> アライは?ショウエイは?ネオクラシックに合う!ネオクラヘルメット17選 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

アライは?ショウエイは?ネオクラシックに合う!ネオクラヘルメット17選

アライは?ショウエイは?ネオクラシックに合う!ネオクラヘルメット17選 バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • ネオクラに合うアライのヘルメットを探している
  • ネオクラシックバイクに合うショウエイのヘルメットを探している


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • 「旧車タイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット
  • 「旧車タイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット
  • 「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット
  • 「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット
  • 「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット
  • ダムトラックスなど一般的に「ネオクラにおすすめ!」と言われるヘルメットをおすすめしない理由


ということについて解説していきます。

先にネオクラシックに合うネオクラヘルメットを紹介します。「旧車タイプのネオクラに合うヘルメット」「クラシックタイプのネオクラに合うヘルメット」を分けて紹介していますが、その定義については長くなるので別記事を読んでみて下さい。



簡単に言うと

旧車タイプのネオクラとは

Z900RSのような1980年代の国産ネイキッドを模したネオクラシックバイク

クラシックタイプのネオクラとは

R nineTのような1950年代の海外のクラシックバイクを模したネオクラシックバイク


という感じです。

okomoto

一口に「ネオクラ」といってもこの2種類を分けないと「R nineT」にBELLのBullittは合わないだろ・・・という感じになります。

okoko

「EX-ZEROとかゴリゴリのヘルメットじゃないと合わないのかなぁ」って人のために「普通のヘルメットでもこんなのなら合うよ!」ってことも書いているわよ!


各メーカーの詳細解説記事のリンクをそれぞれ貼っておきますので、それぞれのメーカーのサイズ感や安全規格について知りたい方はそちらを読んでみて下さい。

  1. 「旧車タイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット
    1. アストロ‐GX【「旧車タイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット】
    2. XD【「旧車タイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット】
  2. 「旧車タイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット
    1. Z-8【「旧車タイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット】
    2. Glamster 【「旧車タイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット】
  3. 「旧車タイプ」のネオクラシックに合うBELLのネオクラヘルメット
  4. 「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット
    1. ラパイドネオ【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット】
  5. 「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット
    1. EX-ZERO【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット】
  6. 「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット
    1. BANDIT PRO【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
    2. M30【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
    3. M10【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
    4. RX1【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
    5. BANDIT【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
    6. SB(スーパーバンディット)13【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
    7. M50【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
    8. OUTLAW【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
    9. DIAMONDBACK【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
    10. SPEEDWAY RX12【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】
  7. ダムトラックスなど一般的に「ネオクラにおすすめ!」と言われるヘルメットをおすすめしない理由
    1. 単純に格下メーカー
  8. まとめ

「旧車タイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット

「旧車タイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット
「旧車タイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット
  • アストロ‐GX
  • XD


それぞれ解説します。

アストロ‐GX【「旧車タイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット】

種類フルフェイス
価格52000円~
重量1560g※アライはLサイズよりもMサイズの方が重いので注意。
ベンチレーション数11箇所
安全規格スネル・JIS・アライ規格・PSC・MFJ
内装脱着
あご紐機構Dリング式
スモークシールド
オプション
ミラーシールド
オプション
・純正はサンバイザーとして有り(VAS-V PSノンバイザーシールドへの変更が必要)
・社外品のミラーシールドは有り
特徴や向いている人シンプルデザインで高機能なヘルメット
スポーツ走行メインの方
高速道路走行が多いツーリンガー方
すべてのライダー


ゴリゴリ感がない、普通のヘルメットでおすすめなのがアストロ‐GX。基本的に旧車タイプのネオクラはどんなフルフェイスでも合いますが、ハイエンドモデルのRX-7Xだとレース感が強く、アストラルXだとツーリング感が強くなるのでちょうどいいところでアストロ‐GXが良いです。

ハイエンドモデルのRX-7Xよりも軽いです。ヘルメット正面のアライのロゴマークにもベンチレーションの穴があり、乗車姿勢に関わらず正面からの吸気効率が高くなっています。このベンチレーションを試すという理由だけでアストロGXを選ぶ理由になるくらい魅力的な機構です。

ハイエンドモデルでもオプション扱いのスポイラーが標準装備されています。スポイラーのデザインは控えめながら300km/h走行でも整流効果があるのでツーリングからサーキット走行まで幅広く快適さを提供しています。

そして驚くべきはその軽さですね。これは買いです。次はこれにします。

バイク太郎

オコモトが今もっともおすすめしているアライヘルメットだね。

XD【「旧車タイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット】


ベンチレーションを諦めなかったラパイドネオ。ラパイドネオと同じ定価が設定されているので「ベンチレーションを諦めて見た目を取るライダーはラパイドネオ」「諦めきれないライダーはXD」という選び方を示してくれた様な気がします。

ラパイドネオやショウエイのグラムスターがあるので「ネオレトロなヘルメット」としての存在感が薄いが、かなり無骨デザイン。

無骨なデザインが好きな方にとっては様式美と機能美の調和がもっとも取れているヘルメットに感じられるはず。

種類フルフェイス
価格46000円~
重量1590g※アライはLサイズよりもMサイズの方が重いので注意。
ベンチレーション数13箇所
安全規格スネル・JIS・アライ規格・PSC・MFJ
内装脱着
あご紐機構Dリング
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
・純正はサンバイザーとして有り(VAS-V PSノンバイザーシールドへの変更が必要)
・社外品のミラーシールドは有り
特徴や向いている人>>>真夏にもバイクに乗るがシンプルなヘルメットが好きな方
バイク次郎

後述するラパイドネオでもいいけれど、1980年代のバイクを模していることを考えるとベンチレーションはあってもいいと思うの。

「旧車タイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット

「旧車タイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット
「旧車タイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット
  • Z-8
  • Glamster


それぞれ解説します。

Z-8【「旧車タイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット】

ネオクラ感ゴリゴリではないヘルメットだとZ-8がおすすめ。X14だとレース感が強く、GT-Air IIだとツーリング感が強すぎるのでZ-8がちょうどいい感じです。


小ささと軽さが特徴のヘルメットで、スポーツ走行とツーリング性能のバランスが取れた万人向けのヘルメット。

首元からインナーパッドが見えるデザインがシェルのコンパクトさを演出しています。

万が一の事故の時に、救護者が簡単にヘルメットを脱がせることができるEmergency Quick Release Systemがついています。事故後の安全性にも焦点をあてています。

種類フルフェイス
価格56100円~
重量1400g
ベンチレーション数7箇所
安全規格・JIS・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
あり
ミラーシールド
オプション
社外品であり
内装脱着
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人ショウエイ頭のすべてのライダー
バイク三郎

Z-8はアメリカン以外どんなバイクにも似合う

Glamster 【「旧車タイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット】


「見た目重視」のヘルメットです。

クラシカルでシンプルなデザインですがクラシックし過ぎていないので旧車系のネオクラにも合うかと思います。シンプル優先なのでベンチレーションは最低限になっています。アライのライバルモデル「ラパイドネオ」に比べるとベンチレーションが多く、軽いので選択肢の1つになると思います。

ショウエイが得意とする空気の整流を目的としたエアロフォルムではないので、高速走行時に不満がでるかもしれません。

あご紐のDリングを面倒臭がるユーザーもいますが、グラムスターのようなクラシカルなデザインのヘルメットにワンタッチ式がついているとデザインとの矛盾が起こるのでDリングが最適解だと個人的には思います。

万が一の事故の時に、救護者が簡単にヘルメットを脱がせることができるEmergency Quick Release Systemがついています。事故後の安全性にも焦点をあてています。

種類フルフェイス
価格47300円
重量1317g
ベンチレーション数3箇所
安全規格・JIS・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
なし
社外品では有り
ミラーシールド
オプション
なし
社外品では有り
内装脱着
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人>>>クラシックバイク
>>>ネオクラシックバイク
>>>アメリカンバイク

「旧車タイプ」のネオクラシックに合うBELLのネオクラヘルメット

「旧車タイプ」のネオクラシックに合うBELLのネオクラヘルメット
「旧車タイプ」のネオクラシックに合うBELLのネオクラヘルメット
  • Bullitt


1967年に発表された世界初のフルフェイスヘルメット「STAR」。
その革新的すぎるデザインを世間は「宇宙飛行士みたい」と言われたが、 数年後には全てのプロライダーがこのフルフェイスヘルメットを愛用するまでに成長。1980年中期までレースで使用されるヘルメットのほとんどがbell、ストリートでも最高峰のヘルメットとして君臨しました。

この由緒ある 「STARシリーズ」(または STARシリーズ を模したヘルメット)は日本の暴走族に好まれたので「族ヘル」と呼ばれ、そのデザインを受け継いてでいるのがBullittになります。

バイク太郎

1980年代に暴走族に好まれたバイクを模した「旧車タイプのネオクラシック」ということを考えると、当時の暴走族に好まれたこのヘルメットがもっとも合うという考え方もできるよね。ゴリゴリの方にはおすすめ!


ここまでが旧車タイプのネオクラシック、ここからはクラシックタイプのネオクラシックバイクに合うヘルメットを紹介していきます。

「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット

「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット
「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット
  • ラパイドネオ

先述のXDも合いますが、クラシックタイプにはラパイドネオの方がよりマッチします。

ラパイドネオ【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うアライのネオクラヘルメット】


アライにしては珍しい「見た目重視」のヘルメット。ベンチレーションを諦めたXD。

ネオクラシック系のバイクに良く合う、クラシカルでシンプルなデザインのため大げさなベンチレーションはついていません。

このヘルメットの良さは「シンプルさ」であるためインカムの設置もためらわれます。シールドを変えればバイザーをつけることもできますが、バイザーをつけるのであればラパイドネオは選ばないほうが良いです。このシンプルさを活かす方向で運用するべきです。

額や後頭部にベンチレーションはないので上位モデルに比べると蒸れやすく、空気の流れをコントロールする清流システムもないので高速ツーリングでは少々不満が出るかもしれません。

種類フルフェイス
価格46000円~
重量1535g※アライはLサイズよりもMサイズの方が重いので注意。
ベンチレーション数6箇所
安全規格スネル・JIS・アライ規格・PSC・MFJ
内装脱着
あご紐機構Dリング
スモークシールド
オプション
ミラーシールド
オプション
・純正はサンバイザーとして有り(VAS-V PSノンバイザーシールドへの変更が必要)
・社外品のミラーシールドは有り
特徴や向いている人>>>クラシックバイク
>>>ネオクラシックバイク
>>>アメリカンバイク
>>>真夏はバイクに乗らない方
バイク太郎

アライでここまでのシンプルデザインは少ないよね。

「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット

「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット
「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット
  • EX-ZERO


先述のGlamsterもいいですが、クラシック感の強いネオクラにはゴリゴリのEX-ZEROの方がよりマッチします。


EX-ZERO【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うショウエイのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

こちらも見た目重視のヘルメットです。昔のオフロードヘルメットを模したデザインで、グラムスターよりももっとクラシックな感じです。

この見た目ですが、クリアバイザーが内蔵されているのでゴーグルなしで走ることができます。もちろんオフロードスタイルなのでゴーグルをつけてもかなりかっこいいです。

万が一の事故の時に、救護者が簡単にヘルメットを脱がせることができるEmergency Quick Release Systemがついています。事故後の安全性にも焦点をあてています。

種類フルフェイス
価格44000円~
重量1196g
ベンチレーション数なし
安全規格・JIS・PSC
バイザークリアバイザー内蔵
スモークシールド
オプション
バイザーとしてあり
ミラーシールド
オプション
社外ではバイザーとしてあり
内装脱着
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人>>>クラシックバイク
>>>ネオクラシックバイク
>>>アメリカンバイク
バイク次郎

海外メーカーのようなゴリゴリのデザイン。

「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット

「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット
「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット
  • BANDIT PRO
  • M30
  • M10
  • RX1
  • BANDIT
  • SB13
  • M50
  • OUTLAW
  • DIAMONDBACK
  • SPEEDWAY RX12


SIMPSONのヘルメットはどれもクラシックタイプのヘルメットに合います。「特にこれがおすすめ!」というものがなく、「全部おすすめ!」なので全部載せておきます。流し読みであなたの感性に合うものを探してみて下さい。

バイク三郎

DIAMONDBACKくらいになるとゴリゴリ感が強すぎるとは思う・・・

BANDIT PRO【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

種類フルフェイス
価格53800円
重量不明
ベンチレーション数3箇所(左右頬+左右頭頂部)
安全規格・SG・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング
特徴や向いている人>>>クラシックバイク
>>>ネオクラシックバイク
>>>アメリカンバイク
口コミ太郎

インナーの造りがM30やSB13と比べて、雑

口コミ次郎

おでこにあるボタンが当たっておでこが痛い

口コミ三郎

接着剥がれや縫いのほつれなど。値段考えたら納得できません。

M30【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

種類フルフェイス
価格51800円
重量1430g
ベンチレーション数3箇所(口元+左右頬)
安全規格・SG・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング
特徴や向いている人クラシックバイク
ネオクラシックバイク
アメリカンバイク
口コミ太郎

セールで積み上げて売っている5000円のヘルメット並の作り

口コミ次郎

SHOEIやARAIの内装や作りと比較をすると天と地ほど違います。

口コミ三郎

でもかっこいいので全てOKです。

M10【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】

M10【人気のシンプソンヘルメット】
種類フルフェイス
価格51800円
重量不明
ベンチレーション数2箇所(左右頬)
安全規格・SG・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング
特徴や向いている人クラシックバイク
ネオクラシックバイク
アメリカンバイク
口コミ太郎

文句なしのデザイン

口コミ次郎

頬当たりの締め付けがきつく、長時間着用は苦痛に感じる

口コミ三郎

全てひっくり返すほどのかっこよさ

RX1【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

種類フルフェイス
価格51800円
重量不明
ベンチレーション数1箇所
安全規格・SG・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング
特徴や向いている人クラシックバイク
ネオクラシックバイク
アメリカンバイク

BANDIT【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

種類フルフェイス
価格53800円
重量g
ベンチレーション数4箇所(左右頬+左右上部)
安全規格・SG・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人クラシックバイク
ネオクラシックバイク
アメリカンバイク
口コミ太郎

内装等の仕上がりが格段に良くなっている

口コミ次郎

風切り音はかなりうるさく、台風の乱気流のような音

口コミ三郎

カッコ良さで全て許せてしまいます。

SB(スーパーバンディット)13【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

種類フルフェイス
価格48000円
重量1380g
ベンチレーション数4箇所(左右口元+左右額)
安全規格・SG・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人クラシックバイク
ネオクラシックバイク
アメリカンバイク
口コミ太郎

作りは荒いし風きり音はすごい

口コミ次郎

ストレスはあるが我慢できる

口コミ三郎

とにかく見た目は最高

M50【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

種類フルフェイス
価格41400円
重量不明
ベンチレーション数1箇所(口元)
安全規格・SG・PSC
バイザーオプションであり
スモークシールド
オプション
シールドなし
ミラーシールド
オプション
シールドなし
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人アメリカンバイク
スクランブラー
口コミ太郎

SIMPSONがすべてステッカーだったのところにUSAを感じました

口コミ次郎

見た目が最高にカッコいい

口コミ三郎

別売りのバイザーも取付け更にカッコ良さ倍増

OUTLAW【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

種類フルフェイス
価格44200円
重量不明
ベンチレーション数2箇所(左右口元)
安全規格・SG・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人クラシックバイク
ネオクラシックバイク
アメリカンバイク
口コミ太郎

口コミ次郎

横の視界が酷い

口コミ三郎

とにかくかっこいい!

DIAMONDBACK【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

種類フルフェイス
価格48000円
重量不明
ベンチレーション数4箇所(左右額+左右口元)
安全規格・SG・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人クラシックバイク
ネオクラシックバイク
アメリカンバイク
口コミ太郎

滅茶苦茶軽い

口コミ次郎

横が殆ど見えない。

口コミ三郎

すでに持っているマッドブラックの同型と同時に持ってみると重さが変わらないどころか、こっちのほうが重い

SPEEDWAY RX12【「クラシックタイプ」のネオクラシックに合うSIMPSONのネオクラヘルメット】


現在の実売価格は上の商品リンクから確認して下さい。

種類フルフェイス
価格57000円
重量不明
ベンチレーション数3箇所(左右口元+左右頬)
安全規格・SG・PSC
バイザーなし
スモークシールド
オプション
有り
ミラーシールド
オプション
有り
内装脱着一応可
あご紐機構Dリング式
特徴や向いている人クラシックバイク
ネオクラシックバイク
アメリカンバイク
口コミ太郎

風切りの音バンバンします

口コミ次郎

シールド曇ります

口コミ三郎

ズバリ最高です

ダムトラックスなど一般的に「ネオクラにおすすめ!」と言われるヘルメットをおすすめしない理由

ダムトラックスなど一般的に「ネオクラにおすすめ!」と言われるヘルメットをおすすめしない理由
ライター

ネオクラにおすすめ!


と紹介されることが多いですが、個人的におすすめしないものを解説しておきます。とは言え、価格が安いものが多いので予算が少ない方にはおすす・・・・めです。

昔乗ってたおじいちゃん

まぁ歯切れは悪くなるのぅ・・・

単純に格下メーカー

単純に格下メーカー
  • ダムトラックス
  • TT&CO
  • HANDLE KING
  • Scorpion
  • Caberg
  • ついでにSHARKのDrakなど
ライター

ネオクラシックににおすすめ!

と紹介されることが多いので載せておきますが、ダムトラックスなどのフルフェイスヘルメットは単純に先程紹介したヘルメットメーカーに比べて格下のメーカーです。



何故格下扱いかというと特に後述するシンプソンやBELLヘルメットのパクリのようなデザインで販売しているので、少しヘルメットに詳しい人が見ると

世間のライダー

(あいつマジか・・・なにが悲しくてわざわざパチモン被ってんの?)

と思われる可能性があります。

半ヘルやジェットヘルメットよりもパチものでもフルフェイスを被ったほうが良いのですが、せっかくフルフェイスを検討しているのであればきちんとしたメーカーのものを被ることをおすすめします。

okomoto

そもそも上のTT&COや下の記事で解説しているダラクはフルフェイスですらありません。ジェットヘルメットにアゴの飾りをつけています。

昔乗ってたおじいちゃん

スタイルが気に入ったのなら自己責任で使うのは何の問題もないぞぃ。ただ、「フルフェイスを被りたい」という人にはおすすめできないということじゃ。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

記事内では旧車タイプとクラシックタイプに分けて解説しましたが、正直ヘルメットは好きなものを被るのがもっとも良い選択です。

バイク太郎

元も子もないけどそうなるよねやっぱり・・・



どうしても決めきれない方はアライのラパイドネオかショウエイのグラムスターを選べばどちらのタイプのネオクラバイクにもマッチして良いかと思います。

okomoto

アライ頭の方はラパイドネオ、ショウエイ頭の方はグラムスター!

コメント

タイトルとURLをコピーしました