> 【写真】バイクパンク修理ができるパンクとパンク修理の方法 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【写真】バイクパンク修理ができるパンクとパンク修理の方法

【写真】バイクパンク修理ができるパンクとパンク修理の方法メンテナンス、バイクの仕組み
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は


こんな方向けの記事です
  • ツーリングに必携のパンク修理剤の使い方を知っておきたい
  • 自宅でパンクに気がついたので自分でパンク修理をしたい
  • 今まさにツーリング先でパンクした。パンク修理剤は持ってきていない


という方ではないでしょうか。

今まさにツーリング先でパンクをして自走不可能な方は任意保険のレッカーに連絡するか、下記の検索ボタンをクリックして近くのお店に連絡して下しさい。

バイク次郎

餅は餅屋、バイクはバイク屋。素人では美味しいお餅はつけないの。バイクは命に関わることなの。



ちなみに

バイクのパンク修理をやってくれるかもしれないお店


でもパンク修理をやってくれるお店があるので電話でバイクもお願いできるか確認してから向かってください。料金は2000円程度かと思います。


この記事では

この記事でわかること
  • 自宅でパンク修理をする場合の手順
  • 自分でパンク修理をする必要性の有無


について知ることができます。

まず最初にあなたの時間と手間を無駄にしないために


okomoto

パンク修理は自分でやる必要はないと思いますよ・・・

という話をします。

  1. バイクにパンク修理剤を使う局面は非常に限定的
  2. パンク修理剤は安いのか?
  3. バイクのパンク修理、パンク修理剤の使い方の手順
  4. 指定空気圧の半分以上の空気圧にしておく【バイクのパンク修理】
  5. 空気が漏れている箇所を洗剤を使って特定する【バイクのパンク修理】
  6. タイヤを力が入れやすい角度にする【バイクのパンク修理】
  7. ギアを1速に入れる【バイクのパンク修理】
  8. 釘にチョークで印をつける【バイクのパンク修理】
  9. スクリュードライバー全体にラバーセメントをつける【バイクのパンク修理】
  10. 異物を抜いてスクリュードライバーを刺す【バイクのパンク修理】
  11. 右に回しながら何回か上下させる【バイクのパンク修理】
  12. 刺したままラバーセメントを塗る【バイクのパンク修理】
  13. インサートドライバーにラバースティックを通す【バイクのパンク修理】
  14. ラバースティックにラバーセメントをたっぷり塗る【バイクのパンク修理】
  15. スクリュードライバーを右に回しながら抜く【バイクのパンク修理】
  16. ラバースティックをセットしたインサートドライバーを真っ直ぐ刺す【バイクのパンク修理】
  17. インサートドライバーを真っ直ぐ抜くはみ出たラバースティックを3mm残して切る【バイクのパンク修理】
  18. 最低でも1時間半、可能なら24時間待つ【バイクのパンク修理】
  19. まとめ

バイクにパンク修理剤を使う局面は非常に限定的

バイクにパンク修理剤を使う局面は非常に限定的


そもそも論ですが、自分でパンク修理剤を使う局面はとても少ないです。

「パンクするかも・・・」という可能性を考えてツーリングにパンク修理剤とエアコンプレッサーを持っていくことは病的ですし、自宅近くでパンクした場合も「自宅まで自走で帰れるかどうか」はわかりません。





そもそもチューブタイヤにはパンク修理剤は使えませんし、チューブレスタイヤの場合でも

  • 直径6mm以上の傷穴
  • 鋭利なものでの裂傷
  • タイヤ横の傷穴
  • すり減ったことが原因のパンク


というパンクに対しては修理剤を使うことはできません。

つまり

自分でバイクパンク修理をする局面
  • 自宅でパンクに気がつく
  • 自宅近くでパンクに気がついて自宅まで自走できる
  • パンク修理剤が使えるタイヤを履いている
  • パンク修理剤が使える「ちょうどいいパンクをしている」


という条件が揃った場合でないとパンク修理剤の活躍の場はありません。

パンク修理剤は安いのか?

パンク修理剤は安いのか?



「パンク修理はお店に頼むよりも自分でやったほうが安い!」という非常に刹那的な考え方があります。

パンク修理剤は1500円で約3回パンク修理ができます。

パンク修理剤はいくつかの工具といくつかの消耗品がついてきますが、その中の「ラバーセメント」という消耗品が約3回分しかありません。


パンク修理は空気圧を調整するエアコンプレッサーがないと使用できません。電動のエアコンプレッサーは安いもので5000円程度です。

つまりパンク修理剤の初期費用は6500円です。


一方でバイクショップにパンク修理を依頼した場合、費用は2000円程度です。つまり、パンク修理を4回依頼しないとパン修理剤の初期費用は回収できません。4回目には新しいラバーセメントを購入しなければいけません。


ここで重要なのは先述した「パンク修理剤を使う局面は非常に限定的」ということです。僕は20年近くバイクに乗っていますが、この条件を満たしたときは今まで1度しかありません。

okomoto

パンク経験は10回以上ありますが、自宅で修理できたのは1度だけです。


つまり、パンク修理剤の初期費用を回収するには80年かかるということです。



僕はもともとタイヤの空気圧管理を自宅で行うためにエアコンプレッサーを持っていたので一回の使用で元を取れましたが、エアコンプレッサーを持っていない状態で、パンク修理のためにエアコンプレッサーを購入してまでパンク修理をすることはやめたほうが賢明だと思います。



この記事の先を読んでパンク修理の勉強をする手間、時間、実際に修理するときに費やす時間、手間、カロリーを考えるとバイク屋さんに電話して修理を依頼したほうがいいと思います。

パンク修理について調べる時間を「パンクしづらい運転方法を調べる時間」に当てたほうがいいような気がします。





任意保険などでレッカーサービスが使えるのであればおそらく出張費などは請求されずに対応してくれると思います。


ここからパンク修理の手順を解説します。必要な方のみ読んでみてください。

バイクのパンク修理、パンク修理剤の使い方の手順

バイクのパンク修理、パンク修理剤の使い方の手順


先に概要です。

バイクのパンク修理、パンク修理剤の使い方の手順
  • 指定空気圧の半分以上の空気圧にしておく
  • 空気が漏れている箇所を洗剤を使って特定する
  • タイヤを力が入れやすい角度にする
  • ギアを1速に入れる
  • 釘にチョークで印をつける
  • スクリュードライバー全体にラバーセメントをつける
  • 異物を抜く
  • 右に回しながら何回か上下させる
  • 刺したままラバーセメントを塗る
  • インサートドライバーにラバースティックを通す
  • ラバースティックにラバーセメントをたっぷり塗る
  • スクリュードライバーを右に回しながら抜く
  • ラバースティックをセットしたインサートドライバーを真っ直ぐ刺す
  • インサートドライバーを真っ直ぐ抜くはみ出たラバースティックを3mm残して切る
  • 最低でも1時間半、可能なら24時間待つ


という手順でパンク修理を行います。それぞれ解説していきます。


指定空気圧の半分以上の空気圧にしておく【バイクのパンク修理】

指定空気圧の半分以上の空気圧にしておく【バイクのパンク修理】

最初からエアコンプレッサーを使います。

空気圧が低い状態だとこのあとパンク修理剤をタイヤに突き刺す作業が困難になるので先に空気を補充してタイヤを固くしておきます。最低でも指定空気圧の半分はいれておきましょう。

僕のバイクは指定空気ある260kPaに対して220kPaにしてから作業を始めました。


バイク太郎

空気を入れておかないと後々の作業がうまくいかなくなるよ

空気が漏れている箇所を洗剤を使って特定する【バイクのパンク修理】

空気が漏れている箇所を洗剤を使って特定する【バイクのパンク修理】

空気が漏れているところが特定できていない場合は水を少量の中性洗剤(食器洗い洗剤)を混ぜたものを霧吹きでタイヤに吹きかけます。

空浮きが漏れているところがブクブクします。

世間のライダー

男はツバをつけて確認するもんだ!

okomoto

以前エアバルブにこれをやられて人をぶん殴ったことがあります。

タイヤを力が入れやすい角度にする【バイクのパンク修理】

タイヤを力が入れやすい角度にする【バイクのパンク修理】


バイクを移動されるかタイヤを回してタイヤに力が入りやすい位置に穴をもってきます。

具体的には穴が車体の真後ろより少し上が体重も乗せられるのでおすすめです。


バイク三郎

これ地味に大事・・・

ギアを1速に入れる【バイクのパンク修理】


あとで力を込めて後ろからバイクを押すことになるのでギアを1速に入れてバイクが前に動かないようにします。



バイク三郎

後で信じられないくらいの力でバイクを押すので必ずやっておこう!

釘にチョークで印をつける【バイクのパンク修理】

バイクのタイヤに刺さったビスの跡


刺さっているものを抜くと穴はほとんど目視できなくなるので、チョークで印をつけます。



バイク次郎

「パンク自然治癒したんじゃね?」っていうくらい見えなります。

スクリュードライバー全体にラバーセメントをつける【バイクのパンク修理】

スクリュードライバー全体にラバーセメントをつける【バイクのパンク修理】


スクリュードライバーにラバーセメントをたっぷりつけます。ラバーセメントを開けるときに下にこぼさないように気をつけてください。


okomoto

僕は派手にこぼしました

異物を抜いてスクリュードライバーを刺す【バイクのパンク修理】

異物を抜いてスクリュードライバーを刺す【バイクのパンク修理】


異物をペンチなどで抜きます。

抜くと同時にスクリュードライバーを右に回しながら刺します。


右に回しながら何回か上下させる【バイクのパンク修理】

右に回しながら何回か上下させる【バイクのパンク修理】


奥まで指したらまた右に回しながらスクリュードライバーを引き上げます。抜ききらないように気をつけてください。右に回しながらの引き上げ押し下げを5回繰り返します。

回しながら抜き差しするのは「タイヤの繊維を同一方向にならす」という目的があります。右にも左にも回したり、まっすぐ引き上げ押し下げをするとパンク修理は失敗します。

okomoto

失敗したら運が良くてやり直し、運が悪いとタイヤ交換です。

刺したままラバーセメントを塗る【バイクのパンク修理】


スクリュードライバーを半分ほど引き抜き、引き抜いた部分に再びラバーセメントを塗り、やはり右にまわしながら奥まで入れます。

インサートドライバーにラバースティックを通す【バイクのパンク修理】

インサートドライバーにラバースティックを通す【バイクのパンク修理】


スクリュードライバーはタイヤに奥まで刺した状態にして、インサートドライバーにラバースティックを通します。


バイク太郎

かなりギチギチでっす。

ラバースティックにラバーセメントをたっぷり塗る【バイクのパンク修理】

ラバースティックにラバーセメントをたっぷり塗る【バイクのパンク修理】


通したラバースティックにラバーセメントをたっぷり塗ります。

スクリュードライバーを右に回しながら抜く【バイクのパンク修理】


刺しっぱなしにしていたスクリュードライバー右に回しながら引き抜きます。

okomoto

一気に抜けるのでびっくりしないでください。僕はびっくりしました。

ラバースティックをセットしたインサートドライバーを真っ直ぐ刺す【バイクのパンク修理】

ラバースティックをセットしたインサートドライバーを真っ直ぐ刺す【バイクのパンク修理】



空いている穴にインサートドライバーをまっすぐ刺します。最後にラバースティックが1cm程度はみ出すくらい入れてください。かなりの力が必要なので全体重を乗せて気合を入れて刺してください。

ここでは回したりせずにまっすぐ刺してください。

この作業を真夏のツーリング先でやったら一瞬で熱中症になるくらい入っていきません。


バイク三郎

(こんな作業出先でやれるかよ・・・)

インサートドライバーを真っ直ぐ抜くはみ出たラバースティックを3mm残して切る【バイクのパンク修理】

インサートドライバーを真っ直ぐ抜くはみ出たラバースティックを3mm残して切る【バイクのパンク修理】


インサートドライバーをゆっくり引き抜いて、残ったラバースティックの出っ張りを3mm程度残してカットします。



最後に指定空気圧になるように空気を入れて作業完了です。ちなみに作業を始めたときの空気圧は220kPaでしたが、作業終了後は75kPaまで減っていました。

最低でも1時間半、可能なら24時間待つ【バイクのパンク修理】

最低でも1時間半、可能なら24時間待つ【バイクのパンク修理】


作業自体は20分程度で終わりますが、ラバーセメントが完全に乾くまで24時間かかります。1時間半も待てば走ることは可能ですが、安全面を考えると24時間経ってから乗るようにしましょう。

ツーリングに持っていく人はこれだけで一泊ですね・・・。


okomoto

パンク修理剤がどれだけツーリングに不要かわかりますね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクのパンク修理について、「自分でやる必要はないよ」「やるんだったらこんな手順ですよ」ということを解説しました。

作業時間も比較的短く、内容も単純ですが、ラバースティックを押し込むときにかなり力が必要なので女性の方には向かない作業かと思います。「パンク修理くらい自分でやるぞ!」という男性の方もそんな必要はないのでなんとか思い直して頂ければと思います。


ただし、空気圧管理を自宅で行う方はパンク修理剤が自宅に1セットあってもいいかなとは思います。自宅で空気圧管理をするようになるとバイクライフがワンランク上がったような気がするのでとてもおすすめです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました