他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

スマホでも簡単!かっこいい!バイク写真の撮り方のコツ

バイク写真撮り方のコツ~スマホでも映える写真をかっこよく~ツーリング
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いたあなたは、

こんな方向けの記事です。
  • ツーリング先でバイクの写真を撮ってもイマイチかっこよさが伝わらない
  • 被写体は最高なのに、カメラマンの腕が悪いせいでバイクには迷惑をかけている
  • スマホでもきれいにバイクの写真が撮れるコツが知りたい

という方ではないでしょうか。
以前は、「ツーリング先でちょっといい写真を撮りたい」と思うとデジカメを持って行く必要がありましたが、最近のスマホの性能はデジカメに肉薄し、撮影用のデジカメを持って行く必要がなくなりました。
SNSの普及により、写真がコミュニケーションツールとして使われるようになったことも相まって、ツーリング先で愛車をよりかっこよく、美しく撮影しようと考える人はどんどん増えてると思います。
カメラが趣味の方であれば自分なりの撮影方法を確立しているでしょうし、「趣味バイク×趣味カメラ」で最高のツーリングができているのでしょうが、

オコモト
オコモト

スマホで気軽に映えるバイクの写真を撮りたいんだけどうまくいかない・・・

という方のために、「ツーリング先ではあまり写真を撮らないが、撮る写真は軒並み最高のライダー日本ランキング第1位」である僕が、スマホで簡単にかっこよく愛車の写真を撮るコツを解説していきます。この記事では、

かっこいいバイクの写真を撮るコツ
  • 撮影のための事前準備
  • 映える場所選び
  • かっこいいバイク写真の撮り方
  • 注意したい!バイクと一緒に写るときのポーズ
  • せっかくだから写真加工を上手に使おう

ということについて解説していきます。

撮影のための事前準備

「かっこいいバイク写真を撮りに行くぞ!」と気合を入れるときは事前に洗車を済ませておくのがおすすめ。

オココ
オココ

洗車面倒くさい…。そんな頻繁にやってらんないわよ

という方は、洗車の最後に行う艶出しだけでもOK!プレクサスで拭いてあげるだけでも・ヌメヌメ感・しっとり感・バッキリ感があるはっきりした姿を撮ることができます。
無視や汚れがついていると意味がないのでフクピカなど携帯できる洗車グッズを持っていくのが良いです。

映える場所選び

映えるかっこいいバイクの写真を撮りやすい場所
  • ツーリング中の山道やワインディング路
    →走ってきた道やこれから走る道を入れることでストーリー性を演出しやすい
  • 海や湖沿い
    →写真に余白を作りやすくなるので構図の幅が広がる
  • おしゃれなカフェなど
    →おしゃれアイテムや店舗を写真に入れられる
  • 夜のガソリンスタンド
    →ガソリンスタンドの強烈な照明を利用してきれいな写真を撮りやすい

特におすすめなのが夜のガソリンスタンド。照明機材など持っていかなくても強烈な光でバイクをライトアップしてくれます。

かっこいいバイク写真の撮り方のコツ

かっこいいバイク写真の取り方を、

かっこいいバイク写真の撮り方
  • 角度
  • 高さ
  • 構図

に分けてそれぞれ簡単に解説します。

【角度】は斜めがおすすめ

バイクをどの方向から撮るのか【バイク写真撮り方のコツ】

バイクは真正面、真横、真後ろなどの「真」は避けて、斜めから撮影するのがおすすめ。写真に奥行きを作ったり、バイクの立体感を簡単に出すことができます。

正面、後ろからなら道を入れると吉

正面や後ろ方向から撮影するときは走ってきた道を入れるのがおすすめ。バイクを道の左に寄せて安全に撮影してみましょう。

横はバイクのパーツを入れやすい

バイクは車とは違って細い乗り物なので、正面や後ろからだと少々迫力に欠けることが多いです。横から取れば撮影するバイクの面積が増え、美しいバイクならではのパーツをたくさん写真に納めることができます。

バイク太郎
バイク太郎

カウルがついてるのは正面がいいかも

バイク三郎
バイク三郎

ネイキッドやオフロードバイクは横がいいかも

バイク次郎
バイク次郎

いずれにしても少し角度をつけて斜めに撮ったほうがいいよ

バイクによってかっこいい角度は変わる

バイクのデザインによってかっこいい角度は変わります。例えば、

シンメトリーのパーツからかっこいい角度を探す
  • プロアームのバイクはリアホイールが良く見える斜め後ろから
  • 社外マフラー1本のバイクはマフラー側の斜め後ろから
  • 社外のチェーンを入れているならチェーン側の斜め後ろから
  • スプロケットが見える斜め後ろから
  • 左側のサイドにエアインテークがあるバイクは左斜め前から
  • エキパイが右側から良く見えるバイクなら右斜め前から

という感じです。多くのバイクは右側からエキパイがよく見えるので右前、スプロケットやチェーンなどメカメカしたものが見えるので左後ろからの向きは無難にかっこよくなります。

オココ
オココ

自分のバイクが一番かっこよく見える角度を見つけるのが大事なのね!(あたしのバイクは全方向イケメンだけどね)

【高さ】は「普段見ない高さ」から

普段見かけない角度から撮る【バイク写真撮り方のコツ】

目線の高さから撮影すると「普段見ているバイク」と変わらない高さからの写真になってしまうので、極端に低い位置から、極端に高い位置から、あるいは少しだけでも撮影する高さを変えてあげると「普段見ているバイク」から離れた「特別な写真」になりやすいです。

高さの例
  • 腰の高さ
  • 地面すれすれ
  • 手を目いっぱい高く伸ばして
  • 何かに登って

という方法で撮るだけでバイクのイメージはがらっと変わります。
これは普段自分のバイクを見慣れているあなただけが感じる「特別感」ではありません。写真を見た他のライダーはそれぞれ「普段バイクを見ている目線の高さ」からズレているバイクをみると、それが自分のバイクではなくても「特別感」を感じます。

オココ
オココ

低身長のライダーが手を目いっぱい高く伸ばして撮った写真は高身長ライダーには逆に「普通のバイク」に見えるかも・・・?

オコモト
オコモト

高身長ライダーが腰のあたりで・・・(以下略)

バイク写真の撮り方低い位置から撮る
地面スレスレ+飛行機を入れることで高さを表現した写真。

地面スレスレを狙うならスマホを逆さまにする

スマホを逆さまにして写真を撮るテクニック

スマホ特有のテクニックとして「スマホを逆さまにして地面スレスレで撮影する」という方法があります。カメラはスマホの上側についているので、逆さまにするとカメラが地面側に来ます。撮影後に写真を回転されればOK。

バイク三郎
バイク三郎

コロンブスの卵ってやつか。確かに普通のカメラより地面に寄れるなぁ

【構図】は意識しすぎず、頭に入れておく程度

構図を意識しすぎると写真がワンパターンになりがちなので、慣れるまでは「少し意識する」くらいがいいかもしれません。代表的な構図をいくつか紹介します。

三分割法

バイクを三分割法で撮る

三分割法は画面の縦横に線を引いて9分割し、線が交わる点に主役を置くという手法。水平線やビルなどで写真に縦横の線が入るときは分割した線と重ねるといい感じになります。初心者でもすぐに使える万能な構図。
それぞれの四角の中に別々の要素(海・太陽・山など)を分けて入れるのもおすすめ。

三角構図

三角構図でバイクの写真を撮る

三角構図は建物や自然を使って画面全体に大きな三角を描くように撮影する構図。写真に安定感を出すことができます。
バイクだと道の真ん中にとめて撮るのが手っ取り早いですが危険なのでおすすめはしません。たまたま三角に撮れそうな場所を見つけたらチャレンジしてみましょう。
ちなみに逆三角形だと不安定さを感じやすくなるのでそういった写真を取りたい時以外はおすすめしません。

トンネル構図

トンネル構図でバイクを撮る

トンネル構図はとてもわかりやすいです。バイクを囲うように他の被写体を配置して「額縁」のようにつかいます。するとバイクが強調され、余白もいい感じに埋まるのでかなり映える写真になります。
典型的な例は「桜の間から写真を撮る」です。
ピント調整をする必要がありますが、最近のスマホは少し前後に動かすだけであわせてくれるので初心者の方でも上手に撮れるでしょう。敢えてピンボケを狙ってもいい感じになります。

消失点構図

消失点構図【バイク写真撮り方のコツ】

遠近感を強く出すための構図。ある一点から複数の線が放射状伸びていることを意識して撮影します。
バイクの場合は道路と一緒に移せばだいたいうまくいきます。

写真に強烈な奥行きがでるので、止まっているバイクにも関わらず躍動感がでますし、道を利用することでストーリー性を持たせることができます。

バイクを前から撮影した場合

これまで走ってきた過去の道のストーリー

バイクを後ろから撮影した場合

これから走る未来の道のストーリー

というものを写真に盛り込むことができます。これは単に「その日走った道、走る道」というだけでなく、「バイクライフ」や「人生そのもの」も入れることができます。

オココ
オココ

(オコモトって急にロマンチストになるときがあるのよね。キモいわ・・・)

日の丸構図

日の丸構図でバイクを撮る

シンプルかつ難しいのが日の丸構図。被写体の存在感が強ければ成立しますが、写真全体の余白は多くなるので結構難しいです。
背景がシンプル(夜や白い壁など)のときはいいかもしれませんが、背景がガチャガチャしたときに使うと「ただ写真を撮っただけ」になってしまいがちなので気をつけましょう。

いい写真が取れなければパーツのどアップ

意外と見落としがちなのが「写真はバイク全体を撮らなくても良い」ということです。
無理に車体全体を撮ろうとするのではなく、車体の極々一部の写真でもとてもかっこよく見えます。
極端な写真を載せておきます。

いい写真が取れなければパーツのどアップ【バイク写真撮り方のコツ】
エンジンのアップの写真
バイク乗り
バイク乗り

ここまでいくとツーリング関係ないけどな・・・

バイク三郎
バイク三郎

でもかっこいいよね

注意したい!バイクと一緒に写るときのポーズ

バイクとツーショットで写真を撮るときは「あなたとバイクの関係性」を切り取るようにしましょう。
無理に不自然なポーズを撮ると、「無理してるな感」は他人にも伝わります。例えば、

バイクと一緒に写るときのポーズ【バイク写真撮り方のコツ】
バイク寝はかっこつけ・・・
無理があるバイクと一緒に写るときのポーズ【バイク写真撮り方のコツ】
髪、燃えるぞ


こんな写真は不自然ですが、

自然なバイクと一緒に写るときのポーズ【バイク写真撮り方のコツ】
自然体で渋すぎ

こんな写真はとても自然な感じがしますよね。ニュアンスでしか伝えられなくて恐縮ですが、そんな感じです。

バイクと向き合ったお決まりの寒い写真
狙いすぎ。キモすぎ。

これくらい狙って撮るなら良いかもしれませんが…

オコモト
オコモト

こういう向かい合ってる写真とか結構サムく感じます。

せっかくだから写真加工を上手に使おう

スマホが普及してから写真の加工は常識になりました。
せっかく写真をとるのであれば加工して最大限愛車の魅力を引き出すべきです。普段使っている写真加工アプリがあればそれを使っても全く問題ありません。
僕のおすすめはGoogleが開発したSnap seedというアプリです。

Snapseed - Google Play のアプリ
新しいSnapseedでプロレベルのクオリティの高い写真編集を行えます。

文字を入れられたり、撮影後に被写体の角度を変更できたりと、機能が満載です。無料の写真加工アプリの中では群を抜いています。

SNSに投稿する前にひと手間加えるだけでいいねの数が全然違ってくるかもです。


加工アプリがあれがバイクがさらにかっこよくなるだけでなく、写真を撮るときに

オココ
オココ

あとで加工すればいいからサッと撮ってサッと行くかー

と考えることができます。

写真撮影の時間を短縮し、バイクに乗っている時間を長くすることができます。

バイク太郎
バイク太郎

ツーリングに行っているのに写真ばかり撮ってたら本末転倒だかね。写真が趣味の人なら別だけど・・・

写真ばかり撮っていると前に進めない


バイクに乗っていると日常生活では考えられない風景の連続ですよね。

ですのでツーリング中は「ここで写真撮りたいなぁ。」と思うことの連続になります。

しかし、そう思った瞬間には通りすぎているので、アクセルを戻し「Uターンして行くかー」とも思いますが「これやってたらキリねぇよなぁ」と思いブレーキに握ることはほとんどありません。

「Uターンは億劫だから次は止まろう」「あ、通りすぎた。次は」「あ、次」「次」と結局止まらないことが多いです。

そこで僕は自分に「心のシャッター」というアプリをインストールしました。

前述のような局面のときに「心のシャッター」を押すのです。

視界に入ったキレイな景色を心のシャッターで撮影するとなんとなく後ろ髪引かれずにその場をやり過ごせるような気がします。

バイク次郎
バイク次郎

ツーリングをしていると本当に素晴らしい景色ばかりだからついついバイクを停めてしまいがちだけど・・・切りがないよ。

まとめ

この記事のまとめ
  • 多くのバイクは左前か右後ろが無難
  • 高さを変えるだけで「特別な写真」になる
  • 構図を少し意識してみる
  • ポーズは頑張りすぎない
  • 加工も楽しもう
  • バイク全体を撮る必要はない
  • 写真の撮りすぎに注意

という記事でした。
写真の撮り方を解説しましたが、皆さんすでにご承知の通り、バイクはかっこいいです。

被写体がいいのでバイクの撮影はだいたいうまくいきます。

ツーリング先は山や海など自然の中に行くことが多いと思いますが、自然の中にポンとメカメカしい、ゴリゴリの人工物のバイクがあるのでめちゃくちゃ存在感が際立ちます。

撮り方をそんなにシビアに考えなくてもうまくいきます。もしもうまく撮れなかったりしたらそれはきっとバイクからの「洗車して!」「メンテナンスして!」というサインなのかも知れません。

きれいなバイクにきれいに乗ってより楽しく、かっこいい写真を撮れるツーリングにでかけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました