> オフロードバイクのツーリングから街乗りファッション!ストリートジャングルを駆け抜けろ! | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

ツイッター始めました!

アカウントだけ作ってずっと放置していたツイッターを動かし始めました。下のTwitterアイコンをクリック&無言フォローするだけ「バイクに役立つちょっとしたツイート」が届きます!

\Follow me/

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

オフロードバイクのツーリングから街乗りファッション!ストリートジャングルを駆け抜けろ!

オフロードバイクのツーリングから街乗りファッション!バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • オフロードバイクにはどんな服装で乗ったらいいのかわからない
  • 正直オフロードは滅多に走らない、というか走らない
  • オンロードスタイル?オフロードルタイル?

という方ではないでしょうか。

オフロードを走るためのバイク、オフロードバイクで街乗りやオンロードのみのツーリングをするときに服装、ファションに悩むことがありますよね。

okoko

オフロード走らないんだけど、オフロードファッションをしているのもなんだか変かな・・・

先に結論を書くと「どんな格好でも似合ってしまう不思議なバイクイケメンオフロードバイクさん」なのでどんな格好でもいいのですが、この記事では

この記事で分かること
  • オフロードバイクに合うツーリングスタイル
  • オフロードバイクに合うオフロードスタイル
  • オフロードバイクに合う街乗りカジュアル、ストリートスタイル


という3つのスタイルで上から下までコーディネートしていきます。

オフロードバイクのファッション、ツーリングスタイル

オフロードバイクのファッション、ツーリングスタイル

オフロードバイクで高速道路を含むロングツーリングをします。どんなファッションがおすすめですか?

適度なオフロードヘルメットと、バイクウェアがおすすめです。

オフロードバイク乗りすべてがオフロード、林道愛好家というわけではありません。キャンプツーリングをするためや、ちょっとした不整地の安心感を得るためにオフロードバイクでツーリングをする方も大勢いますし、単にオフロードバイクのブロックタイヤがかっこうよくてオフロードバイクに乗っている方もいます。
まずはオフロードバイクによるオンロードツーリングを快適にかっこよくするファッションを紹介します。

オフロードバイクツーリングファッション×シールド付きのオフロードヘルメット

高速道路を含むツーリングであればゴーグルではなく、シールドタイプのオフロードヘルメットがおすすめ。バイザーやチンガードが短いので風の抵抗が少なく、脱着もフルフェイスヘルメットと同じ要領で行うことができます。アライのツアークロス3は多くのツーリンガー、オフローダーに支持されている間違いない名ヘルメットです。

オフロードバイクツーリングファッション×バイクグローブ

オンロードをメインにツーリングをするのであればオンロードでの転倒を考慮して、手のひら側にスライダーが入っているものが良いでしょう。転倒時に手をついたときに鎖骨が折れることを防止してくれます。

オフロードバイクツーリングファッション×バイクジャケット

ライディングジャケットはツーリングで使いやすいようにベンチレーションやポケットが多い機能的なものがおすすめです。

オフロードバイクツーリングファッション×デニムパンツ

オフロードバイクでツーリングを楽しむ方は、ライディングだけでなく、ツーリング先でアクティブに動かれると思うので、現地での活動を考慮して動きやすく、安全性に優れたバイク用のデニムパンツをおすすめします。PMJはバイク用デニムパンツの定番です。他の候補も確認したい方は下の記事を読んでみてください。

オフロードバイクツーリングファッション×エンジニアブーツ

安全性と操作性、現地での動きやすさ、そしてツーリングの雰囲気を重視すればエンジニアブーツというのも良い選択です。エンジニアブーツはもともと乗馬のためのブーツなので、ライディングブーツのご先祖さまなのです。定番はアビレックスですが、他の選択肢も確認したい方は下の記事を読んでみてくだいさい。

オフロードバイクツーリングファッション×シートバッグ

オフロードバイクに荷物を積載する際はシートバッグがおすすめです。拡張式のものであれば荷物が増えても対応できますし、タナックスキャンピングシートは上に荷物を追加することもできるのでキャンプツーリングにも余裕で対応することができます。

オフロードバイクのファッションゴリゴリのオフロードスタイル

オフロードバイクのファッションゴリゴリのオフロードスタイル

高速道路はあまり走りません。かと言ってオフロードを走るわけではありませんがオフロードヘルメットとかかぶりたいです。

オフロードバイクのためのオフロードです。せっかくなので楽しみましょう!

オフロードファッションの象徴、オフロードヘルメットで高速道路は厳しいので高速道路は少ししか走らない下道メインのツーリングのときに被るようにするのが良いと思います。

オフロードヘルメットはなかなか被る機会がないのでオフロードバイクを手に入れたらせっかくなので被っておきましょう。ついでに全身ゴリゴリのオフロード装備で固めれば立ち乗りしたくなること間違いなし!

オフロードファッション×オフロードヘルメット

ヘルメットはオフロードバイク乗りの中で「快適性」「安全性」「被り心地」の評価がとても高いアライのV-CROSS4、ハデハデカラーリング。オフメットは派手でいいですよね。

オフロードファッション×ゴーグル

せっかくのオフロードファッションなのでゴーグルは外せません。「100%」の主張が心地いい100%のゴールドミラーゴールドを添えましょう。

オフロードファッション×ジャンプグローブ

グローブはオニールのハデハデグローブです。オンロードバイクでこのくらいのグローブをしていると引かれますがオフロードスタイルであればこそのチョイスです。

オフロードファッション×ジャージ

ジャージはセットで派手目のものを、ヘルメットとグローブとも調和がとれています。フォックスあたりのもので固めたい今日このごろ。

オフロードファッション×プロテクター

オフロードを走る場合はチェストガードエルボーガードニーシンガードを別々に揃えることが多いですが気楽にオンロードを走るので「着ればOK」「履けばOK」な気軽な一体型のインナープロテクターを装備しましょう。
アップハンドルのオフロードバイクは胸にハンドルが当たって大ダメージを負う可能性が高いので胸にはハードプロテクターが入っているものを選んでください。

オフロードファッション×トライアルブーツ

オフロードブーツは大きく分けて

モトクロスブーツ防御力特化
トライアルブーツ動きやすさ特化
エンデューロブーツバランス型

というタイプに分かれますが、今回は動きやすさを重視してトライアルブーツを選択しました。

オフロードバイクのファッションストリートスタイル

オフロードバイクのファッションストリート街乗りスタイル

ブロックタイヤがかっこよくてオフロードバイクに乗っていますがツーリングにはあまり行きません。ストリートでかっこいいファッションを教えて下さい。

コンクリートジャングルを走るオフロードバイク、カジュアルに軽快に、かつ安全性も確保していきましょう。

ラフな格好でバイクに乗るのは大嫌いな僕ですが、不思議とそんなファッションが似合ってしまうオフロードバイクなので安全に配慮して服装を選んでみました。
正直、インナープロテクターを装備して、靴紐を中にしまえばそれだけでツーリングに行けてしまいそうではあります。

オフロードバイクストリートカジュアルファッション×オフロードヘルメット

ストリート×オフロードバイクでまっさきに頭に浮かんだのがアメリカの若きヘルメットメーカーiiconです。短めのバイザーなので幹線道路をぶっ飛ばすこともできます。ゴーグルではなくシールドなので、サッと被ってサッと走り出せます。

オフロードバイクストリート街乗りファッション×パーカー

Hurleyはサーフブランドですが、「おにーちゃんそれハーレーの綴り間違ってるで」と教えてくれるハーレー乗りのおじさまに「これバイクのハーレーじゃないんすよ。サーフブランドなんすよ」「山バイクでサーフ系かい!」という会話を演出するために選びました。
ツーリングのバイクウェアでパーカーを着ていることは全否定な僕ですが、街乗りであればOKでしすよね。

オフロードバイクストリート街乗りファッション×バイクグローブ

ストリートでのトラブルに備えるために手の甲にハードプロテクターが入っているものをチョイスしましょう。真っ赤なグローブにすることで万が一のときに相手の戦意を喪失させることができます。

オフロードバイクストリート街乗りファッション×インナープロテクター

ストリートではすっきりバイクに乗りたいですが、交差点が多く、事故の可能性が高いので「衝撃を受けたときだけ固くなる」インナープロテクターを着込みましょう。ヘンリービギンズのインナープロテクターは耐切創繊維でできているので街でのトラブルにも対応。赤いグローブで逆に火がついたしまってもナイフくらいでは怪我をしないかもしれません。

okoko

どんな環境で暮らしているの・・・?

オフロードバイクストリート街乗りファッション×カーゴパンツ

パンツはデニムでもいいのですが、なんとなくありきたり感があるので敢えてのカーゴパンツを合わせます。ただのカーゴパンツではストリートジャングルで怪我をするので56designとEDWINのコラボレーションの056 Rider Cargo Pants CORDURAあたりを履きたい所。オプションで膝のプロテクターも仕込めるのが素敵。

オフロードバイクストリート街乗りファッション×スニーカー

Alpinestarsファンの皆さん、おまたせしました。登山靴から始まったAlpinestarsはストリートでも大活躍します。正直靴紐タイプのバイクシューズはステップに引っ掛ける可能性があるのでおすすめしませんが、危険なストリートジャングルではそんな悠長なことは言ってられません。Alpinestarsを履いてテンションを上げておかないと獣に飲まれてしまいます。Alpinestarsで地面を蹴ってジャングルを駆け抜けましょう!

バイク三郎

(地面を蹴るのはタイヤなんだよなぁ・・・)

オフロードバイクストリート街乗りファッション×ボブルビー

リュックはライダーの動きを制限するので大嫌いですが、オフロードバイクやモタードに限っては似合ってしまうので載せます。機能的にはシートバッグの方がいいですが、様式美的にはオフロードバイクにはリュックかなと・・・。
リュックがブラックやイエローだとリュックメインになってしまうので、あえてのホワイトのボブルビー。
これでブーツのレッドがより主張して全体がうまくまとまります。

まとめ

モタードのファッション

いかがでしたでしょうか。

バイクにファッションを持ち込むのは大嫌いなのですがオフロードバイクには似合ってしまうので安全性を損なわずにかっこいい服装をまとめてみました。

皆様も安全性を担保できる範囲で楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました