他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイク・原付でイヤホンは危ない?インカムやAirPods、スピーカーからガンガンの音楽は違法?

バイク・原付でイヤホンは危ない?インカムやAirPods、スピーカーからガンガンの音楽は違法?バイク用品
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事たどり着いたあなたは、

こんな方向けの記事です。
  • バイクで音楽を聴きたいんだけどイヤホンは違法なの??
  • ナビの音声案内を聴きたいだけなんだけどインカムならOK??
  • バイクでイヤホンを使うとどんな危険がある??
  • スピーカーからガンガン音楽をかけているバイクを取り締まって欲しい!

という方ではないでしょうか。バイクや原付に乗り始めると、

オココ
オココ

車みたいに運転しながら音楽が聴けたら最高なのにな~

と思うことがあると思います。

オココ
オココ

バイク乗ってる人はインカムでお話しているからイヤホンもきっとオッケーよね!ちょっくら調べてみるか!

と思って調べると、

オココ
オココ

これって結局違法なの?どうなの?危険なの?片耳ならいいの??

と思うかもしれません。この記事にたどり着く多くの方がこれに近い状況かと。そこでこの記事では、

この記事でわかること
  • バイクで音楽を聴くことは基本的に違法ではない
  • 違法になるのは警察官に「音楽聴いてて聞こえなかった」と言ったとき
  • バイクで音楽を聴くことは『聴かないよりは』危ないかも
  • スピーカー/インカム/AirPodsなどのBluetoothイヤホン/有線イヤホン/骨伝導イヤホンそれぞれの場合

ということについて解説していきます。

バイク、原付運転中にイヤホンやインカムで音楽を聴くことは基本的に違反ではない

バイク、原付運転中にイヤホンで音楽を聴くことは基本的に違反ではない
Q
バイク、原付運転中にイヤホンやインカムで音楽を聴くことは違法なの?
A

いいえ


結論から言うとバイク、原付運転中にイヤホンやインカムで音楽を聴くことは基本的に違法ではありません。

2015年の道路交通法改正で「自転車でのイヤホンの使用」が片耳でも違反になったり、神奈川県警が「二輪車は片耳なら違反にならない。両耳なら違反」とHPに載せたり(現在は削除)と、バイクのイヤホンの使用に関して誤解を生みやすい情報が錯綜していたのでしばらく混沌としていました。

オコモト
オコモト

当時は「周囲の音を聞きたいのでイヤホンについているマイクで周囲の音を集めてイヤホンから出力している。それ用のアプリも入れている」と言えば見逃してもらえる・・・という噂がありましてね・・・。

最近は「周囲の音が聞こえていれば違反ではない」ということで落ち着いています。

道路交通法で直接イヤホンを規制してはいないのですが、各都道府県独自の道路交通法施行規則にはだいたいその様な文言が記載されています。

大音量やイヤホンを使用して音楽を聴くなど、安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車等(自転車を含む)の運転が禁止となります。

引用元:神奈川県警

神奈川県の場合、これに違反すると5万円以下の罰金と反則金5000円(二輪車原付車)が科されます。

違法になる可能性があるのは警察官に「音楽聴いてて聞こえなかった」と言ったとき

バイク、原付でイヤホンを使うことが違法になる場合

多くの都道府県の道路交通法施行規則では「安全運転に必要な周囲の音が聞こえるかどうか」ということを基準にしているので、警察官に停められた時に「音楽を聴いていて聞こえなかった」というと完全にアウトです。

それ以外の局面では聞こえているか聞こえていないか取り締まる側の警察官は判別できないので捕まることはないと思いますが、

ポリスメン
ポリスメン

安全運転義務違反だ!

と何かと便利な違反を挙げられてしまうと捕まってしまう可能性はあります。

バイクで音楽を聴くことは『聴かないよりは』危ないかも

バイク、原付でイヤホンを使って音楽を聴いていると危険なのは本当か
Q
イヤホンやインカムで音楽を聴きながらバイク・原付を運転するのは実際危ないの?
A

「聴かない」よりは危ないとは思いますが…

違法行為は「やってはいけないもの」ですが、合法であっても危険がともなうものであればなるべくやるべきではありませんよね。

バイク太郎
バイク太郎

バイク・原付運転中にイヤホンやインカム、スピーカーで音楽を聴くことが危険かどうか、ということに関して言えば「間違いなく危険」です。単純に五感の1つを遮断してしまうからです。

オココ
オココ

聴覚を遮断するなんて危ないに決まってるわ!もちろんオコモトも音楽なんて聴いていないわよね?!

オコモト
オコモト

バイクに乗っているほとんどの時間聴いているんだなこれが・・・

怒コ
怒コ

あんたバカじゃないの?半ヘルとかTシャツで運転している連中と同じよ!頭にク○ソでも詰まってんじゃないの!!??

バイク太郎
バイク太郎

(○の位置が・・・)

【独り言】それって本当に危ないの?

なぜ僕が音楽を聴いているかというと「音楽を聴いていることで発生する危険を想像できない」からです。これは僕の想像力が足りないからかもしれませんが、

危険を想像できない理由
  • 排気音やエンジン音、風切り音があるので音楽を聴いていなくても耳から入ってくる情報に差がない

から危険を想像できないのです。

歩行中は後ろから近づいてくる車はもちろん自転車や歩行者の情報も耳から入ってきますよね。イヤホンをつけてガンガンに音楽を聴いているとこれらの情報は完全にシャットアウトされ、非常に危険です。

バイクの場合はどうかというと、エンジンをつけているかぎり普通の自動車でさえ「音で接近に気づく」ということはできません。歩行者や自転車は言うに及ばずです。
逆に、アイドリング状態のバイクにまたがっている状態でエンジン音や排気音が聞こえる車であれば、音楽を聴いていても聞こえます。

これが停車中ではなく、走行中であれば走行風の風切り音もプラスされます。


「音楽を聴いているときと聴いていないときの情報量の差」がわからないので「五感の1つを遮断するから危険なんだろうけど、どんな危険を招くのか想像できない」と考えているわけです。

オコモト
オコモト

今まで「音楽を聴いていなければ今の危険やヒヤッとは避けられたな・・・」と思ったことさえ一度もないんですよね・・・

とはいえ、僕は走行中の、

という場面では音楽を停止しています。料金所は係の方と会話することがあるので音楽を停止させるのは当然ですが、渋滞のすり抜け中やワインディングロードではおそらく少しでも多くの情報を得ようと、聴覚にも頼っているのだと思います。

すり抜け中はシールドを開ける癖があるのも触覚から情報を得たり、あるいは第六感的なものが発動しているのかも知れません。

これは無意識の内に危険を察知して、体の感覚を最適な状態にしているのではないでしょうか。僕が鈍いので頭では

ニブチンokomoto
ニブチンokomoto

どんな危険を招くのか想像できませーん!

と考えていますが、無意識下ではその違いを感じていて音楽を停止させているのだと思います。
ということはやっぱり「バイクに乗っているときはなにかしらの理由で危険」なのだと思います。

スピーカー/インカム/AirPodsなどのBluetoothイヤホン/有線イヤホン/骨伝導イヤホンそれぞれの場合

少々話が逸れましたが、最後にスピーカー/インカム/AirPodsなどのBluetoothイヤホン/有線イヤホン/骨伝導イヤホンそれぞれについての危険性や違法になってしまう可能性がある局面などを解説していきます。

有線イヤホン

バイク・原付で有線イヤホンを使うと危ないのか
Q
バイク・原付に有線イヤホンは危ない?
A

「両耳塞いでる」が周りからバレバレなのでおすすめしません。

今どき有線イヤホンを使う人は少ないと思いますが、これみよがしに「両耳イヤホンしてるよ」というのが外から見て分かる場合、呼び止められて取り締まられる可能性はあるので有線イヤホンは使わないほうが無難。

バイク次郎
バイク次郎

周りの人から見ても「あのライダー、イヤホンして運転しているわ!いやよね~」と思われているかもしれないしね。グッドライダーは有線はやめておいたほうが平和。

オコモト
オコモト

速度がでてくるとコードがバタついて鬱陶しいですしね…

耳の穴を完全に塞いでしまうカナル式だと周りの音が聞こえにくくなるのでその点にも注意が必要。

スピーカー

スピーカーで音楽を流すバイクは迷惑
Q
バイク・原付にスピーカーつければ違反にならない?
A

周りの迷惑にならなければOK!あおり運転にならないように気をつけて!シャカシャカ音ダサいよ!

バイクにスピーカーを設置して音楽を流すと、どれくらいの音量が流れているかが周りにわかるので、

ポリスメン
ポリスメン

キミキミ!そんな音量じゃ周りの音聞こえないでしょ!そもそも周りの迷惑だから静かにしなさい!

と警察官に呼び止められる可能性はあります。このとき、

暴走族
暴走族

ええ?なんて?聞こえねーよ!HAHAHA!

などと調子に乗っていると

ポリスメン
ポリスメン

はい、聞こえてないー!逮捕~♪明日から島流し~♪

となるので素直にゴメンなさいしましょう。

また、大音量で周りのドライバーを驚かせたり、恐怖心を与えてしまうとあおり運転になる可能性もあるので音量には注意したいところ。

ちなみに単にスピーカーを設置した程度では「シャカシャカ」という音しか流れません。ズンドコ節を流すならサイドボックスやメットインスペースを丸ごと潰して音が響く場所をしっかり作って上げる必要があります。

オコモト
オコモト

子供のころSP×6、ツイーター×4、サブウーハー×1のバカスクに乗っていました。もう時効ですよね!そんなバイクに乗ってつまらない自己顕示欲を満たすより、周りに迷惑をかけずにスピーカー以外の方法で音楽を楽しみましょう!

インカム

インカムは違反にならないと思うよ
Q
インカムは大丈夫だよね??
A

一番バランスが取れてるかと…。白バイもつけてるし…。

インカムはヘルメットの側面に本体を設置するので、警察官から、

ポリスメン
ポリスメン

あのライダーはインカムをつけているな!

ということはわかりますが両耳塞いでいるかどうかはわかりませんし、そもそも白バイ隊員もインカムをしているので「インカムをしている」というだけで違反になることはまずないでしょう。別件で警察に呼び止められて「聞こえなかったわ」と言ったらおしまいサヨナラバイバイ。

昔乗ってたの
昔乗ってたの

現代のツーリングライダーのほとんどがインカムを使っているからの。取締を始めたら収集つかなくなるわいwww

AirPodsなどのBluetoothイヤホン

バイクにAirPodsやBluetoothイヤホンは危ない?
Q
AirPodsとかBluetoothイヤホンは周りからみえないからいいよね!
A

耳穴塞ぐし、落ちるかもしれないからあまりおすすめしないかな…

AirPodsなどのBluetoothイヤホンはヘルメットを脱ぐまで装着していることが周りからわからないので最も安全(取締的には)な方法と言えます。
ただし、カナル式のイヤホンは耳の穴を完全に塞いでしまうので周囲の音が聞こえづらくなります。ノイズキャンセル機能をONにするとほとんど聞こえなくなるので、そういった意味では最も危険かもしれません。
ヘルメットの着脱時に落としてしまって排水口へ…はあるあるなので使用時は注意しましょう。

骨伝導イヤホン

引用元:https://www.addsound.jp
Q
ヘルメットに骨伝導スピーカーつけたら最強ですね!
A

ヘルメットメーカーが頑張って軽量化&空力最適化したものと肩首の疲れを無視できるのであればおすすめです!

ヘルメットの外側に取り付け、ヘルメットを振動させて音声・音楽を流す骨伝導スピーカーであれば耳をまったく塞がずに音楽を聞くことができます。

  • 音は良くない
  • 200g近い重量
  • ヘルメットの空力性能無視

というデメリットはありますが、興味がある方は試してみて下さい。

オコモト
オコモト

今どき充電がマイクロUSBって絶望的ですがね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
音声や音楽は必ずしも必要なものではないので、どうしても違反や危険性が気になる方は使わないほうがいいですが、

  • 音声案内で道に迷いにくくなる
  • 音声案内で分岐で慌てなくなる
  • 音楽で集中力が上がる/眠気覚ましになる
  • 気持ちが上がる

というメリットもあるのでオコモト的には全然おすすめです。

ちなみに「カナル式は耳を完全に塞ぐから~」などと書いていますが、良いヘルメットは頭全体との密着性が高いのでヘルメットの中にスピーカーを仕込んでもカナル式くらい聞こえにくくなる場合もありますのでご注意を。趣味としてバイクに乗るのであれば総合的に使い勝手がいいのはインカムやBluetoothレシーバーを使ってスピーカーをヘルメット内に埋める方法がおすすめ。詳しくは下の記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました