> シートバッグ、タンクバッグはつけっぱなし?盗難対策を解説 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

シートバッグ、タンクバッグはつけっぱなし?盗難対策を解説

シートバッグ、タンクバッグはつけっぱなし?盗難対策を解説 バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • シートバッグ、タンクバッグって持ち歩いたほうがいいの?
  • シートバッグ、タンクバッグの盗難ってどうすればいいの?


という方ではないでしょうか?

ツーリング先のバイク用品盗難対策について僕はノーガード戦法をとっています。

okomoto

ツーリング先で下卑田下卑夫にはエンカウントしないだろう街中のドンキに行くわけでもあるまいし!

という考えのもとに行動しています。逆にエンカウント率が高いドンキでは荷物は持っていくなど、状況に応じて対策を変えています。

バイク三郎

卑田下卑夫とは「他人が使ったバイク用品を盗んでいくような下卑た人間」のことだよ

okomoto

この記事より上のリンク記事を読んだほうが実際のツーリングの役に立つような気がします・・・


僕は宿泊先でもシートバッグは付けたままですし、しかもヘルメットやグローブなど部屋で使わないものはそのままシートバッグに入れたままにするということを平気でやっています。

バイク次郎

部屋で必要なシートバッグの中身はコンパクトに畳んでおけるエコバッグに入れて部屋に持っていくよ



ツーリングの休憩中は簡単に外せるシートバッグを使っていても持っていくことはありません。


とは言え、人の安全意識や防犯意識の高さは様々です。

okoko

このブログ、必要なものとかわかりやすく書いてあって結構好き

と思って読んでくれている初心者の方のために

この記事でわかること
  • シートバッグ、タンクバッグの防犯対策


について解説していこうと思います。

シートバッグ、タンクバッグ最高の防犯対策はつけっぱなしにしないこと

シートバッグ、タンクバッグ最高の防犯対策はつけっぱなしにしないこと


こんな意識低い系の僕が言っても説得力は皆無ですが、バイク用品の盗難対策でもっとも効果的なのは「持ち運ぶこと」です。

リュックやウエストバッグは荷物のすべてを身につけることになるのでツーリングの積載としては使えませんが、常に身につけているので防犯性能はとても高いです。


しかし、シートバッグやタンクバッグ荷物をバイクに運んでもらう代わりに防犯性能は低くなります。

シートバッグやタンクバッグの防犯性能をリュックやウエストバッグ並に引き上げようとすると休憩のたびに持ち運ぶことになります。

okoko

面倒です。

ですよね。面倒ですよね。

休憩のときはシートバッグ、タンクバッグにダイヤルロックをかける

休憩のときはシートバッグ、タンクバッグにダイヤルロックをかける


バッグの2重ファスナーにロックを掛け、タンクバッグであればハンドルに、シートバッグであれば後輪やスイングアームにワイヤーを通せば一応は盗難対策をすることができます。

これで休憩中程度の時間であれば安心してバイクを離れられます。

「一応は」というのは、この程度のワイヤーはホームセンターで売っている工具で簡単に切れてしまうのであくまでも休憩用と考え、宿ではバッグを外して部屋に持っていくようにしましょう。


収納スペースがたくさんあるバッグだとすべてのファスナーにロックを掛けたくなるかもしれませんが、バッグの利便性が著しく落ちるので、ロックは1箇所にし、その中に財布やスマホ以外の貴重品をまとめておくようにしましょう。

okomoto

財布やスマホなど、貴重品第一級のものは必ず持ち歩きましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ダイヤルロックを使えば少しは安心してバイクを離れられるかと思います。

このブログの記事にしてある多くの製品とは違い、僕が実際に使ってみたものではないのですが使えそうなものを見つけたので紹介してみました。

少しでも安心してツーリングに行きたい方は検討してみる価値はあるかと思います。

okomoto

タンクバッグ言ってますがタンクバッグは僕はおすすめしていません

コメント

タイトルとURLをコピーしました