> バイクで腱鞘炎?腰痛や右手首の痛み、左手の握力などの原因と対処法 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクで腱鞘炎?腰痛や右手首の痛み、左手の握力などの原因と対処法

バイクで腱鞘炎?腰痛や右手首の痛み、左手の握力などの原因と対処法 初心者の方
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクに長時間乗ると左手首の握力がなくなる・・・
  • 手首が痛くなる・・・
  • 腰痛がひどくなって長距離を走れない・・・


という方ではないでしょうか。

バイクに乗りたい気持ちはあるけれど、乗って1時間もしないうちにあちこち痛くなってきたらストレスが溜まりますよね。

okoko

あたしってバイクに向いていないの・・・?

と思ってしまっている方も多いと思います。

僕もMTバイクに乗り始めの頃は手首にサポーターを巻いたりして苦労したことを思い出します。現在は「大型バイクの中でも特にクラッチレバー重いよね」というバイクに乗っていても全く疲れずに運転することができています。

僕がなにをやったかというと「原因を特定してその原因を排除する」という、ありふれた単純な作業です。


この記事ではそんな単純なことを

この記事でわかること
  • 左手首が疲れて握力がなくなっていく原因
  • 左手の親指の付け根が痛くなる原因
  • 左手首が痛くなる、腱鞘炎になる原因
  • 右手首が痛くなる、腱鞘炎になる原因
  • 手首の痛み、腱鞘炎を起こさない方法
  • バイクで腰痛を起こす原因と対処方法


という感じで解説していきます。

バイクに乗ると左手首が疲れて握力がなくなっていく原因と対処方法

バイクに乗ると左手首が疲れて握力がなくなっていく原因と対処方法
左手首が疲れて握力がなくなっていく原因
  • クラッチレバーを握っている
  • クラッチレバーを引き過ぎ
  • クラッチレバーの根本で握り過ぎ
  • 半クラを多用しすぎ
  • クラッチワイヤーのメンテナンス不足


それぞれ対処方法とともに解説していきます。

クラッチレバーを握っている【バイク乗りの左手の握力】

クラッチレバーを握っている【バイク乗りの左手の握力】



レバーは握らずに引きます。


レバーを「握る」と筋肉量の少ない手の平の筋肉でレバーを操作することになります。筋肉量が少ないので強い力で握る必要がでてきます。

これでは握力がすぐになくなってしまいます。強く握るとハンドルの動きを押さえつけてしまうのでライディング的にもマイナスです。

レバーは総指伸筋という上腕にある筋肉で引くようにすれば握力を使わずに操作することができます。

クラッチレバーを握り過ぎ【左手首が疲れて握力がなくなっていく原因】

クラッチレバーを握り過ぎ【左手首が疲れて握力がなくなっていく原因】


クラッチレバー操作をするたびに手前いっぱいまで引いていると握力を使うのですぐに手が疲れてしまいます。

クラッチレバーは手前まで引ききらなくても切れているので、ご自分のバイクがどれくらい引けばクラッチが切れるのかを再確認して、最小限の引き幅でクラッチレバーを引けるようにしましょう。

クラッチレバーの根本で握り過ぎ【バイク乗りの左手の握力】

クラッチレバーの根本で握り過ぎ【バイク乗りの左手の握力】

クラッチレバーはてこの原理で動いています。

レバーを車体に固定しているボルトが「支点」、クラッチワイヤーと接するレバーの端が「作用点」です。

ワイヤを動かすために「力点」であるレバーを操作しますが、力点は支点から遠い方がより小さい力で作用点を動かすことができるので、レバーの端を引いた方が疲れは少なくなります。

昔乗ってたおじいちゃん

レバーの根本の方が繊細なクラッチワークができるけどね

半クラを多用しすぎ【バイク乗りの左手の握力】


すり抜けしない方は車の渋滞に付き合うことになるので半クラッチをしている時間がとても長くなります。

半クラッチをなるべく使わないで、発進したらすぐにニュートラルに入れ、惰性で進むようにしたりして半クラッチの時間をなるべく減らすことで握力がなくなっていくことを回避できます。

また、ストップアンドゴーの多い街を長時間走行する場合もなるべく発進時の半クラッチの時間を短くするようにスムーズに発進しましょう。

バイク三郎

何メートルも半クラしている人がいるけど、30cmも進めばクラッチは離せるよ。

クラッチワイヤーのメンテナンス不足【バイク乗りの左手の握力】


クラッチワイヤーの清掃、注油を怠っていると油膜切れを起こして抵抗が増えるのでワイヤーを引くのに大きな力が必要になります。

油膜切れを起こして錆が発生すると症状は悪化し、最終的にワイヤーが切れてしまうので定期的に注油するようにしましょう。

バイクに乗ると左手の親指の付け根が痛くなる原因と対処方法

バイクに乗ると左手の親指の付け根が痛くなる原因と対処方法
左手の親指の付け根が痛くなる原因
  • グリップをまっすぐ握っている


グリップを親指と人差し指に力を入れて握っていると親指の付け根で体を支えてしまうので手のひらの腹を全体的にグリップに当てて力を分散させましょう。

バイク太郎

手で支えると結局手首が痛くなったりするから理想は下半身で体を支えることだよ。

バイクに乗ると左手首が痛くなる、腱鞘炎になる原因と対処方法

バイクに乗ると左手首が痛くなる、腱鞘炎になる原因と対処方法
左手首が痛くなる、腱鞘炎になる原因
  • 「左手首が疲れて握力がなくなっていく原因」
  • クラッチレバーの角度が悪い
  • ニーグリップができていないので体を手首で支えている
  • グリップをまっすぐ握っている


それぞれ対処方法とともに解説していきます。

「左手首が疲れて握力がなくなっていく原因」

「左手首が疲れて握力がなくなっていく原因」

先程解説した

左手首が疲れて握力がなくなっていく原因
  • クラッチレバーを握っている
  • クラッチレバーを引き過ぎ
  • クラッチレバーの根本で握り過ぎ
  • 半クラを多用しすぎ
  • クラッチワイヤーのメンテナンス不足


ということも左手首が痛くなる、腱鞘炎になる原因と共通のものです。

クラッチレバーの角度が悪い【バイク乗りの手首の腱鞘炎】

クラッチレバーの角度が悪い【バイク乗りの手首の腱鞘炎】


手をクラッチレバーに伸ばしたときに、手首に角度がつくとそこを頼って体を支えてしまいますし操作性も落ちるので腕と手は一直線上になるようにレバーの角度を調整しましょう。

ニーグリップができていないので体を手首で支えている【バイク乗りの手首の腱鞘炎】

ニーグリップができていないので体を手首で支えている【バイク乗りの手首の腱鞘炎】


ニーグリップで体を支えられないとハンドルを押さえつけて腕で支えてしまうので、手首に負荷がかかります。

レバーの角度が悪ければかかる負荷は更に大きくなります。

下半身で体を支えすハンドルを押さえてしまうのはスムーズなライディングも阻害してしまうのでしっかりニーグリップできるようにしましょう。

グリップをまっすぐ握っている【バイク乗りの手首の腱鞘炎】

グリップをまっすぐ握っている【バイク乗りの手首の腱鞘炎】


グリップを正面から握ると腕が突っ張って手首に負担をかけてしまいます。

大きく外側から包み込むように握るようにしましょう。

こうすることでハンドルに力が入りづらくなり、自然と下半身で体を支えようとするのでライディング的にも良い影響があります。

バイクのハンドルの握り方


このとき、正しい角度でグリップを握れているとスイッチボックスと人差し指は接した状態になりますが、親指の付け根とは間隔が空きます。

バイクに乗ると右手首が痛くなる、腱鞘炎になる原因と対処方法

バイクに乗ると右手首が痛くなる、腱鞘炎になる原因と対処方法
右手首が痛くなる、腱鞘炎になる原因
  • ブレーキレバーの角度が悪い
  • スロットルワイヤーのメンテナンス不足
  • グローブのサイズが合っていない、グリップの弱いグローブを使っている
  • ニーグリップができていないので体を手首で支えている
  • グリップをまっすぐ握っている


ほとんどがクラッチレバーと同じ内容なので「グローブのサイズが合っていない、グリップの弱いグローブを使っている」ということについて解説します。


大きめの長靴を履いて歩くと足を前に出した瞬間は長靴は前にはでませんよね。長靴の中の足が長靴にぶつかって初めて長靴は前にでます。

足の動きと長靴の動きに一瞬ラグが起きます。

大きめのグローブをつけているとこれと同じことが置きます。スロットルを捻ってもグローブ内で手が空回りするので一瞬のラグが起きます。

これを嫌がると自然とグリップを握ってグローブを押さえつけようとします。その結果ハンドルから力が抜けずに腕で体重を支えるようになってしまいます。

サイズの合っているグローブをつけるようにしたり、インナーグローブをつけて隙間を埋めてあげるとラグがなくなりグリップから力を抜くことができるようになったりします。

サイズが合っていても単純にグローブが滑りやすいものだと力は入ってしまうのでそんなグローブを使っている場合は買い替えをおすすめします。

グリップから力を抜けるスロットルアシスト【バイク乗りの手首の腱鞘炎予防】


どうしてもグリップに力が入ってしまう方はスロットルアシストを使うと力が抜けて手首の痛みを予防してくれます。

ただし、繊細なスロットルワークができなくなるのでワインディングなどを楽しんで走るときには外したほうがいいです。あくまでも「つまらない道を走るとき用」として使ってみてください。

根本的な解決にはならないのでいつかはスロットルアシストを外しても問題なくライディングできるように努力をすることを忘れずに。

バイクに乗るとバイクで腰痛を起こす原因と対処方法

バイクで腰痛を起こす原因
  • バイクに乗る筋力の不足


結論から言うとそのバイクを操作する筋力が不足しています。

では筋トレをすればいいのかというとそうでもないです。

そのバイクにたくさん乗り続ければ必要な筋肉はついていきます。

okoko

ええええ・・・


僕は通勤用のモタードと趣味用のSSの2台を所有していますが、SSの方もほとんど毎週乗るような使い方をしていました。

9ヶ月程ツーリングを自粛していましたがその間は変わらずモタードには乗っていました。9ヶ月ぶりにSSに乗ったら半日もせずに腰痛になりました。

それまでは1000kmのツーリングをしても何泊もして走り続けても全く腰痛になどならなかったのにたったの半日で腰痛を発症しました。

モタードは問題なく乗れていましたが、9ヶ月の間SSに乗る筋肉を使っていなかったのですっかり衰えてしまっていたようでした。

次のツーリングから腰痛は徐々におさまり、現在ではすっかり元通り・・・だと思います。

okomoto

まだ泊まりのツーリングに行けていないのでなんとも言えませんが・・・

おそらく、バイクに乗ったときに腰痛を発症させるライダーはたまにしかそのバイクに乗っていないはずです。体が「そのバイク用の体」になっていないのです。


ですので元も子もないなですが、もっとそのバイクに頻繁に乗れば腰痛は改善していくはずです。どんどんバイクに乗りましょう。


okomoto

通勤なんかで乗れたらいいんですけどね。バイクの調子も維持できるし。

昔乗ってたおじいちゃん

筋トレもかなり有効な方法じゃよ。まさかおぬしは腹筋も割れていないのにいっちょまえにライダー面しているわけではないじゃろ?

正しい姿勢に慣れるまではサポーターを使って痛みを予防する【バイク乗りの腰痛予防】

正しい姿勢に慣れるまではサポーターを使って痛みを予防する【バイク乗りの腰痛予防】


ワイヤーに注油したり、レバーの角度を調整したりするのはすぐできますが、姿勢を矯正するのは時間がかかるかもしれません。

その間はサポーターを使用して痛みがでるのを押さえるのもひとつの手だと思います。

ただし根本的な解決ではないので痛みが出ない乗り方を早めにマスターしてサポーターなしでも楽しくバイクを操作できるようにしましょう。

okomoto

僕も昔手首のサポーター使っていましたよ。


僕が使っていたサポーターもこのタイプでした。


メッシュ素材のコスセットなので通気性がよくバイクにもいいと思います。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • 手首のトラブルは注油とレバーの角度調整、正しい姿勢とレバーの引き方で改善する
  • 腰痛はバイクにたくさん乗って「そのバイク用の筋肉」をつける
  • 改善するまでグッズを使って乗り切りましょう


という記事でした。

バイクの免許を取得できた方であれば「手首が、腰が痛くなる・・・バイクに向いていないのかな」などと思う必要はありません。

正しい姿勢、テクニックでバイクを操作すれば大丈夫です。

この記事が誰かがバイクのことを嫌いになることを少しでも遠ざけられたのであれば嬉しく思います。


okomoto

痛みではなく、バイクに乗ると疲れやすい方は下の詳細記事を読んでみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました