> 価格1/10以下!バイクツーリング熱中症対策!冷感冷却スプレーを自作! | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

価格1/10以下!バイクツーリング熱中症対策!冷感冷却スプレーを自作!

価格1/10以下!バイクツーリング熱中症対策!冷感冷却スプレーを自作! バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • 真夏のツーリングがシンドすぎる
  • 少しでも暑さを和らげるアイテムがほしい
  • できれば格安で・・・


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • バイクツーリング×冷感冷却スプレーの効果
  • 冷感冷却スプレーの自作に必要なもの
  • 冷感冷却スプレーの自作方法
  • 冷感冷却スプレーおすすめの使い方
  • 冷感冷却スプレーの注意点
  • 冷感冷却スプレーのコスパ計算


ということについて解説していきます。

バイクツーリング×冷感冷却スプレーの効果

冷却冷感スプレー自作に必要な材料


服の上から、もしくは肌に直接スプレーするとその部分が冷たく感じるのが冷感冷却スプレーです。

冷感冷却スプレーは風が当たったときにもっとも冷たく感じるので、メッシュジャケットを着た状態でバイクに乗り、走行風をガンガン当てることでかなり冷たさを感じることができます。

バイク太郎

市販品のだと少し多めにスプレーすると痛いくらいだよ。

バイク次郎

逆に熱く感じるくらいだよね

冷感冷却スプレーの効果は1時間程度持続するので1時間に1回、15分程度の休憩を入れることを推奨している当ブログとしてはとてもナイスなアイテムだったりします。



とはいえ、市販の冷感冷却スプレーは1時間に1回バシバシスプレーするには少々高価・・・ということで僕は自分で作ったものをツーリングに持っていっています。

バイク三郎

特に暑い日にバシバシ使ったり、仲間にもスプレーしてあげたりすると一回のツーリングで1本使い切ることも・・・

okomoto

ということで僕が実際に作っているレシピを公開します!

冷感冷却スプレー自作に必要なもの

冷感冷却スプレー自作に必要なもの
冷感冷却スプレー自作で用意するもの
  • 市販の冷感冷却スプレーの空の容器
  • ハッカ油
  • 無水エタノール
  • 水(肌が弱い方は精製水)


それぞれ簡単に解説します。

市販の冷感冷却スプレーの空の容器


Amazonでもドラッグストアでもコンビニでも購入できます。


冷感成分のハッカ油はプラスチックに攻撃性があるので下手なボトルを使用すると液漏れの可能性があったり、スプレー部分が壊れる可能性があります。市販の冷感冷却スプレーはその辺りを考えた素材にしているので市販品の空の容器がベストです。

バイク三郎

1回目は市販品を使うことになるね。「市販品はどんなもんか」っていうのもわかるからいいね。

okoko

市販品の使用感を参考に自作できるしね!


市販品のボトルは何でもいいですが、シートバッグの中で液漏れしないようにキャップに蓋ができて、かさばらない100ml位のものがいいです。

この記事の自作レシピは100mlの場合について分量を記載しています。

ハッカ油


Amazonやドラッグストアで購入できます。

ハッカソウというミントから抽出した清涼感の親玉のような植物油です。


ハッカ油の効果
  • 防虫効果(虫除け)
  • 消臭効果
  • 除菌効果
  • リラックス効果


などさまざまな効果があります。

虫除け効果や除菌消臭効果があるので夏にはピッタリのものですね。ちなみに、お風呂に数滴足らして入ることで湯上がりがさっぱりすっきり爽やかになります。

okoko

夏の湯上がりのベタベタ感がなくなってサラサラになるわよ!


除菌消臭効果があるので汗臭さも防げます。

ライディングブーツの内側にふきかけてもいいですが、除菌消臭効果は「ブーツの手入れ」の記事で紹介したグランズレメディの方が何万倍も優れているので足が臭い悩みを持っている方はグランズレメディを使って下さい。

昔乗ってたおじいちゃん

グランズレメディは足の臭いの悩みを永遠に解決してくれるぞい。30代以上の男性に国が無料配布してもいいレベルの代物じゃ。

バイク次郎

グランズレメディの使い方は下の記事を読んでみてね。

無水エタノール


ドラッグストアでも売っていないところが多いです。

ハッカ油は油なので水に溶けません。一度無水エタノールに溶かしてから水となじませる必要があります。

バイク次郎

無水エタノールなしで作ることもできるけど、使うたびに死ぬほどボトルを振る必要があるから無水エタノール使った方がいいよ・・・

水(肌が弱い方は精製水)


普通に水道水でいいです。塩素が入っている水道水を使うと長持ちします。

肌が弱い方は精製水を使ったほうがいいらしいですが、そもそも「水道水のシャワーを浴びられない」くらい肌が弱い人向けだと思います。

バイク太郎

水道水で作ってみて、万一肌荒れしたら精製水にしてみよう!とは言ってもその場合は水道水よりもハッカ油が原因だと思うけどね・・・

冷感冷却スプレーの自作方法

冷感冷却スプレーの自作方法
冷感冷却スプレーの自作方法
  • 空のボトルに中さじ1の無水エタノールを入れる
  • ハッカ油を3秒間垂らす
  • キャップを締めてボトルを振る
  • 水を入れて振る


これだけです。

それぞれ簡単に解説します。

空のボトルに中さじ1の無水エタノールを入れる


全体の1/10を無水エタノールにしたいので中さじ1(10ml)の無水エタノールをボトルに入れます。ちょっと入れづらいですがなんとかなります。

ハッカ油を3秒間垂らす


ハッカ油は逆さまにすると1滴1滴、雫の状態で出てきます。

10~20滴入れたいのですが、高速ででてくるので数え切れません。3秒間垂らすと適量になる感じです。

キャップを締めてボトルを振る


キャップを締めて無水エタノールとハッカ油を混ぜてなじませます。

水を入れる


水を上まで入れて混ぜれば100mlの冷感冷却スプレーができます。

あえて水を少なく入れて作り、肌にスプレーしてみて効果が強すぎたら水を足して調整する・・・という方法もおすすめです。

バイク太郎

水を満タンに入れたら引き算はできないからね・・・

冷感冷却スプレーおすすめの使い方

冷感冷却スプレーおすすめの使い方
冷感冷却スプレーおすすめの使い方
  • マスクにスプレーして涼しく!
  • 服の上からスプレーして涼しく!
  • 肌に直接スプレーしてさらに涼しく!
  • 出先で濃さを調整して快適に!
  • 暑さを感じやすい所に集中的にスプレーして効果をアップ!


それぞれ解説します。

マスクにスプレーして涼しく!


マスクの外側に軽くスプレーすると夏のマスクの息苦しさから開放されます。たくさんスプレーしたり、ハッカ油が濃いと息ができないくらい涼しくなるので注意しましょう。

バイク三郎

強力な眠気覚ましガムを噛んだときみたいになるよ


当ブログでおすすめしているフェイスマスクに満遍なくスプレーすると、首の後ろにも冷たさを感じられます。


ツーリングに行ったときに万一マスクを忘れてもネックウォーマーやネックガードをしていればコンビニでマスクを買うまでの間とりあえずは世間の目をしのげそうですし、そういった意味ではとりあえずのマスクの代用品にもなってしまうものなので今まで以上に重宝されそうです。

okomoto

僕はツーリングにはマスクをもっていかずにフェイスマスクで飛沫防止してます。布マスクと同じということで・・・。詳しくは下の記事を読んでみて下さい。

服の上からスプレーして涼しく!

okomoto

今日思ったほど暑くないな・・・。でもこのままだと暑いな・・・


という日は服の上からスプレーすればちょうどいい感じの涼しさを得ることができます。

肌に直接スプレーしてさらに涼しく!

okomoto

もう暑くて死にそう・・・


という日は肌に直接スプレーすれば強烈な涼しさを得ることができます。


出先で濃さを調整して快適に!

okomoto

ハッカ油濃すぎた・・・


というときは水を足して少し薄めればちょうどいい濃さに調合することができます。

冷感冷却スプレーの注意点

冷感冷却スプレーの注意点


冷感冷却スプレーは実際の体温を下げているわけではなく、体感温度を下げているだけです。

昔乗ってたおじいちゃん

ハッカ油の清涼成分で脳に「涼しい」と錯覚させているだけなんじゃよ


そうすると体からの発汗が抑制されて体温が上昇してしまうことがあります。

そういったことまで考えると「暑くて耐えられない!錯覚でもいいから涼しさを感じたい!」というときの切り札にしたほうが良いです。

バイク太郎

といっても真夏のツーリングはずっとその状態なんだけどね・・・


このブログで推奨している「ライダーも水冷で冷やす=水をかぶってツーリングする」という方法は気化熱によって実際の体温を下げる効果があります。その方法と冷感冷却スプレーを併用し、「実際の体温と体感温度の両方を下げる」という方法がおすすめです。

okomoto

ライダーの水冷に関して詳しくは下の詳細記事を読んでみてください

冷感冷却スプレーのコスパ計算

冷感冷却スプレーのコスパ計算


最後に、自作するとどれくらいお得なのか・・・ということを計算しておきます。

無水エタノール500ml

品目容量価格一回分の使用量一回分の価格
無水エタノール500ml約1000円10ml20円
ハッカ油20ml約700円20滴の場合
0.02ml
(1滴0.005ml)
7円
水は無料でいいよね・・・


100mlの冷感冷却スプレーを作るのにかかったコストは27円。市販品の安いものと比較しても1/10の価格です。

okomoto

これなら貧乏性の僕でもバンバン使えます!!

バイク三郎

浮いたお金で宿泊しちゃおうぜ!!

まとめ

無水エタノールとハッカ油


いかがでしたでしょうか。

真夏のツーリングが快適になる冷感冷却スプレーの自作方法について解説しました。

涼しさを感じるとても効果的な方法ですが、油断していると逆効果になることもあります。油断せずに水をかぶり、水分補給をたくさん行ってタイヤのグリップ力が上がる楽しい真夏を快適にすごしていきましょう。


この記事であなたの真夏ツーリングが少しでも快適になったのであれば嬉しく思います。


バイク三郎

スプレーの濃さが決まるまで時間がかかるかもだけど、あなたに合った濃さが決まったら快適度は爆上がり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました