> バイクの足つきを良くしたい!7つの足つき改善方法 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクの足つきを良くしたい!7つの足つき改善方法

バイクの足つきを良くしたい!7つの足つき改善方法 リンク切れチェック記事
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクの足つきを改善したい!


という方ではないでしょうか。

バイクに慣れてくると気にならない足つきですが、初心者の方は足つきが悪いバイクを敬遠してしまいがちですよね。

かっこいいと思ったバイクの足つきが悪いから欲しいバイクを諦めて車高の低いバイクを選ぶということはありふれたことだと思います。

勢いで欲しいバイクを買ったけれど乗ってみたら足つきが悪くてなんとかしたいということもあると思います。

この記事では

この記事で分かること
  • プリロードの調整
  • ローダウンキット
  • ローダウンサス
  • シートのアンコ抜き
  • ローシートへの交換
  • 厚底ブーツ
  • 足つきを良くするスキル


という7つの方法について解説していきます。

足つきとは?

足つきとは?


足つきとはバイクに跨ったときの足の着き具合のことを指します。

一般的に最も足つきが良いとされているのは両足のかかとまでべったりつくことで最悪なのは片足のつまさきがツンツン立ちしかできないこととされています。

足つきが悪いと

足つきが悪いと起こるとされていること
  • 信号待ちの時など停車時に車体を安定させられない
  • 低速走行時にバランスを崩したときに足でささえられない
  • バイクに跨って駐輪場などでバックさせられないから(取り回し)
  • 立ちごけのリスクが高くなる


ということがあるので初心者の方は足つきが良いバイクを選択することが多いのです。

世間のライダー

足つきが怖い人がアメリカンがおすすめ!HAHAH!!




足つきは

足つきを左右する要因
  • ライダーの体格
  • シートの幅
  • シートの厚さ
  • 車体幅

  • ということで良し悪しが変わります。

    つまりこれらの要因を改善すれば足つきは良くなるということです。

    それぞれ解説していきます。

ライダーの体格【足つきが変わる原因】

体格


そもそもバイクに乗る年齢になっているときには成長期はとっくに終わっているので牛乳を飲むことでライダーの体格を良くするというような対策ができません。

シートの幅【足つきが変わる原因】

シートの幅が広いと足をまっすぐ下せないので地面まで遠回りしなければならなくなります。

シート高が低くてもシート幅が広いと足つきは悪くなることがあります。

シートの厚さ【足つきが変わる原因】


シートが厚ければシート高は高くなります。

クッション性が高いシートの場合は「座ってみるとそうでもなかった」ということもあります。

車体幅【足つきが変わる原因】


シート幅が狭くても車体の幅が広ければ足つきは悪くなります。

車体の幅はエンジンの幅で決まるといってもいいので幅が広い直列四気筒のエンジンを積んでいるバイクは比較的足つきが悪くなります。


足つきについてだいたい理解したところで足つきを良くするそれぞれの方法を解説していきます。

6つの足つきを改善する方法
  • プリロードの調整
  • ローダウンキット
  • シートのアンコ抜き
  • ローシートへの交換
  • 厚底ブーツ
  • 足つきを良くするスキル

プリロードの調整【足つき改善】

フロントプリロード調整。矢印の方向でフロントが下がります。
フロントプリロード。矢印の方向でフロントが下がります。
リアプリロード調整。矢印の方向でリアが下がります。
リアプリロード。矢印の方向でリアが下がります。


プリロードとは簡単にいうと「あらかじめどれくらいサスペンションを縮めておくか」という事を決めるサスペンションの調整機構です。あらかじめ縮めておけばおくほどバイクに跨ったときの高は低くなり、足つきは良くなります。

ほとんどのバイクはプリロードの調整ができるので


で検索をして調整しましょう。

okomoto

不安ならバイク屋さんにお願いしてください。「前後のプリロードを一番低くして下さい」で伝わります。

ローダウンキット【足つき改善】


「ブラケット」「下駄」とも言われます。
リアサスと車体の間に噛ませることでリアサスを斜めにし、車高を下げる仕組みです。

安く行うことができるカスタムですがメーカーの設計を台無しにしてしまうので「メーカーが考えるバイクのベストな状態」から大きく遠ざかってしまいます。

バイク太郎

低い車体に見せたいバイクがカスタム目的で行うこともあるよ。アメリカンとかビッグスクーターだよ。

バイクの車高を下げるローダウンキットの例

ローダウンサス【足つき改善】

純正のサスから社外の短いサスに変更する方法です。こちらもメーカーの設計を台無しにしてしまうので「メーカーが考えるバイクのベストな状態」から大きく遠ざかってしまいます。

バイク次郎

いいサスを選ばないと乗り心地がとても悪くなるよ

シートのアンコ抜き【足つき改善】

アンコ抜きとはシートに入っているクッション材を抜くことでシートの厚さを薄くし、シート高を下げるカスタムです。

乗り心地が悪くなる他、サスセッティングをしっかりしないと曲がらなくなるなどというデメリットがあります。こちらもメーカーの設計を台無しにしてしまうので「メーカーが考えるバイクのベストな状態」から大きく遠ざかってしまいます。

バイク三郎

「バイクを買い替えたらまずはアンコ抜き」という人もいるよ

ローシートへの交換【足つき改善】


既存のシートのアンコを抜くのではなく、薄いシートに交換する方法です。

ローシートにはクッション材として薄くてもクッション性を確保できるゲルタイプのクッションが内蔵されることがあります。こちらもメーカーの設計を台無しにしてしまうので「メーカーが考えるバイクのベストな状態」から大きく遠ざかってしまいます。


バイク三郎

アンコ抜きと違ってこっちはいい値段するよ

厚底ブーツ【足つき改善】

普通のライディングブーツとシフトペダル

ブレーキペダルを右足で踏む必要があるので、停車時に足を着くのは常に左足です。

左足はつま先でシフトペダルを操作しますが厚底ブーツを履くと非常に操作性が悪くなります。

仮にかかとのみを厚底にしても足を着くのは左足のつま先なのでカカトを厚底にしても意味がありません。



okomoto

厚底でバイクなんて怖くて乗れないです。

足つきを良くするスキル【本当の足つき改善】

立ちごけを防止するスキル
  • 停車時は左足のみをつくクセをつける
  • 停車直前に右にハンドルを切る
  • 停車の瞬間はリアブレーキで止まる
  • サイドスタンドを出して乗り降りするようにする
  • バイクのと回しは降りて行う
  • 取り回しのときは腰にバイクを当てて「人」の字を意識する
  • Uターンは降りて行う
  • どんなときでも1速でバイクを止める
  • ちゃんとした装備でバイクに乗る
  • 発進しながら安全確認をしない
  • ヘアゴムを持っていく


プリロード調整以外の方法はメーカーの設計を崩してしまい、バイクのバランスを崩してしまいます。結局足つきを良くするにはライダー自身のスキルを上げることが最も効果的です。

つまり、足つきを気にするのは立ちゴケが怖いからなので、立ちゴケしないスキルを身につければ足つき問題も解決したも同然です。

スキルと言っても大袈裟なものではなくちょっとした小さな努力で上げることができるものです。

まとめ~足つきを気にしている方はバイクが楽しくないですよね?~


既に何年かバイクに乗っている方で、この記事をこのままで読んでくれた方は恐らく「バイクが楽しくない」のではないでしょうか。もしくは「バイクが楽しいという演出」をしてはいませんか?


バイクというものを楽しむには経験を積んでスキルを身に着ける必要があります。それを怠っていたり、周りに助けられてばかりのバイクライフを送っていると「何かに頼る癖」がつきます。今回の場合は上で紹介したグッズたちです。あなたがいつまで経ってもソロツーリングに行かないのもこれが原因です。


そのままではあなたは一生「バイクに乗る楽しみ」を感じることができません。この記事を読んだことをきっかけにバイクスキルを積み上げていくという発想になって頂ければ幸いです。

バイク太郎

動画でよく見るよね楽しい自己演出、自己催眠している人

okomoto

僕みたいに「こいつ無理して楽しそうにしてるな」って気付いているライダーって結構いると思うんです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました