> ソロなのにマス?マスなのにソロ?2人で行くwin-winツーリングとは? | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

ソロなのにマス?マスなのにソロ?2人で行くwin-winツーリングとは?

ソロなのにマス?マスなのにソロ?2人で行くwin-winツーリングとは?ツーリング
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • マスツーリングが大好きだ
  • ソロツーリングが大好きだ


という方ではないでしょうか。

楽しみ方は全く違いますが、ソロツーリングもマスツーリングもそれぞれに楽しいものですよね。この記事ではソロツーリングのメリット、マスツーリングのメリットの両方を兼ね備えた新しいツーリングの形「win-winツーリング」について解説するものです。

ちなみに「win-winツーリング」とは一般的な言葉ではないので覚えて帰らないでください。


この記事では

この記事でわかること
  • win-winツーリングとは?
  • win-winツーリングのメリット
  • 理想的なwin-winツーリング
  • win-winツーリングで起こること


ということについて解説していきます。

win-winツーリングとは?

win-winツーリングとは?


win-winツーリングとは簡単に言うと「バイク2台で行くツーリング」のことです。

一般的な言葉ではなく、

okomoto

僕たちがやってるツーリングってソロツーなの??マスツーなの?



と、一緒にツーリングに行っている人に問いかけたところ

win氏

お互いに利益があるツーリングなんでwin-winツーリングじゃないすか?


と返事を頂いたのでwin-winツーリングと呼んでいるだけです。

okoko

2台で行ってるんだからソロツーじゃないでしょ。マスツーでしょ。


と思うかもしれませんが、win-winツーリングの特徴は

win-winツーリングの特徴

ソロツーリングに2台で行く。



という部分にあります。

okoko

ちょっと言ってる意味がわからない


お互いマスツーリングではなく、ソロツーリングの気持ちでツーリングへ行くのでソロツーリングとマスツーリングのメリットを最大限に享受することができます。

ソロツーリングとマスツーリングのメリットデメリット


ソロツーリングとマスツーリングの違い、メリットやデメリットを一覧にしてみます。少々読みにくいかもしれませんが記事をギュッとしたいのでご容赦ください。

局面ソロマス解説
スケジュール自分全員ソロは自分のタイミングで計画できますが、マスは全員の予定を合わせる必要があります。
ルート設定自分他人ソロは100%自分が行きたいところに行けますが、マスはそうではありません。
ルート変更自分他人マスの場合ツーリング途中のルート変更は全員の同意が必要ですが、ソロの場合は自分の意思のみ変更することができます。
休憩タイミング自分他人ソロは誰にも気をつかわずに休憩したいときに休憩を入れられます。マスは休憩したくないときも休憩をしなければならないこともあります。
休憩時間短い長いソロは自分のタイミングで休憩を切り上げられますが、マスは次々とタイミングずらしてタバコに火をつける人が発生します。
中止決定自分他人ソロは少しの雨予報で中止できますが、マスでは小雨決行のことが多いです。
意思決定早い遅いここまで書いたことすべてを一言で言うと「ソロは意思決定が早くテンポがいい」
ペース自分一番遅い人マスは遅い人からすると速い人の迷惑になっていないか気になり、速い人からすると物足りないツーリングになってしまいがちです。
技量把握不可マスでは付き合いの浅い方の技量を把握することが難しく、ペースを作りにくかったりします。ソロでは自分の技量内のペースで走ることができます。
すり抜けほぼ不可マスツーリングですり抜けをすると車列がすぐに分断されるので基本的にすり抜けはできません。夏の渋滞中は地獄になります。
ルール自分他人ソロは(常識の範囲内の)自分ルールで走ることができますが、マスではそのグループの独自ルールなどがあったりします。
使わない使うマスツーリングは走っている最中も休憩中もなんだかんだ気を遣います。
トラブル対処一人複数自分のバイクは自分で起こせますが、なんだかんだ複数で起こした方が楽です。一人では特定できないトラブルの原因も誰かが知識として知っているかもしれません。
事故発生率低い高いマスツーリングでは前のバイクに無理について行って信号無視をしたり、センターラインを割ってコーナーを曲がったりする方が発生します。だいたい先頭から2台目の方です。
死亡率高い低いソロツーリングでは山道で単独事故を起こして骨折や意識不明になると詰みますがマスでは即詰みになりません。
孤独楽しめる感じられない孤独をポジティブなものと捉えるか、ネガティブなものと捉えるかは人それぞれです。僕はポジティブ派です。
写真枚数少ない多いソロではツーリング先の自分の写真なんて撮りませんが、マスだと誰かが撮ってくれています。「ツーリング中こんな感じか!」と新たな自分を認識できたりします。
給油時間短い長いマスツーリングでは台数が多くなればなるほどガソリンスタンド滞在時間が長くなります。
給油タイミング適切短いマスツーでは最も給油タイミングが短いバイクに合わせて給油することになるので300km走れるバイクでも160kmごとに給油することがあったりします。
昼食どんな店も可狭い店は不可ソロであればどんな店でも入れますが、マスではその人数を収容できるお店でないと入ることができません。
宿泊当日予約可予約必須大人数では素泊まりであっても宿の予約は必須。宿の好みもあるので宿探しに苦労する。一人の素泊まりなら当日でも余裕
風情あるないこれは感受性の違いによって異なる。マスツーリングが派手で好きという方も。


僕自身マスツーリングよりもソロツーリングを好むので解説の部分のバランスは取れていませんが概ねこんな感じです。

win-winツーリングのメリット


win-winツーリングだとソロツーリングとマスツーリングのメリットが合わさる感じになります。つまり

局面win-win
スケジュール自分+たったの1名
ルート設定回によってどちらかが100%設定する
ルート変更最低限の相談で済む
休憩タイミング2人ですり合わせできる
休憩時間矢継ぎ早にたばこに火を付ける波状攻撃は起こらない
中止決定中止の条件が一緒であれば即決断できる
意思決定早い
ペース自分のペースで走れる
技量把握把握可能
すり抜け
ルール常識の範囲内
最低限しか使わない
トラブル対処2名で当たれる
事故発生率
死亡率一緒に走っていれば救急車を呼んで貰える
孤独感じられない
写真枚数自分が写っているものが多くなる
給油時間短い
給油タイミング車種による
昼食一人の好みを把握していればよい
宿泊当日でも可能。ツインの場合宿泊代が安くなる
風情ソロとは違った風情がある


死亡率を著しく下げることができるのが最大のメリット。お互いに緊急連絡先を書いた紙をどこに入れているか(僕は財布のカード入れ、win氏はスマホカバー)を把握しているので連絡もスムーズ。


バイク次郎

同じ部屋に泊まると宿代が結構安くなるから良いよね。

win-winツーリングの条件

win-winツーリングの条件


win-winツーリングはただ2台でツーリングに行くのとは全く別です。win-winツーリングを成功させるには相方さんの条件がかなり厳しくなります。

win-winツーリングの条件
  • ソロツーリングにも行っている
  • バイクの楽しみ方のジャンルが同じ
  • あらゆる技量が同程度
  • 感受性が近い
  • 知識レベルが近い
  • 交通違反に対する認識が近い
  • お互いに対して競争心がない
  • 食べ物の好き嫌いがない
  • 金銭感覚が近い
  • 【番外】立場や年齢が下


それぞれ解説します。

ソロツーリングにも行っている

ソロツーリングにも行っている


win-winツーリングの基本的な考え方は「ソロツーリングに行ったらたまたま知ってる人がいて助けてもらえたり、宿代が安くなったりした」という感じです。ですのでソロツーリングに行ける方でないと役に立ちません。

マスツーリングにしか行かない方は自分のバイクライフを自分自身で完結できない人なのでそんな方とツーリング先で会ってもこちらサイドにはなんのメリットもないということです。


逆に面倒をみてあげなければならなくなるのでloose-winツーリングになってしまいます。

okoko

ひでーこと言うわね

okomoto

初心者の方の面倒を見ることを喜びに感じるライダーもたくさんいます。僕もそういう局面では面倒をみたりすることもあります。が、僕はそういったことを喜びに変換できないので、それはwin-winツーリングではなくただのマスツーリングです。

バイクの楽しみ方のジャンルが同じ

バイクの楽しみ方のジャンルが同じ


バイクの楽しみ方はさまざまです。

様々なバイクの楽しみ方
  • 高速道路を使って遠くの美味しいカフェに行く
  • 海沿いをまったり走る
  • 市街地を悠々と走る
  • 林道を楽しむ
  • 下道のワインディングを繫いでツーリングへ行く


など。楽しみ方のジャンルが同じでないとどちらかが我慢することになるのでwin-winツーリングにはなりません。

okomoto

高速道路メインのツーリングを提案された時点でloose-winツーリングです。マスツーではそういうツーリングをすることもありますが。

あらゆる技量が同程度


これがもっとも難しい条件です。バイクの技量とは

同程度でなければならない技量


これらの細かい技量が同程度でないと気持ちよく安全に走ることができません。

感受性が近い

牡鹿半島での夕日


例えばラベンダー畑に行って片方が「ラベンダーいいわぁ」と思っている横で「早く出発したい」と思っているのであればそればwin-looseツーリングになっています。

同じ花や夕日、景色をみて「いいなぁ」と思う感受性の近さがないとwin-winツーリングは成立しません。

知識レベルが近い

知識レベルが近い


例えば

win氏

この神社は天照大御神を祀ってるらしいですよ。

mutimoto

へー狼祀ってるなんて珍しいね。山奥だからかね。

とか、

mutimoto

ヒヒョウカルイザワICで降りるよ!

win氏

(ウスイだよ・・・)


ということが続くと結構ボディブローの様に効いてきます。

交通違反に対する認識が近い

交通違反に対する認識が近い


ご想像におまかせしますが、

okomoto

制限速度はどんなときでも守る!交通の流れ?速度違反するやつになんであわせなきゃならないんだ!



という方とは少なくとも僕はwin-winツーリングをすることはできません。

お互いに対して競争心がない

お互いに対して競争心がない
okomoto

僕の方がバイクうまいんだい!僕の方が速いんだい!


と考えているとマスツーリングの先頭から2台目のバイクと同じになります。

win氏

乗り方変えました?なんだか今日は少しずつ離されてくなー

okomoto

減速区間からタンクに肘当るくらい姿勢をしっかり作るようにしてみたの!

win氏

それ僕もやってみよー


くらいの関係が良いです。

と言いつつお互いに「本気出したら僕の方が速い。今は本気じゃないモン。」と思っています。

食べ物の好き嫌いがない

サンショウウオの串焼きon灰皿


何でも食べられるとごはん屋さんに困りませんし、熊や猪、鹿や焼き鳥のタレ味のサンショウウオも食べに行けます。

金銭感覚が近い

金銭感覚が近い
たまには風情のある宿に泊まるwin氏


これ結構大事です。

食事や宿泊先チョイスが同じ程度になりますし、高速道路の利用も

okomoto

一時間しか違わないでこの料金なら下で帰るかー

win氏

そっすねー


となりやすいく、意思決定も早くなります。


okomoto

満喫に泊まって宿泊費浮かせたい

win氏

旅館で美味しいもの食べて温泉に入ってマッサージ受けたい

という二人では成立しません。

【番外】立場や年齢が下

【番外】立場や年齢が下


立場や年齢が下の方だと

ついていくのが楽okomoto

先走ってー

後で払うokomoto

通行料金まとめて払っといてー

面倒くさがりokomoto

近くの宿探してー

暑いokomoto

背中のベンチレーション、チャック開けてー



ができます。

loose氏

(あれ?win-looseツーリングじゃね?)

バイク三郎

オコモトは最低だな

win-winツーリングで起こること

win-winツーリングで起こること



それぞれが完全に独立して動けるwin-winツーリングを極めてくると通常のマスツーリングではなかなかありえないことが起きてきます。

win-winツーリングを極めてくると起こること
  • すぐツーリングに行く
  • ツーリングをハシゴする
  • 別々に昼食を食べる
  • チェックイン後に完全別行動をする
  • ツーリング先の橋の上で解散する
  • 急に泊まりツーリングになる
  • 能登半島を別々に一周する


エピソードトークの一部ですが参考までに解説します。

すぐツーリングに行く

21時okomoto

明日どこかのラベンダーいかが?

22時win氏

行きます。ルートお願いします。ちなみに泊まれます。

23時okomoto

7時セブン。ルートは添付URLの通り。ちなみに泊まれません。

0時win氏

おやすみなさい。今回もナイスルートです。


2人なのですぐです。ちなみに断られたら1人で行きます。

誘い文句は「花」「食べ物」「涼しいとこ」など季節やルートの内容によって変わります。1番多いのが漠然と「明日どこかいかが?」です。もはやミステリーツアー。僕はルート出しに関しはwin氏から全幅の信頼を得ています。

okomoto

ルートは下の記事の方法で出しています!真似してみてください!

ツーリングをハシゴする

21時okomoto

明日朝いつものとこ行くよー。

22時win氏

明日別件でツーリングに行きます。

23時okomoto

オッケー。じゃあまたね。

0時win氏

そのツーリングの待ち合わせ遅いんで朝だけ行きます。

0時okomoto

来なくていいよ。4時セブンね。


一通りいつもの峠を走って、win氏は別のグループのツーリングに行き、僕は昼くらいまで走って帰宅しました。

「一緒に走る」ということを優先していないのでこんな一日の使い方ができます。

別々に昼食を食べる

別々に昼食を食べる


僕が前を走っている局面で、お蕎麦屋さんに入ったのですが間に車が1台入っていたのでwin氏はそれに気づかず直進してしまいました。

その様子をお蕎麦屋さんの駐車場で確認した僕は


お蕎麦屋駐車場okomoto

君がテルミニョーニ響かせて通り過ぎた蕎麦屋にいる。


と連絡を入れ、蕎麦を注文してしばらく経つと

win氏

次のご飯屋さんでパスタ注文しました。店名は○○です。いい音でした?

お蕎麦屋okomoto

おっけー。食べ終わったらそこ寄るわ。最高にいい音だったよ。



ツーリングの大きなイベントの昼食なので、マスツーリングであれば連絡を取り合って合流し、一緒に昼食を必要がありますが「それぞれソロツーリングしている」ので一緒に食べる必要はなく、最短距離、最短時間で再び走り出すことができます。

チェックイン後に完全別行動をする

チェックイン後に完全別行動をする


ホテルにチェックインしたあとに

win氏

まだ16時かー近くの峠行ってみません?

疲れたokomoto

僕疲れたからいいや。

win氏

じゃあ行ってきますね!

okomoto

気をつけてね。僕はブログ書いておくよ。


というまさかの完全別行動ができます。マスツーリングではなかなかここまでの別行動はできないですよね。

ツーリング先の橋の上で解散する

ツーリング先の橋の上で解散する
自宅まで300km地点で解散
okomoto

このままこっち行くと雨降りそうだな。

win氏

僕多少の雨のリスクあってもこっち走りたいす。

okomoto

・・・てことは?

win氏

解散!お気をつけて!


基本はソロツーリングなのでそれぞれの事情を最優先に動きます。

急に泊まりツーリングになる


日帰り箱根ツーリングの昼食中・・・

okomoto

明日はあっち方面行こうと思ってるんだよね。

win氏

え?明日も休みすか?僕も休めるんで今日泊まっちゃいましょうよ。

okomoto

泊まりの道具持ってきてないよ

win氏

パンツ裏返して充電器は100均買いましょう!

okomoto

パンツも100均で買うよ・・・。

win氏

西伊豆周って下田だな!下田の100均でパンツ買うだ!

okomoto

パンツ買いに下田行くかー!




結局パンツは裏返しました。

能登半島を別々に一周する

ウキウキの能登半島一周ツーリング
  • 高岡市
    ホテル宿泊

    珍しくシングルでホテルに泊まった時です。

    okomoto

    明日8時ロビーね。

    win氏

    OKです!寝坊しないでくださいよ!HAHA!

  • 翌朝
    win氏寝坊
    8時okomoto

    先行くね

    9時win氏

    すみません。

  • 能登半島
    能登半島一周ツーリング
    13時okomoto

    (能登半島気持ちいい)

    13時win氏

    (能登半島気持ちいい)

  • 20時諏訪SA
    帰りの高速で合流
    20時okomoto

    おそようございます。

    20時win氏

    能登半島良かったすねー

    20時okomoto

    気をつけて帰ろー。


いやもう、win-winツーリングとはなんぞやということですよね。


win-winツーリングの美しい流れ

win-winツーリングの美しい流れ


win-winツーリングに出発するまで色々なパターンがありますが、1番美しい流れが下記の流れです。

win-winツーリングの美しい流れ
  • ツーリング前
    お誘い

    どちらからか「明日どこか?」と連絡する。

  • ツーリング前
    オコモトルートを送る

    ストックしているルートからいい感じのものをピックアップしてGoogleマップで共有する

  • ツーリング前
    win氏集合場所と時間を返信

    オコモトはルートを送って満足するのでwin氏が集合場所と時間を返信する。

  • ツーリング前夜
    翌日の起床時間を連絡する

    お互いに起床時間を連絡しておきます。

  • ツーリング前夜
    Googleマップで現在位置の共有

    現在位置を共有しておきます。

  • ツーリング朝
    起床と同時に「起床成功連絡」

    起床と同時に起床成功連絡を入れます。前日連絡していた時間を過ぎても連絡がない場合モーニングコールが鳴ります。(モーニングコールに出なかった場合はソロツーリングになります。)

  • ツーリング朝
    出発時にGoogleマップを起動

    Googleマップを起動することでリアルタイムで相手の現在位置を知ることができます。集合場所に向かっているか、遅れそうか、早く着きそうかがわかります。

  • 合流
    ルートURLからナビスタート

    ソロツーリングのつもりなのでふたりともナビをセットして走ります。URLでルートを共有していると楽です。

  • ツーリング終了
    現在位置の共有を解除&写真を共有

    ツーリング中は現在位置を共有したままにします。ナビ中は相手の現在位置はマップに表示されませんが、一度ナビを解除すればはぐれた時に「どちらが先を走っているか」という位置関係がわかると連絡をとることなく合流できます。また、スマホをなくしたときに見つけることができます。見つけてもらいました。その節はありがとうございました。


win氏が遅刻魔だったので完璧な対策を施した段取りになっています。

バイク次郎

いつもマスツーに遅刻する人には応用できるかもね・・・

まとめ


いかがでしたでしょうか。

長い割に役に立つ部分が少ない記事になってしまいました。Googleマップの現在位置共有の部分だけ参考にしていただければと思います。

win-winツーリングとは
  • ソロツーリングの気軽さ、自由度の高さとマスツーリングの安心感、安全性を両立させている2台で行くツーリング


という記事でした。

ちなみにwin-winツーリングの相方とは特別仲が良い必要は全くありません。

僕自身win氏とはツーリング先でツーリングの打ち合わせ以外のことはほとんど話しませんし、彼も同じです。

世界の解釈の仕方や運命論などについて語り合ったりしませんし、おモテになられるようですがwin氏に彼女がいるのかも知りません。


ビジネスパートナーのような「ツーリングパートナー」の様な関係です。


僕は彼を名字で呼ぶので下の名前が曖昧です。候補は2つありますが一か八かになるので下の名前では呼びません。以前聞いた気がしますが忘れました。彼は彼で僕を下の名前で呼ぶので同じ感じだと思います。もしかしたら候補はたくさんあるのかも。


win氏

(オコモトさんの名字ってなんだっけ?どーでもいいけど!HAHAHA!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました