> ガエルネブーツ・シューズ・スニーカーの選び方やサイズ感、おすすめ紹介 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

ツイッター始めました!

アカウントだけ作ってずっと放置していたツイッターを動かし始めました。下のTwitterアイコンをクリック&無言フォローするだけ「バイクに役立つちょっとしたツイート」が届きます!

\Follow me/

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

ガエルネブーツ・シューズ・スニーカーの選び方やサイズ感、おすすめ紹介

ガエルネブーツ・シューズ・スニーカーの選び方やサイズ感、おすすめ紹介バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いたあなたは、

こんな方向けの記事です
  • ガエルネのブーツやシューズ・スニーカーを初めて購入しようと考えている
  • ガエルネのブーツやシューズ・スニーカーのサイズ感が知りたい
  • ガエルネのフットウェアをまとめて比較したい

という方ではないでしょうか。この記事では、

okomoto

ガエルネ履きたいなぁ!でもどれがいいのかわからないし、履き心地とかサイズ感もわからない・・・

という、これから「散々調べて悩んで」という作業を始める方、あるいは絶賛その作業中の方の作業量を減らすことを目的とした記事です。この記事では、

この記事でわかること
  • ガエルネとは?
  • バイク用のブーツ・シューズ・スニーカーの選び方
  • ガエルネブーツ・シューズ・スニーカーのサイズ表
  • ガエルネブーツ・シューズ・スニーカーの実際のサイズ感
  • ガエルネのフットウエアの種類
  • 評判・口コミを含めたガエルネのレーシングブーツのおすすめ紹介
  • 評判・口コミを含めたガエルネのブーツのおすすめ紹介
  • 評判・口コミを含めたガエルネのライディングシューズのおすすめ紹介
  • 評判・口コミを含めたガエルネのスニーカーのおすすめ紹介

ということについて解説していきます。

ガエルネとは?

ガエルネとは?

ガエルネとは1962年創業の北イタリア靴産業の都市トレビーソに本拠地を構えるイタリアの三大ライディングブーツメーカーの一つ。トレビーソには昔軍用靴を作るために靴職人が集められたという歴史があり、様々なカテゴリーの靴メーカーが集中しています。
ちなみにオフロードブーツを得意とするFORMAの本社まで車で40分くらい。

伝統的に自転車用、登山用のブーツを得意とし、バイク用フットウェアもオフロードタイプのラインナップが他のブランドよりも多いのが特徴です。
メイドイン・イタリアにこだわり続け、素材から製造まですべてをイタリアで内で完結させていることからもそのこだわりの深さが伺えます。
日本ではバイク用品の販売代理店ジャペックスが窓口として商品の流通や修理などを行っています。

ジャペックス修理窓口はこちら

バイク用のブーツ・シューズ・スニーカーの選び方

バイク用のブーツ・シューズ・スニーカーの選び方

普段の靴やスニーカーとは違い、バイク用のフットウェアには安全性や快適性、操作性が大切になってきます。共通する選び方のポイントを簡単に解説します。

より良いバイク用のフットウェア
  • くるぶしまでホールドする
    →転倒時くるぶしは特に怪我をしやすい
  • プロテクターが多い
    プロテクター入のブーツはふくらはぎの打撲も防ぐ
  • 牛革製
    牛革は特に摩擦に強いので転倒時の裂傷を防ぐ
  • 防水機能
    →通気性が悪くなるので雨の日に乗らない方はむしろない方が良い
  • ベンチレーション機能
    →空気の取り込みは期待するほどではないので重要ではない
  • シフトパッド内蔵
    →シフトペダルによるフットウェアの破損を予防
  • トゥスライダー
    膝擦りをする人はつま先も接地することが多いので必須。取り付けボルトが削れる前に交換すること
  • 靴紐がない
    →転倒時にステップやペダルに引っかかり脱臼や四肢欠損を予防。停車時に引っかかり立ちごけの原因にもなる。複雑な機構のBOAシステムなどよりもシンプルなファスナーなどが良い。
  • 靴紐を抑えるベルトが外側についている
    →引っ掛かり防止のためのベルトが内側(バイク側)についていると引っ掛かり防止の目的を果たさない。
  • ソールがフラット
    →ライディングによって積極的に足を置く場所を変える人はステップに引っかからないようにアウトソールは平らな方が良い
  • ミッドソールが薄い
    →ミッドソールが薄い方がバイクの操作はしやすいが、ツーリング先でたくさん歩く人は厚いほうが歩きやすい

この内容を少し意識してフットウェアを選ぶと、より操作性や安全性が高いものを見つけやすくなります。

レーシングブーツ・ブーツ・ライディングシューズ・スニーカータイプの選び方

レーシングブーツ・ブーツ・ライディングシューズ・スニーカータイプの選び方

バイクのフットウェアにはレーシングブーツ・ブーツ・ライディングシューズ・スニーカータイプという4種類がありますが、それぞれの特徴やおすすめの人を簡単にまとめると以下の通りです。

安全性操作性歩きやすさおすすめの人
レーシング
ブーツ
441バイクに乗ることが好き
ブーツ332ツーリングメインだがバイクの危険性を理解している
ライディング
シューズ
223危険性を理解していて、ツーリング先の歩きやすさを重視したい
スニーカー
タイプ
114街乗りの安全性を少しでも高めたい
ツーリング先の歩きやすさを重視し周りから浮きたくない

ハーレーのおれはブーツ!

okomoto

観光地素通りの僕はレーシングブーツ!

ガエルネブーツ・シューズ・スニーカーのサイズ表

ガエルネブーツ・シューズ・スニーカーのサイズ表

ガエルネのサイズ表は以下の通りです。靴は着心地がもっとも大事なので購入の際は必ず試着をするようにしましょう。

ガエルネ
サイズ展開
2424.52525.52626.52727.52828.529
参考資料:ガエルネ
バイク太郎

欲しいカラバリが用品店になければ試着したあとにネットで買うのもあり。その場合は消耗品のパーツクリーナーくらい買って帰ろう。

ガエルネの代理店ジャペックスの公式サイトおにはガエルネフットウェアのサイズを教えてくれるG-FITというサービスがあり、普段履いている靴のサイズを入力するだけでモデルごとのベストなサイズを教えてくれるサービスあります。ぜひ利用しましょう。

ガエルネブーツ・シューズ・スニーカーの実際のサイズ感

ガエルネブーツ・シューズ・スニーカーの実際のサイズ感

試着できない方のために100件以上の口コミ評判に目を通してわかったガエルネサイズ感を記載しておきます。

甲幅が広い人は普段の靴サイズよりも1サイズ(0.5cm)大きめがい良い

という情報が多かったので参考にしてみてください。もしも2つのサイズで悩んでしまったら、

バイクの操作をメインに楽しむ人

操作感優先で足にぴったりフィットするサイズの小さい方を選ぶ

観光などを含めたツーリングをメインに楽しむ人

歩きやすさ優先で少し余裕があるサイズの大きい方を選ぶ

という考え方で乗り切るのも良いかと思います。

ガエルネのバイク用フットウェアの種類

○○のバイク用フットウェアの種類

ガエルネのバイク用フットウェアは、

ガエルネのバイク用フットウェア
  • レーシングブーツ
  • オフロードブーツ
  • ブーツ
  • ライディングシューズ
  • スニーカータイプ

という展開があります。それぞれのおすすめを口コミ評判とともに紹介していきます。

評判・口コミを含めたガエルネレーシングブーツのおすすめ紹介

評判・口コミを含めたガエルネレーシングブーツのおすすめ紹介

Gエボリューション FIVE

  • ツーリング先でもワインディングを楽しめるスポーツツーリングブーツ
  • 片側700gの軽量設計
  • 良く動く足首の設計
  • グリップの良いソール
  • 通気性はそこそこなので夏OK
口コミ太郎

バイク用のブーツとしては安価なので不安でしたが、良いものでした。

引用元:amazon
口コミ次郎

1000キロくらいの遠乗りも観光もキャンプもこのブーツです。

引用元:amazon
口コミ三郎

少し細身なのでファスナーが上げにくいのが気になります。イタリア製だから仕方ないかもしれません。足が太めな方にはおすすめ出来ません。一度履いてからの購入をおすすめします。

引用元:amazon

G-RW

  • プロテクションパーツをブーツ本体から浮かせることで、いままで困難であった操作性とプロテクションの両立を高い次元で実現
口コミ太郎

日本人向けの足型で作られるジャペックス扱いのガエルネはジャストフィットが狙える数少ないメーカーです。

引用元:amazon
口コミ次郎

プロテクションはかなりしっかりしたもので、この値段にもかかわらずバックサポートがあるだけでなく足の内側にもその関節があります。

引用元:amazon
口コミ三郎

お手頃で高機能。安心感も高いです。たた、ワイズが狭いです。普段2E前後の方なら履いている靴よりも1cmは大きくしないと長時間は辛くなります

引用元:amazon

GP-1 EVO

  • 安全性と、操作性を両立するガエルネフローティングシステム
  • BOAクロージャーシステム
  • マシンと接する、ふくらはぎ部分とかかと部分にはラバー製のグリップガードを装着
  • つま先部分とヒール部分には、摩擦抵抗の低いマグネシウム製のスライダー
  • かかと部分にはショックアブソーバーを内蔵
口コミ太郎

履き心地はとても良いです。慣らさなくても十分に柔らかく、違和感なく歩けるレベル。シフトのアップダウンもスムーズにできています。

引用元:amazon
口コミ次郎

カッコよくて履きやすい

引用元:amazon
口コミ三郎

足首が少し動かしにくいが、転倒時の安全性のため仕方がない所

引用元:amazon

評判・口コミを含めたガエルネオフロードブーツのおすすめ紹介

評判・口コミを含めたガエルネオフロードブーツのおすすめ紹介

【防水】Gミッドランド ゴアテックス

  • 一頭の牛から限られた量しか取れないフルグレインレザー
  • すね部分には樹脂製のプロテクターを内蔵
  • かかと部分にはプラスチック製のプロテクター
  • 路面と接触しやすい小指部分には厚めの合成皮革
  • つま先には熱成型されたカップ型のつま先ガードを内蔵
  • 内装には防水耐久性、防風性、透湿性を高度な次元で兼ね備えたGORE-TEX®を採用
  • 内装のくるぶし部分にはソフトパットを装備
口コミ太郎

イタリアがもともと外寸計算なのか、いつも内寸のサイズ感は小さめだが(※もともと日本向けでEU需要のないライディングシューズは例外)、ゴアテックスの分なのか他のガエルネ商品と比べてもサイズはさらに小さめ。

引用元:amazon
口コミ次郎

柔らかく履きやすく、オフ系ブーツが初めての人にも安心かと思います。

引用元:amazon
口コミ三郎

27.5cmを購入しましたが、大きすぎ! 実際のサイズは、28.5cmかも

引用元:amazon

Gアドベンチャー

  • 本格的なレベルの一歩手前のブーツ
  • アドベンチャーライディングを想定して設計されたブーツ
  • 透湿性素材を採用
  • プラスチック製のシンプレート、シフトガードを装備
  • 足首を程よくホールドすることでシフト操作の縦の動きは動かしやすく、転倒の際に加わる可能性のある横のねじれは動きにくい
  • ブロックソール

ED-PRO art.405

  • 林道ツーリングからエンデューロまで、多くのライダーに愛され、育てられた逸品
  • 「歩きやすく、履きやすい」を基本コンセプト
  • バックルを外して前2箇所に取り付けることにより、ふくらはぎ部を拡張することが可能
  • ビブラムブロックソール
  • 樹脂パーツを極力使わない代わりに本牛革の持つプロテクションを最大限に利用
口コミ太郎

甲高幅広で普段履きの靴は26を履いていますが、夕方に冬用ウールソックスを履いて本品を試着し26.5を購入しました。いままで有名外国ブランドのライディングブーツをいろいろ履いてきましたが、このフィット感はかなり良好な部類です

引用元:amazon
口コミ次郎

見かけによらず非常に履き心地が良く、圧迫感は皆無です。もちろんフニャフニャの安価なオンロードブーツなどより固いのですが、足首は曲げやすく造られていて、シフトチェンジもリアブレーキ操作も問題ありません。

引用元:amazon
口コミ三郎

ふくらはぎをしっかり調整して履いたわけではなく…届いてビックリ、一番きつくしても履き口がガバガバ。説明ではさらに太くできるとしか書いて無く、そもそもふくらはぎが太い人専用といった感じです。二―シンガードを付けてやっと丁度良い感じです。

引用元:amazon

SG-12

  • ダブルピボットシステムで自然なペダル操作とジャンプ着地時(特にジャンプショート時やオーバージャンプ時)のショックを吸収
  • シンプレートはフローティング(浮いた状態)され、抜群のフィット感。ビス三本をはずすだけでオーナーご自身で太さを調整することが可能
  • メモリーセル(形状記憶素材)をインナーに装備
  • かかと部分にはショック吸収素材を採用
口コミ太郎

さすがガエルネの最高峰ブーツ。

引用元:amazon
口コミ次郎

バックルのボルト類がゆるゆるなので買ったら使用前に増し締めすることをすすめる。

引用元:amazon
口コミ三郎

一日コースで履いてれば必要方向のみ稼働するようになる。

引用元:amazon

ファストバック

  • 基本的なプロテクションを抑えつつ、降りた時の動作もスムーズにしてくれるアンクルフレーム
  • ピボットシステム
口コミ太郎

かなり作りが良いものです。レースをやることは無いですが、エンデューロとか出る方もこれは間違いなく使える頑丈なブーツだと思います。

引用元:amazon
口コミ次郎

25.5センチで幅広の足。それで26センチを購入しましたが、ピッタリでした。

引用元:amazon
口コミ三郎

柔らかく長時間履いていても疲れません。

引用元:amazon

サイファーJ

  • 日本人のふくらはぎ形状に合わせて新たに設計されたジャパンオリジナル
  • ガエルネ最軽量MXブーツ
  • 足首にシャーリングを追加することでペダルの操作性と歩きやすさがアップ
  • 上級モデルと同じアルミ製大型バックル&ストラップを採用
口コミ太郎

コンバースの25.5cm、アディダス26cmのスニーカーを履いています。バイク用ブーツはタイチの26cm。このブーツも26cmでぴったりでした。

引用元:amazon
口コミ次郎

これまで億劫だったブーツの装着が格段に楽になったのは

もちろん、履き心地や操作性も抜群です。

引用元:amazon
口コミ三郎

足の実測26cm、普段履き26.5cm、購入は27cm、厚めのハイソックスを履き、幅も併せてドンピシャでした。入門クラスなので足首はソフト。

引用元:amazon

GMX MACH80

  • モトクロスが一番アツかった80年代、あの頃を思い起こさせる、ノスタルジック感溢れるモデル
  • GMXマッハエイティのブーツは「100年持つ」と言われる北イタリアの伝統製法。いわゆる職人の技術でしかつくれないもの。

バランス クラシック

  • シンプレート(すね部のプラスチックガード)をフローティング(浮かせる)させることによりフィット感と運動性能を向上させたフローティングシンプレート
  • 3箇所すべてのバックルは任意の位置にビス調整だけで移設でき、ライダーの足にフィット
口コミ太郎

性能と価格のバランスは一番よいのでは?

引用元:ガエルネ
口コミ次郎

JAPEXさんのホームページの案内通りのサイズで、大丈夫でした。

引用元:ガエルネ
口コミ三郎

現状使用していて不満は一切無し。

引用元:ガエルネ

Jモタード

  • 「すべてを日本ライダーへ」という開発コンセプト
  • 日本人のふくらはぎ形状に合わせたオリジナルカーフライン
  • 足首にシャーリングを追加することでペダルの操作性と歩きやすさがアップ
  • プロテクションと重量のバランスを考慮し、厚みやレイアウトを最適化
  • 上級モデルと同じアルミ製大型バックル&ストラップを採用
口コミ太郎

日本人向けに作られているだけあって、フィット感は抜群です

引用元:amazon
口コミ次郎

ブーツ底面にスライダーが付いている為、少しハードなモタードライディングでも、かなりしっかりと使えて大満足です

引用元:amazon
口コミ三郎

当然ですがブーツの慣らしが必要です。

引用元:amazon

評判・口コミを含めたガエルネブーツのおすすめ紹介

評判・口コミを含めたガエルネブーツのおすすめ紹介

【防水】Gストーン ゴアテックス

  • GORE-TEX®を搭載することにより、防水と透湿を実現
  • ブロックソールを採用
  • 一頭の牛から限られた量しか取れないフルグレインレザー
  • 脱ぎ履きが楽な内側ファスナー
  • シフトガード、アンクルガード(くるぶし)搭載。
口コミ太郎

自分の足の爪先からブーツの爪先まで4cmほど離れていてぶかぶかでした。

あと、サイズ交換や返品はアマゾンではなくジャパックスに返品で送料は自己負担なのでそこも注意です。

引用元:amazon
口コミ次郎

普段の靴は26.5㎝で、そのままのサイズでピッタリです。幅も若干広めで窮屈さは有りません。期待通りの商品でした。

引用元:amazon
口コミ三郎

雨に遭ってもヘッチャラ!

引用元:amazon

Gウォーリア

  • 最高級フルグレインレザー
  • シフトガード、アンクルガード搭載
  • ブロックソール
  • 内側ファスナー
  • メッシュタイプ

フーガ

  • ライディング環境を整えるために靴の甲部分を構成するアッパーを一枚革で形成
  • 凹凸の少ない表面は、滑らかにオートバイと接することが出来る
  • ガエルネブーツのなかでもハイエンドモデルにのみ使用を許された最高級フルグレインレザー
  • ソールはノルウェージャン製法で靴底が厚く型崩れしにくいこと、剛性が非常に高いこと、頑丈に仕上がり長持ちする事、靴底が張り替えられる事などを実現
口コミ太郎

普段購入するスニーカーや革靴は27.5cmです。

ガエルネのG-FITで計測して27.5cmと出たのでそのサイズを購入しました。

実際に超厚手靴下を履くとほんの少しキツイかなといったところで,

普通の厚手靴下で履く分にはジャストサイズでした。

引用元:amazon
口コミ次郎

品質は最高レベルで問題ないです。通常の革靴サイズ(24.5-25.0cm)+1cmとしてサイズ40を選んで正解でした。

引用元:amazon
口コミ三郎

革は頻繁なメンテナンスを要求するようで手間を掛けてやる必要があるのと、蒸れ易く履いた後はかなりウェットな感じがして靴下も湿りがちなので水虫注意。

引用元:amazon

ナンバー145

  • 歩く道具としての機能を高次元で達成
  • 様々な思い出と共に成長する靴
  • 登山靴としてのノウハウがぎっしり詰まったシューズ
  • 三層構造のノルウェージャン製法ソール
  • つま先やかかとに入ったファイバーのカップ
  • ANFIBIOレザーはガエルネブーツのなかでもハイエンドモデルにのみ使用を許された最高級フルグレインレザー
口コミ太郎

やや厚めのビブラムソールから想像すると歩きにくいかな?と思いましたが、ブーツの重さも気になる事なく意外と歩きやすいです。

引用元:amazon
口コミ次郎

履きこむほど経年変化も出てくると思いますので、楽しみに長く使いたいと思わせる質感ではあります。

引用元:amazon
口コミ三郎

27.5cmと28cmを取り寄せ27.5cmをチョイス。28cmは返品させていただきました。返送料はかかるもののこうした買い方ができるのはアマゾンならではですね。実物を見たり試着できるお店が近くにない田舎者にはありがたいです。

引用元:amazon

評判・口コミを含めたガエルネライディングシューズのおすすめ紹介

評判・口コミを含めたガエルネライディングシューズのおすすめ紹介

タフギア 40 ヴィンテージブラウン

  • 本革の質感を持つマイクロファイバーと呼ばれる合成皮革を使用
  • ガエルネの伝統の製造技術
  • ブーツ後方からくるぶしまで広範囲に施されたシャーリング加工は運動性を向上
  • 速乾性に優れたポリエステルメッシュの内装材
  • アルミ製のバックルを装備。ストラップ側での3mm単位の微調整が可能
  • ビブラム社製ブロックソール
口コミ太郎

オフローダー目線で言うとガエルネは最高にソフトなブーツです、普通に歩けるどころかトレッキングもできるブーツです。(当時のa☆は石膏で固められたかの様なブーツだったのでガエルネの履き心地に感動したものです)

引用元:amazon
口コミ次郎

購入の際は2サイズ上の物が良いと思いますよ、シフトのし辛さはシフトペダルの調整と蹴り上げシフトに慣れれば問題ないと思います。

引用元:amazon
口コミ三郎

安全性は、ライトな走り方にはちょうど良い感じ。一番怪我しやすい足首はしっかり固められて保護されていますが、そんなに硬くないので、シフトチェンジは普通にできるし、バイクを降りて歩くのにも支障はない。

引用元:amazon

タフギア フラット

  • 本革の質感を持つマイクロファイバーと呼ばれる合成皮革を使用
  • ガエルネの伝統の製造技術
  • ブーツ後方からくるぶしまで広範囲に施されたシャーリング加工は運動性を向上
  • 速乾性に優れたポリエステルメッシュの内装材
  • アルミ製のバックルを装備。ストラップ側での3mm単位の微調整が可能
  • ガエルネフラットソール
口コミ太郎

多くのライディングシューズを試し履きしてタフギアフラットに決めました。

引用元:amazon
口コミ次郎

固過ぎず柔らか過ぎず、重過ぎず軽過ぎず、絶妙な造りです。

引用元:amazon
口コミ三郎

バックルは微調整が出来てツーリング途中での変更も簡単です。バックルの留め金を外すと手を使わなくてもスッと足が入る感触が良いですね。

引用元:amazon

評判・口コミを含めたガエルネスニーカーのおすすめ紹介

評判・口コミを含めたガエルネスニーカーのおすすめ紹介

ボヤージャー

  • ライディングするために専用設計されたライディングスニーカー
  • 擦り傷やステップと擦れた跡が色の深みへと変化していくことで通常のスニーカーでは表現することのできない革靴ならではの質感に仕上げていくことができます。
  • くるぶしとかかとにはプロテクションを搭載
  • つま先にはカップ型のガードを内蔵
  • サイドジップ付きなので脱ぎ履きも楽
  • 初めてライディングシューズを履く方も違和感なく履くことができます。
口コミ太郎

デニム、タイツ、パンツまで濡れる雨の中、靴下のみドライでした。素材も良く、GORE-TEXでなくても十分な機能性です。

引用元:amazon
口コミ次郎

2日に1度程の頻度で履いてますが、二か月経たずに靴底の踵部分が剥げてきてます。それ以外は文句無し。

引用元:amazon
口コミ三郎

ガエルネのサイズ計測システムG-Fitでサイズを計測したあと購入をしましたが、実際には小さく感じました。

引用元:amazon

【防水】ボヤージャーCDG ゴアテックス

  • 防水·防風·透湿性を高度な次元で兼ね備えたGORE-TEX®
  • ライディングするために専用設計されたライディングスニーカー
  • くるぶしとかかとにはプロテクションを搭載
  • つま先にはカップ型のガードを内蔵
  • サイドジップ付きなので脱ぎ履きも楽
  • 初めてライディングシューズを履く方も違和感なく履くことができます。
口コミ太郎

防水性能は,とても高く,豪雨の中でも一切浸水しませんでした。

引用元:amazon
口コミ次郎

薄いので衝撃吸収性は皆無。同メーカーのタフギアと比べると明らかに劣る。

引用元:amazon
口コミ三郎

・ダメージを受けやすいくるぶし、かかと部分にはプラスチック製のプロテクターが装備され・・・

くるぶしは、内側だけ外側無し。アスファルトですりおろされますね。

ぷらすちっくは、指で曲げられる

・つま先にはカップ型のつま先ガードを内蔵しています・・・

紙コップかな?小指一本でベコベコ潰せる。

プロテクションを少しでも求めるなら論外な靴。他のメーカーの買います。

引用元:amazon

まとめ

いかがでしたでしょうか。ガエルネのブーツ・シューズに関して網羅的に紹介しました。

バイクのフットウェアはバイクとライダーの大事な接点の1つ。操作性にも大きく関与するので慎重に選べばあなたのバイクライフを大きく向上させてくれるものになるでしょう。

この記事が少しでもそのお手伝いができたのであれば嬉しく思います。

臭いの悩みから開放されたい方はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました