他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【一部非推奨】夏涼しい?バイクヘルメット加工方法

【一部非推奨】夏涼しい?バイクヘルメット加工方法 バイク用品
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は、

こんな方向けの記事です。
  • 夏に適した涼しいバイクヘルメットを探している
  • ヘルメットに夏涼しい加工をしたい

という方ではないでしょうか。この記事では、

この記事でわかること
  • ヘルメット内に溝を掘っても効果はない
  • ドレンホールはベンチホール化するべき

ということがわかります。

現在通気性の評価が高いヘルメットはこちら!

「風が通る!夏に涼しいヘルメット!」は存在しない

「風が通る!夏に涼しいヘルメット!」は存在しない

バイク初心者の方はバイクヘルメットのベンチレーションを見たり、ヘルメットの広告をみたりすると

オココ
オココ

ベンチレーションが付いているヘルメットは風が通っていくのね!

と誤解してしまいますが、ベンチレーションはあくまでも蒸れなどを排出するものなので、

ライター
ライター

このヘルメットのベンチレーションは風が通る!涼しい!夏にピッタリ!

などという宣伝文句を信じて過度な期待をすることは禁物です。もしもベンチレーション機能が購買意欲を左右するほどの性能差があるのであればバイク用品店のヘルメットコーナーには大型の扇風機を設置した「ベンチレーション体験コーナー」があるはずです。

ヘルメットを選ぶ際は「ベンチレーションはヘルメット内の空気を換気する」ではなく、「ヘルメット内の蒸れを廃棄する」という認識の方が良いです。

ヘルメット洗濯時に思いついたイケナイ夏涼しい加工

ヘルメット洗濯時に思いついたイケナイ夏涼しい加工

「風が通る!夏に涼しいヘルメット!」は存在しないということは理解していますが、ヘルメットを洗っているときに、

オコモト
オコモト

ヘルメット内側のベンチレーションの穴を溝で繋いだら少しは空気が通りやすくなるんじゃね?

と、思いついてしまったのでちょっと試してみました。

とはいえ、この方法はメーカーの設計を大きく崩すものなので安全性や快適性(静音性など)を著しく損ねる可能性があるものです。
僕の場合は近々買い替えを検討しているタイミングだったので自己責任で行いました。

内側のベンチレーションを繋ぐ

ヘルメットの内側に風が通る溝がある

僕が主にツーリングで使用しているヘルメットは上の写真でをつけた、

ベンチレーションの穴
  • 前側2箇所
  • 後頭部3箇所
  • 首元2箇所

の計7箇所のベンチレーションホールが空いているので、それぞれをいい感じに溝を作って繋いでいきます。
使用した道具はハンダゴテのみ。

使用したのはこちら!

450℃のアツアツ設定で、ゆっくり穴から穴へ向かうとうまくいきました。

ドレンホールも繋いでしまった

アライのヘルメットは夏に涼しいヘルメットになるのか
オココ
オココ

さっきの写真だと○が8つつていいるんだが?はまさか・・・

上の写真のの穴はベンチレーションではなく、ヘルメットを洗ったときにの排水に使うドレンホールです。
ついうっかり溝でつないでしまいました。

ベンチレーションにした

ドレンホールをベンチレーションにして真夏に涼しいヘルメットを作る

そのままだと僕は「ドレンホールとベンチレーションの違いもわからないライダー」になってしまうのでベンチレーションに変更しました。

バイク太郎
バイク太郎

ちゃっかりベンチレーションの色もあわせてやがる・・・

ドレンホールは排水用のはずですが、ヘルメットを逆さまに干したときにヘルメットから水が抜ける位置に全然来ないので今まで一度も使ったことがなかったどうしようもないただの穴でした。廃棄寸前になってベンチレーションに生まれ変わることができました。

アライはそのつもりだった

。ここにオプションダクトを取り付ければ、エアーを導入するベンチレーションの入口になり、シールド上部と、このインダクションポッドの2ケ所とで、エアーを効率良く取り入れることができるのです。

引用元:アライヘルメット

この記事を書いているときにたまたまドレンホールについてアライヘルメットが説明している情報に触れました。ドレンホールは元からベンチレーションに加工できる穴だったようです。知らなかった・・・。

オコモト
オコモト

結果オーライとはこのこと!アライユーザーの方はベンチレーションを追加しちゃいましょう。

詳しくはこちら!
バイク太郎
バイク太郎

アライのモデル別パーツリストで品番を確認してから品番でAmazon検索するのがおすすめ!

夏に涼しいバイクヘルメットの効果

溝の中を風が通っていく感覚は皆無。なんの効果もありませんでした。
しかし、ベンチホール化したドレンホールからは明らかに風を取り込んでいる感覚がありました。
初めから付いている左右のベンチホールよりも多くの空気を取り込んでいる感覚があり、「これ最初かからベンチホールでいいんじゃない?」という感じ。
とはいえ、「風が少し当たる部分が増えた程度」なので通気性に影響するほどの効果はありません。

静音性は全く変わりませんでした。

まとめ

この記事でわかったこと
  • ヘルメット内に溝を掘っても効果はない
  • ドレンホールはベンチホール化するべき

という記事でした。
買い替えを検討していましたが、ベンチホールが増えて更にイケメンになったのであと10年使おうかと思います。
ドレンホールのベンチホール化は安価に簡単に行うことができ、ほんの僅かではありますが効果を体感できるものなのでおすすめできますが、内装に溝を掘るなどという愚かなことはせずに3年で買い替えましょう。

バイク三郎
バイク三郎

オコモトも諦めてシューマかぶれよ

オコモト
オコモト

あご紐がラチェット式のヘルメットは使わないことにしてるので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました