> 後悔しないために!バイク車高を下げるローダウンのやり方や費用 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

後悔しないために!バイク車高を下げるローダウンのやり方や費用

バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • 足つきが悪いからバイクの車高を下げようと思っている
  • カスタム目的でスクーター、アメリカンバイクをローダウンしようとしている
  • ローダウンの費用を知りたい


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • バイクの車高を下げるローダウンとは?
  • バイクの車高を下げるローダウンのやり方や費用
  • バイクの車高を下げるローダウンのメリット
  • バイクの車高を下げるローダウンのデメリット
  • 足つきを対策でローダウンを検討している方はまずは別の対策を!


とうことについて解説します。

okomoto

性能を維持したローダウンは難しいです。後悔しないためにもぜひ読んでみてください。

バイクの車高を下げるローダウンとは?

バイクの車高を下げるローダウンとは?


ローダウンとはバイクの車高を下げることです。アメリカンやスクーターの場合は主に見た目のカスタム目的で行われ、その他のバイクでは足つきの向上を目的として行われるカスタムです。

バイクの車高を下げるローダウンのやり方や費用

バイクの車高を下げるローダウンのやり方や費用
バイクの車高を下げるローダウンの方法と費用
  • アンコ抜き
  • ローシートに交換
  • プリロードセッティング
  • ローダウンキット
  • サスペンションの交換


それぞれ解説します。

アンコ抜き

シート内部のスポンジを抜いたり削ったりしてシートを薄くしたりシートを細くすることでシート高を下げる方法です。

ちなみに逆にスポンジを足すこと「アンコ盛り」といいます。アンコ盛りはシート高を上げる・・・というよりはそのライダーにとって、より座りやすいシート形状にするために行われる手法です。

アンコ抜きは車高が下がるわけではなく、シート高が下がるだけなので厳密にはローダウンではありません。

比較的安価にシート高を下げられるメリットがある一方で、気に入らなかったときにノーマルシートに戻せない・ガニ股になって逆に足つきが悪くなって後悔・・・という場合があるデメリットがあります。

バイクシートのアンコ抜き失敗例
アンコ抜き費用の目安

15000円~

ローシートに交換

純正のシートをカスタムするアンコ抜きとは違い、厚さが薄いローシートと呼ばれるシートに交換する方法です。アンコ抜きはショップに依頼した方が良い結果をもたらしますがローシートへの交換は自分でも行うこともできます。

薄い生地でクッション性を高めるためにクッション材にゲル素材が使用されることも多いです。

こちらもシート高が下がるだけで、車高が下がるわけではないので厳密にはローダウンではありません。

いつでもノーマルシートに戻せるというメリットがある一方で、カスタムシートの一種なのでパーツ代が高価というデメリットがあります。

バイク三郎

「アンコ抜きシート」と呼ばれることもあるよ。

ローシート費用の目安

30000円~

プリロードセッティング

サスペンションのプリロードを変更してバイクにまたがった状態の車高が低くなるようにする方法です。プリロード調整機構を左に回しこむことでまたがった状態の車高は若干低くなります。

気軽に無料でできるというメリットがある一方で、サスセッティング沼にハマってしまうというデメリットがあります。

okomoto

詳しくは下の記事を読んでみてください!



こちらも車高が下がるわけではないので厳密にはローダウンではありません。

okoko

ローダウンの記事なのにローダウンじゃないものばかりね。いい加減にしてほしいわ。

okomoto

(それは本当に申し訳ない)

プリロード調整費用の目安

0円

ローダウンキット(ブラケット)


「下駄」とも言われます。
リアサスと車体の間に噛ませることでリアサスを斜めにし、車高を下げる仕組みです。車体が低くなるので短いサイドスタンドへの交換も必要になる場合が多いです。

比較的安価にローダウンできるというメリットがある一方で、取り付け角度が変わるのでサスペンション本来の性能を発揮できなくなるというデメリットがあります。また、フロントサスペンションとのバランスが崩れるのでリアサスに負担がかかりオーバーヒート気味になって寿命が短くなってしまって後悔・・・ということもあります。

バイクの車高を下げるローダウンキットの例
ローダウンキットの費用の目安

パーツ:10000円~
取付工賃:3000円~

ローダウンキット(サスペンションの交換)


単純にサスペンションを短いものに交換する方法です。車体が低くなるので短いサイドスタンドへの交換も必要になる場合が多いです。

ローダウンの効果がもっとも大きいというメリットがある一方で、パーツ代と交換工賃が高額・乗り心地が硬くなって後悔・・・というデメリットがあります。

ローダウンキット(サスペンションの交換)の費用の目安

パーツ、取付工賃コミコミ:100000円~

okomoto

費用はサスや車種によって大きく変わります。だいたいどんな車種でも50万円あれば足りると思います。

バイクの車高を下げるローダウンのメリット

バイクの車高を下げるローダウンのメリット
  • 見た目がかっこよくなる
  • 足つきが良くなる

見た目がかっこよくなる

どんなものに対して「かっこいい」と感じるかは人それぞれですが、ローダウンをすることによって車体が地面に近くなったり、フロントカウルとフロントフェンダーの距離が近くなると「ギュッ!」とコンパクトにまとまって見えるのでかっこよく見えます。スクーターやSSなどのフルカウルバイクで特に目立ちます。

足つきが良くなる

車高が下がるということはシート高も下がるので足つきが良くなります。足つきが良くなるということはとっさのときに足をつきやすくなったり、バイクの乗り降りが楽になったりするというメリットに繋がります。個人的には足つきが悪いことは絶対的に悪いことだとは思いませんが、特に足つきに不安を抱えるライダーには嬉しいメリットです。

後悔しないために知っておきたいバイクの車高を下げるローダウンのデメリット

特にサスペンションをいじるローダウンは車体全体のバランスを大きく崩してしまうので乗り心地や旋回性能を大きく損なうことが多いです。

バイク三郎

シートをいじる方がまだ走りへの影響は少ないよ。


もともとメーカーが設定しているマシンの性能を発揮できなくなる可能性が非常に高いです。

スクーターやアメリカンバイクなど、そもそもコーナリングの旋回性を気にしないバイクに、見た目カスタム目的ローダウンをする場合は気にしなくてもいいかもしれませんが、スポーツバイクやコーナリングを楽しみとしているライダーは後悔しないためにもプロに任せるのが良いでしょう。

バイク太郎

プロにお願いすると純正よりも乗り心地が良くなったりすることもあるよ。50万円持ってバイク屋に行こう!

バイクの車高を下げるローダウンは前後セットで行うのがおすすめ

ブラケットを履かせられるのはリアだけですが、バイクは重心のバランスやサスペンションが耐えられる荷重範囲などを細かく計算されて作られています。リアだけローダウンすると車体全体のバランスが大きく崩れるので、メーカーが想定しているそのバイク本来の性能を出せなくなります。
前後のバランスが崩れると後輪の傾きに対する前輪の追従性なども全く変わってしまうので「全然違うバイクに乗っているようだ」となってしまいます。

サスセッティングがうまくいって「全然違うバイクに乗っているようだ」とポジティブに感じることは多いですが、前後のバランスが崩れたローダウンの場合はネガティブな意味になってしまうことがほとんどです。

前後セットでローダウンしたからといって性能が維持できるとは限らない


前後のサスペンションをバランス良く交換してもサスペンションは短くなるので動く範囲も短くなります。サスペンションの底づきは絶対に避けなければならないことなので、それを避けるためにサスを硬くするしかなくなりますが、サスが硬くなるということはクイックに曲がりやすくなるということです。

しかし車体全体が下がっているのでバイクを傾けられるバンク角は浅くなりすぐにステップなどをすってしまうことになります。

また、ハンドルやステップ、シートなどはすべて純正サスに合わせてセッティングされているので全体のバランスが大きく崩れ、それを解消しようとするとライダーが触れるほとんどすべてのパーツを交換する必要さえでてきます。

良いショップで良いサスペンションに交換してもらう場合以外は、ローダウンによって旋回性や快適性が損なわれる可能性が非常に高いことを理解しましょう。

ローダウンして後悔

クイックに曲がりすぎるのが怖くてハンドルを抑える癖がついてしまった。

ローダウンして後悔

足つきは良くなったが乗車姿勢が変わって他のパーツへの不満が増えた。

ローダウンして後悔

峠道でステップを擦って危ない思いをした

世間のライダー

街乗りに影響はなかったがツーリングで疲れやすくなった

バイク太郎

純正のサイドスタンドを使っていたらバイクが倒れた

ローダウンして後悔しない

峠道ですぐにマフラーをするようになった。でもそれが良い!


特にブラケットや安いローダウンキットを使ったりするとこれらの症状が出やすいです。

ローダウン化するさいは後悔しないように、施行実績のある信頼できるショップさんを探してお願いするようにしましょう。

ローダウンに失敗しても純正に戻せばOK


さんざん脅かしてきましたが、ローダウン後に足つきが良くなる&見た目がかっこよくなるというメリット以上に不満が大きくなったら純正の状態に戻すことは簡単です。

ショップさんに戻してもらうように依頼すればOKです。純正のサスは手元にあるので工賃とわずかなフォークオイル代だけ支払えば戻してもらえます。

予算に余裕がある方はお試しでローダン化してみるのもいいと思います。

ローダウンの際は純正に戻す可能性も考えて純正サスは保管しておきましょう。

バイク三郎

メルカリとかヤフオクで売ったらダメなんだよ。バイクを売却するときは純正に戻してローダウンキットは別に売ったほうが高く売れるよ。

後悔しないために、足つき対策でローダウンを検討している方はまずは別の対策を!


立ちごけ対策としてローダウンを検討されている方は、まず

立ちごけを防止するスキル
  • 停車時は左足のみをつくクセをつける
  • 停車直前に右にハンドルを切る
  • 停車の瞬間はリアブレーキで止まる
  • サイドスタンドを出して乗り降りするようにする
  • バイクのと回しは降りて行う
  • 取り回しのときは腰にバイクを当てて「人」の字を意識する
  • Uターンは降りて行う
  • どんなときでも1速でバイクを止める
  • ちゃんとした装備でバイクに乗る
  • 発進しながら安全確認をしない
  • ヘアゴムを持っていく


という方法を試して現在の状態で足つきの不安をぬぐえないか試してみてください。バイクスキルが上がればもしかしたらローダウンが必要なくなるかもしれません。

バイク次郎

詳しくは下の記事を読んでみてね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクの性能を維持したままローダウンを成功させることは難しいと思います。後悔しないために

  • まずはバイクスキルを磨く
  • スキルでカバーできなければ走りに影響の少ないローダウンシートに変えてみる
  • それでもだめならローダウンシートを加工してもらう(アンコ抜きか逆に盛るか。純正シートはとっておく!)
  • それでもだめなら純正シートをつけて50万円持って再度バイク屋さんに行く


という方法で理想のバイクを手に入れてください。

okoko

つまりローダウンを決意しているなら最初からバイク屋さんに相談するのが良いってことね!!

okomoto

カスタム目的でローダウンしたい方はエアサスがおすすめ!ベッタベタになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました