価なため極々一部のバイク用品にしか採用例がない。

メッシュにできないため通気性が悪いので夏の使用には向かない。

初心者におすすめの肘プロテクター


ジャケットやインナープロテクターはさきほど張ったリンク先でおすすめを紹介しています。

ここからは特に初心者向けの単体使用の肘プロテクターを簡単に紹介します。

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) 肘プロテクター ハードエルボーガード


上腕部分もプロテクター範囲になっているので広い面積で腕に当たります。これは単に守れる範囲が広いということだけではなく、プロテクターがずれにくいという大事な機能も向上させています。

安価な製品ですが、高価なものよりも性能が高いです。色んなエルボーガードを使ったけれど、結局最初に買ったこれが一番使いやすいと話す友人もいます。

服の上からプロテクターをつけたい初心者の方はまずはこのエルボーガードから使用することをおすすめします。

DFG シールドレイヤー エルボー



服の中に装着したい場合はこちらのプロテクターがおすすめです。

ソフトプロテクターなので軽くて動きやすいですが、防御力は一気に落ちるのでトコトコツーリングくらいでの使用にしたほうが無難です。

ハードプロテクター使用のストレスが半端じゃないという方にのみおすすめです。

オコモト
オコモト

ソフトプロテクターは「つけないよりかはつけたほうがいい」というくらいのものです。「生活や事故後の人生を守る」という意味ではハードタイプを強くおすすめします。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

正直、他のプロテクターと一緒に身につけることができるジャケットやインナープロテクターとして装着したほうが良い肘のプロテクターですが、単体使用のもののおすすめを紹介してみました。

本格的にオフロード走行を楽しみたい方はもう少し専門性の高い方の記事を参考にしてください。

バイク太郎
バイク太郎

このサイトは「バイクライフをもっと楽に楽しく安全に」という感じのスタンスだよ。ゴリゴリオフロードではないよ。

バイク次郎
バイク次郎

他のプロテクターについては下の記事から確認してみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました