> 【バイクヘルメット】BELLってどんなメーカー?サイズの選び方も解説 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【バイクヘルメット】BELLってどんなメーカー?サイズの選び方も解説

【バイクヘルメット】BELLってどんなメーカー?サイズの選び方も解説 バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は


こんな方向けの記事です
  • BELLのヘルメットが気になっている
  • バイクの勉強をしている


という方ではないでしょうか。

アライやショウエイだけでなく、バイクヘルメットメーカーはたくさんあります。この記事は「アメリカのバイクヘルメットメーカーの老舗BELL」について網羅的に解説していくものです。

BELLのヘルメットを被らないとしても、知っていればバイクライフが少しだけ豊かになる記事ですので是非読んでいってみてください。

バイク太郎

こういう情報は役に立つ立たないではなく、豊かになるかどうか、文化的かどうかで知っておこう!

okomoto

バイクって乗る必要は1mmもないのでバイクが趣味なだけで文化的だと僕は思います。それをさらに文化的にしましょう。

この記事でわかること
  • BELLヘルメットは伝統のあるメーカー
  • サイズは表記より1~2サイズ上を
  • アメリカンや旧車には「500」か「Bullitt」がおすすめ

BELLヘルメットの歴史~ベルってどんなメーカー?~

BELLヘルメットの歴史~ベルってどんなメーカー?~


まずはBELLの簡単な歴史から知っていきます。


Bellヘルメットの歴史
  • 1923年
    「BELLオートパーツ」設立

    ジョージ・ウェイトがアメリカ・カリフォルニア州で 四輪用のパーツメーカー「ベルオートパーツ社」設立

  • 1945年
    ロイ・リクター

    ロイ・リクターがジョージからベル オートパーツ社を買い取る。

  • 1954年
    「ヘルメット部門」設立

    ベルオートパーツ社に「ヘルメット部門」が設立。
    第一作目のヘルメット「500」(ジェットタイプ)はポリウレタンライナー構造を初めて採用した当時最新のもので、現代のヘルメットの礎を築く。後継モデル「 500-TX 」は初めてスネル規格をクリアしたヘルメットとなった。

  • 1957年
    「BELL HELMETS」設立

    ヘルメット部門がロイが予想した以上の成績を残したためロイは「BELL HELMETS」社を設立。

  • 1967年
    STAR発表

    世界初のフルフェイスヘルメット「STAR」 発表。
    その革新的すぎるデザインを世間は「宇宙飛行士みたい」と言われたが、 数年後には全てのプロライダーがこのフルフェイスヘルメットを愛用するまでに成長。1980年中期までレースで使用されるヘルメットのほとんどがbell、ストリートでも最高峰のヘルメットとして君臨した。

    この由緒ある 「STARシリーズ」(または STARシリーズ を模したヘルメット)は日本の暴走族に好まれたので「族ヘル」と呼ばれた。

  • 1971年
    インディ500

    1971年のインディ500では決勝で出走した33名の全ドライバーがBELLを被っていた。


現在のヘルメットに使われているプポリウレタンライナーを世界で初めて採用し、スネル企画を初めてクリアしたヘルメットを作る、世界初にフルフェイスヘルメットを作るなどさまざまな「世界初」を成し遂げてきた、現代のヘルメットの礎を作った会社であることがわかります。

okoko

ヘルメット界のトップを走り続けてきたのね!

okomoto

正直今は性能面や快適性で他のメーカーに若干遅れをとりますが、間違いなく現代のヘルメットの礎を築いた素晴らしいメーカーです。


BELLヘルメットの性能

BELLヘルメットの性能
安全性★★
静音性★★
被り心地
ベンチレーション
玄人度★★★★★
シェルデザイン★★★★
グラフィックデザイン★★
スポーツバイク
オフモタ
ネイキッド★★★
クラシック★★★★★
アメリカン★★★★★
僕が今まで集めた情報と主観で判断したものです。


BELLヘルメットは欧米人向けに作られてるので、我々日本人にとっては被り心地は国内の有名メーカー「アライ」や「ショウエイ」に比べると劣ります。

風切り音、ベンチレーション、安全性も劣ります。



本国から並行輸入されるヘルメットには安全性を示す日本の規格「SG規格」がついてません。


okoko

SGがないなんて危ないヘルメットなんじゃないの?

okomoto

規格について正しく知ればそんなことはないことがわかりますよ

SGマークがないBELLヘルメットの公道使用について

SGマークがないBELLヘルメットの公道使用について


結論としては「問題なく走行可能」です。

「SGマークがついていないと公道使用してはいけない」と誤解している方が多いですが、道路交通法で定めているヘルメットの基準は

  • 左右、上下の視野が十分とれること。
  • 風圧によりひさしが垂れて視野を妨げることのない構造であること。
  • 著しく聴力を損ねない構造であること。
  • 衝撃吸収性があり、かつ、帽体が耐貫通性を有すること。
  • 衝撃により容易に脱げないように固定できるあごひもを有すること。
  • 重量が2kg以下であること。
  • 人体を傷つけるおそれがある構造でないこと


という規定があるのみです。極端な話、工事用のヘルメットでもこの条件を満たしていれば公道で使用することができます。


okoko

意外な展開に驚き!

okomoto

工事用のヘルメットは安全性が低いので被ってはいけませんが、法律で禁止はされていないということです。


ですのでSGマークがついていないBELLヘルメットは問題なく公道で使用することができます。


SGマークがついていないヘルメットでも、アメリカの安全規格「DOT規格」はクリアしていますし、中には世界的な安全規格「SNELL規格」をクリアしたモデルもあります。



「日本のSG規格はわざわざ取得していないけど、他の国際的な規格は取得している」ということなので安全性に問題があるというわけではありません。SNELL規格はSG規格よりも安全性は高いですしね。


バイク三郎

SNELLは取っててSGは取ってないなんてことあるんだね

okomoto

検査基準から考えても間違いなくSNELLの方がクリアは厳しいですからね。

SG規格をクリアしているBELLヘルメット~ActiveのAsian form~

SG規格をクリアしているBELLヘルメット~ActiveのAsian form~


結論としては「モデル名の末尾に「J」がついていればSGマークを取得した日本に最適化しているモデル」ということです。



オートバイパーツの企画・製造・輸出入・販売 を行う日本の会社「株式会社アクティブ(Active Corporation)」は 日本国内の販売権利をbellと契約をしています。

本国仕様のbellヘルメットを日本人仕様に作り直し、モデルは限られていますがSG規格、MFJ規格を取得したヘルメットを製造し、「Asian form【アジアンフォーム】」として販売しています。

モデル名の末尾に「J」がついていればそのヘルメットはアジアンフォームです。

より日本人にフィットするBELLヘルメットやSGマークがついているBELLヘルメットが欲しい方はアクティブが販売している末尾に「J」がつくアジアンフォームのものから選んでください。

BELLヘルメットのサイズ感

BELLヘルメットのサイズ感


結論としては「国内メーカーのサイズよりもサイズは1サイズ上」です。

アジアンフォームではない、並行輸入品のBELLヘルメットは欧米人用に作られています。




欧米人とアジア人の頭部の違い
  • 欧米人は縦に長い
  • アジア人は横に広い


という違いがあるので、公式が案内するサイズに従って購入しても側頭部やこめかみがきつく感じることが多いので1~2サイズ上を選択した方が良い場合が多いです。


メリケン太郎

Perfect for me.




日本のヘルメットメーカーでMサイズを被っているのであればBELLヘルメットではLサイズXLサイズ、メジャーで頭の外周を測ったときに57cmであればL(58~59cm)かXL(60~61cm)が良いです。

ちょっとわかりづらいかもしれないので図と表にまとめてみます。


BELLヘルメットを購入するための頭部の測り方

BELLヘルメットを購入するための頭部の測り方



眉の上、おでこの一番高い位置から後頭部の一番高い位置を通るようにスケールを回して頭の外周を測って下さい。
もしスケールがなければ紐を回して紐の長さを測っても大丈夫です。


実測の頭部外周55~56cm57~58cm58~59cm60~61cm62~63cm
選ぶべき
BELLサイズ
M(57~58cm)

L(58~59cm)
L(58~59cm)

XL(60~61cm)
XL(60~61cm)

XXL(62~63cm)
XXL(62~63cm)諦めの境地



実際に測った外周よりも1~2サイズ大きいサイズがあなたが被るべきBELLヘルメットのサイズの可能性が最も高いです。


ヘルメットは多少きつく感じても、使用とともに頭に馴染んでくるものです。購入したヘルメットを被ったときに「ちょっときつく感じるけど頭痛が起きるほどではない」というくらいであればあなたのヘルメット選びは大成功です。


okomoto

緩いよりは少しきつい方がいいです。緩いと転んだときにすっぽ抜けたり加減速でずれたりします。




頭の形は人によって様々なので、あくまでも参考にする程度にしてください。


一番いいのは実際に被ってみることですが、並行輸入品のBELLヘルメットを試着できるお店はとても少ないので誰かの参考になればと思います。

並行輸入品のBELLヘルメットを試着できるお店、販売しているお店が少ないのはBELLヘルメットがPSCマークを取得していないせいだと思います。これを取得していないと販売業者は「ヘルメット」として販売できません。「装飾用ヘルメット」として売られているものがあるのはPSCマークを取得していないためです。


okoko

工事用が問題ないんだから装飾用のフルフェイスがダメなわけないもんね・・・

okomoto

試着できるヘルメットを選ぶときは大きいサイズから被って、頭を振ったときにヘルメットがズレないサイズです。

BELLのおすすめヘルメットと似合うバイク

BELLのおすすめヘルメットと似合うバイク


BELLヘルメットの歴史の部分でから4つのキーワードを見つけたでしょうか?

BELLヘルメットのキーワード
  • アメリカ
  • 第一作目のヘルメット「500」(ジェットタイプ)
  • 世界初のフルフェイスヘルメット「STAR」
  • 「STARシリーズ」は日本の暴走族に好まれた


こういった背景から、BELLヘルメットが似合うバイクは

BELLヘルメットが似合うバイク
  • アメリカンバイク
  • 旧車ネイキッド


という考えができます。

特にアメリカンバイクに似合うヘルメットがなくて悩んでいる方は少なくないと思うので伝統の「500」のジェットヘルメットや、現代版「STAR」のフルフェイス「Bullitt」はとても良い選択です。




旧車ネイキッドであれは「Bullitt」の方がよりおすすめです。

世間のライダー

これならより安全にハーレーに乗れるぜ!だぜ!!!



スポーツタイプに乗っている方でもBELLのファンは多いです。そういった方は伝統的なデザインのヘルメットではなく、より現代的なBELLヘルメットを選択します。

性能面では国内メーカーに劣りますが、その独特なデザインは多くのライダーを惹きつけています。


バイク太郎

SSにも合いそう!!

まとめ


いかがでしたでしょうか。


BELLヘルメットについて網羅的に解説をしてみました。



この記事のまとめ
  • BELLヘルメットは伝統のあるメーカー
  • サイズは表記より1~2サイズ上を
  • アメリカンや旧車には「500」か「Bullitt」がおすすめ


という記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました