> バイク乗りの髪型ぺちゃんこ問題はツーリングでは隠すしかない!を楽しむ方法 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイク乗りの髪型ぺちゃんこ問題はツーリングでは隠すしかない!を楽しむ方法

バイク乗りの髪型ぺちゃんこ問題はツーリングでは隠すしかない!を楽しむ方法 ツーリング
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • ツーリング先で髪が崩れない方法を知りたい
  • ヘルメットを被ると髪がぺちゃんこになる

という方ではないでしょうか。

ツーリングの休憩先で「バイクとジャケットはキマッているのに・・・髪型が・・・」と感じている方は多いと思います。

この記事では

この記事でわかること
  • バイク乗りの髪型が崩れないわけがない理由
  • 街乗りの髪型崩れる問題は解決できるが、ツーリングの場合は解決できない理由
  • ツーリングでの崩れた髪型は「かっこよく隠す」がベスト


ということについて解説していき、

この記事の結論
  • ツーリングの髪型潰れる問題は解決できないのでかっこ良く隠すことを楽しもう

という結論に向かって進んでいきます。

バイクヘルメットで髪型が崩れないわけがない理由

バイクヘルメットで髪型が崩れないわけがない理由


少し冷静に考えれば・・・というか冷静になるまでもなく、考えるまでもなくバイクヘルメットを被った後に髪型が崩れない方法はこの世界に存在しません。

ヘルメットというニッチなアイテムではなく、もっと一般的な「帽子」に置き換えて考えて下さい。

okoko

帽子を被ったら髪型が潰れるのは当たり前よね。

昔乗ってたおじいちゃん

水は低い方に流れるくらい当たり前のことじゃの


頭に何かを被れば髪型が潰れるのは当然のことで、それを防ぐ方法があるのであればヘルメットと言うニッチなアイテムではなく、もっと一般的な帽子というアイテムでその方法が確立しているはずです。

「この方法を使えば帽子を被っても髪型は潰れないからそれをヘルメットに応用してみよう」となるはずです。

そんな方法ありませんよね。

バイクヘルメットで髪型がぺちゃんこになる原因

バイクヘルメットで髪型がぺちゃんこになる原因


ヘルメットで髪型が潰れる、ぺちゃんこになってしまうのは髪の毛の根本が寝てしまうからです。どんなにセットをガチガチにしてもヘルメットを被ると髪の毛は寝ます。ヘルメットを脱いだあとに寝ていたクセがついてしいまうので髪の毛はぺちゃんこになってしまいます。

okoko

ヘルメットを被って寝ぐせみたいなクセはつかないもんね。ぺちゃんこになるだけだもんね。

バイク次郎

毛先にはクセはつかないもんね。

バイク三郎

根本に鍵があるってことだね


ヘルメットを被っている時間が短い通勤通学や街乗り程度であれば

バイクヘルメットで崩れた髪型を元に戻す/戻しやすくなる方法
  • ムースで根本からセットする
  • トゥーホイールクールを使う


という方法で解決することができます。

okomoto

詳しくは下の詳細記事を読んでみてください

ツーリングのときはバイクヘルメットで崩れた髪型を元に戻す方法が使えない理由

ツーリングのときはバイクヘルメットで崩れた髪型を元に戻す方法が使えない理由


しかし、長時間バイクに乗ってヘルメットを被るような局面ではそれらの方法は使えません。なぜならば、

ツーリングのときはバイクヘルメットで崩れた髪型を元に戻す方法が使えない理由
  • 長時間の圧迫によって髪の毛の根本から強い癖がつく
  • スタイリング剤が頭皮にダメージを与える
  • 突起の跡が頭皮やおでこについてしまう
  • ヘルメットの中に異物を入れるべきではない


という理由があるからです。

それぞれ簡単に解説します。

長時間の圧迫によって髪の毛の根本から強い癖がつく


せいぜい数十分の通勤通学などであれば対策をしていれば再セットできることができますが、一日中ヘルメットをかぶり続けると強いクセがついてしまい髪型を再セットできなくなります

スタイリング剤が頭皮にダメージを与える


通気性の悪いヘルメット内にスタイリング剤を閉じ込めてしまうので頭皮にダメージを与えてしまいます。

突起の跡が頭皮やおでこについてしまう


トゥーホイールクールを長時使用すると、突起の跡が頭やおでこについてしまいます。こうなると髪型を気にしている場合ではなくなります。

okoko

髪型が崩れるだけでも嫌なのに!人前に出られないわ!

ヘルメットの中に異物を入れるべきではない


トゥーホイールクールをヘルメット内に入れるとヘルメットがきつくなり快適性が落ちます。ヘルメットメーカーはヘルメットの中に異物が入っている状態を想定していないので、万が一の事故のときに本来の安全性を発揮できない可能性があります。

バイク太郎

バイクと移動手段としてではなく、趣味として向き合う人はトゥーホイールクールを使うべきではないよ。

考え方を変えよう!

特にツーリングのときはヘルメットを被って髪型が潰れない方法はないので、「髪が崩れないようにする」「乱れた髪を元に戻す」という対策ではなく「乱れた髪をきれいに隠す」という考え方をするべき。

昔乗ってたおじいちゃん

青い鳥を探すよりもベクトルを変えたほうがいいとうことじゃな。

バイク乗りの髪型がぺちゃんこをきれいに隠す方法

バイク乗りの髪型がぺちゃんこをきれいに隠す方法


髪を隠す方法はお気に入りの帽子をかぶるだけでいいのですが、参考までに僕が今まで

okomoto

こういうバイクはこういう帽子被っている人多いよね。


と感じたアイテムを紹介しておきます。

バイク用品ブランドのキャプ~スポーツタイプやネイキッドタイプ~


キャップはSSスポーツタイプネイキッドなど「走れる系」に似合うような気がします。

バイクメーカーのキャップもありですが、ちょっと主張が強すぎるというか、ありきたりというかなんとも言えない普通のセンスを感じます。

そこをちょっとズラして、自分が使っているバイク用品ブランドのキャップにするとなんだか「主張しすぎずいい感じ」のような気がします。


okomoto

ハーレーに乗ってるから上から下まで全身ハーレーはちょっと精神的な自由度が低い気がするんですよね。服を買いに行ってマネキン買いしているような感じがします。

ニット帽~クラシックタイプのバイクなど~


クラシックタイプで使っている方が多いのがニット帽です。

冬は定番のアイテムですが、夏にかぶれるサマーニットもあるのでちょっとした休憩であれば夏も冬も使うことができます。

okomoto

サマーニットはバイクに乗らないときは愛用しています。夏は結局暑いですけどね!HAHAHA!

バンダナキャップ~アメリカンタイプ~


ハーレーなどのアメリカンに乗っている方はバンダナを巻いている方が多いです。なんとなくアメリカっぽい感じがするのでしょうか。

本物のバンダナを巻くのが手間なので、多くの方がバンダナキャップを使っています。

okomoto

バイク乗りはスキあらばカモフラを身につけるのでカモフラのリンクを張っておきます。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイク用品は「バイクバイク」しているので自分らしいおしゃれを楽しみにくいものですし、安全性を犠牲にしてまで楽しむものではありません。

しかし「髪型を隠す」というアイテムで少々自分らしいおしゃれを楽しむこともできます。

この記事の結論
  • ツーリングの髪型潰れる問題は解決できないのでかっこ良く隠すことを楽しもう


という記事でした。

この記事が誰かのツーリング休憩を少しでも快適にできたのであれば嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました