> クシタニ、コミネ、シンプソン、カドヤ、RSタイチなどジャケットブランド解説 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

クシタニ、コミネ、シンプソン、カドヤ、RSタイチなどジャケットブランド解説

クシタニ、コミネ、シンプソン、カドヤ、RSタイチなどのバイクジャケットブランド解説 バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクのジャケットを新調しようとしている
  • どのブランドのジャケットにするか悩んでいる


という方ではないでしょうか。

もしくは最近バイク趣味を始めて、

okoko

バイクアパレルブランドにはどんなブランドがあるんだろう??

と調べている方ではないでしょうか。

この記事では、あなたにぴったりのバイクジャケットブランドが見つかるように

この記事でわかること
  • クシタニ
  • コミネ
  • シンプソン
  • カドヤ
  • RSタイチ
  • ダイネーゼ
  • アルパインスターズ
  • デグナー
  • ラフアンドロード
  • イエローコーン


という10のブランドについて

解説内容
  • ブランド概要
  • ブランドイメージ
  • 似合うバイクやライダー
  • 代表的なジャケット
  • 代表的なメッシュジャケット


ということを解説していきます。

  1. クシタニのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. クシタニブランド概要
    2. クシタニのブランドイメージ
    3. クシタニの代表的なジャケット ステムジャケット
    4. クシタニの代表的なメッシュジャケット アティースメッシュジャケット
  2. コミネのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. コミネブランド概要
    2. コミネのブランドイメージ
    3. コミネの代表的なジャケット  スプリームプロテクトウインタージャケット 
    4. コミネの代表的なメッシュジャケット バイク用 プロテクトフルメッシュジャケット
  3. シンプソンのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. シンプソンブランド概要
    2. シンプソンのブランドイメージ
    3. シンプソンの代表的なジャケット
    4. シンプソンの代表的なメッシュジャケット
  4. カドヤのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. カドヤのブランド概要
    2. カドヤのブランドイメージ
    3. カドヤの代表的なジャケット カドヤ SR-ORIGIN
    4. カドヤの代表的なメッシュジャケット オールドマンクス
  5. RSタイチのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. RSタイチブランド概要
    2. RSタイチのブランドイメージ
    3. RSタイチの代表的なジャケット RSタイチ オールシーズン ジャケット
    4. RSタイチの代表的なメッシュジャケット RSタイチ イングラム メッシュジャケット
  6. ダイネーゼのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. ダイネーゼブランド概要
    2. ダイネーゼのブランドイメージ
    3. ダイネーゼの代表的なジャケット ダイネーゼ Super Speed 3 Leather レザージャケット
    4. ダイネーゼの代表的なメッシュジャケット AIR CRONO 2 TEX JACKET
  7. アルパインスターズのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. アルパインスターズブランド概要
    2. アルパインスターズのブランドイメージ
    3. アルパインスターズの代表的なジャケット alpinestars MISSILE
    4. アルパインスターズの代表的なメッシュジャケット alpinestarsT-FASTER AIRジャケット
  8. デグナーのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. デグナーブランド概要
    2. デグナーのブランドイメージ
    3. デグナーの代表的なジャケット デグナー ワックスシープレザージャケット
    4. デグナーの代表的なメッシュジャケット デグナーメッシュジャケット/MESH JACKET
  9. ラフアンドロードのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. ラフアンドロードブランド概要
    2. ラフアンドロードのブランドイメージ
    3. ラフアンドロードの代表的なジャケット  デュアルテックストレイルツーリングジャケット
    4. ラフアンドロードの代表的なメッシュジャケット  ダイレクトエアメッシュジャケット
  10. イエローコーンのバイクジャケット、メッシュジャケット
    1. イエローコーンブランド概要
    2. イエローコーンのブランドイメージ
    3. イエローコーンの代表的なジャケット イエローコーン ウィンタージャケット
    4. イエローコーンの代表的なメッシュジャケット
  11. バイクジャケットブランド特徴まとめ

クシタニのバイクジャケット、メッシュジャケット

クシタニ

引用元:https://www.kushitani.co.jp/


日本のメーカーで静岡県浜松市で始まったブランド。ロゴは富士山。

クシタニブランド概要

クシタニブランド概要


もともとは革製品を扱う小さなお店でした。

戦後、飛行機を作れなくなった技術者が自動車、二輪車の分野に流れバイク産業が盛んになり、150社を越えるバイクメーカーが生まれては消えていった時代でした。

そんな中、1953年に開催された浅間高原レース使うための革ツナギの作成を同じく浜松に本社を置いていたスズキがクシタニに依頼したことがきっかけでクシタニは二輪アパレルブランドとしてのスタートを切りました。


群馬県長野原町には「浅間高原レース発祥の地碑」があります。まさにそれこがクシタニがバイクアパレルブランドのスタート地になった場所です。近くの浅間記念館の二輪車展示館を併せてツーリングで行ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに新東名高速道路の清水PAや浜松SAにもショップが出ているので寄ってみてください。

クシタニのブランドイメージ

クシタニのブランドイメージ


クシタニはスズキと革ツナギを制作したあとも二輪メーカーの多い地元でプロを相手に用品の納品をしていました。

ですのでコストを落とすということはせず、「性能や品質がいいものをしっかり作る」という姿勢が強く、その歴史も相まって「職人気質」「一生もの」「レザー製品」「革ツナギ」「ベテランが愛用する」「老舗」というイメージがあります。

クシタニが似合うバイクやライダー
  • 国内メーカーのバイク
  • スポーツタイプよりもネイキッド
  • ベテランライダー
  • 落ち着いた大人のライダー

クシタニの代表的なジャケット ステムジャケット


落ち着いたイメージのクシタニでは落ち着いたレザージャケットがおすすめです。タイトなレザージャケットですが肩、肘、背中には着脱可能なソフトパッドが標準装備されていて胸部プロテクターはオプションで手に入れることができます。

クシタニの代表的なメッシュジャケット アティースメッシュジャケット


パンチングレザーは嫌いな僕ですが、クシタニは革屋さんなのでメッシュジャケットは少し我慢をしてせっかくなのでパンチングレザーのものをおすすめします。肩、肘、背中には着脱可能なソフトパッドが標準装備されていて胸部プロテクターはオプションで手に入れることができます。

コミネのバイクジャケット、メッシュジャケット

コミネ

引用元:https://www.komine.ac/


日本のメーカーで東京都台東区で自転車とタイヤの卸売業として小峰商店としてスタート。

コミネブランド概要

コミネブランド概要


ホンダのカブの販売総代理店を委任されていましたが、ホンダが独自の販売網を確立したため関係を解消し、独自にエンジン(ジャイアント号)を開発したくさんの小規模メーカーにエンジン供給をしたりバイク(ジャイアントF1、ワスプTSなど)を製造販売していました。

その後バイクメーカーからバイク用品メーカーに事業変更。社名をコミネオートセンターとし、販売店も初めました。

ちなみに日本のメーカーで初めてスネル規格に合格したのはコミネのヘルメットでした。



バブル崩壊の影響で販売店の多くを閉鎖し、製造・卸業の専念し、販売網を拡大しました。最後のコミネオートセンターを閉鎖した後、社名を「株式会社コミネ」に変更して現在に至ります。

警察に製品を納品しているので警視庁から「胸部プロテクター推進隊」と割とポップな感じのものに任命されています。

ちなみにみんな大好きネモケンさんはコミネのライディングギアを身に着けて全日本ロードレース選手権で優勝しています。

コミネのブランドイメージ

コミネのブランドイメージ


製品の多くを中国など国外で生産していますが、製品はよく考えられた良いものが多いです。
いち早くメッシュジャケットの製造販売を始めたので、特にメッシュジャケットやメッシュグローブが強いイメージがあります。

一時はその安すぎる価格設定からコミネ製品を愛用しているライダーを「コミネマン」と揶揄風潮もありましたが、最近は品質の良さが広まったせいか死語になっているようです。

「コスパが高い(全ブランドの中で一番)」「バイク用品界のワークマン」「老若男女に愛される」というイメージがあります。

ただし、あまりにコスパが良すぎるせいか高級なバイクに乗っていて装備がコミネだとチグハグ感は出ます。

コミネが似合うバイクやライダー
  • 初心者の方
  • 小排気量(~250cc)のバイク
okomoto

ちなみに僕は海外メーカーのリッターバイクにも乗っていますが、メッシュジャケットとメッシュグローブは長年コミネのものを使っています。

コミネの代表的なジャケット  スプリームプロテクトウインタージャケット 


肩・肘・胸・脊椎・脇腹にCE規格レベル2プロテクターを標準装備。胸のプロテクターが標準装備されているジャケットは少ないのですが、バイク事故の35.7%は頭部へのダメージ、32.1%は胸部へのダメージとかなり高いので嬉しい装備です。「胸部プロテクター推進隊」だからかもしれません。

コミネの代表的なメッシュジャケット バイク用 プロテクトフルメッシュジャケット

こちらも肩・肘・胸・脊椎・脇腹にCE規格レベル2プロテクターを標準装備しています。脊髄パッドはソフト素材ですが、別売りのハードプロテクターに変更することが可能です。

真夏ツーリングの頼もしいジャケットになってくれます。

シンプソンのバイクジャケット、メッシュジャケット

シンプソンのバイクジャケット、メッシュジャケット


アメリカのバイクアパレルブランド。もともとは四輪用品の会社。

シンプソンブランド概要

シンプソンブランド概要


1959年、ビル・シンプソンが創業、ドラッグレースのパラシュートや耐火レーススーツを製造。
ビル・シンプソン 自身がマシンに乗り、そこで得た経験を製品にフィードバッグさせていた。

四輪ヘルメットを製造していたノウハウを生かしてヘルメットの製造を開始。 同じアメリカのヘルメットメーカー「BELL」のヘルメットの倍以上と言う超高級品としてヘルメットを供給。

四輪用品の製造のノウハウを活かし、バイク用品の製造販売も開始しました。

シンプソンのブランドイメージ

シンプソンのブランドイメージ


ヘルメットメーカーとしては間違いなくアメリカのハイブランドです。

しかし、シンプソンはヘルメットメーカーなので他のアパレル、ジャケットとなると格段に格好悪く見えてしまいます。というか、事実ものすごく格好悪いです。

ヘルメットについているとたまらなくかっこいいシンプソンのロゴも、背中にデカデカと貼り付けてあり、腕や胸、そこら中にあります。

乱暴な運転でマスツーリングをしている集団の多くが「革ジャンの上にデニムのベスト」かシンプソンのジャケットを着てい・・・

okoko

いい加減にしろ

バイク太郎

もうやめろ

バイク次郎

こっちのブログではそういうことは書かない約束だろ

バイク三郎

いいぞもっとやれ

昔乗ってたおじいちゃん

誰が「ロゴの耳なし芳一」じゃwww

バイク太郎

じじいまでやめろまじで

シンプソンのジャケットが似合うライダー
  • 旧車
  • ハーレー
  • インディアン
  • ビューエル
  • 排気量マウントおじさん
  • 最初から大型バイクのライダー

シンプソンの代表的なジャケット

バイク太郎

(おいおいおいおいおい!!!マジで耳なし芳一じゃねぇかよ・・・)

シンプソンの代表的なメッシュジャケット

バイク次郎

(クッ・・・!メッシュもかッッ!!!!)

バイク太郎

(しかもメッシュジャケットの袖を外せるだと!?だからなんだっていうんだ???!!!まさか半袖で!!??)

カドヤのバイクジャケット、メッシュジャケット

カドヤ

引用元:https://ekadoya.com/photolog/detail/32790


東京・浅草で創業した日本のメーカー。元々は洋服屋。

カドヤのブランド概要

カドヤのブランド概要


1935年、革問屋が多い東京浅草で「カドヤ皮服店」として創業。創業者深野正次郎はバイク好きで「革はお客さんの好みで作り変えるもの」という理念を持ってお客さんの要望に答える仕事をしていたため、こだわりを持ったライダーたちの支持を集めるようになった。

社長が代替わりしたことをきっかけに本格的にバイクの分野に事業を拡大。その後のバイクブームも相まってカドヤの名前は日本中、世界中に知られるようになりました。

カドヤユーザーには坂本九、ビートたけし、藤岡弘、、舘ひろし、桑田圭佑、仲村トオル、安室奈美恵など著名人が名を連ねています。

カドヤのブランドイメージ

カドヤのブランドイメージ


未だに時代が追いついていない「バトルスーツ」のイメージが強烈ですが、バトルスーツを一旦置いておくと、

「革ジャン」「職人気質」「江戸っ子」「オーダーメイド」「渋い」「老舗」というイメージ。

カドヤが似合うバイクやライダー
  • 東京出身のライダー
  • カフェレーサーやクラシック、旧車
  • バイクをいい意味でピカピカに磨いていないライダー

カドヤの代表的なジャケット カドヤ SR-ORIGIN

人気モデルだったSR-JACのリニューアル版。普段着でも着れるデザインにも関わらず脊髄パッドを標準装備。ストリート・レーシングの開発コンセプトを掲げた当時のデザインとイメージを踏襲しています。

カドヤの代表的なメッシュジャケット オールドマンクス


パンチングレザーは嫌いな僕ですが、カドヤは革屋さんなのでメッシュジャケットも少し我慢をしてせっかくなのでパンチングレザーのものをおすすめします。
肩と肘にはパッチを配置し、安全性をアップしつつもオールドレーシーな雰囲気を保っています。

雰囲気のある通気性のいいジャケットを探している方におすすめです。

RSタイチのバイクジャケット、メッシュジャケット

RSタイチ

引用元:https://www.rs-taichi.co.jp/history/


大阪府大東市で創業した日本のブランド。

RSタイチブランド概要

RSタイチブランド概要


モトクロス全日本選手権を制し、世界GPにも参戦したトップレーサー吉村太一が引退後にライダーズスポットタイチを創業。

アシックスとの共同開発でライディングシューズを、テイジンと共同開発でタイヤウォーマーを、SHOWAと共同開発でマウンテンバイク用のサスペンションを・・・と一流のメーカーとタッグを組んで新しものを作るのが得意で、最近ではニューエラとコラボをしたりしています。

世界初のレーシングスーツにエアバッグシステムを搭載したのもRSタイチ。

RSタイチのブランドイメージ

RSタイチのブランドイメージ


レーシングブランドですが、プロテクションを重視し、価格も高すぎず初心者にもとっつきやすいブランド。

日本人の体格に合っているのでサイズ選びで海外ブランドよりは悩まずに済みます。

「東のコミネ、西のタイチ」「カジュアル」

若いライダー、スポーツタイプのバイク乗りに支持されている感じがします。

RSタイチが似合うバイクやライダー
  • スポーツタイプ、SS
  • 若いライダー
  • 峠の小僧

RSタイチの代表的なジャケット RSタイチ オールシーズン ジャケット


位置調整可能なプロテクターが肩と肘に、通気性の良いプロテクターが背中に仕込まれています。

ベンチレーションが胸と背中にあるので長いシーズン着ることができるオールシーズンモデルです。

RSタイチの代表的なメッシュジャケット RSタイチ イングラム メッシュジャケット

今風のデザインで着脱可能な防風インナー、位置調節可能なプロテクターがついてきます。背中には風が通るタイプのプロテクターも入っているので快適に安全にライディングすることができます。

ダイネーゼのバイクジャケット、メッシュジャケット

ダイネーゼ

引用元:https://www.dainesejapan.com/


イタリア ヴィツェンツァ モルヴァーナで創業したバイクアパレルメーカー。
ロゴは悪魔を模しています。

ダイネーゼブランド概要

ダイネーゼブランド概要


イタリアからイギリスのロンドンにベスパでツーリングに行ったときに、初めてレザースーツを見たダイネーゼさんはイタリアに戻り、デザインを開始しました。イタリアの革なめしに卓越した地域と、仕立て技術に卓越した地域の技術を1972年に創立したダイネーゼが融合させたことによって完成したモトクロスブーツは1974年にダイネーゼのショールームで初めてのモトクロス用のパンツが披露されました。

ダイネーゼはライダーの乗車姿勢にあわせた新しいカッティング技術やバックプロテクター、ニースライダー、スーツ内臓のプロテクションシステム、ソフト素材とハード素材を併せて使う「複合プロテクション」などを開発、「From Head To Toe(頭からつま先まで)」のコンセプトを掲げて提供してきました。

現在はその技術をバイク界だけではなく、ウインタースポーツ、自転車、乗馬の世界にも広げています。

ダイネーゼのブランドイメージ

ダイネーゼのブランドイメージ


往年の世界グランプリレーサーが着用していたのでレースのイメージが強いです。海外の中では一番の高級ブランドではないかと思います。

ダイネーゼ製品は「一定の技量がないとチグハグに見える」と感じてしまうので初心者の方にはおすすめしません。

レースからフィードバックされたプロテクションシステムを採用しているのでまったり走るようなアメリカンやレトロタイプとも相性は良くないと思います。

イタリアのSSとはかなり合います。

ダイネーゼが似合うバイクやライダー
  • サーキット走行
  • ベテラン
  • SS全般
  • ドカティ
  • MVアグスタ
  • アプリリア

ダイネーゼの代表的なジャケット ダイネーゼ Super Speed 3 Leather レザージャケット

ダイネーゼのプロテクション、エルゴノミクス(人間工学)デザインが詰め込まれているレザージャケットです。

背中には空気抵抗を減らすたみのスポイラーがついています。

超高級品。価格はリンク先で確認してください。

ダイネーゼの代表的なメッシュジャケット AIR CRONO 2 TEX JACKET


取り外し可能な肩肘のプロテクターは標準装備、胸と背中は別売りのものを入れるポケットがついています。

ダイネーゼのパンツとはファスナーで連結することができます。

首、ウエスト、手首、腕の周りは絞り調整可能になっているので快適性を高めることができます。

アルパインスターズのバイクジャケット、メッシュジャケット

アルパインスターズ

引用元:http://www.okada-corp.com/products/?category_name=alpinestars


イタリアのブランドで、元々は登山用のブーツメーカー。アルプスの一番高い場所に咲くStar Alpinaという花からAlpinestarsという社名になりました。ロゴは「a☆」

アルパインスターズブランド概要

アルパインスターズブランド概要


二輪業界には登山靴制作の技術を生かして、オフロードブーツから入りました。
世界モトクロス選手権で5回優勝したロジャー・デコスタがアルパインスターズのブーツを使用していたことで知名度が上がり、ロードレースの世界でも人気を博していきました。

あのケニー・ロバーツもアルパインスターズブーツの使用者でした。その後ジャケットやツナギ、グローブといったさまざまなギアを作るようになり現在に至ります。

アルパインスターズのブランドイメージ

アルパインスターズのブランドイメージ


登山靴メーカーから始まったせいか、ブーツの履き心地はとてもよく、バイク用品店で試着した程度でも他のメーカーとの違いがわかるほどです。




製品は全体的に派手な物が多く、若い方向けのイメージがあります。


「ブーツメーカー」「オフロードウエアメーカー」「若者向けの高級ブランド」と言うイメージがあります。

イタリアのメーカーなのでイタリアのバイクとマッチするかと思います。

アルパインスターズが似合うバイクやライダー
  • 若者
  • SS全般
  • ドカティ
  • MVアグスタ
  • アプリリア
  • アドベンチャー
  • オフロードバイク

アルパインスターズの代表的なジャケット alpinestars MISSILE

エアバッグシステムと組み合わせることができるレザージャケット。
各部が動きやすいようにシャーリングが施されていて操作性が高いです。
肩、肘、胸、にはプロテクターを標準装備しています。

こちらはパンチングレザーで通気性を良くしたものです。

アルパインスターズの代表的なメッシュジャケット alpinestarsT-FASTER AIRジャケット


大型ストレッチパネルの搭載でバイクの上で動きやすくなっています。プロテクターはバックプロテクター、片、肘にプロテクターがあり、胸部は別売りになっています。

デグナーのバイクジャケット、メッシュジャケット

テグナー

引用元:https://www.degner.co.jp/


京都で創業した日本のメーカー。

デグナーブランド概要

デグナーブランド概要


デグナーとは鈴鹿サーキットの第8、第9コーナーで構成させるテクニカルなデグナーカーブに由来しています。鈴鹿サーキットができたてほやほやのときにデグナーさんがここで転倒したことに由来します。

1987年にレーシングスーツメーカーとして京都で創業しました。

レーシングスーツ作りのノウハウを生かして、各種バイク用品をライダーに供給し続けています。

デグナーのブランドイメージ

デグナーのブランドイメージ


比較的安価ですが作りがしっかりしています。

派手さはないのでバイク初心者やベテランにも人気があります。

元々はレーシングスーツメーカーですがレースのイメージはなく、革のサイドバッグなどをみると真逆の路線では?とさえ思います。

正直デグナーカーブのことは知っていましたが、まさかデグナーの名前の由来になっているとは思いませんでした。社名と製品が結びつかないブランド第一位です。

ツーリング用のバッグなどは実用的でとてもいいと思います。

グナーが似合うバイクやライダー
  • 初心者
  • リターンライダー
  • ネイキッドタイプ

デグナーの代表的なジャケット デグナー ワックスシープレザージャケット


羊革で作られているので柔らかく着心地がいいです。そのぶん摩擦に対する耐性は落ちますが、肩・肘・背中・胸に着脱可能なプロテクターが標準装備されているので問題ないです。

このタイプの革ジャンで胸部プロテクターまで標準装備されているのは珍しいので、デグナーの安全性に対するこだわりを感じることができます。

デグナーの代表的なメッシュジャケット デグナーメッシュジャケット/MESH JACKET


片、肘、背中にプロテクターを標準装備しています。腰のベルクロで調整が可能なのでフィット感を上げて快適にライディングできます。

okomoto

公式いオンラインショップでは様々な製品を網羅的に見ることができます。リンクを張っておきますのでどうぞ。

DEGNER ONLINE SHOP

ラフアンドロードのバイクジャケット、メッシュジャケット

ラフ&ロード

引用元:https://www.rough-and-road.co.jp/sports/company.html


横浜で創業したバイクアパレルブランド。元々はタイヤ屋さん。

ラフアンドロードブランド概要

ラフアンドロードブランド概要


1982年、横浜で創立。モトクロスライダーだった創業者の岸真一さんは当時珍しかった二輪タイヤ専門店を開店。預かった車両を返すときは必ずグリスアップ、各部の注油を行っていたといいます。それが口コミで広がってリピーターを増やしていき、オフロード用品を専門に扱う店舗も展開させました。

ラフアンドロードのブランドイメージ

ラフアンドロードのブランドイメージ


例えば「グローブにワイパーがついている」など旅ライダーが「あったらいいな」というちょっとした工夫をしてくれているブランド。




価格は比較的安価だけれども質実剛健そんなイメージです。

ラフアンドロードが似合うバイクやライダー
  • 荷物満載で旅をする旅ライダー
  • セロー

ラフアンドロードの代表的なジャケット  デュアルテックストレイルツーリングジャケット


飾らないベーシックなデザインでポケットは大型、防水仕様、ベンチレーションもついていてまさにツーリングをするためのジャケット。
プロテクターはソフトですが肩、肘、脊髄パッドを標準装備し、胸部プロテクターは別売りです。

ラフアンドロードの代表的なメッシュジャケット  ダイレクトエアメッシュジャケット

胸・肩・肘・脊椎にエアスルーパッドを標準マウントし通気性をとことんまで突き詰めた、”放熱”するために生まれた真夏対応のジャケットです。


イエローコーンのバイクジャケット、メッシュジャケット

イエローコーン

引用元:https://yellowcorn.shop/?tid=2&mode=f4


東京・世田谷にある日本のバイクアパレルブランド。

イエローコーンブランド概要

イローコーンブランド概要


創業は1987年のバブル真っただ中。様々なカスタムショップの看板を背負って第三京浜を走るのがブーツだった時代に、イエローコーンのチームは最速を誇っていたようです。

イエローコーンは第三京浜という場所を使ってプロモーションを行い、これが大ヒット。

イエロー(危険な)コーン(インディアンの部族)で「危険な戦士」という意味を持たせているそうです。


そんなブランドです。

イエローコーンのブランドイメージ

イローコーンのブランドイメージ


日本版のシンプソンジャケット。

イエローコーンのジャケットが似合うライダー
  • 旧車
  • ネイキッド
  • 排気量マウントおじさん

イエローコーンの代表的なジャケット イエローコーン ウィンタージャケット

バイク次郎

(なるほど、日本版シンプソンか・・・)

イエローコーンの代表的なメッシュジャケット

バイク太郎

半袖でプロテクター入りって・・・なにかのトンチかな?

一休さん

意味なしホーイチ!!!

バイクジャケットブランド特徴まとめ


いかがでしたでしょうか。

それぞれの特化している部分や強みをまとめてみます。

落ち着いたベテラン向き
  • クシタニ
  • ダイネーゼ
コスパ良し(入門に最適)
  • コミネ
  • ラフ&ロード
  • デグナー
ハイブランド
  • クシタニ
  • ダイネーゼ
若者向け(デザイン)
  • アルパインスターズ
  • RSタイチ
レザー
  • クシタニ
  • カドヤ


こんな感じです。

okomoto

あくまでも僕が思うイメージです。バイク用のウエアをそれ用に作られているのでだいたいどれも素晴らしいですよ。

バイク三郎

パーカー以外はね。

okomoto

バイクジャケット選びについてもっと詳しく、網羅的に知りたい方は下のまとめ記事を読んでみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました