> 【バイク乗り必見】バイクの台風対策のすべて【カバーはかける?かけない?】 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【バイク乗り必見】バイクの台風対策のすべて【カバーはかける?かけない?】

【バイク乗り必見】バイクの台風対策のすべて【カバーはかける?かけない?】 メンテナンス、バイクの仕組み
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクの台風対策について知りたい
  • 台風のときはカバーをかけていてもいいの?
  • バイクが倒れるのだけは回避したい・・・
  • 前回の台風でバイクが倒れてしまった・・・今回は回避したい!


という方ではないでしょうか。

最近の台風は勢いを保ったまま上陸することが多いのでバイク乗りにとって台風対策の知識は必須スキルになっています。

この記事では台風でバイクを倒したくない方が知っておくべきスキルを網羅的に解説しているものです。是非最後まで読んで愛車と一緒に無事台風を乗り切ってください。

バイク太郎

事前にバイク対策をして、当日は自分の安全を最優先できるようにしましょう

バイクの台風対策一覧

バイクの台風対策
バイクの台風対策一覧
  • バイクカバーを外す
  • サイドスタンドで駐輪する
  • ギアを1速に入れる
  • AT車はブレーキレバーを固定する
  • 倒れないようにロープで地球ロックする
  • 壁際に駐輪する
  • タイヤ止めを使う
  • スイングアームジャッキを使う


以上がバイクの台風対策の全てです。

それぞれ解説します。

台風のときはバイクカバーを外す、バイクシェルターは撤去する【バイクの台風対策】

バイクカバーは幌


バイク乗りの間では以前から「セオリー」とされているものが多数存在します。そんなセオリーを散々否定している当ブログですが、「台風のときはバイクカバーを外す」というセオリーには全面的に同意です。

バイク太郎

ツーリングにカッパ持って行くなとかリュックは使うなとかマスツーでは初心者を最後尾にしろとか・・・そんなこと言ってるもんね・・・





台風の時にカバーをしているとカバーが船の幌の役割をしてしまい、強風をまともに受けてしまいます。台風の時にバイクが倒れる原因は当然風によるものなのでカバーは必ず外しましょう。

バイクシェルターを使っている方は一度シェルターを撤去しましょう。シェルターはまともに風を受けますし、非常に軽量なので飛んでいってしまいます。


運よく飛んで行かなくても倒壊してバイクを傷つける可能性があるので撤去しておきましょう。

okoko

飛んで行った先で何かを壊したら大変だしね・・・

okomoto

バイクシェルターやカバーは台風耐性はないので撤去してください!

大事なバイクが濡れてしまうじゃないか【バイクの台風対策】

大事なバイクが濡れてしまう


バイクが濡れることを心配する方もいると思います。バイクは工業製品である以上、「濡れても大丈夫だけど濡らさないに越したことはない」ものです。

しかし、バイクを濡らしたことによる悪影響は「ただちに影響のあるもの」ではありません。

台風が去った後にしっかりメンテナンスをすれば濡れてしまった悪影響を最小限にすることができます。

バイクが倒れてしまったらそれは「ただちに影響があるもの」です。バイクが濡れることとバイクが倒れることのどちらの方が被害が大きいかを天秤に乗せて考えれば判断は簡単です。

風で飛んできたものがぶつかるじゃないか【バイクの台風対策】

台風で飛んできたものがバイクにぶつかる


風で飛んできたものがバイクに当たって傷がついてしまうことを気にする方もいるかもしれません。

これも天秤に乗せれば簡単に判断ができます。

カバーをしていても飛んできたものの衝撃、勢いはほとんど弱まりません。飛んできたものによる被害よりも倒れてしまったときの被害の方が遥かに大きいのでバイクカバーは必ず外しましょう。

okomoto

可能性や被害を天秤に変えるようにしましょう。これは公道を走っているときも同じです。

okomoto

ポンコツの天秤しか持っていない方が多いので事故や煽り運転が起きます。

台風の時もバイクのサイドスタンドで駐輪する【バイクの台風対策】

台風の時もバイクのサイドスタンドで駐輪



これは普段から地震の備えとしてやらなければならない方法です。

東日本大震災の時に倒れたお客さんのバイクの多くがセンタースタンドで駐輪していたバイクだったとお世話になっているバイク屋さんが言っていました。

センタースタンドで駐輪するということはバイクに乗っているときで例えると「初心者が両足つま先ツンツンで信号待ちしている」という状態です。


サイドスタンドで駐輪するということは「腰をずらして片足べったりで信号待ちしている」という状態です。

どちらが安定するかはバイク乗りのみなさまならわかると思います。


僕は地震がいつ来るかわからないのでどんなときでもサイドスタンドでバイクを駐輪しています。

バイク太郎

ていうかそもそもあなたのバイクセンタースタンドついてないよね

okomoto

(ついててもメンテナンスの時以外は使わないよあんなの)

台風の時もバイクのギアを1速に入れる【バイクの台風対策】

台風の時もバイクのギアを1速


これも普段から地震の備えとしてやらなければならない方法です。

東日本大震災の時に最も倒れなかったお客さんのバイクはギアを入れてサイドスタンドで止めているバイクだとお世話になっているバイク屋さんが言っていました。

ニュートラルの状態で止めておくと風で揺れたときに前に進むことでサイドスタンドが解除され、左前方に倒れてしまいます。

地震の揺れも全く同じ理屈なので常にギアを入れて駐輪するクセをつけましょう。僕の場合は1速に入れています。

台風の時はブレーキレバーを固定する【バイクの台風対策】

台風の時はAT車、スクーターはブレーキレバーを固定する


特にシフトチェンジができないATバイクの場合はブレーキレバーを固定することで前後の揺れに強くなります。

MTバイクは1速に入れれば前後に動くことはなくなりますが、数センチ程度は遊びがある状態なので万が一に備えるのであれば念のためブレーキレバーを固定しておいたほうがいいでしょう。

特に大型のスクリーンをつけている場合、風を後ろから受けやすくなるので危険です。

専用の「ブレーキロック」は必要ありません。グリップとレバーを紐で巻くか、テープで巻くかすればOKです。

台風の時は倒れないようにバイクをロープで地球ロックする【バイクの台風対策】

バイクをロープで地球ロック


バイクを倒れなくするにはロープで固定することが最も効果的です。

ツーリング先でバイクが不動になったとき、レッカーを頼んだことはありますか?トラックの荷台に乗せられたバイクは四方八方からロープやラッシングベルトをとられて安定しています。

あれを駐輪場で再現します。

地球ロックについてはこちらの記事を参照してください。

ロープを固定する対象

台風で倒れないようにバイクを固定する対象物


ロープを固定する対象は「水を入れたポリタンク」「重し」ではダメです。強い風が吹けばこれらのものではバイクを支えきれませんし、倒れたときに重しやポリタンクがバイクの上に降ってくるかもしれません。そうなっては台風対策によって被害が拡大してしまいます。

ロープを固定する対象は壁や地面にしっかり固定されたものにしましょう。


バイク側のロープをかける箇所【バイクの台風対策】

バイク側のロープをかける箇所



車体の低い位置からロープを取ってもバイクを支えられません。なるべく車体の上の方からロープを引けるように設置しましょう。


また、ウインカーやミラーなど弱い部分にロープを設置しても意味がありません。バイクが倒れるだけでなく、それらのパーツを壊してしまいます。


正しい場所としては

バイク側のロープをかける箇所
  • フレーム
  • タンデムステップのステー
  • ハンドルロックした状態のハンドル(ステム部分)


あたりが強度が強く、高い位置にあるのでおすすめです。

バイクの前方、後方、中間を満遍なく支えられるようにしましょう。

ロープを引く方向【バイクの台風対策】

理想のロープの取り方


バイクの左右前方、左右、左右後方の6方向からロープを取るのがもっとも効果的ですが、駐輪場所の制限があるので難しい場合が多いと思います。

そもそも6方向すべてに地球ロックできる環境はなかなかないと思います。

バイクはサイドスタンドで支えられているので「サイドスタンドがない方(一般的には右側)」に倒れないように工夫してロープをとりましょう。


現実の台風対策でロープを引いた方向

バイクの台風対策で使うロープ【バイクの台風対策】

バイクの台風対策で使うロープ


ラッシングベルトをおすすめしているサイトが複数ありますが、ラッシングベルトは締める部分に金具を使っていますし、使い方が少々難しいので僕はおすすめしません。トラックロープは強くていいのですが途中で長さを調整したり、太さがあるので結ぶのがに少々コツが必要です。


僕がおすすめするのはホームセンターで安く売っているPPロープという荷造り紐です。

PPロープは引っ張る力に非常に強く、途中で切って長さを調整するもの簡単です。PPロープであればラッシングベルトやトラックロープと違って、一般家庭にあっても他の用途に使えるので邪魔になりません。


バイク台風対策ロープの取り方【バイクの台風対策】


ここまで説明したらしっかり対象とバイクを結べるロープアクションも解説しておきます。

バイク台風対策ロープの取り方
  • 長めにPPロープを用意する
  • 半分に折って真ん中を持つ
  • 真ん中のU字になっているところをバイクに当てる
  • Uの穴にロープの端を通して引く
  • ロープをしっかり引いて対象に結ぶ



という方法で結ぶとバイク側に「ゆるみ」が起きにくいのでおすすめです。

okoko

この説明で伝わるかしら・・・

okomoto

伝われーー!!!

台風の時はバイクを壁際に駐輪する【バイクの台風対策】


風の影響を避けるため壁際に停めれば風の影響をかなり減らすことができます。

台風の時はバイクをタイヤ止めを使う【バイクの台風対策】

台風の時はバイクをタイヤ止めを使う


バイクが前後に動かない最後のダメ押しでタイヤ止めを設置すれば完璧です。

ある程度の重さがあってタイヤにかますことができればなんでもいいかと思います。

僕は駐輪場に乗り上げるために設置しているスロープをタイヤのフロントタイヤの前とリアタイヤの後ろにかませています。

スイングアームジャッキを使う【バイクの台風対策】


サイドスタンド側の反対にバイクを倒したくないので、そちら側にサイドスタンドの代わりになる「スイングアームジャッキ」を使うのもひとつの方法です。

この方法を使う場合は必ずブレーキレバーを固定して下さい。

バイク台風対策まとめ

バイク台風対策まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクの台風対策一覧
  • バイクカバーを外す
  • サイドスタンドで駐輪する
  • ギアを1速に入れる
  • AT車はブレーキレバーを固定する
  • 倒れないようにロープで地球ロックする
  • 壁際に駐輪する
  • タイヤ止めを使う
  • スイングアームジャッキを使う



これだけの対策をして倒れてしまったら僕もあなたも無事では済んでいないでしょう。

そうであれば諦めもつきます。

地震と違って台風は「いつくるかわかる」災害です。バイクにしてあげられることは事前に済ませておいて、台風が来たときはあなたの身を守る行動に全振りできるようにしておきましょう。

あなたもあなたのバイクも次の台風を無事切り抜けられることを祈っています。

okomoto

この記事を読めばあなたのバイクは大丈夫です!僕が守りました! 笑

okoko

あなたの安全はあなた自身しか守れないのでしっかり対策してください!

バイク太郎

(公道を走ることと一緒ですね。「自分の安全は自分で守る」うむうむ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました